525件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南小国町議会 2019-06-06 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-06-06

このたび、温泉引湯の再開を目指し、源泉井戸内部の調査を行うこととし、所要額を措置したところですが、調査結果に基づき、今後の利用を見きわめてまいります。  おぐに開発総合センターの建設時に設置した電気装置である安定器については、ポリ塩化ビフェニル、いわゆるPCBが含まれていますので、PCB特別措置法により令和4年3月まで処理しなければなりません。

合志市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月22日−05号

施設は、自家発電設備防災井戸等、防災設備を有した鉄骨造平屋建て、延べ床面積933.02平方メートル施設です。  平成31年2月11日から同月15日まで郵送による条件付一般競争入札を行い、2月18日に開札いたしましたところ、新規・黒石原特定建設工事共同企業体が2億6,070万円で落札し、3月1日に2億8,155万6,000円で仮契約締結いたしました。  

八代市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会-03月06日-03号

水道施設補助金とは、給水戸数が5戸以上であれば利用できる補助金で、井戸の掘削、取水や送水のためのポンプ及び貯水槽の設置、排水管の布設などの補助対象費用に対し、2分の1以内、500万円を限度に補助金を交付する制度でございます。住民の皆様の負担はございますが、集落ごとで活用できる水源があれば、上水道簡易水道施設と比べ整備期間も短く、工事費が大変安価に整備することが可能となります。  

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回環境水道分科会−12月19日-01号

本業務は地下水量の目安となる地下水位の測定を市内20地点33本の井戸で観測するものでございます。  以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○藤永弘 分科会長  次に、議第290号「平成30年度熊本市水道事業会計補正予算」、議第291号「同下水道事業会計補正予算」、以上2件について、一括して説明を求めます。 ◎江藤徳幸 経営企画課長  上下水道局の補正予算につきまして御説明いたします。  

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回経済委員会−12月19日-01号

井戸義行 スポーツ振興課副課長  委員お尋ねの今後、小学校部活動が社会体育に移行した場合ということでございますが、私どもスポーツ振興課でどのような支援ができるかというところでお話をさせていただきたいと思います。  まずもって、社会体育に移行しました運動部活動につきましては、地域や校区の実態に応じた活動時間、また活動場所等の活動の環境を支援するのが1つ。

熊本市議会 2018-12-17 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号

戦後、そのうちの3本が東京の高井戸中学校へ送られ、その1株を大切にふやしてこられた松山市の相原嘉寿雄氏から西山中学校PTA会長、当時ですね、熊本ばら会会長高木寛氏を通じて寄贈されたものだそうです。同校校舎横には、アンネの道というアンネのバラをアーチ型にした美しい花壇道路があります。市民の皆さん、一度バラの時期に御来校ください。人権教育に最適な教育教材です。  

熊本市議会 2018-09-18 平成30年第 3回経済委員会−09月18日-01号

井戸義行 スポーツ振興課副課長  続きまして147ページ、報第30号公益財団法人熊本県武道振興会の経営状況でございます。  当財団は、熊本武道館におきまして、武道の普及奨励や青少年の健全育成指導等に関する事業を行っており、基本財産330万円のうち、100万円を熊本市が出資する団体でございます。  

宇土市議会 2018-09-12 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月12日−04号

この調査及び設計は,既存井戸の水位測定,水量測定,水質検査などや,城塚インター整備に伴う水路ボックスなどの詳細設計,また,今後の工事車両の進入路計画や事業計画工程の検討を行うものでございます。  次に,地質調査につきまして,国道57号宇土道路網津・長浜トンネル(垣内地区外)地質調査業務,同じく国道57号宇土道路網津・長浜トンネル(笠瓜地区外)地質調査業務の2件が実施されております。

宇城市議会 2018-09-06 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月06日−03号

避難所の機能としては、避難者の水・食料を備えた防災倉庫車中泊者等を考慮したマンホールトイレ防災井戸、一定期間避難者を受け入れるために、調理施設・シャワー施設・非常用電源を備えております。そのほかに授乳室、必要に応じて会議室を医務室に転用したり、和室については要配慮者の優先スペースとするなど、運用を考えていきたいと考えております。  

宇城市議会 2018-06-21 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月21日−06号

外構では、マンホールトイレ防災井戸を設置し、車中泊による避難者や自宅のトイレが使用できない場合でも、防災拠点センターにおいて利用することが可能となります。また、高齢者や車いすでの利用についても、手すりの設置やバリアフリーなど意識した仕様を行っていきたいと考えております。  

宇土市議会 2018-06-18 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月18日−04号

轟泉水道の最終の井戸がある船場橋界隈など多くの文化財史跡,建物があります。武家屋敷の高月邸にも轟泉水道井戸があり,いつでも利用できる状態にあります。お茶やコーヒー等の接待もできるわけであります。修理が終われば,ここを拠点にボランティアの活用も広がり,情報発信などにより多くの来訪者を市の中心部に迎え,活性化を図ることができると思います。  

宇城市議会 2018-06-14 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月14日−02号

このコミュニティセンターには、飲料水などの備蓄をはじめ、減災備品などを常時備える防災倉庫災害用トイレ、有事にはトイレを組み立て下水道の本管に直接放流できる機能を持ち、手押しの防災井戸と併設して建設する計画であります。今後宇城市が危機管理を進めるための大切な施設になってきます。本年度第1回定例会で、防災コミュニティセンター建設に対して一般質問がなされました。

合志市議会 2018-06-12 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月12日−03号

マンホールトイレ及び防災井戸等についてお伺いします。  この件につきましては、昨年の12月定例会質問をさせていただきまして、木永課長は、避難所ごとにどういったトイレがどれだけ必要なのかを関係各課と協議し、計画的に取り入れていきたいと答えておられます。関係各課との協議はどうなりましたでしょうか。また、その後の進捗をお聞かせください。 ○議長(吉永健司君) 木永課長

八代市議会 2018-06-11 平成30年 6月定例会−06月11日-02号

改めて、電気を使わないで済む、また地下水が豊富で井戸の多い本市におきましては、防災用のくみ上げ式手押しポンプの重要性を改めて再認識するものであります。  そこで、前回質問時に検討倒れにならないよう指摘しております。その後の設置状況や今後についてお尋ねいたします。  大項目4、公営住宅におけるペット飼育のあり方について。  

熊本市議会 2018-06-11 平成30年第 2回都市整備委員会−06月11日-01号

実証実験は、図1−1のように鋼矢板により地盤を閉め切り、その内側の地下水を集水管を用いて井戸に集めます。その中にたまった地下水をポンプを用いて外に排出して、地下水を低下させます。  実験による観測項目や目的は、表1−1に示しているとおりでございます。5月15日時点で地下水の低下につきましては、地表面から2.9メートルのところの位置で推移しているところでございます。  

南小国町議会 2018-06-07 平成30年第5回定例会(第1日) 本文 2018-06-07

今回の補正は、人事異動等に伴う人件費の増額及び針生地内に整備した新水源地の施設管理を効果的かつ効率的に行うため、監視用タブレット1台を追加導入するほか、水源地周辺区域において、地盤井戸への影響測定を行う際に基準となる現況値を把握する調査を行うこととしました。  収入につきましては、給水使用料を増額し、収支の均衡を図りました。