運営者 Bitlet 姉妹サービス
577件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回環境水道分科会−12月19日-01号 本業務は地下水量の目安となる地下水位の測定を市内20地点33本の井戸で観測するものでございます。  以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○藤永弘 分科会長  次に、議第290号「平成30年度熊本市水道事業会計補正予算」、議第291号「同下水道事業会計補正予算」、以上2件について、一括して説明を求めます。 ◎江藤徳幸 経営企画課長  上下水道局の補正予算につきまして御説明いたします。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回経済委員会−12月19日-01号 井戸義行 スポーツ振興課副課長  委員お尋ねの今後、小学校部活動が社会体育に移行した場合ということでございますが、私どもスポーツ振興課でどのような支援ができるかというところでお話をさせていただきたいと思います。  まずもって、社会体育に移行しました運動部活動につきましては、地域や校区の実態に応じた活動時間、また活動場所等の活動の環境を支援するのが1つ。 もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 戦後、そのうちの3本が東京の高井戸中学校へ送られ、その1株を大切にふやしてこられた松山市の相原嘉寿雄氏から西山中学校PTA会長、当時ですね、熊本ばら会会長高木寛氏を通じて寄贈されたものだそうです。同校校舎横には、アンネの道というアンネのバラをアーチ型にした美しい花壇道路があります。市民の皆さん、一度バラの時期に御来校ください。人権教育に最適な教育教材です。   もっと読む
2018-09-18 熊本市議会 平成30年第 3回経済委員会−09月18日-01号 井戸義行 スポーツ振興課副課長  続きまして147ページ、報第30号公益財団法人熊本県武道振興会の経営状況でございます。  当財団は、熊本武道館におきまして、武道の普及奨励や青少年の健全育成指導等に関する事業を行っており、基本財産330万円のうち、100万円を熊本市が出資する団体でございます。   もっと読む
2018-06-21 宇城市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月21日−06号 外構では、マンホールトイレ、防災井戸を設置し、車中泊による避難者や自宅のトイレが使用できない場合でも、防災拠点センターにおいて利用することが可能となります。また、高齢者や車いすでの利用についても、手すりの設置やバリアフリーなど意識した仕様を行っていきたいと考えております。   もっと読む
2018-06-14 宇城市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 このコミュニティセンターには、飲料水などの備蓄をはじめ、減災備品などを常時備える防災倉庫と災害用トイレ、有事にはトイレを組み立て下水道の本管に直接放流できる機能を持ち、手押しの防災井戸と併設して建設する計画であります。今後宇城市が危機管理を進めるための大切な施設になってきます。本年度第1回定例会で、防災コミュニティセンター建設に対して一般質問がなされました。 もっと読む
2018-06-12 合志市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月12日−03号 マンホールトイレ及び防災井戸等についてお伺いします。  この件につきましては、昨年の12月定例会で質問をさせていただきまして、木永課長は、避難所ごとにどういったトイレがどれだけ必要なのかを関係各課と協議し、計画的に取り入れていきたいと答えておられます。関係各課との協議はどうなりましたでしょうか。また、その後の進捗をお聞かせください。 ○議長(吉永健司君) 木永課長。 もっと読む
2018-06-11 熊本市議会 平成30年第 2回都市整備委員会−06月11日-01号 実証実験は、図1−1のように鋼矢板により地盤を閉め切り、その内側の地下水を集水管を用いて井戸に集めます。その中にたまった地下水をポンプを用いて外に排出して、地下水を低下させます。  実験による観測項目や目的は、表1−1に示しているとおりでございます。5月15日時点で地下水の低下につきましては、地表面から2.9メートルのところの位置で推移しているところでございます。   もっと読む
2018-03-15 熊本市議会 平成30年第 1回環境水道分科会-03月15日-02号 この経費は、南区城南町尾窪地区の飲用井戸を上水道に転換するための工事費等の補助費用でございます。  事業を行うに至った経緯について簡単に御説明させていただきます。  尾窪地区に隣接する旧松橋町で昭和60年から産業廃棄物最終処分場の供用が開始されまして、平成元年ごろから尾窪地区を含む周辺の民家の飲用井戸で塩化物イオンの悪化が確認されるようになりました。   もっと読む
2018-03-02 宇城市議会 平成30年 3月 定例会(第1回)-03月02日−04号 施設園芸用水につきましては、平成6年の干ばつから塩水化が進み、使用できる井戸も限られてきております。現在、農業用の利用されていない井戸もございますので、地区内外ある水源の利活用も考え、農業生産の向上を図っていきたいと考えております。 ◆16番(永木伸一君) いろいろ努力されていることは分かります。やはり砂川地区とか浅川地区の用水を利用して反復で今やっています。 もっと読む
2018-02-22 宇城市議会 平成30年 3月 定例会(第1回)-02月22日−02号 工事請負費の1億6,400万円の内訳につきましては、各地域5か所の防災倉庫建設費1億2,400万円と防災井戸4か所の建設費400万円となっております。  防災倉庫につきましては、松橋地区については市役所内に、松橋地区以外は防災コミュニティ施設と連携できるようにするため、防災コミュニティ施設予定地に今建設を計画しているところです。   もっと読む
2017-12-25 玉名市議会 平成29年第 7回定例会−12月25日-05号 以上、執行部の説明を受け、委員から、裁判に係る水道管について、その近隣の住民のためにも引くということだったが、給水申し込みはあったのかとの質疑に、執行部から、まだ1件もあっていないが、市の重要な幹線道路沿いであり、商業や住宅がふえる要素は十分にあり、現在、使用されている井戸の水質が悪くなったときに水道を引いていただけると考えているとの答弁でした。 もっと読む
2017-12-20 八代市議会 平成29年12月定例会−12月20日-05号 号中、当委員会関係分についてでありますが、歳出の第2款・総務費、第1項・総務管理費、市庁舎建設費の新庁舎建設関連事業3672万円について、執行部から、この事業は、新庁舎建設に伴い建設予定地の地盤調査を行った結果、建設に当たっては、安定した支持地盤までくいを打ち込むくい基礎形式が望ましいことが判明したため、当該工法による地盤改良を予定しているところであるが、くいの深さが庁舎敷地内にある松江城水源地の井戸水脈近 もっと読む
2017-12-07 宇城市議会 平成29年12月 定例会(第4回)-12月07日−04号 屋外では、防災倉庫、防災井戸、マンホールトイレ、非常用発電などが備わる施設として計画しているところでございます。また耐震機能については、通常の施設の1.25倍の機能を保有し、震度7の大地震においても施設機能が維持できるものとして整備する予定でございます。  そのほか、防災公園についても松橋5区に整備予定であり、防災井戸やかまどベンチを整備する予定でございます。   もっと読む
2017-12-06 宇土市議会 平成29年12月 定例会(第4回)-12月06日−03号 宇土市においても,ふるさと創生事業の一環として,船場橋周辺の街並み保存事業を実施し,船場橋や船着き場跡の保存修理,轟泉水道井戸覆屋の設置,植樹帯の整備等を行いました。近年では,民間所有であった武家屋敷,旧高月邸を宇土市が取得し,震災前には古文書講座や馬門石製のお地蔵さん制作の体験講座等の活用事業を行っていました。 もっと読む
2017-12-06 宇城市議会 平成29年12月 定例会(第4回)-12月06日−03号 ◎総務部長(本間健郎君) 防災コミュニティ施設については、これまでも他の議員の質問の中でお答えしていたかと思いますけども、全体的なところでは、防災機能を高めるという根本的な目標がございますので、避難室、避難所、医務室・授乳室、調理室、シャワー更衣室・洗濯室などの建物内の設備、それと屋外では、防災倉庫、防災井戸、マンホールトイレ、非常用発電などが備わる施設として計画しているところでございます。 もっと読む
2017-12-04 熊本市議会 平成29年第 4回環境水道分科会-12月04日-01号 本市におきましては、地下水量の目安となる地下水位の測定を市内20地点33本の井戸で実施しております。地下水位の観測は継続して行う必要がありますことから、債務負担をお願いするものでございます。  以上でございます。よろしくお願いいたします。 もっと読む
2017-12-04 熊本市議会 平成29年第 4回環境水道委員会−12月04日-01号 南部地区において、旧簡易水道施設だった高、碇の既存井戸を有効に利活用します。  右側の図面、2番が事業イメージになります。赤い矢印がついた線が、今回新たに計画した導水管になります。分散している水道水源である既存井戸の水を南部送水場に集めて、安定した飲料水の供給を図るものです。このように、安心・強靭・持続可能な水道事業を目指します。   もっと読む
2017-11-29 荒尾市議会 2017-11-29 平成29年第5回定例会(1日目) 本文 次に、資本的支出でございますが、建設改良費の配水設備拡張費において、来年度に予定しておりました高浜地区の管網整備の区域内におきまして、井戸枯れが発生した個所があることから、取り急ぎ水道管の整備を行う必要となり、前倒しにて管網整備を行うための費用を1,944万円を見込み、補正計上しております。   もっと読む
2017-11-29 熊本市議会 平成29年第 4回定例会−11月29日-04号 できれば1校区に1つ井戸があれば安心できるのにと当時思ったものです。  最近、地元紙で「あの時何が」という題材で連載され、その健闘ぶりが伝えられている上下水道局の記事を読みながら、当時のことが思い出されます。  さて、質問に入りますが、今回被害に遭ったライフラインも老朽化によって、これまで更新が計画され、震災前より実施されていたはずですが、今回の地震で更新計画にどのような影響があったでしょうか。 もっと読む