2611件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

玉名市議会 2020-12-11 令和 2年第 8回定例会-12月11日-04号

最後に殺処分状況についてでございますが、熊本県では事故などで治癒が見込めない、感染症にかかっている、人や他の動物に危害を与えるおそれがある場合に限っては愛護団体など、関係者の協議の結果、獣医師によりやむを得ず安楽死処分を行なう場合もあるとのことですが、これらを除く犬、猫については、全て譲渡対象となっており、平成29年以降安楽死を除く殺処分は行なっていないとのことです。

水俣市議会 2020-12-10 令和 2年12月第6回定例会(第4号12月10日)

そして、対人衝突などの事故を防ぐ効果も期待されます。  音声案内装置の中には外国人のために、多言語案内ができるものがあり、多言語対応を予定しているということで考えられているなと思いました。  今後ですが、この案内装置を、取り付ける際に、ぜひ、どのように聞こえるか、角度や高さなども踏まえて、臨機応変な微調整をしていただければと思います。  

熊本市議会 2020-12-10 令和 2年第 4回教育市民委員会−12月10日-01号

大江剛 指導課長  中身を見ますと、いろいろ放射線については、自然界にもございますし、人工的にも作られたものとかそういったもの、あるいは原発事故等でいろいろ風評被害ですとかいじめですとか、そういった事例を盛り込んでございますので、そういったところも含めて、子どもたちに正しく理解を進める教材の一つだというふうに理解しております。

熊本市議会 2020-12-10 令和 2年第 4回環境水道分科会−12月10日-01号

2の水道賠償責任保険につきましては、上下水道局が管理する水道施設に起因して生じた事故などに対して損害補償を行うための保険料でございます。限度額は170万円でございます。  3の定期排水業務委託につきましては、水道管残留塩素の低減を防止するために、市内一円の水道管内停滞水を定期的に排水するものでございます。限度額は740万円でございます。  

熊本市議会 2020-12-10 令和 2年第 4回都市整備委員会-12月10日-01号

数値目標としては10年後には自転車関連事故発生件数を399件から300件に減少すること、ヘルメットの着用率を10%から30%に伸ばすことを目指すこととしております。  最後にスケジュールについてですが、12月下旬からパブリックコメントを実施し、3月末に計画策定した後、来年4月から計画をスタートする予定としております。  以上でございます。 ○寺本義勝 委員長  以上で説明は終わりました。  

玉名市議会 2020-12-10 令和 2年第 8回定例会−12月10日-03号

特に飲酒運転に関して言えば、6月に別の職員飲酒事故を起こし、7月に停職処分を発令したばかりで、全職員綱紀粛正に努めている中の行為であり、市長も私も大変遺憾に感じております。  御質問職員不祥事はなぜなくならないのかについてでございますが、公務員としての倫理観欠如規範意識欠如、他自治体や過去の類似の不祥事についても自分に関係ない対岸の火事として捉える当事者意識欠如が考えられます。

水俣市議会 2020-12-09 令和 2年12月第6回定例会(第3号12月 9日)

事故のあまりに膨大な被害と、核のごみの処理を後世に残すことはできないと考えるからです。  次に、太陽光発電風力発電所も、ただ増加させればよいというものではないと私は考えています。地域の合意がまず不可欠であります。災害水源の涵養に影響を及ぼさないか、地域の暮らしが壊れないか、特に山間地での再生可能エネルギー設置、今や水源影響を与えています。

荒尾市議会 2020-12-09 2020-12-09 令和2年第5回定例会(4日目) 本文

この間、マスコミ報道においても一つの例として、東日本大震災での福島第一原子力発電所事故による被害居住者へのいわれなき差別転居先子供たちいじめ被害に遭っている実態、今なお続く新型コロナウイルス感染症、さらには感染拡大地域出身者への差別などが取り上げられてもいました。  21世紀は人権の世紀といわれていますが、様々な差別が横行している実態にあります。

八代市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会−12月09日-03号

年末年始は人や車の動きが慌ただしくなり、例年、胸を痛めるような悲しい交通事故が多く発生しています。そのようなことも踏まえ、熊本県内におきましては、今月21日から来年の1月3日までの2週間、年末年始交通事故防止運動が実施されることとなっています。思いやりあふれる安全な行動を心がけ、交通事故ゼロで明るい新年を迎えましょうと呼びかけられます。  

水俣市議会 2020-12-08 令和 2年12月第6回定例会(第2号12月 8日)

議員からは、近隣住宅化が進む中で、付近道路が狭く、時間帯によっては混雑し、実際、事故も起こっており、近隣住民の生活に支障を来していることなどから、丸島雨水ポンプ場の改修に合わせて道路を拡幅してほしいとの御質問でございました。  道路の拡幅につきましては、ポンプの増設に伴う流下能力の確保によるところが大きいため、先ほど答弁しましたことから、江添川側へ拡幅するのは難しいと考えております。

荒尾市議会 2020-12-08 2020-12-08 令和2年第5回定例会(3日目) 本文

6月からの気温が高い時期におきましては、新型コロナウイルス感染症と併せて熱中症に十分な注意を払いながら、エアコンの利用や熱中症対策グッズ活用等により、大きな事故もなく、乗り切ることが出来ました。  冬場を迎えた今、新型コロナウイルス感染症第3波のほか、風邪やインフルエンザへの感染にも注意を払わなければならない時期となりました。

八代市議会 2020-12-08 令和 2年12月定例会−12月08日-02号

坂本パーキングエリアへのスマートインターチェンジ設置は、日常の利便はもとより、今回の豪雨災害の復旧で証明されたように、八代−人吉間において国道219号の通行不能事態や、高速道路での事故等緊急時の活用が期待できることは、間違いありません。  そこで、初めに今回の要望に至った経緯と今後の対応について、総務企画部長にお尋ねをしたいと思います。  

熊本市議会 2020-12-04 令和 2年第 4回定例会−12月04日-04号

副読本については、滋賀県野洲市の教育委員会副読本内容を精査した結果、放射線安全性を強調するような印象を受ける記述が多いこと、被災者の生の声が少ないこと、小中学生にとっては内容が高度など理由を挙げ、東京電力福島第一原発事故被災者への配慮がなされておらず、放射線が安全との印象を受ける記述が多いと判断し、回収を決めました。  副読本は小学校・中高生向けの2種類があり、私も読んでみました。

宇城市議会 2020-12-03 12月03日-03号

現在、押しボタン式信号機設置されていますが、交通量が多く、事故も多発していることから、一定の時間で信号が変わる定周期式に変更してほしい旨の内容でありました。既に、宇城警察署に進達をしており、その後、署より、「信号機については交通量等道路状況必要性を判断している。当該箇所交通量増加傾向にあり、設置基準は満たしているものと考える」との回答を得ているところでございます。 

熊本市議会 2020-12-02 令和 2年第 4回定例会−12月02日-02号

本市として、これまで児童相談所や各区の体制を強化してきたと伺っておりますが、現状のままでは十分とは言えず、重大事故が発生する危険性が高まりつつあるのではないかと危惧しているところでもあります。  そこでお尋ねいたします。  1点目、前回の三森議員質問以降、どのような児童虐待対策強化を施されましたでしょうか。  健康福祉局長にお尋ねいたします。  

宇土市議会 2020-12-02 12月02日-02号

宇土交通指導員は,宇土交通指導員設置規則に基づいて,交通の安全,事故防止及び交通道徳の高揚を図り,併せて市内交通秩序を確保することを目的として,昭和44年10月1日に発足しております。 具体的な活動内容としましては,毎月1日,10日及び20日の交通安全の日や春・秋の交通安全運動期間,また,県下一斉に実施される交通事故防止期間等において通学路等での交通指導を実施していただいております。 

宇城市議会 2020-11-30 11月30日-01号

市道管理不備による物損事故に係る損害賠償専決処分の報告です。 令和2年8月14日、午前11時30分頃、宇城市小川妙音寺幼楽園付近市道を南から北へ走行していた車両が、横断側溝から外れたグレーチング上を通過した際に、グレーチングが跳ね上がり、車両左後方ドア部を破損し、道路管理者の市に賠償責任が生じたものです。損害賠償額は79,482円です。 次に、議案集7ページ、8ページをお願いします。

合志市議会 2020-11-30 11月30日-03号

ただ、道路上で遊ぶということは事故の危険もありますので、子供たちが危険にさらされることなく安全に遊べる場所を提供することが、このような健康維持にもつながってくると考えております。 そこで、市内の学校のグラウンドを開放するということについて、検討されたことはありますでしょうか。 ○議長坂本武人君) 岩男部長

合志市議会 2020-11-27 11月27日-02号

住宅地では、電動カーで狭い道路を低速で走行されまして、事故危険性もあります。 そこで、市のほうでは、本年度から移動による販売移動販売の実証を開始したところでございます。 ○議長坂本武人君) 後藤議員。 ◆4番(後藤祐二君) 今、大茂都市建設部長工藤産業振興部長から行政のかかわりについて丁寧な説明を受け、合志市の将来に向けた構想が目の前に見えてくるようでした。