8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

荒尾市議会 2018-12-17 2018-12-17 平成30年第4回定例会(3日目) 本文

また、日本では、同性同士のパートナーに関する法整備が進んでおらず、異性同士のカップルでも事実状態という人はいますが、医療行為への同意や遺産相続など、法的に結婚を認められないことによる弊害は幾つもあり、LGBTを取り巻く環境はまだ課題が多いと言わざるを得ません。  

玉名市議会 2016-11-28 平成28年第 6回定例会−11月28日-01号

また、委員から、金婚表彰は申請した方のみの表彰となっているが、申請しない人も表彰すべきでないか、また、米寿表彰は全部の地区であっているのかとの質疑に、執行部から、金婚式については、戸籍の確認が非常に困難であり、また、事実の場合でも表彰対象としていることから、申請による表彰という方法をとっている。

荒尾市議会 2014-09-08 2014-09-08 平成26年第4回定例会(2日目) 本文

法律婚にこだわらない事実が浸透し、婚外子がほぼ半分を占めるということでございます。  この社会、この世の中には、男と女しかいません。生物学的な適齢期がございます。そして、日本においては相続においても、婚内子、婚外子の不利益はないようになりました。民法改正があっておると思います。社会生活全般においての法律婚、事実も男女の結びつきのありようが正確に認知されるようになってきたと思います。

水俣市議会 2014-03-19 平成26年3月第1回定例会(第5号 3月19日)

また、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律の改正の内容についてただしたのに対し、これまで配偶者もしくは事実でのDVを対象としていたが、婚姻意識がなくとも一緒に生活している者からのDVに対しても保護の対象となる改正になっているとの答弁がありました。  特に討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定しました。  

合志市議会 2014-03-03 平成26年 3月 定例会(第1回)-03月03日−05号

委員より「等を加えることの意味について」質疑があり、「配偶者だけでなく、籍を入れていない状態での事実にある場合等にも適用されることになっている」との答弁がありました。  議案第9号 平成25年度合志市一般会計補正予算(第8号)ただし、健康福祉常任委員会に付託された事項に限る。  

合志市議会 2009-09-16 平成21年 9月 定例会(第3回)-09月16日−04号

最近は、事実、別居婚、ステップアップファミリーなど、家族の形態が多様化しておりまして、親が必ずしも2人いる姿がすべてではないという認識の下で、ひとり親家庭という表現が一般的になってきております。  最近、私は奥様を亡くされて父子家庭になられた方から「松井さん、母子家庭はいろいろ行政の支援があるみたいだけど、父子家庭の支援はなかとね。」

  • 1