1852件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長洲町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-18

先ほど話したように、リーダーをふやすことをしながら、その施設を若い世代の集いの場に利用するとか。また、少し簡単な健康マシーンを入れてジムのようなものにするとか。また、あるいは、小学校の夏休みとか春休みとか長期の休みのときに子どもたちの居場所として、高齢者が子守りしながら見守りをして世代間の交流をするというようなことは考えられませんでしょうか。  

長洲町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 2019-06-17

また、宮野地区においては、地域優良賃貸住宅の整備を図り、子育て世代を中心とした世帯の入居を推進しているところでございます。  町内全体で見ますと、戸建て住宅建築確認の申請数は、平成28年度が44件、平成29年度が56件、平成30年度が70件と年々増加しており、多くの住宅整備が進んでいるところでございます。  次に、浦邊議員の2点目の御質問についてお答えいたします。  

南小国町議会 2019-06-06 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-06-06

こうした政治姿勢のもと、重点的な施策の方向としては、小国町の持続的な発展の推進力である雇用と仕事を確保すること、若者や子育て世代が安心して暮らしていくための環境を整えていくこと、多様な主体による協働・交流・連携のまちづくりを加速すること、地域経済を元気にするために観光交流を推進すること、そして、農産物観光のみならず教育子育て防災など小国町の暮らしやすさと掛け合わせた小国まるごとブランドを構築していくことなどを

玉名市議会 2019-03-25 平成31年第 2回定例会−03月25日-04号

3つ、子育て世代に対し、子どもの遊び場子育て支援施設等の周知を幅広く行なうこと。  以上の3点については、提言書にまとめ、本日、市長に提出いたしました。  これで、この件に関しての調査を終了といたしますが、今後もよりよい子育て環境づくりにしっかりと取り組んでまいりたいと存じます。 ○議長(中尾嘉男君) 以上で、文教厚生委員長の報告は終わりました。        

合志市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月22日−05号

議案第24号 平成31年度合志市後期高齢者医療特別会計予算  委員より、「後期高齢者医療保険料負担が増えることになると思うが、その変更点は」との質疑に対して、執行部より、「年金収入80万円の方は、特例的に均等割が9割軽減されることが、世代間の公平な観点から平成31度は8割、今後は7割軽減になる」との答弁がありました。  

長洲町議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-15

導入時には、現役世代より軽いと政府が宣伝した窓口負担も所得によっては引き上げがその後されております。この医療制度は、公的医療費への国の財政支出の削減を求める医療構造改革の柱に位置づけられ、自民公明政権によって導入が強行されました。  制度発足の直前に、当時の厚生労働省幹部医療費が際限なく上がり続ける痛みを後期高齢者が自分の感覚で感じ取っていただくと、本音を語り大問題になりました。

長洲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-03-14

最後に、子育て世代を初め、高齢者社会的弱者に寄り添う事業の推進を期待しつつも、本予算には同意できないことを申し述べて反対討論とします。 312 ◯徳永範昭議長 ほかに討論はありませんか。 313 ◯浦邊朝章議員 議案第15号、平成31年度長洲町一般会計予算案について、賛成の立場で討論を申し上げます。  

長洲町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-03-12

そして、卒業していくあの純粋な子どもたちの瞳に映る世の中をつくるのは、今を生きる私たち大人世代の大きな責務です。この方向を見失わないように、しっかりとつないでいかなくてはならないと強く感じた卒業式でございました。  それでは、前置きはこれくらいにしまして、質問に入ります。再質問の際は、議長の御配慮をよろしくお願いします。  これからのまちづくりについてということで質問をいたします。  

長洲町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-11

また、発達段階に応じ、子育て世代総合支援センター「はぐくみ館」や学校及び各種関係機関が連携を図り、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーなどを活用しながら、児童生徒や保護者に寄り添った対応を行ってまいります。児童生徒の不登校対策につきましては、不登校不登校傾向にある児童生徒の学校復帰を支援するため、「適応指導教室」を設置し、子どもたちの居場所づくりに取り組んでまいります。  

熊本市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会−03月08日-06号

世代の無料化をぜひ実施すべきです。  また、給食室等熱中症対策経費については、予算決算委員の締めくくり質疑で上野議員も取り上げましたが、要求額2,078万円に対して、D査定の1,200万円まで減額されたことは大変問題です。  私がお話を伺った北区武蔵共同調理場だけでも、昨年2回もの救急搬送が起こっています。命にかかわる大問題です。  

水俣市議会 2019-03-06 平成31年3月第1回定例会(第3号 3月 6日)

このように、非常に厳しい財政状況ではありますが、私が市長公約として掲げさせていただきました全ての世代に喜んでいただけるまちづくりに向け、実施可能な施策から順に着手し、一つ一つ、着実かつ確実に、推進していくことで、成果を出してまいりたいと考えております。  続いて、主要事業に関する考え方について述べます。  

水俣市議会 2019-03-05 平成31年3月第1回定例会(第2号 3月 5日)

このようにいずれの事業についても、将来の水俣を背負っていく子どもや子育て世代保護者たちを応援するメニューが今回の予算に多く見られたことは、私は大変うれしく思います。この質問について2次質問はありません。次お願いします。 ○議長(福田 斉君) 次に、市制施行70周年事業について、答弁を求めます。  帆足総合政策部長。