9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

熊本市議会 2018-06-08 平成30年第 2回定例会−06月08日-04号

3つ目は、ムスリムの方だったら、飲食店に行くことができない。4つ目に、1つ目とほとんど同じ内容でありますが、観光名所に行って文化歴史の説明がないので、自由に動けない。英語担当のスタッフが1名いるかいないか。5つ目に、九重スキー場に行かれたそうですけれども、3カ国対応、レンタルウエアの説明書や話せるスタッフがいるので、海外観光客が多数来られている。

熊本市議会 2015-09-10 平成27年第 3回定例会−09月10日-03号

例えば、店舗の入り口などにどんなクレジットカード使用できるのか、そういった表示があればいいのにとか、外国語メニューがあるのかどうかわかるようにしてくれたら店に入りやすいのにとか、ムスリムの方が行きやすい店のマップがどこにでも置いてあったり、ネットで見られるようになったらいいのにとか、本当にいろいろな声が届きます。

熊本市議会 2014-12-19 平成26年第 4回経済委員会-12月19日-01号

例えば、①の観光振興、MICE誘致につきましては、ASEANにおける拠点づくりの検討やムスリム観光客の受け入れ体制の整備、②の学術都市づくりにつきましては、ASEAN諸国や交流都市からの留学生誘致、③のビジネスの促進につきましても、ASEAN諸国へのビジネスの展開支援などに取り組むこととしております。  

熊本市議会 2014-09-29 平成26年第 3回経済委員会−09月29日-01号

まず、@の観光振興、MICE誘致につきましては、ASEAN諸国からの観光客に対する取り組みやMICE誘致の強化を行うという方向性のもと、ASEANにおける拠点づくりの検討、SNSや映画を活用した情報発信、ムスリム観光客の受け入れ体制整備、くまもとMICE誘致推進機構を中心としたMICE誘致の強化などに取り組むこととしております。  

熊本市議会 2014-06-16 平成26年第 2回経済委員会−06月16日-01号

その他につきましては、4月に結びましたマレーシア政府機関と原田産業開発公社との協力関係を確認する覚書、これを生かしましたムスリム観光客受け入れの環境整備の強化ですとか、推進対策の強化としまして、国際交流振興事業団や国際コンベンション協会との連携強化を図ってまいりたいというふうに考えております。  

熊本市議会 2014-06-10 平成26年第 2回定例会−06月10日-03号

特に、イスラム教徒のことでありますが、世界最大のムスリム人口を抱えるインドネシア、そしてイスラム教を国教とするマレーシアを初めとする東南アジア諸国の経済成長が著しいことから、未開発市場として東南アジア・ASEAN諸国は成長する巨大な市場として世界から期待されています。  そういう中で、本市が、マレーシア政府機関ハラール産業開発公社と日本自治体として初めて覚書締結できました。

熊本市議会 2014-05-30 平成26年第 1回(閉会中)議会運営委員会−05月30日-01号

今後は、急増している東南アジアムスリム観光客からも選ばれる都市となるよう、ハラールに関する理解を深めるセミナーの開催やムスリムガイドラインの作成を行いますなど、ムスリム市場にも開かれた熊本づくりに努めてまいりたいと考えております。  次に、桜町地区再開発事業の進捗について御報告いたします。  

  • 1