748件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長洲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-03-14

あと、雨漏りがあっておりました教室の天井、それと、昇降口入口、ピロティと呼んでおりますけども、そこのバリアフリー化。車椅子等で入れるようにするためのバリアフリー化ですね。そのほか、教室のドア、前後ございますけども、そちらの取り替え等が含まれている工事となっているものでございます。

荒尾市議会 2019-03-06 2019-03-06 平成31年第1回定例会(2日目) 本文

介助者やバリアフリーが必要な方、食事面で援助が必要な方、外国人旅行者や妊娠されている方など、全ての人が旅行を楽しんでいただけるようなユニバーサルツーリズムの推進でございますが、ツアーの商品化につきましては、旅行会社の企画・実施に頼るところではございますものの、受入れ体制の強化といたしまして、宿泊施設等の環境整備や接遇向上など、幅広い関係者の協力のもと、観光協会等と連携を図りながら、推進してまいりたいと

熊本市議会 2019-03-04 平成31年第 1回厚生委員会−03月04日-01号

利用者や家族につきましては、バリアフリーで個室化された快適な養護老人ホームに移転することにつきましては、ほぼ全員御理解をいただいたところでございます。  さらに、地域の説明会では、雁回敬老園の廃止の反対意見は聞かれなかったところでございますけれども、跡地の活用については地域住民の意見をしっかり聞いてほしいといったことで御要望はいただいているところでございます。

熊本市議会 2019-02-26 平成31年第 1回予算決算委員会−02月26日-01号

また、本年1月には学校施設長寿命化計画を策定いたしまして、バリアフリー化の一環として既存のトイレの洋式化や多目的トイレの整備を実施することとしております。  今後は児童・生徒の健康と災害時の市民の安心のため、委員御提案の手法も参考とし、和便器を洋便器に取りかえる簡易な方法や限られた設置スペースでのより効果的な改修方法等も研究し、さらなる洋式化を進めてまいります。         

熊本市議会 2018-12-27 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号

同見学通路については、第2回定例会において、総額10億5,000万円の事業として提案された後、今議会に突如としてルートの変更、安全対策、バリアフリー対策、景観への配慮やエレベーターの大型化、多目的トイレの設置などを行うために、当初の約1.7倍と大きく事業費増となる補正が提案されました。市が行う事業については、さまざまな事業があり、資材価格の変動など予期せぬ増減額があることは仕方がありません。  

熊本市議会 2018-12-25 平成30年第 4回予算決算委員会−12月25日-02号

一、今回のバリアフリー対策等に係る増額補正においては、障がい者団体等との意見交換に基づく要望等が反映されており、より多くの来城者が見学通路を安全かつ快適に利用するためには必要な整備であると思われる。今後も、市が行う事業については、さまざまな配慮を必要とする方々との意見交換を行うなど、丁寧な事業推進に努めてもらいたい。  

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号

3の雁回敬老園の現状と課題でございますけれども、雁回敬老園は築35年と老朽化が著しい上、個室化、バリアフリー化などがなされておらず、早急な入所者の処遇の改善が必要な状況となっております。入所者数は11月末現在で16名まで減少いたしまして、空床による市の超過負担は年間で5,800万円となっているところでございます。  

水俣市議会 2018-12-12 平成30年12月第4回定例会(第3号12月12日)

最近では車いすの方も利用できるバリアフリータイプのものなど、さまざまな方が利用できるようにアイデアを凝らしたものが開発されており、公共施設において、この熱中症対策の観点からも大変有効な装置が至るところで利用できれば、市民にとってはとてもありがたいものになると考えます。  そこで、ウオータークーラーの認識と設置状況、さらに今後の設置に向けた取り組みについてお尋ねいたします。  

八代市議会 2018-12-05 平成30年12月定例会−12月05日-03号

次に、基本目標4の、“やつしろ”の発展を支えるまちづくりに係る施策では、都市計画道路の整備率が目標の80%に達し、道路のバリアフリー化が目標60%に対し約68%となるなど、複数の項目で既に目標値を達成しています。また、路線バス・乗合タクシーの再編実施により、公共交通不便地域の居住人口割合が目標15%に対し12.8%まで縮小し、公共交通不便地域の解消が進むなど、生活基盤の整備が図られています。  

熊本市議会 2018-09-25 平成30年第 3回予算決算委員会−09月25日-03号

次に、交通事業におけるバリアフリー化の問題についてお尋ねいたします。  第1に、車両並びに電停のバリアフリー化の目標並びに現状到達点を御説明ください。  第2に、今後目標達成のためにどのように取り組んでいかれるのでしょうか。  以上2点を交通事業管理者に伺います。         〔肝付幸治交通事業管理者 登壇〕 ◎肝付幸治 交通事業管理者  バリアフリー化に関するお尋ねにお答えいたします。  

熊本市議会 2018-09-18 平成30年第 3回経済分科会−09月18日-01号

ところが、少子高齢化が進んでいって、車を運転できない、そういう遠方に行けないというような高齢者、あるいは障がい者の人たちにとってみると、中心商店街にそういう行きやすい、買いやすい、バリアフリーがきちんと整っていないと、ちょっと心配なんです。

熊本市議会 2018-09-13 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号

中でも、病気や疾患などでバリアフリーや低層階しか住めないとなるとさらに困難です。  そこでお尋ねいたします。  まず第一、仮設住宅入居者で市営住宅への転居希望者のうち、バリアフリーが必要な世帯、または足腰の疾患、病気のため低層階への入居を希望している世帯はどれだけあるでしょうか。また、現在の対応と今後の取り組みについてどのように考えておられますか。都市建設局長にお尋ねいたします。  

水俣市議会 2018-09-13 平成30年9月第3回定例会(第4号 9月13日)

また、高齢者や障害者など社会的弱者にもバリアフリーを配慮するとともに、子ども連れの方も利用しやすい環境づくりを進めているところです。1階は、市民交流エリアと位置づけ、市民ギャラリーや売店、情報発信など市民が集まり憩える空間を提供しております。  

水俣市議会 2018-09-12 平成30年9月第3回定例会(第3号 9月12日)

今、新庁舎の基本設計が進められていますけれども、障害を持つ利用者のバリアフリー化、これを当然考えられている思いますが、障害者を持つ職員がいるということも前提に市庁舎全体がバリアフリー化することをぜひ検討お願いしたいというふうに思います。  そして、もう一つ大事なことは、物理的バリアフリーとともに、心のバリアフリーをどれだけつくっていくかということではないかと思っております。  

宇城市議会 2018-09-07 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月07日−04号

障がいのある児童生徒でも、安全かつ円滑に学校生活を送ることができるように、計画的にバリアフリー化を推進することが重要だと考えています。多目的トイレにつきましても、同様の考えでございます ◆20番(中山弘幸君) 整備状況と整備計画について答弁がなかったと思いますが、再度お願いします。 ◎教育部長(蛇島浩治君) 失礼いたしました。