1942件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長洲町議会 2020-03-16 令和2年予算審査特別委員会(第3号) 本文 2020-03-16

これは、令和2年度に行うシステム改修費に関する補助金の増でございます。  4款県支出金、1項県補助金、ともに16億8,776万9,000円でございます。対前年度比4,020万3,000円、2.4%の増でございます。この増額の主な要因としましては、保険給付費の当初予算額の増額見込みに伴い、県から交付される保険給付費交付金の予算額が増額となったものでございます。  

長洲町議会 2020-03-12 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 2020-03-12

第2条第1号の電子計算機につきましてはパソコンやシステムサーバー等を想定しております。また、第2号の事務用機器につきましてはコピー機や印刷機、プリンターを想定しております。第3号の通信用機器につきましては電話機やファックス、第4号の医療機器につきましてはAED、第5号の業務用機器につきましては測量機器や計測機器を想定しております。

熊本市議会 2020-02-13 令和 2年 2月13日議員全員会議−02月13日-01号

まず、学校教育関係では、タブレット端末の全小中学校への配備が完了し、政令市トップクラスの教育ICT環境が実現するほか、高校改革関連として、市立高校等の改革に向けた基本計画を策定するとともに、公立高校では全国初となる市立高校へのWeb出願システムの導入に取り組んでまいります。  

玉名市議会 2019-12-23 令和 元年第 3回定例会−12月23日-06号

さらに、委員から、「くまもと土地利用農業競争力強化支援事業補助金の農事組合組合員の件数と内容について」との質疑があり、執行部から、「農事組合法人伊倉の組合員が84件で、補助内容は、広域営農システムの構築に必要なトラクターやロータリーなどの共同利用機械の整備費で上限が1,000万円で2分の1の補助となっている」との答弁でした。  次に、委員から、「12月補正時点の財政調整積立金の残額は。

長洲町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-19

これにつきましては、人件費の補正のほかに主なものは、ふるさと納税の寄附額増加に伴う返礼品及び業務委託料、システム使用料等の事業費3,841万8,000円の増額、会計年度任用職員制度の導入に伴う総合行政システムの改修委託料263万円でございます。  2項徴税費、既定額から60万3,000円を減額し、1億513万6,000円とするものです。これにつきましては、人件費の補正でございます。  

熊本市議会 2019-12-18 令和 元年第 4回定例会−12月18日-07号

また、地域における医療施設の機能分化を明確にし、院内・病院 │ │ 間・地域医療の連携を強化して、情報共有を行うシステム作り、救急搬送シ│ │ ステムや受け入れ医療機関の確保に責任を果たせるよう、国の援助を強化するこ│ │ とも急務であります。                          │ │  さらに、地域における医師看護師など医療従事者の不足は深刻であります。

長洲町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-16

いまやICTは私たちの生活の中に欠かせないシステムとして認知されています。10年前は大人世代に普及しつつあった携帯電話も、今や小学生が持って、いや、もっと小さい子も操作している、そういう世の中になりました。電話機能は言うまでもなく、通信機能は各段にアップし、情報量もスマートフォンやタブレットはパソコン機能まで備えているような、そういう情報世界を一変しました。

熊本市議会 2019-12-13 令和 元年第 4回予算決算委員会−12月13日-02号

まず、議第111号「令和元年度熊本市一般会計補正予算」中、当分科会関係分及び議第112号「令和元年度熊本市国民健康保険会計補正予算」については、マイナンバー制度に対応するためのシステム改修経費に関し論議があり、同制度の運用においては情報漏えいのリスクなどセキュリティ対策に限界があることから、情報連携を目的としたシステム改修には賛同し難い。  旨、意見要望が述べられました。  

荒尾市議会 2019-12-13 2019-12-13 令和元年第6回定例会(4日目) 本文

本市では、ことし、平成31年第1回定例会におきまして、一般会計当初予算中に、本人通知制度システム整備事業費の予算づけがなされ、10月1日よりスタートをいたしております。  本人通知制度とは、住民票の写しや戸籍謄抄本等の証明書を代理人や第三者に交付した場合に、その事実を通知する制度であり、不正請求や不正取得を抑止し、不正取得による人権侵害を防止することを目的といたしております。  

八代市議会 2019-12-13 令和 元年12月定例会−12月13日-04号

また、現在、防災情報配信の新たなシステムの整備を行ってるところであり、そのシステム構築に当たっては、障害をお持ちの方のニーズを把握するため、どのような発信手段が望ましいかについてのアンケート調査を、視覚障害者団体と聴覚障害者団体に実施したところでございます。  今後も健康福祉部と連携を図りながら、要配慮者等への防災対策の充実に取り組んでまいります。  以上、お答えといたします。

荒尾市議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第6回定例会(3日目) 本文

また、本市では、現在、令和3年度からの運用を目標に防災情報伝達システムの整備を行っており、野外拡声器や携帯電話のアプリを活用した個人への防災情報の発信を行うとともに、防災関係機関希望者に対して、戸別受信機の整備を行うことを予定しております。この戸別受信機は、音声や光により携帯電話を持たない方だけではなく、視覚障がい者や聴覚障がい者の方でも防災情報を入手することができるものでございます。  

玉名市議会 2019-12-11 令和 元年第 3回定例会-12月11日-05号

菊池市で始まったおくやみねっと同様のシステムを導入できないでしょうか。また、他市の取り組みを踏まえ、玉名市の現状で改善点はないでしょうか。重ねて改善予定があればお聞かせください。 ○議長(中尾嘉男君) 市民生活部長 村崎信介君。 ◎市民生活部長(村崎信介君) 吉田議員質問の改善点、改善予定についてお答えをいたします。  

八代市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会−12月11日-02号

また、熊本県ホームページの統合型防災情報システム河川水位情報から2級河川監視カメラと水位計の状況を確認することができます。そのほか、NHKのデータ放送でも球磨川、河俣川、氷川の水位は確認することができますので、市民の皆様には増水している川を直接見に行くのではなく、テレビインターネットを活用して水位を確認していただくよう、よろしくお願いいたします。  以上、お答えといたします。

玉名市議会 2019-12-10 令和 元年第 3回定例会−12月10日-04号

市の安心ネットワーク委員会という関係各課が参加するシステムはありますが、もっと早いリアクションで自殺願望者には対応しなければならないと思います。  公共施設も複合化を目指さなければなりませんが、市の各課も事案によって、いろいろな課が複合化し、それがワンチームとなって対応し、さらには関係機関、例えば、医療機関消防警察学校等との連絡を密にしていく必要があると思います。