45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本市議会 2020-03-17 令和 2年第 1回環境水道委員会-03月17日-01号

事業概要(3)くまもとブランド発信のイを御覧ください。  令和2年10月に開催予定の第4回アジア太平洋水サミットを初めとした国際会議などを通じて、本市地下水保全の取組などの情報発信することにより、国内外の水に関する諸問題の解決に貢献する旨を追記しております。  次に、第3節、持続可能な循環型社会の構築の主な変更内容でございます。  81ページをお願いいたします。  

熊本市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回環境水道委員会-12月09日-01号

このほか、(3)くまもとブランド発信において、アジア太平洋水サミットを初めとした国際会議を通じた情報発信による国内外の水に関する諸問題の解決への貢献、(6)協働による上質な緑の創出保全・活用において、全国都市緑化フェアを契機といたします市街地における市民の関心を高める質の高い緑化推進などを追記しております。  66ページをお願いいたします。  

熊本市議会 2019-02-28 平成31年第 1回環境水道分科会−02月28日-01号

次に、2くまもとブランド情報発信経費149万6,000円の増額補正でございます。2020年、来年でございますが、10月の開催が決定をいたしましたアジア太平洋水サミット開催関連経費でございます。  続きまして、目の30環境総合センター費でございます。832万4,000円の減額を計上しております。内訳といたしまして、1番薬用保冷庫購入費、いわゆる備品購入費でございますが、増額

熊本市議会 2018-03-20 平成30年第 1回予算決算委員会−03月20日-05号

一、くまもとブランド情報発信経費について、国内外へ向けたより効果的な情報発信に全庁を挙げて取り組んでもらいたい。  一、老朽化した東部環境工場設備改良を進めるに当たっては、将来的な広域連携でのごみ処理行政可能性災害ごみ発生時の対応も視野に入れ、同工場処理拠点となるよう、現在の処理能力を維持した上での長寿命化を検討してもらいたい。  

熊本市議会 2018-03-15 平成30年第 1回環境水道分科会-03月15日-02号

三森至加 委員  環境局の16ページの水保全課の13番、くまもとブランド情報発信経費についてお尋ねなんですけれども、今回予算が330万円と出ていますけれども、要求額が最初1,019万8,000円というふうになっていて、D査定というふうになっていたんですけれども、なぜそういうふうになったのか教えてください。

熊本市議会 2017-09-08 平成29年第 3回予算決算委員会-09月08日-01号

また、本市の豊かな自然環境保全や、地下水等魅力発信に向け、くまもとブランド推進や、地下水質保全のための家畜排せつ物処理施設建設用地取得のほか、農水産物販路拡大に向け、海外見本市への出展等にも取り組みました。  これらの、上質な生活都市の実現に向けた取り組みに関する歳出決算額は149億4,700万円であります。  最後に、その他の重点的な取り組みについて御説明いたします。  

熊本市議会 2017-03-21 平成29年第 1回予算決算委員会−03月21日-05号

一、くまもとブランド情報発信経費並びに地下水都市熊本空間創出経費について、本市最大魅力である地下水については、関係部局が一丸となって国内外へ向けた積極的な情報発信に努めてもらいたい。  一、ごみステーション内の案内板収集カレンダーについては、外国人居住者ごみ出しルールを理解できるよう、外国語での表記を検討してもらいたい。  旨、意見要望が述べられました。  

熊本市議会 2017-03-15 平成29年第 1回環境水道分科会-03月15日-02号

大石浩文 委員  当初予算に上げてあるくまもとブランド情報発信経費についてお聞きをしたいんですが、きのうの総括質疑でも観光に関連してお聞きしたんですけれども、第7次総合計画の中で、地下水都市発信していくというようなことがしっかり明記されているわけなんですが、その中で29年度、このくまもとブランド情報発信については、水保全課の方ではどういう取り組みをされるのかということです。  

熊本市議会 2016-03-14 平成28年第 1回環境水道分科会-03月14日-02号

特にこの中で18のくまもとブランド担い手育成推進経費でございますけれども、540万円計上いたしております。これは水検定水守制度を活用した人材育成及び県、市、地下水財団、TKUの共催で実施いたします高校生フォーラムを本年度に引き続き開催をいたしまして、次世代を担う若年層担い手育成に努めてまいるところでございます。  説明は以上でございます。

熊本市議会 2016-02-22 平成28年第 1回定例会−02月22日-01号

また、本市の豊かな自然環境保全地下水等魅力発信に向け、くまもとブランド推進や、地下水質保全のための家畜排せつ物処理施設建設用地取得に取り組むほか、生物多様性保全に向けた普及啓発や、農水産物販路拡大に向けた海外見本市出展等にも取り組んでまいります。  次に、2つ目重点項目は、熊本市しごとひとまち創生総合戦略に関する取り組みであります。  

熊本市議会 2016-02-15 平成28年 2月15日全員協議会−02月15日-01号

また、本市の豊かな自然環境保全くまもとブランド等の発信に向け、地下水魅力発信地下水質保全のための家畜排せつ物処理施設用地取得に取り組むほか、生物多様性保全に向けた普及啓発農水産物販路拡大に向けた海外見本市出展等にも取り組んでまいります。  次に、2つ目重点項目は、熊本市しごとひとまち創生総合戦略に関する取り組みであります。  

熊本市議会 2015-02-26 平成27年第 1回環境水道分科会−02月26日-01号

くまもとブランド情報発信経費でございます。これは来年度韓国の大邱市で開催されます世界水フォーラム参加経費と水をめぐるバスツアーなどの経費等でございます。  次、12番でございますけれども、これも経済対策関連経費でございまして、くまもとブランド担い手育成推進経費でございます。

熊本市議会 2014-03-12 平成26年第 1回環境水道分科会-03月12日-02号

次に、15番から17番までが広域連携事業で、18から20までが水ブランド事業でございますが、この中で18のくまもとブランド情報発信経費700万円につきましては、国連生命の水」最優秀賞を受賞しましたことから、さらなる広報の展開を図るために、水めぐりバスツアーなどの企画や熊本の水の魅力を視覚的に広報できるショートムービーなどの作成などに取り組みたいと考えております。  

熊本市議会 2013-12-24 平成25年第 4回定例会−12月24日-07号

一、水に関する国際フォーラムin熊本開催については、来年3月に東京において開催される国連生命の水」表彰式にあわせ実施されるとのことだが、本市推進するくまもとブランド情報発信の好機と捉え、フォーラムの成功に向け、本イベントの意義について、市民への周知を図ってもらいたい。    また、今後は急なイベント開催にも柔軟に対応できるよう、余裕を持った年間事業計画を立案してもらいたい。  

熊本市議会 2013-12-20 平成25年第 4回予算決算委員会−12月20日-02号

さて、続きましては、くまもとブランド情報発信経費800万円の増額補正についてお尋ねいたします。  この補正につきましては、新規事業追加補正であることから、既決予算の114%という際立った伸び率が見受けられておりますけれども、この補正が単発的なイベント事業であれば、年間を通しての計画性は妥当であるのかという視点であったり、従来の事業以上に費用対効果が求められるものであると考えます。  

熊本市議会 2013-12-17 平成25年第 4回環境水道分科会−12月17日-01号

水保全課分といたしまして、くまもとブランド情報発信経費といたしまして800万円の補正をお願いするものでございます。これは、本年3月に本市が賞をいただきました国連生命の水」の式典が、来年は3月、東京開催することが決定いたしております。このお礼を受けまして、この関連行事といたしまして、国連の機関の方々を本市にお招きしまして、フォーラム開催する経費でございます。