熊本市議会 > 2014-09-04 >
平成26年第 2回(閉会中)予算決算委員会理事会−09月04日-01号
平成26年第 2回(閉会中)議会運営委員会−09月04日-01号

ツイート シェア
  1. 熊本市議会 2014-09-04
    平成26年第 2回(閉会中)議会運営委員会−09月04日-01号


    取得元: 熊本市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-05-18
    平成26年第 2回(閉会中)議会運営委員会−09月04日-01号平成26年第 2回(閉会中)議会運営委員会                議会運営委員会会議録 開催年月日   平成26年9月4日(木) 開催場所    議運・理事会室 出席委員    13名         満 永 寿 博 委員長    家 入 安 弘 副委員長         上 田 芳 裕 委員     園 川 良 二 委員         澤 田 昌 作 委員     大 石 浩 文 委員         白河部 貞 志 委員     藤 岡 照 代 委員         坂 田 誠 二 委員     牛 嶋   弘 委員         江 藤 正 行 委員     下 川   寛 委員         益 田 牧 子 委員         三 島 良 之 議長     鈴 木   弘 副議長 協議・報告事項   (1)桂林訪問団視察の報告について   (2)今次定例会における市長提出議案について
      (3)提出議案の委員会付託について   (4)今次定例会会期について   (5)各会派質問者並びに順位の決定について   (6)質問通告書の提出期限について   (7)常任委員会の開催日について   (8)意見書・決議案の提出期限並びに取り扱いについて   (9)開会当日における議事次第について   (10)議会説明員の代理出席について   (11)次回の議会運営委員会の開催日について   (12)その他                              午前 9時59分 開会 ○満永寿博 委員長  ただいまから議会運営委員会を開きます。  まず初めに、議長より発言の申し出があっておりますので、よろしくお願いいたします。 ○三島良之 議長  皆様おはようございます。  去る8月27日から31日までの日程で、私のほか8名の議員とともに訪問いたしました熊本市議会桂林市友好訪問団の視察報告をさせていただきます。  当訪問団は、本市と桂林市との姉妹都市締結35周年を記念し、唐ソウ(王へんに宗)ゲン(さんずいに元)桂林市長からの招聘を受け、中国桂林国際旅行博覧会の開催時期に合わせ訪問したものでございます。  また、あわせて上海市も訪問いたしました。  まず、桂林市では大歓迎を受ける中で、潘永建人民代表大会常務委員会副主任を表敬訪問し、その後の人民代表大会主催の夕食会では、和気あいあいとした雰囲気の中で親交を深めることができました。  翌日は、第5回中国桂林国際旅行博覧会の開幕式に出席するとともに、会場内の各ブースの視察を行いました。その後の桂林市主催の友好都市締結35周年事業レセプションでは、幸山市長や市民友好訪問団の皆様方とともに、唐ソウ(王へんに宗)ゲン(さんずいに元)桂林市長や潘永建人民代表大会常務委員会副主任を初め、桂林市並びに桂林市人民代表大会の多くの方々と、桂林・熊本両市の友好都市締結35周年を祝い、両市のさらなる友好関係の発展に向けて、有意義な意見交換を行うことができました。  さらに、そのほか桂林市では、現在、最も力が注がれている都市計画部門と観光部門の視察を行いました。  まず、都市計画部門では、桂林市臨桂新区管理委員会を訪れ、臨桂新区の開発について説明を受けるとともに、新たに開発中のまちを目の当たりにし、開発の規模の大きさを実感したところでございます。  また、観光部門では、蘆笛岩や桂林四湖を視察し、多くの観光客を魅了する風光明媚な自然と、その観光事業の手法にじかに触れたところでございます。  次に、上海市では、航空機のおくれにより、予定していた一部の視察についてやむを得ず中止いたしましたが、熊本上海事務所を視察したほか、中国の中でも最も発展が著しい浦東地区に位置する地上101階、高さ492メートル国際金融センターを初め、中国経済状況について認識を新たにいたしたところでございます。  最後になりましたが、今回の訪問を通じて、今後の両市の一層の交流並びにさらなる友好関係の発展に向けて、決意を新たにいたしたところでございます。  以上、簡単ではございますが、訪問団を代表いたしまして、私からの報告とさせていただきます。 ○満永寿博 委員長  それでは、今次定例会における市長提出議案について、執行部の説明をお願いいたします。 ◎幸山政史 市長  皆さんおはようございます。  平成26年第3回定例会につきましては、本日告示、9月11日開会の運びで、よろしくお願い申し上げます。  説明に入ります前に、3点、御報告を申し上げます。  まず、ただいま三島議長からも報告があったところでございますが、桂林市訪問につきまして、私の方からも少し御報告をさせていただきます。  先月28日から2泊3日の日程で、三島議長を団長とする熊本市議会代表団、そして熊本市民友好訪問団の皆様方と、桂林市を訪問し、友好都市締結35周年の記念式典を初め、同期間に開催されました桂林国際旅行博覧会に参加し、本市の物産品や観光のPRを行うなど、交流に努めてまいりました。  今回の訪問では、桂林市との35年にわたる交流の歴史の重みを強く感じるとともに、桂林市長との会談において、教育医療観光分野などでの交流を促進することを確認してまいりました。これまでの桂林市との友好関係の構築に御協力をいただきました議員の皆様を初め、関係各位に対しまして感謝を申し上げ、今後、両市のさらなる友好発展に取り組んでまいります。  次に、県民百貨店の閉店に関連した対応について御報告いたします。  御案内のとおり、県民百貨店におかれては、営業の継続を断念し、平成27年2月末をもって閉店することを決定されました。同百貨店は、中心市街地の2核3モールの一つの核を担い、中心市街地活性化に貢献をいただいてきたところであり、これまでの御努力に心から敬意を表するものであります。  本市では、今回の決定に伴い、再就職問題などに対応するため、早速、県を初め関係機関と連携し、支援策を取りまとめることとし、連絡会議を立ち上げました。当面の対応として、県内71カ所に臨時相談窓口を設置したほか、取引企業向けの支援策説明会を今月9日に実施することとしておりまして、引き続き、県や関係機関と連携を密にしながら、できる限り対応をしてまいります。  最後に、広島市土砂災害への本市の対応について御報告いたします。  御承知のとおり、広島市北部の豪雨に伴う土砂災害につきましては、多くのとうとい命や財産が失われるなど、甚大な被害をもたらし、現在も警察消防自衛隊などによる行方不明者の懸命の捜索活動が続いております。ここに、亡くなられた方々の御冥福を衷心よりお祈り申し上げますとともに、被災された多くの方々に対し謹んでお見舞いを申し上げます。  今回のような災害に対しましては、指定都市東京都を加えました21都市において、災害時相互応援に関する協定締結しております。本市といたしましては、今回被災された広島市に対し、災害が発生した8月20日に救援協力の申し入れを行ったところであり、広島市からの要請があり次第、早急に対応できるよう、20都市で連携を図っているところであります。  また、今回の被害の甚大さに鑑み、復興支援の一助になればと考え、今月2日から、各区役所において、市民の皆様からの義援金の受け付けを始めたところであります。集まりました義援金につきましては、広島市を通して、被災された方々にお届けしたいと考えておりますので、皆様の御理解と御協力をよろしくお願いいたします。  それでは、提出議案について説明に入らせていただきます。  今回の補正予算案は、社会保障・税番号制度に関連した情報システムの改修経費や、おでかけ乗車券のICカード化に要する経費のほか、今後の業務推進上やむを得ないもの、国、県からの補助内示に伴うもの、さらには市営住宅自転車駐車場等の施設の指定管理に伴う債務負担行為などを提出しております。  まず、補正予算案の概要について申し上げますと、一般会計において10億6,108万円の増額、補正後の予算額2,909億5,338万円、特別会計において8,343万円の増額、補正後の予算額1,992億1,629万円となり、合計では11億4,451万円の増額、補正後の予算額は5,805億2,769万円となりました。補正後の予算を前年同期と比較いたしますと、一般会計では0.9%の減、特別会計では0.8%の増となりますが、全体の合計額では1.3%の増となっております。  主な内容について、部門別に申し上げます。  まず、総務部門では、県の補助を活用した自主防災クラブに対する資機材の助成経費を計上しております。  次に、企画振興部門では、社会保障・税番号制度に関連した情報システムの改修経費のほか、町内自治会が実施します防犯灯のLED等機器への取りかえ助成経費の増額や、植木地域の常備消防事務を山鹿植木広域行政事務組合から本市に移管いたしますことに伴う負担金などを計上しております。  次に、健康福祉子ども部門では、おでかけ乗車券のICカード化に要する経費や、障がい者の移動支援対策として来年度から導入します燃料費助成券の交付準備経費、障がい者相談支援事業所の機能強化に向けた準備経費のほか、県の補助を活用した少子化対策として若者に対する結婚から妊娠、出産、子育てまでの一貫した情報の提供、及び意識啓発に要する経費等を計上しております。  次に、環境部門では、今回提案させていただいております江津湖地域における特定外来生物等による生態系等に係る被害の防止に関する条例に関連した周知啓発等の経費を計上しております。  次に、農水商工部門では、食肉センターの馬屠畜機能移転に係る代替施設衛生対策強化などに要する経費や、7月の豪雨により被害を受けました農地農業施設の復旧に要する経費のほか、新たな広域連携モデル構築事業としての国の委託を受け、熊本都市圏産の食材を使用しました駅弁、空弁の開発経費等を計上しております。  次に、観光文化交流部門では、ラグビーワールドカップ2019の熊本開催に向けた招致活動経費や、広域連携によるICTを活用した遊歩道草枕の道の電子地図化等の経費のほか、火災により損傷しました動植物園管理棟の復旧に要する経費や、ロアッソ熊本の運営会社であります株式会社アスリートクラブ熊本に対する出資金などを計上しております。  また、都市建設部門では、(仮称)海フェスタくまもとの開催準備に要する経費等を計上しております。  次に、教育部門では、地域教育情報ネットワーク用端末のセキュリティ強化に要する経費のほか、小学校9校の給食調理等業務の民間委託に向けた経費を債務負担行為として計上しております。  最後に、企業会計ですが、交通事業会計におきまして、市電における地域振興ICカード対応に係るシステム改修等の経費を債務負担行為として計上しております。  以上が補正予算歳出の説明でありますが、これを賄う財源として、それぞれの歳出に見合う国県支出金等の特定財源及び繰越金を充当しております。  続きまして、条例議案でありますが、主なものといたしまして、まず来年4月にも施行が見込まれます子ども・子育て支援新制度に対応するため、幼保連携型認定こども園や、放課後児童健全育成事業等の設備、運営の基準等について、6件の条例の制定及び一部改正をするものであります。  また、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる第3次一括法の施行に伴い、介護保険関係の3件の条例を制定するものであります。  その他の主な条例議案といたしまして、江津湖地域における特定外来生物等による生態系等に係る被害の防止に関する条例の制定について説明いたします。  江津湖地域において、特定外来生物等による被害を防止するため、市民、事業者、行政などが一体となって、江津湖地域生態系を保全し、将来の市民へ継承するための条例を制定するものであります。  その他の条例等の議案につきましては、総務局長より説明申し上げます。  なお、人事案件につきましては、現在調整中であり、改めて提出したいと考えております。 ◎飯銅芳明 総務局長  それでは、私の方から、お手元に配付しております資料に従いまして、議案の概要について御説明申し上げます。  第3回定例会の議案につきましては、予算案件が5件、決算案件6件、条例案件が18件、その他の案件が71件の合計100件を予定しておりまして、報告案件は22件でございます。  まず、条例案件でございますが、7ページをごらんいただきたいと思います。  整理番号1でございますけれども、これは地方自治法に基づく附属機関として障がい者相談支援事業受託事業者選考委員会を新たに設置するものでございます。  整理番号2でございますが、これは祭礼、縁日等の催しのうち大規模なものを指定催しとして指定し、その指定催しの主催者に火災予防の計画の作成等を義務づけるものでございます。  8ページをお願いいたします。  整理番号3でございますけれども、これは地域コミュニティセンターの新設を8カ所行うために、所要の改正を行うものでございます。  整理番号4でございますけれども、これは合併特例区の設置期間の満了に伴い、本市の条例で、公の施設である同ホールについて定めるものでございます。  9ページ、お願いいたします。  整理番号5から7でございますけれども、これは先ほど市長からも話がありましたが、いわゆる第3次一括法の規定によりまして、介護保険法の一部改正が行われたことによるもので、省令で定める基準に従い、または省令で定める基準を参酌し、条例により事業の人員や運営等の基準を定めるもので、若干の独自基準を設けているほかは、省令と同内容の基準となっているところでございます。整理番号5が居宅介護支援事業に関するもの、6が介護予防支援事業に関するもの、7が地域包括支援センターの事業に関するものとなります。  11ページから12ページの整理番号8と9でございますけれども、これは引用する法律の題名の変更に伴いまして、関係条例の整理をするものでございます。なお、整理番号9につきましては、法律施行が本年10月1日でございますため、先議での議決をお願いしたいと存じます。  13ページをお願いいたします。  こちらの表は、整理番号10から14の条例を整理したものでございます。必要に応じてごらんいただければと思いますけれども、いずれも、いわゆる子ども・子育て3法にかかわるものでございます。こちらも、先ほどの介護保険関係同様、省令で定める基準に従い、または省令で定める基準を参酌し、条例で事業の運営等の基準について定めるもので、若干の独自基準を設けているほかは、省令と同内容の基準となっているところでございます。  14ページをお願いいたします。  整理番号10でございますけれども、これは放課後児童健全育成事業についての基準を定めるもの、15ページですけれども、整理番号11、これは家庭保育事業等についての基準を定めるものでございます。  16ページをお願いいたします。  整理番号12でございますけれども、こちらは一部改正になりますが、保育所等についての基準を改めるものでございます。  17ページの整理番号13でございますが、これは幼保連携型認定こども園についての基準を定めるものでございます。  整理番号14でございますが、これは特定教育保育施設及び特定地域保育事業について、子供のための教育保育給付の支給対象となる基準を定めるものでございます。  18ページをお願いいたします。  整理番号15でございますが、これは子ども・子育て支援法87条の規定に基づく過料について定めるものでございます。  それから、19ページの整理番号16でございますけれども、これは水前寺江津湖公園において、特定外来生物等による被害を防止するため、指定外来魚の捕獲のための釣りを認め、また指定外来魚放流及び再放流禁止するものでございます。  20ページをお願いいたします。  整理番号17でございますが、これは城南地区及び植木地区における農業集落排水処理施設に関し、合併特例期間の満了を機に、本市の下水道条例の規定に準ずるものとするために、所要の改正を行うものでございます。  次に、21ページの整理番号18でございますけれども、これは整理番号16の江津湖条例の制定を機として、一定の権限がある者は鳥獣魚類の捕獲等の禁止規定の対象から除外するため、規定を整備するものでございます。  次に、その他の案件ですけれども、22ページをお願いしたいと思います。  まず、整理番号の1と2でございますけれども、これは市道の認定を58路線、廃止を5路線行うものでございます。  それから、22ページから23ページにかけての整理番号3及び4でございますけれども、整理番号3が山鹿植木広域行政事務組合の共同処理する事務規約中、消防事務に関することを削除するもので、それを受けて、整理番号4が、消防に関する財産を処分するものとなります。  24ページをお願いいたします。  整理番号5と6でございますが、これは財産の取得に関するもので、整理番号5がはしご車、整理番号6が救急車でございます。  25ページから27ページにかけての整理番号7から10でございますが、これは工事請負契約締結でございます。7が防災無線、8が北消防署庁舎建設工事、9が託麻南小学校校舎増築工事、10が龍田西小学校校舎新築その他工事となります。  以上がその他の案件でございます。  最後に、報告案件でございますが、28ページをお願いいたします。  整理番号1は、財政の健全性に関する比率、2は資金不足比率についてでございます。  29ページから30ページの整理番号3と4は、市営住宅に係る訴えの提起等の専決処分でございます。  では、31ページをお願いいたします。  整理番号の5と6は合併特例区の決算で、城南町、植木町に係るものでございます。  次に32ページ、整理番号7でございますけれども、これは交通事業の経営健全化計画の実施状況についてでございます。  33ページですけれども、整理番号8から22までは、いずれも財団法人等の経営状況の報告でございます。  以上が議案の概要でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
    ○満永寿博 委員長  ただいま提出議案についての説明がありましたが、議第339号につきましては、条例施行日の関係上、先議が必要とのことでありますので、開会日に委員会付託を省略し、質疑、討論の後、採決するということでいかがでしょうか。         〔了 承〕 ○満永寿博 委員長  ありがとうございました。  それでは、そのように取り計らいます。  次に、先議案件を除く提出議案の委員会付託について、事務局から説明させます。 ◎大杉研至 事務局長  それでは、先議案件を除く提出議案の委員会付託について御説明申し上げます。  予算決算委員会予算5件、決算6件、条例5件、その他2件の計18件。  総務委員会条例1件、工事請負契約締結4件、財産の取得2件の計7件。  福祉子ども委員会条例10件。  都市整備委員会条例1件、その他63件の計64件となっております。  なお、企画教育市民委員会環境水道委員会経済委員会につきましては、今回付託議案はございません。  以上でございます。 ○満永寿博 委員長  次に、第3回定例会会期につきましては、去る8月4日開催の本委員会におきまして、お手元に配付しております日程表のとおり、9月11日(木曜)から10月6日(月曜)まで26日間ということで御決定いただいておりますので、よろしくお願いいたします。  次に、各会派質問並びに順位の決定についてでございますが、各派、どなたになっておりますでしょうか。順位もあわせて御発言をお願いいたします。  自民党熊本市議団さん   倉重徹議員、寺本義勝議員  くまもと未来さん     白河部貞志議員  市民連合さん       田上辰也議員、田辺正信議員  公明党熊本市議団さん   浜田大介議員 ○満永寿博 委員長  ありがとうございました。  それでは、以上6名の方々の質問順位について、事務局から説明させます。 ◎大杉研至 事務局長  それでは、御説明いたします。  質問順位につきましては、第3回定例会発言順位表によりまして、1日目、9月16日火曜、午前、市民連合田上辰也議員、午後、公明党熊本市議団浜田大介議員。2日目、17日水曜、午前、自民党熊本市議団倉重徹議員、午後、くまもと未来白河部貞志議員。3日目、18日木曜、午前、市民連合田辺正信議員、午後、自民党熊本市議団寺本義勝議員。  以上のとおりとなりますので、よろしくお願いいたします。 ○満永寿博 委員長  なお、質問通告書の提出期限につきましては、9月11日(木曜)の正午までとなっておりますので、よろしくお願いいたします。  次に、常任委員会の開催日について、事務局から説明させます。 ◎大杉研至 事務局長  常任委員会の開催日について御説明いたします。  予算決算委員会につきましては、9月22日(月曜)から予算決算委員会室において開催され、概況説明、総括質疑の後、26日(金曜)から、それぞれの委員会室で同分科会が開催され、10月2日(木曜)に締めくくり総括質疑の後、表決の運びとなります。  また、部門別常任委員会につきましては、26日(金曜)から、それぞれの委員会室で開催されることとなっておりますので、よろしくお願いいたします。  以上でございます。 ○満永寿博 委員長  次に、意見書・決議案の提出期限につきましては、9月8日(月曜)までということとなり、開会日の議運持ち回り協議により取り扱うこととなりますので、よろしくお願いいたします。  なお、その取り扱いにつきましては、いつものとおり事務局で取りまとめるということで、事務局から説明させます。 ◎大杉研至 事務局長  御説明申し上げます。  全会一致の場合は、議運委員の連名による発議となります。  全会一致を見ない場合は、賛成会派議員の連名による発議となります。  また、提出会派から提案を見送りたいとの申し出があった場合は、事務局から各会派に御連絡いたします。  以上でございます。 ○満永寿博 委員長  次に、開会当日における議事次第について、事務局から説明させます。 ◎大杉研至 事務局長  開会当日の議事次第につきまして、御説明いたします。  1.開会  2.会議録署名議員指名(津田征士郎議員、坂田誠二議員)  3.報告  4.会期の件  5.議案上程(市長提案理由説明)  6.議案付託(先議案件以外)  7.議第339号(先議案件)について質疑、討論、表決  8.休会議決  9.散会  以上でございます。 ○満永寿博 委員長  次に、議会説明員の代理出席について、事務局から説明させます。 ◎大杉研至 事務局長  御説明いたします。  今次定例会開会日並びに9月18日の本会議議会説明員につきまして、農業委員会から農業委員会会長が公務出張のため、職務代理者として田上義則氏を出席させる旨の通知がありましたので、御了承願います。  以上でございます。 ○満永寿博 委員長  次に、次回の議会運営委員会の開催日についての御相談でございます。  9月17日(水曜)午前の質問終了後直ちにということでお願いいたしたいと思いますが、よろしゅうございますか。         〔了 承〕 ○満永寿博 委員長  ありがとうございました。  それでは、そのように決定いたします。  ほかに御発言はございませんか。 ◆江藤正行 委員  幸山市長におかれましては、今議会が最後の議会ということでございますので、議会最終日に自民党市議団から市長に対する慰労の御挨拶をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 ○満永寿博 委員長  ただいま、自民党さんから慰労の挨拶についての御発言がございましたが、そのように取り計らうことで御了承いただけますでしょうか。         〔了 承〕 ○満永寿博 委員長  ありがとうございました。  それでは、そのように取り計らいます。  この際、幸山市長より発言の申し出があっておりますので、よろしくお願いいたします。 ◎幸山政史 市長  ただいま、江藤委員の方から慰労の挨拶をという、大変ありがたいお話をいただいたところでございます。また、皆様方にも御了承いただきまして、まことにありがとうございます。  そのような中で、もしよろしければ、私の方からもそれに応えます形で感謝の言葉を述べさせていただきたいと考えておりますので、その点につきましても、御了承いただきますように、なにとぞよろしくお願い申し上げます。 ○満永寿博 委員長  ただいま、幸山市長からも謝意を表したいとの御発言がございましたが、そのように取り計らうことでよろしゅうございますか。         〔了 承〕 ○満永寿博 委員長  ありがとうございました。  それでは、そのように取り計らいます。  なお、それぞれの議事取り扱いにつきましては、最終日の本会議において、全ての案件を議了した後に行うということで御了承願います。  ほかに何もなければ、これをもちまして議会運営委員会を終わります。                              午前10時26分 閉会 出席説明員    市長       幸 山 政 史    副市長      高 田   晋    副市長      牧   慎太郎    総務局長     飯 銅 芳 明 議会事務局職員    事務局長     大 杉 研 至    事務局次長    木 村 建 仁    総務課長     藤 本 弘 明    議事課長     富 永 健 之...