熊本市議会 > 1998-03-05 >
平成10年第 1回定例会−03月05日-01号
平成10年第 1回定例会−03月05日-目次

ツイート シェア
  1. 熊本市議会 1998-03-05
    平成10年第 1回定例会−03月05日-01号


    取得元: 熊本市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-12-06
    平成10年第 1回定例会−03月05日-01号平成10年第 1回定例会   平成十年三月五日(木曜) ───────────────────────────────────────────────────────────────   議 事 日 程 第一号   平成十年三月五日(木曜)午前十時開議   第  一 会期の件   第  二 議第  一号 平成十年度熊本市一般会計予算   第  三 議第  二号 同       国民健康保険会計予算   第  四 議第  三号 同       母子寡婦福祉資金貸付事業会計予算   第  五 議第  四号 同       老人保健医療会計予算   第  六 議第  五号 同       交通災害共済事業会計予算   第  七 議第  六号 同       食肉センター会計予算   第  八 議第  七号 同       産業振興資金会計予算   第  九 議第  八号 同       中小企業勤労者福祉共済事業会計予算   第 一〇 議第  九号 同       競輪事業会計予算   第 一一 議第 一〇号 同       熊本城会計予算   第 一二 議第 一一号 同       地下駐車場事業会計予算   第 一三 議第 一二号 同       公共用地先行取得事業会計予算   第 一四 議第 一三号 同       西部第一土地区画整理事業会計予算
      第 一五 議第 一四号 同       公共下水道事業会計予算   第 一六 議第 一五号 同       水洗便所改造資金貸付事業会計予算   第 一七 議第 一六号 同       産院会計予算   第 一八 議第 一七号 同       市民病院会計予算   第 一九 議第 一八号 同       酒類製造事業会計予算   第 二〇 議第 一九号 同       水道事業会計予算   第 二一 議第 二〇号 同       交通事業会計予算   第 二二 議第 二一号 平成九年度熊本市一般会計補正予算   第 二三 議第 二二号 同       国民健康保険会計補正予算   第 二四 議第 二三号 同       老人保健医療会計補正予算   第 二五 議第 二四号 同       交通災害共済事業会計補正予算   第 二六 議第 二五号 同       食肉センター会計補正予算   第 二七 議第 二六号 同       競輪事業会計補正予算   第 二八 議第 二七号 同       熊本城会計補正予算   第 二九 議第 二八号 同       地下駐車場事業会計補正予算   第 三〇 議第 二九号 同       公共用地先行取得事業会計補正予算   第 三一 議第 三〇号 同       西部第一土地区画整理事業会計補正予算   第 三二 議第 三一号 同       公共下水道事業会計補正予算   第 三三 議第 三二号 同       水洗便所改造資金貸付事業会計補正予算   第 三四 議第 三三号 同       産院会計補正予算   第 三五 議第 三四号 同       市民病院会計補正予算   第 三六 議第 三五号 同       酒類製造事業会計補正予算   第 三七 議第 三六号 同       水道事業会計補正予算   第 三八 議第 三七号 同       交通事業会計補正予算   第 三九 議第 三八号 熊本城復元整備基金条例の制定について   第 四〇 議第 三九号 熊本市情報公開条例の制定について   第 四一 議第 四〇号 熊本市総合屋内プール条例の制定について   第 四二 議第 四一号 熊本市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について   第 四三 議第 四二号 熊本市議会議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部改正について   第 四四 議第 四三号 熊本市長等の給与に関する条例の一部改正について   第 四五 議第 四四号 熊本市企業管理者の給与に関する条例の一部改正について   第 四六 議第 四五号 熊本市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について   第 四七 議第 四六号 熊本市職員特殊勤務手当支給条例の一部改正について   第 四八 議第 四七号 熊本市職員等の旅費支給に関する条例の一部改正について   第 四九 議第 四八号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について   第 五〇 議第 四九号 熊本市行政財産使用条例の一部改正について   第 五一 議第 五〇号 熊本市税賦課徴収条例の一部改正について   第 五二 議第 五一号 平成十年度の固定資産税及び都市計画税の納期の特例に関する条例の制定について   第 五三 議第 五二号 熊本市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について   第 五四 議第 五三号 熊本市火災予防条例の一部改正について   第 五五 議第 五四号 熊本市議会議員及び熊本市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部改正について   第 五六 議第 五五号 熊本市選挙公報の発行に関する条例の一部改正について   第 五七 議第 五六号 熊本市保育所入所措置条例の一部改正について   第 五八 議第 五七号 熊本市保育園条例の一部改正について   第 五九 議第 五八号 熊本市母子寮条例の一部改正について   第 六〇 議第 五九号 熊本市老人憩の家条例の一部改正について   第 六一 議第 六〇号 熊本市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の全部改正について   第 六二 議第 六一号 熊本市市立高等学校条例の一部改正について   第 六三 議第 六二号 熊本市立幼稚園条例の一部改正について   第 六四 議第 六三号 熊本市都市公園条例の一部改正について   第 六五 議第 六四号 熊本市立ユースホステル条例を廃止する条例の制定について   第 六六 議第 六五号 熊本市手数料条例の一部改正について   第 六七 議第 六六号 熊本市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について   第 六八 議第 六七号 熊本市立熊本市民病院条例の一部改正について   第 六九 議第 六八号 熊本市立熊本市民病院附属芳野診療所条例の一部改正について   第 七〇 議第 六九号 熊本市水道条例の一部改正について   第 七一 議第 七〇号 住居表示の実施による町名変更に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について   第 七二 議第 七一号 市道の認定について   第 七三 議第 七二号 同   第 七四 議第 七三号 同   第 七五 議第 七四号 同   第 七六 議第 七五号 同   第 七七 議第 七六号 同   第 七八 議第 七七号 同   第 七九 議第 七八号 同   第 八〇 議第 七九号 同   第 八一 議第 八〇号 同   第 八二 議第 八一号 同   第 八三 議第 八二号 同   第 八四 議第 八三号 同   第 八五 議第 八四号 市道の廃止について   第 八六 議第 八五号 同   第 八七 議第 八六号 同   第 八八 議第 八七号 同   第 八九 議第 八八号 同   第 九〇 議第 八九号 同   第 九一 議第 九〇号 同   第 九二 議第 九一号 同   第 九三 議第 九二号 同   第 九四 議第 九三号 同   第 九五 議第 九四号 同   第 九六 議第 九五号 同   第 九七 議第 九六号 同   第 九八 議第 九七号 財産の取得契約の変更について   第 九九 議第 九八号 財産の取得について   第一〇〇 議第 九九号 同   第一〇一 議第一〇〇号 工事請負契約締結について ───────────────────────────────────────────────────────────────                  午前十時二分 開会 ○主海偉佐雄 議長  平成十年第一回定例会は本日をもって招集されました。      ───────────────── ○主海偉佐雄 議長  これより会議を開きます。  会議規則第八十六条の規定により会議録署名議員を指名いたします。  益田牧子議員及び大江政久議員にお願いいたします。      ───────────────── ○主海偉佐雄 議長  日程に入るに先立ちまして御報告いたします。  関係法令に基づき送付を受けました報告書類はお手元に配付いたしておきましたので、これにより御承知願います。 〔配付した書類〕 ──────────────────────────────  市長より、
      地方自治法第百二十二条の規定に基づく    平成十年度予算に関する説明書    平成九年度補正予算に関する説明書   地方自治法第百八十条第二項の規定に基づく    報第一号 専決処分の報告について    報第二号 同   地方自治法第二百四十三条の三第二項の規定に基づく    報第三号 熊本市土地開発公社の経営状況について    報第四号 財団法人熊本市学校建設公社の経営状況について  監査委員より、   地方自治法第百九十九条第九項の規定に基づく    熊監第二号 平成九年度定期監査等の結果について   地方自治法第二百三十五条の二第三項の規定に基づく    熊監発第一二号 例月出納検査報告について    熊監発第一三号 同    熊監発第一四号 同    熊監発第一五号 公営企業会計例月出納検査報告について    熊監発第一六号 同    熊監発第一七号 同 ──────────────────────────────      ───────────────── ○主海偉佐雄 議長  日程第一「会期の件」についてお諮りいたします。  今回の定例会の会期は本日から三月二十五日まで二十一日間とすることに御異議ありませんか。        (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○主海偉佐雄 議長  御異議なしと認めます。  よって、会期は本日から三月二十五日まで二十一日間とすることに決定いたしました。      ───────────────── ○主海偉佐雄 議長  日程第二ないし第一〇一を一括議題といたします。 〔議題となった案件〕 ──────────────────────────────  議第  一号 平成十年度熊本市一般会計予算  議第  二号 同       国民健康保険会計予算  議第  三号 同       母子寡婦福祉資金貸付事業会計予算  議第  四号 同       老人保健医療会計予算  議第  五号 同       交通災害共済事業会計予算  議第  六号 同       食肉センター会計予算  議第  七号 同       産業振興資金会計予算  議第  八号 同       中小企業勤労者福祉共済事業会計予算  議第  九号 同       競輪事業会計予算  議第 一〇号 同       熊本城会計予算  議第 一一号 同       地下駐車場事業会計予算  議第 一二号 同       公共用地先行取得事業会計予算  議第 一三号 同       西部第一土地区画整理事業会計予算  議第 一四号 同       公共下水道事業会計予算  議第 一五号 同       水洗便所改造資金貸付事業会計予算  議第 一六号 同       産院会計予算  議第 一七号 同       市民病院会計予算  議第 一八号 同       酒類製造事業会計予算  議第 一九号 同       水道事業会計予算  議第 二〇号 同       交通事業会計予算  議第 二一号 平成九年度熊本市一般会計補正予算  議第 二二号 同       国民健康保険会計補正予算  議第 二三号 同       老人保健医療会計補正予算  議第 二四号 同       交通災害共済事業会計補正予算  議第 二五号 同       食肉センター会計補正予算  議第 二六号 同       競輪事業会計補正予算  議第 二七号 同       熊本城会計補正予算  議第 二八号 同       地下駐車場事業会計補正予算  議第 二九号 同       公共用地先行取得事業会計補正予算  議第 三〇号 同       西部第一土地区画整理事業会計補正予算  議第 三一号 同       公共下水道事業会計補正予算  議第 三二号 同       水洗便所改造資金貸付事業会計補正予算  議第 三三号 同       産院会計補正予算  議第 三四号 同       市民病院会計補正予算  議第 三五号 同       酒類製造事業会計補正予算  議第 三六号 同       水道事業会計補正予算  議第 三七号 同       交通事業会計補正予算  議第 三八号 熊本城復元整備基金条例の制定について  議第 三九号 熊本市情報公開条例の制定について  議第 四〇号 熊本市総合屋内プール条例の制定について  議第 四一号 熊本市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について  議第 四二号 熊本市議会議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部改正について  議第 四三号 熊本市長等の給与に関する条例の一部改正について  議第 四四号 熊本市企業管理者の給与に関する条例の一部改正について  議第 四五号 熊本市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について  議第 四六号 熊本市職員特殊勤務手当支給条例の一部改正について  議第 四七号 熊本市職員等の旅費支給に関する条例の一部改正について  議第 四八号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について  議第 四九号 熊本市行政財産使用条例の一部改正について  議第 五〇号 熊本市税賦課徴収条例の一部改正について  議第 五一号 平成十年度の固定資産税及び都市計画税の納期の特例に関する条例の制定について  議第 五二号 熊本市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について  議第 五三号 熊本市火災予防条例の一部改正について  議第 五四号 熊本市議会議員及び熊本市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部改正について  議第 五五号 熊本市選挙公報の発行に関する条例の一部改正について  議第 五六号 熊本市保育所入所措置条例の一部改正について  議第 五七号 熊本市保育園条例の一部改正について  議第 五八号 熊本市母子寮条例の一部改正について  議第 五九号 熊本市老人憩の家条例の一部改正について  議第 六〇号 熊本市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の全部改正について  議第 六一号 熊本市市立高等学校条例の一部改正について  議第 六二号 熊本市立幼稚園条例の一部改正について  議第 六三号 熊本市都市公園条例の一部改正について  議第 六四号 熊本市立ユースホステル条例を廃止する条例の制定について  議第 六五号 熊本市手数料条例の一部改正について  議第 六六号 熊本市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について  議第 六七号 熊本市立熊本市民病院条例の一部改正について  議第 六八号 熊本市立熊本市民病院附属芳野診療所条例の一部改正について  議第 六九号 熊本市水道条例の一部改正について  議第 七〇号 住居表示の実施による町名変更に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について
     議第 七一号 市道の認定について  議第 七二号 同  議第 七三号 同  議第 七四号 同  議第 七五号 同  議第 七六号 同  議第 七七号 同  議第 七八号 同  議第 七九号 同  議第 八〇号 同  議第 八一号 同  議第 八二号 同  議第 八三号 同  議第 八四号 市道の廃止について  議第 八五号 同  議第 八六号 同  議第 八七号 同  議第 八八号 同  議第 八九号 同  議第 九〇号 同  議第 九一号 同  議第 九二号 同  議第 九三号 同  議第 九四号 同  議第 九五号 同  議第 九六号 同  議第 九七号 財産の取得契約の変更について  議第 九八号 財産の取得について  議第 九九号 同  議第一〇〇号 工事請負契約締結について ────────────────────────────── ○主海偉佐雄 議長  市長の提案理由の説明を求めます。        〔三角保之市長 登壇〕 ◎三角保之 市長  平成十年第一回定例会の開会に当たりまして、本日提案いたしました平成十年度当初予算案並びに各号議案について、その提案理由を御説明申し上げます。  御承知のとおり、今日の我が国の経済情勢は昨年来の相次ぐ金融機関の破綻や不良債権問題等による金融システム不安に加え、通貨や株価の下落によるアジア経済混乱の影響が実体経済にも大きな影を落としており、個人消費や設備投資の低迷が続くなど、景気の停滞感の漂う厳しい状況にあります。  このようなことから、国は二兆円規模の特別減税や預金保険法改正などの金融システム安定化策を初め、規制緩和を中心とした経済構造改革、土地流動化の推進、中小企業対策等の経済対策を実施、我が国経済を自律的、安定的な成長軌道に乗せるための積極的な対応を講じているところであります。  このような中での国の平成十年度当初予算でありますが、昨年成立した財政構造改革の推進に関する特別措置法の趣旨を踏まえ、公共事業費の縮減、社会保障費の伸びの抑制等、一般歳出総額を対前年度マイナスに設定し、あわせて国債発行の縮減にも努めるなど、財政構造改革の集中改革期間の初年度として財政の健全化に特に配慮したものとなっています。  その内容について簡単に申し上げますと、一般会計において予算規模七十七兆六千六百九十二億円、対前年度伸び率〇・四%となっており、このうち政策的経費である一般歳出は対前年度マイナスの一・三%、特に公共事業については対前年度マイナスの七・八%と大幅な縮減が行われております。  また、地方財政については、これも財政構造改革推進法において、国と歩調を合わせ、その財政の自主的かつ自立的な健全化を図ることが求められております。  したがいまして、新年度の地方財政計画は、その趣旨を踏まえ、計画規模が八十七兆九百六十四億円、対前年度伸び率〇・〇%増と低い伸びに設定され、このうち一般歳出についてはマイナス一・六%、さらに普通建設事業費等の投資的経費については、補助事業でマイナス九・六%、単独事業でマイナス四・〇%といずれも抑制したものとなっています。  これらの歳出を賄う財源については、平成九年度よりは若干改善が見られるものの、五年連続となる大幅な財源不足の状況にあり、これを補うため昨年同様交付税特別会計での借り入れや地方債での補てん措置がなされることとされております。  以上、国の新年度予算並びに地方財政計画の特徴について申し上げましたが、総じて申しますならば、国、地方ともども財政構造改革の実現に向け、その実質的な第一歩を踏み出す厳しい姿となっており、このことは財政健全化に向けた国の強い決意を示すものと認識いたしております。  このような中編成をいたしました本市の新年度当初予算でありますが、国の予算や地方財政計画を踏まえつつ、十二月定例会で申し上げました中期財政計画の策定作業を並行させ、財政の健全化に特に留意した次第であります。  中期財政計画については現在最終的な調整作業を進めておりますが、その中で当初予算の編成とも大きく関連する今後の投資的経費の規模、市債発行額の想定について若干申し上げますと、今後投資規模を四百億円程度、市債発行額を二百億円程度で推移させますと、公債費比率は平成十一年度に二三%程度、起債制限比率は平成十二年度に一八%程度でピークを迎え、その後改善に向かう方向性が見えてきたところであります。  予算編成に当たっては、このことを踏まえつつ、現在全庁的に取り組んでいる行政改革の推進を念頭に置き編成作業を行った次第でありますが、具体的に申し上げますと、スクラップ・アンド・ビルドの徹底や経常経費の節減など事務事業の総点検を行い、最小の経費で最大の効果を上げるよう本市行政活動全般にわたる見直しを行ったところであります。  このような財政健全化のための努力を行った上、先ほど申し上げました中期的見通しを踏まえ、投資的経費については、補助事業における国の公共事業の動向、単独事業における国体関連事業の大幅減や道路、水路整備の一定の縮減措置などにより、当初予算段階ではその規模を四百億弱に設定するとともに、あわせて市債の発行額も特殊要因である減税補填債を除きますと二百億円を下回る水準に設定させていただきました。  このような状況ではありますものの、本市にはその象徴である熊本城の復元を初め、新幹線開通をにらんだ熊本駅周辺整備、中心市街地活性化に資する再開発事業の推進、さらには目前に迫った国民体育大会の開催等々、なすべき事業は山積しており、この意味で必要な事業には重点的に財源を投入するめり張りのある予算編成を行った次第であります。  それでは、予算編成に当たって特に留意した事項について、市政運営の基本理念である「全ての市民が幸せであると感じられる都市」の実現のための四つの条件を中心に御説明申し上げます。  その第一は、健康を実感できる「安全で健やかなまちづくり」でありますが、この分野におきましては、まず災害に強い安全なまちづくりを目指し、総合防災公園の建設基本調査や治水対策等、防災対策の充実を図るとともに、市民の健康を守るための保健衛生対策にも引き続き取り組むことといたしております。  また、環境保全対策として、良好な生活環境の維持形成に努めるため自動車交通クリーン推進事業等に取り組むとともに、集団回収助成拡充等リサイクル事業にも積極的な対応をいたしたほか、地下水保全のための新たな浄化支援措置を講じることといたしました。  その第二は、豊かな人間関係のある「心のかようまちづくり」であります。  この分野では、触れ合いのあるコミュニティーづくり、さらには二十一世紀を担う人づくりとして、まちづくり委員会への助成に加え、新たに地域の消防団と住民が一体となり取り組むまちづくり活動に対して支援措置を行うことといたしたほか、ボランティア活動活性化のための相談窓口を開設することといたしました。  さらに、子供たちの豊かな心の涵養を図るため、心豊かな学校生活確立推進事業を引き続き推進するとともに、子供の主体性、協調性を高めるため子どもフォーラムを開催したいと考えております。  また福祉部門におきましては、超低床電車の導入など高齢者・障害者にやさしいまちづくりの推進や在宅福祉の充実、さらには平成十二年から実施が予定されている介護保険制度への対応を進めることにいたしております。  その第三は、仕事や活動を通して「生きがいを感じるまちづくり」であります。  この分野では、まず都市基盤の整備として、中心市街地の活性化にもつながる市街地再開発事業への支援措置を講じるとともに、九州新幹線鹿児島ルート船小屋─新八代間の着工決定により、いよいよその整備が急がれる熊本駅周辺地区について県市一体となって積極的な取り組みを行うことといたしております。  また、産業経済振興の対応として、中心市街地の活性化や企業誘致活動を積極的に展開するとともに、引き続き農業基盤整備事業等を計画的に推進することといたしました。  その第四は、美しいものに感動できる「豊かな感性を育むまちづくり」であります。この分野においては、まず、歴史文化遺産の保全や市民文化の振興を通し都市の活性化を図る観点から、市民文化の祭典として定着してまいりました「お城まつり」を引き続き開催するとともに、熊本市民のみならず全国の皆様から熱い期待が寄せられている熊本城復元整備に着手するとともに、今後の整備のための基金を設置し、広く浄財を募ることといたしております。  また、感性を豊かにする都市間交流については、引き続き国内外の各種交流を進めることといたしました。  以上が今回の予算編成に当たり特に留意した事項でありますが、このほか、開催を目前に控えた第五十四回国民体育大会への対応に意を用いるとともに、平成十二年度を目標年次としている現総合計画にかわる新たな総合計画の策定に向けその基礎調査に取り組むことといたしました。  この結果、予算規模は、一般会計において二千九十二億円、特別会計一千八百十七億八千万円、企業会計四百二十九億八千万円、総計四千三百三十九億六千万円となり、これを前年度と比較いたしますと、一般会計は二・二%の減、特別会計は〇・八%の増、企業会計は二・二%の減、総計では一・〇%の減となりました。  以下、各部門ごとに主なる事業について申し上げます。  まず総務部門では、昨年秋に開催し好評を得ました子ども議会を引き続き開催していただくことにしているとともに、ボランティア活動推進のための相談窓口を市民交流サロンに開設することといたしました。  また、平成十一年の開催まで余すところ一年半となりました国民体育大会につきましては、国体プール、国体関連道路等順調に施設整備が進捗、現在、その成功に向け県市一体となって準備に万全を期しているところでありますが、開催前年に当たる平成十年度は公開競技を含め、本市で行われる予定の十二競技中十競技のリハーサル大会を開催することにいたしております。  また都市間交流といたしまして、平成十一年に二十周年を迎える中国・桂林市との記念行事の事前協議や、全国二十一の中核市の市長が一堂に会する中核市サミットの開催に要する経費を計上いたしました。  さらに、昨年の第二回目では二十万人を超える多くの方々に御参加いただきました「お城まつり」や「草枕」全国俳句大会を引き続き開催するとともに、熊本城復元整備基金関連の経費を計上いたしております。  また、市民文化の振興に資する市立美術館については、上通A地区市街地再開発事業に参画して建設計画を進めておりましたが、いよいよ事業着手の段階となり所要の経費を計上いたしました。  次に、民生部門では、まちづくり活動の支援のため、引き続きまちづくり委員会、研究会への助成措置を講じるとともに、地域の福祉活動及びコミュニティーづくりの拠点となる地域福祉コミュニティーセンター二カ所を建設することといたしております。  また、在宅福祉の充実のため、訪問入浴サービスの拡充や新たに痴呆対応型老人共同生活支援事業に取り組むほか、引き続き熊本市優待証「さくらカード」交付事業に要する経費を計上いたしました。  さらに、少子化時代に対応した保育対策として、保育園の開所時間延長等に積極的に取り組むとともに、西里保育園改築のための用地造成に所要の措置を講じております。  また、介護保険制度の対応として要支援、要介護者の実態調査を行うことといたしました。  次に保健衛生部門では、衛生関係において、平成十一年の健康都市宣言二十周年に向け、「健康文化と快適なくらしのまち創造プラン」を策定するとともに、国の同事業モデル都市指定の準備を進めるほか、痴呆性老人予防事業として専門医師による訪問相談を拡充することといたしております。  また、現在、平成十一年春の竣工を目指して建設いたしております新斎場につきまして所要の経費を計上いたしました。  環境関係では、地球環境保全の観点から、二酸化炭素排出削減のためのアイドリングストップ運動ハイブリッドカーのモデル的導入を進めるとともに、地下水保全対策として浄化のための新たな支援措置を講じることといたしております。  清掃関係では、ごみ減量化対策の一環として新年度から収集体制を変更、これまでの週三回の可燃ごみ収集を二回にする一方、毎週水曜日を古紙の収集日とし、分別収集の徹底とリサイクルの推進を図ることといたしております。  また、集団回収助成の拡充やモデル事業としてリサイクル情報プラザに生ごみ処理機器を導入するとともに、昨年から三カ年事業として取り組んでいる西部環境工場の基幹的整備に要する経費を計上しました。  次に経済部門では、まず農林水産業関係において、新たに環境保全型有機農業対策事業に取り組むとともに、農道、排水路等の農業基盤整備や海路口漁港、四番漁港等の漁港整備を引き続き計画的に推進することといたしております。  商工関係では、本市経済の活力増進につながる企業誘致についてより積極的な対応を進めるとともに、魅力ある商店街形成のため、中心市街地活性化対策調査や近隣・地区商店街等のソフト事業への助成措置の拡充を行うことにいたしました。  さらに、雇用促進事業団が本市に建設を計画いたしております雇用促進住宅について、用地の取得、造成等の支援措置を講じております。  次に、建設部門について申し上げます。  新年度は、冒頭申し上げましたように、将来の本市財政の健全化に向けて、社会資本整備のための経費をある程度縮減いたしておりますが、反面で景気動向への配慮も必要であり、一定水準までは財源を投入いたしたところであります。  具体的に申し上げますと、道路、橋梁関係で舗装、改良、幹線市道整備都市計画道路整備事業のほか、思いやりのある道づくり、くらしの道づくり、道路環境整備事業に百億九千六百万円、都市基盤河川、準用河川、排水路整備のほか、力合地区や弓削地区、西部第一土地区画整理関連浸水解消対策等治水対策事業に三十六億七千五百万円、白川公園再整備等を含む公園緑地整備事業に十六億八千五百万円を計上いたしました。  公営住宅建設事業については、新規建設戸数を二百三十戸に設定、用地特別会計からの買い戻しを含め四十八億一千九百万円を計上いたしております。  また、西部第一土地区画整理事業については、JR高架事業を含め、事業の一層の推進を図るとともに、公共下水道築造事業については百二十七億円を計上、当初予算ベースでの公共下水道普及率を七三・五%と見込んでおります。  さらに、中心市街地の活性化に資する手取本町地区及び上通A地区市街地再開発事業に所要の支援措置を講じるとともに、熊本駅周辺地区について、東A地区市街地再開発事業や西地区土地区画整理事業駅前広場整備事業等の具体化に向けた対応に県市一体となって取り組んでいく所存であります。  なお、これまでその実現に向け県と協議を重ねておりました県、市の合同事務所につきましては本年四月の開設の方向性が見えてまいったところであります。  また、本市将来の都市フレームの指針となる都市計画マスタープランの策定に引き続き取り組むとともに、都市交通問題への対応として、平成十一年度までに策定予定のパーソントリップ調査オムニバスタウン計画策定に県市共同で取り組むことといたしております。  次に、消防部門では、市民みずからの防災活動活性化のため救急ボランティアの育成に取り組むとともに、消防団機械倉庫の建設や高規格救急車の増車に所要の経費を計上いたしました。  また、新たに地域の防災のリーダーである消防団と地域住民とが一体となって行う、地域の特性を生かしたまちづくり、人づくりに支援措置を講じております。  次に、教育部門について申し上げます。  まず、学校教育関係では、二十一世紀を担う子供たちの豊かな心の涵養を図るため、心豊かな学校生活確立推進事業スクールカウンセラーの派遣事業、カウンセリング室整備事業に引き続き取り組むとともに、子供の人格と権利を尊重する「児童の権利に関する条約」の趣旨を踏まえ、子供たちが意見を述べ学び合うことを目的に子どもフォーラムを開催するほか、社会問題化している青少年の薬物乱用対策として、その防止教育に積極的に取り組むことといたしております。  義務教育施設については、小中学校等の校舎の大規模改造や田迎小学校の体育館、プール、城西中学校のプールの改築に要する経費を計上いたしました。  社会教育関係では、学校教育部門とも連携し、児童・生徒、青少年の豊かな心の涵養を図るため、中学校区さわやか推進事業、地域ふれあい推進事業、家庭教育推進事業地域教育活性化事業に引き続き取り組むとともに、青少年交流事業として友好都市との留学生の交換や親善交流を推進することといたしております。  また、特別史跡熊本城については国庫補助を活用、地方拠点史跡等総合整備事業として、西出丸一帯の復元整備に着手するとともに、熊本市博物館については、二カ年事業として空調設備を中心に大規模改修を行うことといたしました。  社会体育関係では、国民体育大会開催にあわせて熊本市総合体育館の空調設備を新設することといたしたほか、平成十年九月開催予定の第八十二回日本陸上選手権大会、平成十一年十一月に開催予定の第二十回国際・全日本マスターズ陸上選手権大会に対し所要の助成措置を講じました。  以上が一般並びに特別会計の説明でありますが、これを賄う財源として、市税、地方交付税等の一般財源を初め、それぞれの歳出に見合う国、県支出金等、特定財源を充当いたしております。  次に、企業会計について申し上げます。  市民病院会計では、現下の厳しい医療環境のもと、自治体病院の使命を果たすべく、高度医療、特殊医療など、市民の医療需要への適切な対応と患者サービスの向上のため努力を重ねているところであります。  新年度においては、磁気共鳴診断装置等医療機器の充実や医学交流の推進のほか、一層の患者サービスと病診連携の強化を目指して管理棟増築の設計に引き続き取り組むことといたしました。  水道事業会計では、市民の皆様が安心して利用できる安全かつ安定的な給水体制の確立を目指し事業を推進しておりますが、新年度は、平成七年に事業着手いたしました第五次拡張事業に引き続き取り組み、配水管の耐震強化など災害に強い施設づくりも進めることといたしております。
     次に、交通事業会計について申し上げます。  交通事業会計につきましては、公共交通機関としての使命を果たすため、職員一丸となって乗客サービスの向上と経営改善に全力で取り組んでいるところであります。  新年度においては、人に優しく環境にも優しい次世代の公共交通機関として全国から注目を集めております超低床電車を新たに二編成導入するとともに、ノンステップ超低床バスを三両導入することといたしました。  次に、条例その他の議案のうち熊本市情報公開条例の制定について御説明申し上げます。  この条例は、昨年七月の熊本市情報公開制度検討委員会答申の趣旨を踏まえ、市民の市政参加を促進し、より開かれた市政の実現を目指すもので、熊本市にふさわしい情報公開制度を制定しようとするものであります。  その他の議案につきましては末尾に簡単な理由を付しておきましたので、説明を省かせていただきます。  なお、平成九年度の補正予算については、おおむね決算見込みによる過不足の調整でありますが、これに加え、国の補正予算措置に伴う都市計画道路整備事業公共下水道築造事業、西部第一土地区画整理事業等について国庫債務負担行為の追加内示を受けましたので、所要の措置を講じております。  また、国民健康保険会計への繰出金、事業費の確定に伴う県事業負担金を計上いたしました。  以上で説明を終わりますが、何とぞ慎重御審議の上御賛同いただきますようお願いを申し上げます。 ○主海偉佐雄 議長  市長の提案理由の説明は終わりました。  この際、申し上げます。  ただいま議題となっております議案のうち議第四一号、議第四六号、議第四七号(附則第二項中地方自治法第二百七条の規定に基づく実費弁償条例、人事委員会が喚問する証人の実費弁償に関する条例及び農業委員会等に関する法律第二十九条の規定に基づく実費弁償条例についての規定並びに附則第三項から第五項までの規定を除く。)、議第六〇号、以上四件につきましては、地方公務員法第五条第二項の規定に基づき、あらかじめ人事委員会の意見を聞いてありますので、その回答をお手元に配付いたしておきました。 ○主海偉佐雄 議長  それでは議案を付託いたします。  お手元に配付しております付託議案一覧表のとおり、それぞれ関係委員会に付託いたします。 ──────────────────────────────    平成十年第一回定例会 委員会付託議案一覧表  総務委員会   議第 一号 平成十年度熊本市一般会計予算中    第一条(歳入歳出予算)の第一表歳入歳出予算     歳入 全部     歳出 第一〇款 議会費        第一五款 総務費(但し、第二〇項、第四〇項、第四五項、第五〇項を除く)        第五〇款 消防費        第五五款 教育費 第五〇項 国体施設費        第六五款 公債費        第七〇款 諸支出金        第七五款 予備費    第二条(債務負担行為)の第二表債務負担行為     会議録検索システム借上料     美術館建設事業     消費者相談支援システム借上料     人事管理システム借上料     市県民税課税事務電算委託     不在者投票システム借上料     市議会議員選挙ポスター掲示板設置等委託     県議会議員選挙ポスター掲示板設置等委託     熊本市土地開発公社に委託して取得する用地費等(平成十年度分)     熊本市土地開発公社にかかる債務保証(平成十年度分)    第三条(地方債)    第四条(一時借入金)    第五条(歳出予算の流用)   議第二一号 平成九年度熊本市一般会計補正予算中    第一条(歳入歳出予算の補正)の第一表歳入歳出予算補正     歳入 全部     歳出 第一〇款 議会費        第一五款 総務費(但し、第二〇項、第四〇項、第四五項、第五〇項を除く)        第五〇款 消防費        第五五款 教育費 第五〇項 国体施設費        第六五款 公債費        第七〇款 諸支出金    第三条(債務負担行為の補正)の第三表債務負担行為補正     (追加分)     消防予防情報管理住宅防火診断システム整備事業     (コンピュータ借上料)    第四条(地方債の補正)   議第三八号 熊本城復元整備基金条例の制定について   議第三九号 熊本市情報公開条例の制定について   議第四〇号 熊本市総合屋内プール条例の制定について   議第四一号 熊本市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について   議第四二号 熊本市議会議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部改正について   議第四三号 熊本市長等の給与に関する条例の一部改正について   議第四四号 熊本市企業管理者の給与に関する条例の一部改正について   議第四五号 熊本市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について   議第四六号 熊本市職員特殊勤務手当支給条例の一部改正について   議第四七号 熊本市職員等の旅費支給に関する条例の一部改正について   議第四八号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について   議第四九号 熊本市行政財産使用条例の一部改正について   議第五〇号 熊本市税賦課徴収条例の一部改正について   議第五一号 平成十年度の固定資産税及び都市計画税の納期の特例に関する条例の制定について   議第五二号 熊本市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について   議第五三号 熊本市火災予防条例の一部改正について   議第五四号 熊本市議会議員及び熊本市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部改正について   議第五五号 熊本市選挙公報の発行に関する条例の一部改正について  教育民生委員会   議第 一号 平成十年度熊本市一般会計予算中    第一条(歳入歳出予算)の第一表歳入歳出予算     歳出 第一五款 総務費 第二〇項 戸籍住民基本台帳費                 第四五項 自治振興費                 第五〇項 駐車場費        第二〇款 民生費        第三〇款 労働費        第五五款 教育費(但し、第五〇項を除く)    第二条(債務負担行為)の第二表債務負担行為     模写電送設備借上料     地籍調査システム借上料(平成十年度分)     母子寡婦福祉資金貸付金債権購入事業     保母等賃金処理システム借上料     義務教育施設整備事業     市立高等学校管理経費(パソコン借上料)     博物館施設整備事業     総合体育館施設整備事業     熊本市学校建設公社が整備する義務教育施設整備事業(平成十年度分)     熊本市学校建設公社にかかる損失補償(平成十年度分)   議第 二号 平成十年度熊本市国民健康保険会計予算   議第 三号 同       母子寡婦福祉資金貸付事業会計予算   議第 四号 同       老人保健医療会計予算   議第 五号 同       交通災害共済事業会計予算   議第一二号 同       公共用地先行取得事業会計予算中    第一条(歳入歳出予算)の第一表歳入歳出予算
        歳入 第一〇款 財産収入 第二項 民生用地売払収入     歳出 第二〇款 公債費  第二項 民生用地先行取得事業債償還金   議第二一号 平成九年度熊本市一般会計補正予算中    第一条(歳入歳出予算の補正)の第一表歳入歳出予算補正     歳出 第一五款 総務費 第二〇項 戸籍住民基本台帳費                 第四五項 自治振興費                 第五〇項 駐車場費        第二〇款 民生費        第三〇款 労働費        第五五款 教育費(但し、第五〇項を除く)        第六〇款 災害復旧費 第三〇項 文教施設災害復旧費    第二条(繰越明許費の補正)の第二表繰越明許費補正        第二〇款 民生費        第五五款 教育費   議第二二号 平成九年度熊本市国民健康保険会計補正予算   議第二三号 同       老人保健医療会計補正予算   議第二四号 同       交通災害共済事業会計補正予算   議第五六号 熊本市保育所入所措置条例の一部改正について   議第五七号 熊本市保育園条例の一部改正について   議第五八号 熊本市母子寮条例の一部改正について   議第五九号 熊本市老人憩の家条例の一部改正について   議第六〇号 熊本市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の全部改正について   議第六一号 熊本市市立高等学校条例の一部改正について   議第六二号 熊本市立幼稚園条例の一部改正について   議第六三号 熊本市都市公園条例の一部改正について   議第六四号 熊本市立ユースホステル条例を廃止する条例の制定について   議第七〇号 住居表示の実施による町名変更に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について   議第九八号 財産の取得について  保健衛生委員会   議第 一号 平成十年度熊本市一般会計予算中    第一条(歳入歳出予算)の第一表歳入歳出予算     歳出 第二五款 衛生費    第二条(債務負担行為)の第二表債務負担行為     食肉衛生ネットワークシステム借上料     東部環境工場設備保全システム借上料     食品衛生管理システム借上料   議第一六号 平成十年度熊本市産院会計予算   議第一七号 同       市民病院会計予算   議第二一号 平成九年度熊本市一般会計補正予算中    第一条(歳入歳出予算の補正)第一表歳入歳出予算補正     歳出 第二五款 衛生費   議第三三号 平成九年度熊本市産院会計補正予算   議第三四号 同       市民病院会計補正予算   議第六五号 熊本市手数料条例の一部改正について   議第六六号 熊本市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について   議第六七号 熊本市立熊本市民病院条例の一部改正について   議第六八号 熊本市立熊本市民病院附属芳野診療所条例の一部改正について  経済委員会   議第 一号 平成十年度熊本市一般会計予算中    第一条(歳入歳出予算)の第一表歳入歳出予算     歳出 第一五款 総務費 第四〇項 市民会館費        第三五款 農林水産業費        第四〇款 商工費    第二条(債務負担行為)の第二表債務負担行為     農業経営高度化資金利子補給(平成十年度分)     かんきつ経営活性化資金利子補給(平成十年度分)     新規就農円滑化資金利子補給(平成十年度分)     自立経営体育成資金利子助成(平成十年度分)     熊本市中小企業公害防止施設資金融資にかかる利子補給(平成十年度分)     熊本市公衆浴場営業者に対する利子補給要綱に基づく利子補給(平成十年度分)     熊本市伝統工芸営業者に対する利子補給要綱に基づく利子補給(平成十年度分)     不況対策(倒産関連)にかかる融資に対する利子補給(平成十年度分)     熊本市中小企業地下水使用合理化設備資金融資にかかる利子補給(平成十年度分)   議第 六号 平成十年度熊本市食肉センター会計予算   議第 七号 同       産業振興資金会計予算   議第 八号 同       中小企業勤労者福祉共済事業会計予算   議第 九号 同       競輪事業会計予算   議第一〇号 同       熊本城会計予算   議第一二号 同       公共用地先行取得事業会計予算中    第一条(歳入歳出予算)の第一表歳入歳出予算     歳入 第二〇款 繰入金 第五項 商工用地先行取得事業繰入金     歳出 第二〇款 公債費 第五項 商工用地先行取得事業債償還金   議第一八号 平成十年度熊本市酒類製造事業会計予算   議第二一号 平成九年度熊本市一般会計補正予算中    第一条(歳入歳出予算の補正)の第一表歳入歳出予算補正     歳出 第一五款 総務費 第四〇項 市民会館費        第三五款 農林水産業費        第四〇款 商工費        第六〇款 災害復旧費 第一〇項 農林施設災害復旧費   議第二五号 平成九年度熊本市食肉センター会計補正予算   議第二六号 同       競輪事業会計補正予算   議第二七号 同       熊本城会計補正予算   議第三五号 同       酒類製造事業会計補正予算  建設委員会   議第 一号 平成十年度熊本市一般会計予算中    第一条(歳入歳出予算)の第一表歳入歳出予算     歳出 第四五款 土木費        第六〇款 災害復旧費    第二条(債務負担行為)の第二表債務負担行為     公営住宅建設事業(施設分)(平成十年度分)     小山田排水機場建設事業(平成十年度分)     都市計画データ管理システム借上料   議第一一号 平成十年度熊本市地下駐車場事業会計予算   議第一二号 同       公共用地先行取得事業会計予算中    第一条(歳入歳出予算)の第一表歳入歳出予算     歳入 第 五款 国庫支出金        第一〇款 財産収入 第一〇項 土木用地売払収入        第二〇款 繰入金  第一〇項 土木用地先行取得事業繰入金        第三〇款 市債     歳出 第一〇款 公共用地先行取得事業費
           第二〇款 公債費  第一〇項 土木用地先行取得事業債償還金    第二条(地方債)   議第一三号 平成十年度熊本市西部第一土地区画整理事業会計予算   議第一四号 同       公共下水道事業会計予算   議第一五号 同       水洗便所改造資金貸付事業会計予算   議第二一号 平成九年度熊本市一般会計補正予算中    第一条(歳入歳出予算の補正)の第一表歳入歳出予算補正     歳出 第四五款 土木費        第六〇款 災害復旧費 第二〇項 土木施設災害復旧費    第二条(繰越明許費の補正)の第二表繰越明許費補正        第四五款 土木費        第六〇款 災害復旧費    第三条(債務負担行為の補正)の第三表債務負担行為補正     (追加分)     都市基盤河川改修事業(平成九年度分)     都市計画道路整備事業(工事分)(平成九年度分)     (変更分)     小山田排水機場建設事業(平成九年度分)   議第 二八号 平成九年度熊本市地下駐車場事業会計補正予算   議第 二九号 同       公共用地先行取得事業会計補正予算   議第 三〇号 同       西部第一土地区画整理事業会計補正予算   議第 三一号 同       公共下水道事業会計補正予算   議第 三二号 同       水洗便所改造資金貸付事業会計補正予算   議第 七一号 市道の認定について   議第 七二号 同   議第 七三号 同   議第 七四号 同   議第 七五号 同   議第 七六号 同   議第 七七号 同   議第 七八号 同   議第 七九号 同   議第 八〇号 同   議第 八一号 同   議第 八二号 同   議第 八三号 同   議第 八四号 市道の廃止について   議第 八五号 同   議第 八六号 同   議第 八七号 同   議第 八八号 同   議第 八九号 同   議第 九〇号 同   議第 九一号 同   議第 九二号 同   議第 九三号 同   議第 九四号 同   議第 九五号 同   議第 九六号 同   議第 九七号 財産の取得契約の変更について   議第 九九号 財産の取得について   議第一〇〇号 工事請負契約締結について  公営企業委員会   議第 一九号 平成十年度熊本市水道事業会計予算   議第 二〇号 同       交通事業会計予算   議第 三六号 平成九年度熊本市水道事業会計補正予算   議第 三七号 同       交通事業会計補正予算   議第 六九号 熊本市水道条例の一部改正について ──────────────────────────────      ───────────────── ○主海偉佐雄 議長  本日の日程はこれをもって終了いたしました。  この際、お諮りいたします。  明六日から三月九日まで四日間は休会いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。        (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○主海偉佐雄 議長  御異議なしと認めます。  よって、明六日から三月九日まで四日間は休会することに決定いたしました。  次会は三月十日(火曜日)定刻に開きます。      ───────────────── ○主海偉佐雄 議長  では、本日はこれをもって散会いたします。                午前十時三十三分 散会 〇本日の会議に付した事件 一、議事日程のとおり  平成十年三月五日  出席議員 五十一名   一番 主海偉佐雄   二番 中沢誠     三番 坂田誠二    四番 藤山英美   五番 田中誠一    六番 内田三千夫   七番 重松孝文    八番 小山久子   九番 中松健児    十番 鈴木弘    十一番 古川泰三   十二番 税所史熙  十三番 山内光昭   十四番 下川寛    十六番 竹原孝昭   十七番 北口和皇  十八番 佐々木俊和  十九番 田辺正信   二十番 島田俊六  二十一番 河村寅麿 二十二番 田尻将博  二十三番 田尻清輝  二十四番 牛嶋弘   二十五番 岡田健士 二十六番 落水清弘  二十七番 益田牧子  二十八番 大江政久  二十九番 東すみよ  三十番 磯道文徳  三十一番 江藤正行  三十二番 荒木哲美  三十三番 伊形寛治 三十四番 奧田光弘  三十五番 鈴木昌彦  三十六番 宮原正一  三十七番 諸熊文雄 三十八番 上村恵一  三十九番 西泰史    四十番 亀井省治  四十一番 中村徳生 四十三番 嶋田幾雄  四十四番 竹本勇   四十五番 田尻武男  四十六番 白石正 四十七番 矢野昭三  四十八番 島永慶孝  四十九番 村山義雄   五十番 西村建治 五十一番 大石文夫  五十二番 紫垣正良  五十三番 西野法久 説明のため出席した者 市長      三角保之   助役      御厨一熊   助役      中村順行 収入役     岩本洋一   企画調整局長  松村紀代一  総務局長    野田晃之 市民生活局長  市原敏郎   保健衛生局長  工藤磐    環境保全局長  澤田幸男
    経済振興局長  坂田憲一   都市整備局長  田尻紘    建設局長    齊藤聰 消防局長    野村功    交通事業管理者 行徳健次   水道事業管理者 竈啓一郎 教育委員会委員長松垣裕    教育長     後藤勝介   人事委員会事務局長                                       中尾政憲 代表監査委員  服部公雄   市長室長    小山和夫   財務部長    三嶋輝男 職務のため出席した事務局職員 事務局長    森高聖之   事務局次長   岡本央    議事課長    松本豊 議事課長補佐  山田利博...