146件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

土佐市議会 2018-09-04 平成30年  第3回定例会(9 月)-09月04日−01号

総務費におきましては、総務管理費の一般管理費で、海外行政調査に係る経費を、諸費で自治会所有の集会所整備に係る経費と平成29年度の国・県等の補助事業の精算による返還金を、福祉金庫事業費で新居小学校の校内放送用備品購入に係る経費を、企画費で地域おこし協力隊員への起業支援に係る経費を、地域防災対策費で高台移転整備事業に係る調査委託及び補償費の追加経費を、同じく地域防災対策費で指定避難所進入路整備に係る予算

土佐市議会 2018-06-11 平成30年  第2回定例会(6 月)-06月11日−02号

また、地域おこし協力隊の第1期生が本年3月に任期を終え、任期途中で起業した1名を加え3名につきましては、土佐市に定住していただいております。また、産み育てやすいまちづくりとして子育て世代包括支援センターを設置し、妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を行っております。   

土佐市議会 2018-03-12 平成30年  第1回定例会(3 月)-03月12日−02号

また、地域おこし協力隊の第1期生が本年3月に任期を終えることとなり、任期途中で起業した1名を含め、3名につきましては、土佐市に定住する予定となっております。   移住者の若者や本市の若者が市内に定着し、地域活性化の新しい動きをつくっていけるよう応援していきたいと考えておりますので、議員におかれましては、御理解、御協力を賜りますようお願い申し上げます。   

いの町議会 2017-12-14 いの町議会 平成29年第4回(12月)定例会-12月14日−資料

  敏 雄 一般質問通告内容答弁者通告主題1.持続可能な過疎地域の未来について町長 及び 副町長質問要点 ア 子育て世帯の移住対策と西条市との連携強化を イ 移動手段への対応は ウ 高齢化や人口減に伴う生活物資の供給対策は エ 過疎化対策チーム(仮称)を本川総合支所に設置を通告主題2.地域おこし協力隊員について町長 及び 副町長質問要点 ア 貨客混載サービス又は過疎地有償運送事業の設立で協力隊員の起業支援

いの町議会 2017-12-12 いの町議会 平成29年第4回(12月)定例会-12月12日−03号

エ、起業支援及び移住促進対策をでございます。  総務省は2018年度から、ふるさと納税による寄附を起業支援、移住促進に使う自治体へ特別交付税を配り、財政面で優遇するとしています。寄附の使途をあらかじめ示し、賛同者を募った場合が条件でございます。優遇を受けたい自治体は、使い道を工夫した寄附集めが求められるため、返礼品競争から地域活性化の知恵比べに誘導できると見ているそうでございます。

いの町議会 2017-09-08 いの町議会 平成29年第3回( 9月)定例会-09月08日−02号

この条例は、川崎課長のほうからも説明がありましたように、計画を立てて、それで承認企業立地計画を立てて、それでその対象になる、起業促進の対象になるとする製造業について、引き続き免除をしていくということでございまして、改正後については承認地域経済牽引等の法律により従って、同じような内容になるかどうかは、ちょっとこちらのほうではわかりませんが、引き続きその対象になれば免除をしていくという形になっております

高知市議会 2017-06-26 平成29年 6月26日 総務常任委員会-06月26日−01号

それで,一つの切り口として,産業の活気が必要だと思っていて,KPIにも企業誘致,創業支援とかあるんですけれども,やっぱり起業という部分にもうちょっと特化するとか,また,大きな産業を支える市内の中小零細の町工場で,本当に手作業でやってくれる旋盤工の人に目を向けるとか,大きなことプラスアルファで足腰を十分強くしながら,それを支える自力をつけていくことも必要ではないかと思うんです。

いの町議会 2017-03-06 いの町議会 平成29年第1回( 3月)定例会-03月06日−01号

今後、起業地内の家屋移転等が完了した後、歩道整備工事に着手する予定であると国土交通省よりお聞きいたしております。  市街化調整区域における開発許可の抜本的な規制緩和についてでございます。  高知県は、市街化調整区域内で市町長が設定した特定のエリアにおいて、市町のまちづくりの方針に沿った建築物に該当すれば建築物を建築できる新たな基準を設け、3月1日より運用を開始いたしております。  

土佐市議会 2016-12-12 平成28年  第4回定例会(12月)-12月12日−02号

要望書にも記載されておりましたけれども、当初の施設の目的といたしましては、土佐市商工会、JAとさしが一体となり市も参画する中で、直販所による土佐市産品のPR、調理室等の活用による新商品の開発、お遍路さんを含めた観光振興、町中の買い物弱者対策、起業者支援、イベントの開催、市民の集える憩いの場所、また市外からの誘客も見込めるにぎわいあふれる施設の整備ということであります。   

高知市議会 2016-09-28 平成28年第457回 9月定例会-09月28日−07号

農林水産部の所管について,県が推進する第3期産業振興計画での地産外商の取り組みとの連携を強化し,農産物の生産から加工,販売までの地域産業クラスターなどの形成に取り組むとともに,担い手の育成,確保,また起業や新事業展開の支援など国の事業も活用しながら,積極的に取り組んでいただきたい。  

いの町議会 2016-09-15 いの町議会 平成28年第3回( 9月)定例会-09月15日−04号

次に、通告主題の2番の空き家情報の活用方法でっていうところで、空き家情報でいろんな対策をとられておりますが、最近先ほども言いましたようにボランティアホリデーということで、都市部の方がすごい田舎でボランティアで農作業とか、いろんな里山で起業をしたりとかっていうのがはやっております。

高知市議会 2016-06-16 平成28年第456回 6月定例会-06月16日−04号

また,女性リーダー養成に関する講座等の実施につきましては,高知市の男女共同参画に関する施策の実施機関でありますこうち男女共同参画センター,ソーレにおきまして,本年度も女性リーダー養成事業といたしまして,男女共同参画講座やコミュニケーション講座など,また女性のチャレンジ・エンパワメント支援事業として,エンパワメント講座や女性のための起業入門セミナーなどを実施する予定としております。

土佐市議会 2016-06-13 平成28年  第2回定例会(6 月)-06月13日−02号

今後につきましては、高知県産業振興計画とも連携し、軟弱地盤が多いというハンデの影響が少ない農業分野に進出意向のある企業の誘致や、3人以上9人以下の正規職員の県内新規雇用を行う事務系事業者の誘致、新たな起業支援など、視野を広げた試みも検討していきたいと考えております。   

高知市議会 2016-03-18 平成28年 3月18日 総務常任委員会-03月18日−01号

県では地産外商の取り組みを拡大再生産へとつなげていくため,下に3点のポイントを記載しておりますが,担い手の育成・確保,地域産業クラスターの形成,起業や新事業展開の促進を重点的に推進することとしておりまして,そうした県の取り組み状況等を踏まえながら,右端にございますように,産業活性化,移住・定住の強化,少子化対策,広域連携の推進,こういった分野を中心に新規事業を追加しようとするものでございます。  

高知市議会 2015-09-29 平成27年 9月29日 経済文教常任委員会-09月29日−01号

勤労者福祉や雇用促進といった事業で,主な事業は産業振興推進ふるさと雇用事業費補助金や起業支援型雇用創造事業などでございます。平成26年度の予算現額3億5,329万8,000円,決算額は2億9,583万8,000円で,繰越額457万3,000円,不用額5,288万7,000円で,繰越額を含む執行率85.03%,対前年比116.6%になっております。