運営者 Bitlet 姉妹サービス
261件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-13 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月13日−05号 本市は30万都市であれば,最低でも7名が必要と言われますが,6名の内訳は事務職の方が1名,県からの割愛による指導主事の方が2名,任期つきの発掘作業員の方が3名,ほかに臨時の整理作業員が2人いらっしゃるということで,しかもその中で調査報告書が作成できるのは1名で,格段におくれた状況です。全国最下位クラスと言っても過言ではないことになっています。   もっと読む
2018-09-12 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月12日−04号 この欠員状態の解消に向けましては,後継者の確保に向けた人材発掘を各地区の民生委員協議会の会長,地区推薦委員会の会長や町内会の会長など,皆さんに御協力をお願いするとともに,本市の職員も退職後,民生委員として活動していただくということも必要ではないかと考えておりまして,退職者説明会に出向き民生委員への就任依頼も呼びかけて,欠員状態の解消に努力をしているところでございます。   もっと読む
2018-06-18 四万十市議会 平成30年 6月定例会-06月18日−02号 また、これらの学力調査というのは、平成19年に改正されました学校教育法の第30条第2項に規定されている学力観、そして現行の、そして次の学習指導要領に明示されております基礎的・基本的な知識・技能の習得やそれらを活用した思考力・判断力・表現力等の定着状況を図る調査でございます。更には、これからの時代を生きていく児童生徒に必要な資質・能力をはかる調査でもあります。 もっと読む
2018-03-16 高知市議会 平成30年 3月16日 厚生常任委員会-03月16日−01号 3部構成となっておりまして,第1部が資料調査による現状分析,第2部が交通量調査などによる施設配置の提案,第3部がまとめとなっておりまして,末尾に第2部で提案した施設配置3案の図面を加えた構成となっております。  1ページをお願いいたします。  第1部の第1項で,委託業務と仕様の確認をしております。  第2項は,人口の構造などから高知市と秦地区の現状分析をしております。   もっと読む
2018-03-12 高知市議会 平成30年第463回 3月定例会-03月12日−04号 平成27年の国勢調査の結果を見ますと,国全体の総人口がこの国勢調査が始まって以来,初めて減少に転じたのが27年の国勢調査でございまして,高知県,高知市におきましても,人口減少に真っ正面から向き合う必要が出てきております。   もっと読む
2018-03-05 高知市議会 平成30年第463回 3月定例会-03月05日−01号 〔行財政改革・新庁舎整備調査特別委員長山根堂宏君登壇〕 ◎行財政改革・新庁舎整備調査特別委員長(山根堂宏君) 行財政改革・新庁舎整備調査特別委員会の中間報告としまして,当委員会の各付議事件における昨年度の中間報告以降の取り組みについて申し上げます。   もっと読む
2018-03-02 四万十市議会 平成30年 3月定例会-03月02日−01号 また、昨年度より取り組みを強化したスポーツツーリズムの推進については、本市の強みを活かした受け入れの推進を図る観点から、武道館を活用できる競技の絞り込みや、本市にゆかりのある指導者や選手を発掘し、積極的なアプローチを行うことにより、持続可能なネットワークの構築と効果的な誘致活動を展開してまいります。   もっと読む
2017-12-15 高知市議会 平成29年第462回12月定例会-12月15日−04号 来年は明治維新150周年であり,自由民権記念館は新たな資料の発掘や研究等に大いに期待されるなど,本格的な資料整理体制を構築する必要があると考えます。  2011年に機構改革により,自由民権記念館は文化財行政をあわせ民権・文化財課の所管となっております。   もっと読む
2017-12-13 四万十市議会 平成29年12月定例会-12月13日−04号 若者定住住宅対策についてでございますが、市としましては、地域の中でどのような住宅の需要があるのか、まずは調査をすることが必要と考えております。必要とする世代や戸数などが判明した上で、今後の対策を検討し、若者あるいは移住希望者の方の定住にも繋げていくべきと考えております。 ○議長(矢野川信一) 地曳まちづくり課長。 もっと読む
2017-12-11 四万十市議会 平成29年12月定例会-12月11日−02号 また、地域のNPO等事業者と協力し、中間的就労や有償・無償のボランティア活動を行い、受給者の自尊感情の回復や居場所づくりに取り組むなど、こうしたことをきっかけに新たな就労の場の発掘にも繋がったり、再就職の道が開けたり、その人なりの自立した生活が営まれることを目指しておりました。 もっと読む
2017-09-20 高知市議会 平成29年 9月20日 経済文教常任委員会-09月20日−01号 他市の現状を調査すると,1台の給食配送車で2校を担当している自治体も多くあり,1校に対して1台必要との説明には疑問が残る。しかし,中学校給食の早期実施に向けて停滞させるわけにはいかないことから,やむを得ず了とするが,今後費用対効果を考えた中学校給食の実施を求めておく。   もっと読む
2017-09-20 高知市議会 平成29年 9月20日 厚生常任委員会-09月20日−01号 中段の国民栄養調査事業費160万円余りですが,国民の身体状況,栄養摂取量及び生活習慣の状況等の健康に関する調査について,5地区68世帯を対象に実施いたしました。  次のがん検診受診促進事業費1,050万円余りでございますが,県の補助制度を活用いたしまして,一定の要件を満たす40歳から60歳の方々を対象に受診勧奨の通知を行ったものでございます。   もっと読む
2017-09-19 高知市議会 平成29年 9月19日 厚生常任委員会-09月19日−01号 内容的には,福祉避難所指定施設において要配慮者の避難生活に必要となる物資等の購入経費に対して助成することで,福祉避難所の指定促進及び機能充実を図るというもので,補正の理由といたしましては,29年度9月県議会の補正の調査にあわせて,本年7月に本市の対象施設の調査を行った結果,当初予算で200万円計上しておりましたが,5施設から合計600万円の補助金の申請見込みがございまして,差額の400万円を今回増額補正 もっと読む
2017-09-15 高知市議会 平成29年第461回 9月定例会-09月15日−05号 センターの職員さんは,設置したことにより,地域に残る貴重な文化財の情報がセンターに集まるようになり,最近では第2次大戦末期に建造された巨大な砲台跡など,戦争遺跡発掘にもつながっていると話され,まさにセンターは歴史をつくる工場だと胸を張って話されておりました。   もっと読む
2017-09-14 高知市議会 平成29年第461回 9月定例会-09月14日−04号 次に,埋蔵文化財や民具,その他の資料,以下,文化財等と言いますけれども,それらの整理,調査,保管について伺います。  昨今,市役所庁舎の改築に伴う発掘調査や,土佐道路沿いのニトリの敷地などからの出土品が多数あったと思います。   もっと読む
2017-09-13 高知市議会 平成29年第461回 9月定例会-09月13日−03号 包蔵地において試掘し,埋蔵物が出土された場合に,本掘することになると思いますが,発掘調査と出土した遺物についての取り扱いについてお示しください。 ○議長(高木妙君) 横田教育長。 もっと読む
2017-09-12 高知市議会 平成29年第461回 9月定例会-09月12日−02号 ほかの市町村はどうやっているかというと,高知市が今,2月ごろ,継続のためにやっているその調査の時期に新入学の方たちを,新規の方たちを同じく調査をするので,今新規分ということで5月末ごろやっているそういった調査が減るだろうと,そういう事務効率ができるのではないかと,それをやっていただきたいというのが現場の皆さんの思いですので,この点は制度を改善するときに現場の声を聞いていただいて,効率化をさらに進めていただきたいと もっと読む
2017-06-22 四万十市議会 平成29年 6月定例会-06月22日−05号 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(矢野川信一) 日程第1、「第1号議案」から「第21号議案」、「諮問第1号」及び「諮問第2号」、「議員提出議案第1号」から「議員提出議案第3号」並びに継続調査の所管事項調査、以上の案件を一括議題といたします。  これより以上の議案及び各委員長報告に対する質疑に入ります。  今回質疑通告書を提出された議員は2名であります。   もっと読む
2017-06-22 高知市議会 平成29年第460回 6月定例会-06月22日−05号               広松 康児君       議事調査課管理主幹               竹村 博和君       秘書係長    西成 雅江君       議事係長    中須賀広典君       調査係長    田村 章代君       書記      野々宮千夏君   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   午前9時59分開議 ○議長(高木妙君) これより本日の会議を開きます。    もっと読む
2017-06-20 高知市議会 平成29年第460回 6月定例会-06月20日−03号 コールセンターの受け付け業務につきましては,関係各課のニーズの把握のため,受託者による各課ヒアリングを継続的に実施しており,イベント業務の発掘や庁内掲示板からの情報収集等を行いながら,さらなる職員の負担軽減につなげるために,コールセンターで対応する業務範囲の拡大につきましても検討を加えております。   もっと読む