運営者 Bitlet 姉妹サービス
344件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月12日−04号 このホルモン治療というのは,中止をすると体に激しい痛みが出るということで,中断することはできないようです。そういったことに耐えながら,正式に名前も変えられています。  ところが,会社のほうの無理解で解雇をされました。 もっと読む
2018-09-10 四万十市議会 平成30年 9月定例会-09月10日−02号 これは、今程議員が申されましたように、三位一体の改革も含めまして、地方自治体そのものが大変大きな痛みを伴った人員削減を行ったところでございます。合併、そして単独自立を選択した市町村に限らず、大幅に人員が減っているのではないかというのがそのことでございます。   もっと読む
2018-06-20 四万十市議会 平成30年 6月定例会-06月20日−04号 高齢者にとりましたら、僅かな生活費の中で投薬代だけでも生活上では経済的にも痛みを伴います。やはり早期発見することにより健康の安全、また医療費の削減にも大きな役割を果たすことになります。本市では認知症の専門医は1軒しかないようですが、家族の中で認知を感じていてもデリケートな問題でもありますもので、なかなか最初から専門医までは行けないのが現状です。 もっと読む
2018-03-23 高知市議会 平成30年第463回 3月定例会-03月23日−08号 次に,第7款商工費,第1項商工費,第4目中心市街地活性化費中新図書館西敷地利活用事業に関しては,本会議において,市長からは一連の経過からも,追手前小と新堀小の大きな痛みを伴う統合で生み出されたもので,大きな目標としては,多くの市民が利用し,中心市街地のにぎわいの創出に寄与することと,土地の高度利用があることを一貫して発言してきた旨の答弁がありました。   もっと読む
2018-03-20 高知市議会 平成30年 3月20日 経済文教常任委員会-03月20日−01号 次に,7款商工費1項商工費4目中心市街地活性化費中新図書館西敷地利活用事業に関しては,本会議において,市長からは一連の経過からも,追手前小と新堀小の大きな痛みを伴う統合で生み出されたもので,大きな目標としては多くの市民が利用し,中心市街地のにぎわいの創出に寄与することと,土地の高度利用があることを一貫して発言してきた旨の答弁がありました。 もっと読む
2018-03-14 高知市議会 平成30年第463回 3月定例会-03月14日−06号 西敷地につきましては,追手前小学校と新堀小学校の非常に大きな痛みを伴う統合,特に双方生徒さんがおられましたし,たくさんの卒業生の方々がおられますので,大変な痛みを伴う学校統合によりまして生み出され,中心市街地のにぎわいの創出に寄与するということが大きな目標とされております。   もっと読む
2017-12-13 高知市議会 平成29年第462回12月定例会-12月13日−02号 小児がん治療のために年単位で入退院を繰り返すことが多いと言われており,入院を余儀なくされることで,家庭とそして家族と離れることによる不安,検査や治療による痛みなどの体験を余儀なくされるさまざまな不安。  また学齢期にあっては基本的な生活習慣が形成され,社会性が育ち養われる大事な時期で,この大切な時期の入退院や長期入院が子供の心身に与えるダメージは容易に理解できるものであります。   もっと読む
2017-09-12 高知市議会 平成29年第461回 9月定例会-09月12日−02号 そういった意味では,はりまや町一宮線というのは再開発事業の都市計画道路の一つであると思いますが,そのことによって,区画整理とか,いろいろ減歩という痛みを伴いながら,地元住民は高知市の発展ということで協力してきたのですよ。  これが平成22年にもう駅再開発事業は竣工しているのですけれど,29年,7年もたってまだこのまま放置しているのかと。   もっと読む
2017-09-05 土佐市議会 平成29年  第3回定例会(9 月)-09月05日−01号 出産間近の妊婦が、腹部の激しい痛みや出血、また、破水など出産の兆候、腹部に強い張りがあるなど緊急を要し救急車による救急搬送が必要な場合には、その妊婦の情報があれば、よりスムーズな救急搬送が行えます。    もっと読む
2017-08-21 高知市議会 平成29年 8月21日 行財政改革・新庁舎整備調査特別委員会-08月21日−01号 その上で,そういう痛みを最小限にするために複合化も含めてどのような形で廃止,縮小していくかというところに知恵を絞ってもらいたいと思います。  今拝見すると,比較的取り組みやすいというと大変失礼な話ですけれども,順調にいけるような感じがします。ただ,第2期,第3期になって大型施設が俎上に上ってきたときにどうしていくかも念頭に置いて取り組んでもらいたい。 もっと読む
2017-06-13 土佐市議会 平成29年  第2回定例会(6 月)-06月13日−03号 他人に起こる痛みが分からんような人、そんな対応は決して許したらいかんと思います。   ところが、土佐市社協における実態としては、仕事をしようとせん者を解雇せずに、仕事をしようとする者を解雇するということが平気で行われています。 もっと読む
2017-06-12 いの町議会 いの町議会 平成29年第2回( 6月)定例会-06月12日−01号 町内の公共施設の維持管理の課題は、今は痛みを感じなくても将来的にいの町を追い込むことになり、次世代に重い負担として残される時期がそう遠くないことが想像されます。 もっと読む
2017-03-15 高知市議会 平成29年第459回 3月定例会-03月15日−06号 ◆(下元博司君) 市長もケースワーカーをされたということですので,このことについては,痛みも大分持たれているのではないかなというふうに思います。  こういったジャンパーを着用して,家庭訪問をするということは,訪問先の近所の方々に,訪問した世帯が生活保護を利用しているといったことが知られることにもなりかねません。   もっと読む
2017-01-18 高知市議会 平成29年 1月18日 建設環境常任委員会-01月18日−01号 ◆戸田二郎委員   やっぱり改革するためには痛みを伴うということが,将来的に長い目で見たらええはずです。ただ心配なのは,8社と3社と2社という今の色分けがあるじゃないですか。言うこと聞かんやつがやっぱり何人か,どこの世界でもこれはおるがですき,そこを何とか整理せないかん。 もっと読む
2016-09-21 高知市議会 平成28年 9月21日 建設環境常任委員会-09月21日−01号 ◆戸田二郎委員   これがいかんというわけじゃないですけど,市町村合併でいろんな取り決めがあったことは十分承知していますけど,合併には痛みもあるとかいう言い方もしてきた。そこのところもやっぱり頭に置いておいてもらいたい。  もう一点,この条例の資格基準の見直しのところは,具体的に基準がどう変わるんですか。 ◎池堤上下水道局総務課長   この条例は,資格基準そのものを見直すものではありません。 もっと読む
2016-09-15 いの町議会 いの町議会 平成28年第3回( 9月)定例会-09月15日−04号 プールについても、腰や関節の痛みなどで歩きにくい人でも、水中であれば運動が簡単になり、介護予防に適しています。日高村では週2回のバスを運行させているということですが、日高村と同程度の運行をしてはどうでしょうか。  エ、家族介護支援金。  町は、幾つになっても住みなれた地域で生き生きと暮らせるまちづくりをうたい、在宅での生活を続けられるよう、地域包括ケアシステムの構築を目指していると思います。 もっと読む
2016-06-23 高知市議会 平成28年第456回 6月定例会-06月23日−07号 政治家みずからが痛みを言うのであれば,まず政党助成金 320億円を削ったらいかがでしょう。金額から言えば国会議員 457人以上を削減するに相当するものであります。  以上,市議第18号議案及び市議第20号議案についての反対討論といたします。 ○議長(竹村邦夫君) 細木良議員。    もっと読む
2016-06-20 高知市議会 平成28年第456回 6月定例会-06月20日−06号 しかし,地元の痛みを伴った高知駅周辺都市整備の一環ですので,執行部においては,そのことを念頭に事業を進めていただきたいと思います。  まず,市長に予算と執行体制を整え,平成33年度までに何としても事業を終えるという決意をお伺いいたします。  もう一方の路線,はりまや町一宮線は,平成23年3月に産業道路からはりまや橋小学校までの区間で4車線整備が完了しております。 もっと読む
2016-06-16 高知市議会 平成28年第456回 6月定例会-06月16日−04号 子供さんとともに必死で日々を送っている御家族には音十愛ちゃん親子の姿が重なり,同じ母親として目頭が熱くなるとともに,胸の痛みを覚えました。  重度障害児とその家族の置かれている実情を踏まえ,医療的ケアを必要とする方を含め,本市の就学前と就学後の重度障害児の実態をどう把握しているのか,こども未来部もかかわることですが,健康福祉部長にお聞きします。 ○副議長(長尾和明君) 村岡健康福祉部長。 もっと読む
2016-03-17 いの町議会 いの町議会 平成28年第1回( 3月)定例会-03月17日−04号 今後は各関係機関を対象としたゲートキーパー養成講座を実施するなど、スキルアップを図るとともに、関係機関の皆様と顔が見える関係づくりを行い、協力し合って心の痛みを抱えている方に早く気づき、支えられる体制づくりを早急に取り組んでまいりたいと考えております。また、あわせて心の痛みに寄り添えるような普及啓発活動も行っていきたいと考えております。   もっと読む