254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高知市議会 2018-12-12 平成30年第467回12月定例会-12月12日−04号

◎教育長(山本正篤君) 野球部の部活動中におけるストレッチ体操におきまして,生徒が股関節を開く柔軟体操を行う際に,顧問が生徒を補助するため,内ももを手で押さえて負荷をかけたところ,力がかかり過ぎたことにより部員が痛みを訴えるという事態が発生しております。  痛みが続いたことから,その日のうちに生徒を接骨院へ連れていったところ,1カ月の治療を要するとの診断を受けました。  

いの町議会 2018-09-13 いの町議会 平成30年第3回( 9月)定例会-09月13日−04号

森本議員のほうから、不育症に悩んでおられる患者様の心の痛みといったような懸念のお声がありました。私も不育症で悩んでおられる方は、育った命が育たなくなるという喜びがあっての悲しみというところで、本当にダメージが大きいものと考えております。ほけん福祉課としても支援をしていきたいと考えているところです。  

いの町議会 2018-06-13 いの町議会 平成30年第2回( 6月)定例会-06月13日−05号

1カ月健診が終わると緊張の糸が切れ、体の不調や痛みを自覚し始めます。でも、家事や育児で忙しく、自分のことは後回しになりがちです。寝不足による疲労の蓄積も、我が子の笑顔で元気をチャージして、気合いで乗り切ってしまいます。ご理解いただけるでしょうか。産後の母親は育児に必死で、一息つく時間もとれず、自分の体調が悪くても我慢してしまいがちです。

高知市議会 2017-12-13 平成29年第462回12月定例会-12月13日−02号

小児がん治療のために年単位で入退院を繰り返すことが多いと言われており,入院を余儀なくされることで,家庭とそして家族と離れることによる不安,検査や治療による痛みなどの体験を余儀なくされるさまざまな不安。  また学齢期にあっては基本的な生活習慣が形成され,社会性が育ち養われる大事な時期で,この大切な時期の入退院や長期入院が子供の心身に与えるダメージは容易に理解できるものであります。  

高知市議会 2017-09-12 平成29年第461回 9月定例会-09月12日−02号

そういった意味では,はりまや町一宮線というのは再開発事業の都市計画道路の一つであると思いますが,そのことによって,区画整理とか,いろいろ減歩という痛みを伴いながら,地元住民は高知市の発展ということで協力してきたのですよ。  これが平成22年にもう駅再開発事業は竣工しているのですけれど,29年,7年もたってまだこのまま放置しているのかと。  

高知市議会 2017-08-21 平成29年 8月21日 行財政改革・新庁舎整備調査特別委員会-08月21日−01号

その上で,そういう痛みを最小限にするために複合化も含めてどのような形で廃止,縮小していくかというところに知恵を絞ってもらいたいと思います。  今拝見すると,比較的取り組みやすいというと大変失礼な話ですけれども,順調にいけるような感じがします。ただ,第2期,第3期になって大型施設が俎上に上ってきたときにどうしていくかも念頭に置いて取り組んでもらいたい。

高知市議会 2017-03-15 平成29年第459回 3月定例会-03月15日−06号

◆(下元博司君) 市長もケースワーカーをされたということですので,このことについては,痛みも大分持たれているのではないかなというふうに思います。  こういったジャンパーを着用して,家庭訪問をするということは,訪問先の近所の方々に,訪問した世帯が生活保護を利用しているといったことが知られることにもなりかねません。  

高知市議会 2017-01-18 平成29年 1月18日 建設環境常任委員会-01月18日−01号

◆戸田二郎委員   やっぱり改革するためには痛みを伴うということが,将来的に長い目で見たらええはずです。ただ心配なのは,8社と3社と2社という今の色分けがあるじゃないですか。言うこと聞かんやつがやっぱり何人か,どこの世界でもこれはおるがですき,そこを何とか整理せないかん。

高知市議会 2016-09-21 平成28年 9月21日 建設環境常任委員会-09月21日−01号

◆戸田二郎委員   これがいかんというわけじゃないですけど,市町村合併でいろんな取り決めがあったことは十分承知していますけど,合併には痛みもあるとかいう言い方もしてきた。そこのところもやっぱり頭に置いておいてもらいたい。  もう一点,この条例の資格基準の見直しのところは,具体的に基準がどう変わるんですか。 ◎池堤上下水道局総務課長   この条例は,資格基準そのものを見直すものではありません。

いの町議会 2016-09-15 いの町議会 平成28年第3回( 9月)定例会-09月15日−04号

プールについても、腰や関節の痛みなどで歩きにくい人でも、水中であれば運動が簡単になり、介護予防に適しています。日高村では週2回のバスを運行させているということですが、日高村と同程度の運行をしてはどうでしょうか。  エ、家族介護支援金。  町は、幾つになっても住みなれた地域で生き生きと暮らせるまちづくりをうたい、在宅での生活を続けられるよう、地域包括ケアシステムの構築を目指していると思います。

高知市議会 2016-06-23 平成28年第456回 6月定例会-06月23日−07号

政治家みずからが痛みを言うのであれば,まず政党助成金 320億円を削ったらいかがでしょう。金額から言えば国会議員 457人以上を削減するに相当するものであります。  以上,市議第18号議案及び市議第20号議案についての反対討論といたします。 ○議長(竹村邦夫君) 細木良議員。   

高知市議会 2016-06-20 平成28年第456回 6月定例会-06月20日−06号

しかし,地元の痛みを伴った高知駅周辺都市整備の一環ですので,執行部においては,そのことを念頭に事業を進めていただきたいと思います。  まず,市長に予算と執行体制を整え,平成33年度までに何としても事業を終えるという決意をお伺いいたします。  もう一方の路線,はりまや町一宮線は,平成23年3月に産業道路からはりまや橋小学校までの区間で4車線整備が完了しております。

高知市議会 2016-06-16 平成28年第456回 6月定例会-06月16日−04号

子供さんとともに必死で日々を送っている御家族には音十愛ちゃん親子の姿が重なり,同じ母親として目頭が熱くなるとともに,胸の痛みを覚えました。  重度障害児とその家族の置かれている実情を踏まえ,医療的ケアを必要とする方を含め,本市の就学前と就学後の重度障害児の実態をどう把握しているのか,こども未来部もかかわることですが,健康福祉部長にお聞きします。 ○副議長(長尾和明君) 村岡健康福祉部長。

いの町議会 2016-03-17 いの町議会 平成28年第1回( 3月)定例会-03月17日−04号

今後は各関係機関を対象としたゲートキーパー養成講座を実施するなど、スキルアップを図るとともに、関係機関の皆様と顔が見える関係づくりを行い、協力し合って心の痛みを抱えている方に早く気づき、支えられる体制づくりを早急に取り組んでまいりたいと考えております。また、あわせて心の痛みに寄り添えるような普及啓発活動も行っていきたいと考えております。  

高知市議会 2016-03-15 平成28年第455回 3月定例会-03月15日−05号

2013年4月に日本でも子宮頸がん予防ワクチンの定期接種化が実現しましたが,その2カ月後に厚生労働省が,予防ワクチン接種後の痛みについての十分な情報提供ができるまで,積極的な接種勧奨を一時控えるべきと勧告して,3年近くが経過をしました。  今できる有効な子宮頸がん予防対策として,がん検診があります。本市での現在の検診の取り組みと受診状況について,お伺いします。

高知市議会 2015-12-15 平成27年第453回12月定例会-12月15日−05号

そして,持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されており,その発生頻度等においては,今,調査中ですというチラシがあります。  このチラシから,受ける方々は,有効性とリスクをはかり,接種するかしないかを判断するというのは難しいし,本当に勇気も要ると感じました。推奨を中断してからも,毎月,全国で2,000人が希望して接種をしている事実もあります。