308件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高知市議会 2018-12-12 平成30年第467回12月定例会-12月12日−04号

確認をいたしましたところ,児童数をもとに必要数を算定した場合,児童の使用するトイレについて,一部の階においてトイレの基数が基準に達していないこと,教育上男女共用トイレの解消を図る必要があること,昭和小学校は児童数の将来推計において今後増加傾向にあり,トイレ需要が今後も増加することなどが確認できました。  

土佐市議会 2018-06-05 平成30年  第2回定例会(6 月)-06月05日−01号

全妊婦の方を登録の対象としておりまして、本年3月までに登録された方は10名で、このうち救急搬送は1件となっております。   今後におきましても、命の安全あんしんのため、制度の周知を図るとともに、個人情報に配慮しながら、消防署と連携し、取組んでまいりますので、議員各位におかれましては、御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。   

土佐市議会 2018-03-12 平成30年  第1回定例会(3 月)-03月12日−02号

緊急を要し、救急搬送が必要となった場合の妊婦をスムーズに救急搬送するため、妊婦に関する情報を事前に登録することにより、救急隊の早期到着及び医療機関への連絡短縮を図り、妊婦及び胎児の生命を守り、妊婦及びその家族の不安を和らげるとした事業であります。   スタートして半年経過しました、土佐市ママ・サポート119の現況についてお尋ねいたします。 ○議長(黒木茂君) 岡林消防長。

高知市議会 2017-12-18 平成29年第462回12月定例会-12月18日−05号

平成28年度の活動状況としましては,体験活動指導者の養成事業としまして,山野草の研修会や青少年育成協議会と連携し,熊本地震における救援活動の話も交えた救急法講習会を,また工石山青少年の家の利用が少なくなる冬季には一般の方々を対象に1泊2日で,冬の工石山と夜鍋の集いなどの事業を開催されております。  

いの町議会 2017-12-14 いの町議会 平成29年第4回(12月)定例会-12月14日−05号

これは、地方財政の基盤を安定化させるために、税収の早期確保と納税意識の向上を目的として創設された制度でございまして、自治体にとっても、このような納期内納付を奨励することにより、年度当初の資金需要に対する効果が期待できるなど、効率的で健全な財政運営を確立することができます。

高知市議会 2017-09-19 平成29年 9月19日 総務常任委員会-09月19日−01号

◎高井祐介消防局長   最初の救急の件ですけれども,中出張所につきましては現在救急車1台でございますけれども,この10月から救急車2台による運用としております。やはり中心部ということもございますので,救急体制は強化することとしております。  それから,一宮地区につきましては確かにかなり広範囲でございます。

高知市議会 2017-09-14 平成29年第461回 9月定例会-09月14日−04号

その記事によると,中学校の体育館で開かれていた剣道教室で会員が心臓発作を起こして倒れたものの,幸いにも救急救命士と警察官が一緒に稽古されており,救急車が来るまで心臓マッサージを続けた結果,一命を取りとめたとのことです。私はこの記事を地元体育会の委員よりいただきました。  地元の小中学校の体育館やグラウンドは,夜間,休日にさまざまなスポーツ団体が頻繁に使用しています。

高知市議会 2017-09-13 平成29年第461回 9月定例会-09月13日−03号

リスマ市長から要請がありましたのは,スラバヤ市の災害対応力を高めるために,中古車がいいので,救急車とか消防自動車の寄贈をしていただけないかという御要望を受けております。  両市の交流強化に向けまして,具体的にどのような支援ができるか,姉妹都市の委員会の委員長を初めJICA,外務省,民間企業など,さまざまな関係機関と連携をして,具体的に検討を進めているところでございます。  

いの町議会 2017-09-13 いの町議会 平成29年第3回( 9月)定例会-09月13日−04号

この道路では、道路幅が狭いということで、車の脱輪はしばしば起きているとお聞きしていますし、ことしの春には、バイクで通行している地元の住民がガードレールのすき間から道路下に転落して、救急車で病院に運ばれるという事故が発生しております。この事故をきっかけに、早急な道路の改修を地元住民から多く声が上がっております。

高知市議会 2017-09-12 平成29年第461回 9月定例会-09月12日−02号

平成28年3月に高知医療センターが策定をいたしました32年度までの計画期間といたします高知医療センター経営計画においても,救急医療や周産期母子医療,がんセンター機能などに加えまして,難病など県内で不足している医療に積極的に関与し,不足医療を埋める役割を果たしていくとされております。  

いの町議会 2017-09-12 いの町議会 平成29年第3回( 9月)定例会-09月12日−03号

総務相の考えは、ふるさと納税の返礼品競争が過熱し、行き過ぎた行為があったというけれども、地場産業、農林水産業の需要を生んでいる。一罰百戒のような形で寄附増加の流れをとめるのは問題だと。極端な例だけで抑制するのではなく、家電や商品券などの転売をどうとめるかの必要があるというふうな談話が載っています。  

高知市議会 2017-09-07 平成29年第461回 9月定例会-09月07日−01号

現在の高知市の財政収支見通しは,平成29年度普通交付税の7月算定で,算定の基礎となる基準財政需要額において,起債の償還が進んだことによる事業費補正等の算入額が減少したことなどから,臨時財政対策債を含めた前年度との当初算定比較では,総額で約5億円余り減少するなど,昨年度に引き続き厳しい収支が見込まれています。  

高知市議会 2017-06-26 平成29年 6月26日 総務常任委員会-06月26日−01号

なお,平成29年3月には,消防庁防災情報室から各都道府県消防防災主管課宛てに消防救急無線のデジタル化に係る契約等に関する調査依頼があり,本市の状況につきまして平成29年4月4日に回答しており,総務省においては全国的な状況把握と対応方法等の整理を進めておりますことから,今後も国,県の情報には十分注視してまいります。

高知市議会 2017-06-20 平成29年第460回 6月定例会-06月20日−03号

タクシーがわりの救急車の使用や救急車で行くと早く診てくれるとの心のない救急車使用,問題は本当に重篤な方への現場到着時間がおくれ,病院搬送がおくれ,取り返しがつかなくなることが心配です。  平成27年の消防年報の救急統計では,搬送人員1万4,876人のうち,軽症の方は7,483人,50.3%に上ります,軽症がです。転院搬送も含め対策が必要ですが,所見を消防局長にお尋ねいたします。

土佐市議会 2017-06-13 平成29年  第2回定例会(6 月)-06月13日−03号

公共施設等総合管理計画につきましては、議員さんも言及されましたように、過去に建設されました公共施設等がこれから大量更新の時期を迎え、老朽化する公共施設等に関わる建て替えや改修などの更新費用も増加することが予想されており、各自治体の財政が依然として厳しい状況下にある中で、今後の公共施設等の運営は人口減少等の要因もあり、利用需要の低下も懸念されることから、早急に公共施設等の全体状況を把握し、長期的な視点

土佐市議会 2017-06-06 平成29年  第2回定例会(6 月)-06月06日−01号

年度はじめから呼吸器内科、腎臓代謝内科の常勤医2名を確保できたことや、前高知大学医学部長を名誉院長として招へいし、大学との連携強化による診療・宿日直応援体制が拡充できたことなどで、入院・外来患者数の増加と救急応需体制の改善が図られました。しかしながら、直接的な病床稼働にまではつながらず、目標の稼働率80%にはわずかに届きませんでした。