運営者 Bitlet 姉妹サービス
435件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-26 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月26日−06号 平成30年9月26日       高知市議会議長 高木 妙 内閣総理大臣 安倍 晋三様 国土交通大臣 石井 啓一様 内閣官房長官 菅  義偉様   ──────────────── 市議第19号    児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書議案  高知市議会は,児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書を次のとおり提出する。    もっと読む
2018-09-13 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月13日−05号 ◆(浜口卓也君) それでは,岡崎市長にお伺いしたいのですけれども,行政の透明性,公正,公平,介護サービス事業所の情報管理,利用者の方々への適切な情報提供という観点から,ITシステムを導入して見える化することで,行政,介護サービス事業者,利用者全ての方々にとってわかりやすく,不正請求や虚偽の報告,虐待などをなくしていくことが必要であると考えますが,御見解をお伺いいたします。 もっと読む
2018-09-12 四万十市議会 平成30年 9月定例会-09月12日−04号 女児はネグレクト、育児放棄も受け、ノートには謝罪の言葉が並んでいたという記事のものですが、本当に痛ましい児童虐待死の報道があり、今でも虐待死は後を絶ちません。  虐待死の定義ですが、簡単に読みたいと思います。  身体的虐待、殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などで一室に拘束するなど。 もっと読む
2018-09-11 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月11日−03号 そうした中,ことしの夏は7月中旬以降全国的に猛暑日が連日続き,豊田市の小学校では,校外授業を行った児童が重度の熱中症である熱射病で死亡する事故が発生し,児童・生徒の健康を守るための安全対策としてエアコン設置の必要性が急速に高まってきていると考えております。   もっと読む
2018-09-05 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月05日−01号 こうした猛暑の影響を踏まえ,市立小中学校への空調設備の設置につきましては,これまでは学力の向上を図る観点から,集中して勉学に取り組めるよう,まずは中学校からの設置を検討してまいりましたが,7月に愛知県豊田市の小学校で校外学習を行った児童が,重度の熱中症である熱射病で死亡する事故が発生し,公立学校における熱中症予防対策としてのエアコン設置の必要性が高まってきています。   もっと読む
2018-06-25 高知市議会 平成30年 6月25日 経済文教常任委員会-06月25日−01号 本事業は,学習指導要領の改訂により,小学校においては本年度から,中学校におきましても平成31年度から特別の教科道徳が実施となりましたことから,道徳教育の推進に当たり,児童・生徒の道徳性を学校と家庭,地域の両面から高めていくための事業を実施するものでございます。   もっと読む
2018-06-25 高知市議会 平成30年 6月25日 厚生常任委員会-06月25日−01号 また,児童相談所が主催する職階別の研修や外部の専門機関の研修等も受講して,職員の資質の向上に努めているところです。  続きまして,高知市における児童家庭相談の状況について説明させていただきます。  平成16年に児童福祉法が改正になり,市町村が児童家庭相談と児童虐待の通告先として位置づけされております。   もっと読む
2018-06-19 高知市議会 平成30年第464回 6月定例会-06月19日−03号 高知市立小中学校の学校規模に関しましては,児童・生徒数の推移をもとに,これまでも検討を重ねてきたところでございます。  平成28年3月に,高知市立小中学校の今後のあり方に関する検討委員会から出されました報告書では,28年度から32年度及び37年度の小中学校推計児童・生徒数をもとに,学校の適正規模を維持するための考察が示されました。   もっと読む
2018-06-11 四万十市議会 平成30年 6月定例会-06月11日−01号 完全給食による温かい御飯の提供は、児童の食欲増進を図るなどのメリットに加え、季節に応じた炊き込み御飯など、児童が楽しく食べられるよう、工夫もできるようになります。  市内保育所では、子供の頃からの正しい食習慣の定着に向けた食育に取り組んでいますが、この完全給食の実施により、更なる食育の推進にも繋がり、四万十市の子供達の心身両面からの成長に大きな役割を担っていると考えております。   もっと読む
2018-06-11 土佐市議会 平成30年  第2回定例会(6 月)-06月11日−02号 定期発達に特性があろうがなかろうが、外部からの烙印によって子供は受け入れられず、肯定されず、自分はだめな子なんだという本人に自己否定感を作ってしまったら、それは明らかに私は虐待だと思っています。学校などの連絡でこの子さえ学校にいなければと自責の念にかられて悩んでしまう保護者の方もいると思います。   私はよく聞くところですけれども、親が受診を嫌がるとよく耳にしますが、それは私はないと思います。 もっと読む
2018-03-23 高知市議会 平成30年第463回 3月定例会-03月23日−08号 抜本的な待機児童解消につなげるために必要となる保育士不足への対応では,処遇改善等の予算が十分ではない点を指摘しておく。  また,内閣府の方針のもと,高知県がこの2月定例会本会議で市町村と連携して待機児童解消のための協議会を設置すると答弁したが,こども未来部からの答弁では,法律もまだ整備されておらず,県から正式な話もないので,何ら内容がわからない状況,白紙の状態との説明である。   もっと読む
2018-03-20 高知市議会 平成30年 3月20日 厚生常任委員会-03月20日−01号 その考え方からすれば,就業内定者と就業中との間に配点の差異を設けている本市の状況は改善される必要があり,その上で,待機児童を生まない体制を構築していくよう指摘しておきます。  おおなろ園など民営化について。   もっと読む
2018-03-20 四万十市議会 平成30年 3月定例会-03月20日−05号 2つ目に、より複雑化するそれぞれのケースの見立てと支援方法の構築、その進行管理を行うことで虐待を発生させない仕組み、児童の安全確保の再構築を目指し、児童虐待防止対策コーディネーターを設置するため、報酬の額を定めるもの。 もっと読む
2018-03-16 高知市議会 平成30年 3月16日 厚生常任委員会-03月16日−01号 この事業は,家庭において一時的に児童の養育が困難となった場合や,緊急一時的に母子の保護が必要な場合などに,児童養護施設等において一定期間,養育,保護を行うもので,短期入所生活援助であるショートステイ事業と,夜間養護等であるトワイライトステイ事業があります。  19ページをお願いいたします。  児童虐待予防推進事業費,予算額は446万6,000円です。   もっと読む
2018-03-16 高知市議会 平成30年 3月16日 総務常任委員会-03月16日−01号 ◆岡崎豊委員   昨今,乳幼児の虐待があって,母親が父親になる相手方から虐待を受けても相談先がないとかいうことがありますので,これは来年度になりますけど,電話相談も可能になるように,ぜひ検討していただきたいと思います。大事な事業ですので継続してください。お願いします。   もっと読む
2018-03-15 高知市議会 平成30年第463回 3月定例会-03月15日−07号 この法律の目的では教育基本法及び児童の権利に関する条約等の趣旨にのっとり,不登校児童・生徒に対する教育機会の確保,夜間等において授業を行う学校における就学機会の提供,その他の義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等,総合的に推進すると掲げられ,夜間中学の設置に向けて推進するよう,各県に通知が出されています。   もっと読む
2018-03-14 いの町議会 いの町議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月14日−03号 しかしながら、いまだなお毎年7万人に及ぶ方が心臓突然死で亡くなっているのとともに、学校でも毎年100名近くの児童・生徒の心停止が発生しております。その中には、平成23年9月のさいたま市での小学校6年生の女子児童の事故のように、AEDが活用されず救命できなかった事例も複数報告されています。 もっと読む
2018-03-12 土佐市議会 平成30年  第1回定例会(3 月)-03月12日−02号 LGBTをはじめとする性的マイノリティである児童生徒につきましては、国の調査からも全国的に見まして、1学級当たりに数名いる可能性があると言われております。    もっと読む
2018-03-09 高知市議会 平成30年第463回 3月定例会-03月09日−03号 そして,児童図書の全点購入,高知県関係資料の収集や保存など,基本計画に掲げた事柄をどのように充実させ,予算づけを行っていくのか,今後最も重要な課題であると考えております。   もっと読む
2018-03-08 高知市議会 平成30年第463回 3月定例会-03月08日−02号 しかし,社会福祉法や児童福祉法,児童・高齢者虐待防止法の施行や民生委員法の大改正により,地域福祉活動の推進役という位置づけが明確にされ,そのための諸活動や会議への参加,虐待予防と対応,ふれあいサロンや子ども食堂,守秘義務や人格識見の向上に努めるための研修への参加,さらには敬老事業や歳末助け合い活動への参加協力など,その活動は増大し続けております。  2点目は欠員問題です。 もっと読む