22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

高知市議会 2017-09-19 平成29年 9月19日 総務常任委員会-09月19日−01号

◎黒田直稔防災対策部長   今のJアラートの仕組みですが,ミサイルが発射されてたった4分ぐらいでJアラートが鳴るということで,その4分間に,ミサイルの発射情報防衛官邸地下の危機管理センターから総務省消防庁に伝わり,消防庁がJアラートを鳴らすと同時に,自動起動で防災行政無線,それからエリアメールが鳴るという形になっております。  

高知市議会 2017-06-21 平成29年第460回 6月定例会-06月21日−04号

その内容は,平成25年12月に中期防衛力整備計画閣議決定され,その中で少子化,高学歴化に伴い募集環境が悪化するため,人材の安定的確保のために自衛隊が就職対象として意識されるよう,効果的な募集広報や関係部署,地方公共団体等との連携協力の強化等を推進するとあり,防衛としては今まで以上に募集に力を入れるという内容です。  

高知市議会 2017-03-10 平成29年第459回 3月定例会-03月10日−03号

12月議会でも,この問題を取り上げましたが,市長会を通じ,米軍,防衛抗議されたのか,市長に伺います。  私たち日本共産党市議団は,昨年,14の重点項目を含め172項目に上る予算要望を市長,教育長に提出いたしました。  重点項目は,子供医療費無料助成の中学校卒業までの拡充。保育料や児童クラブ利用料軽減。児童虐待防止など子育て支援。道の駅白紙撤回。新図書館西敷地は広場緑地として残すこと。

土佐市議会 2016-09-20 平成28年  第3回定例会(9 月) 付録-市議第3号

防衛自衛隊の第一線救護における適確な救命に関する検討会」の佐々木勝座長は、「あまりにお粗末な自衛隊医療体制」〔「WiLL」2015年11月号〕と、隊員の命を粗末にしている実態を告発しました。このような実態を放置して、派遣を続けることは立場を超えて反対すべき責任があります。  

高知市議会 2015-07-01 平成27年第450回 6月定例会-07月01日−06号

また,防衛は,昨年度に領空侵犯のおそれがある外国の軍用機などに,航空自衛隊戦闘機が急発進した回数,いわゆるスクランブル回数が,戦後2番目に多い943回に上ったと発表しました。  その内訳としては,ロシア機への緊急発進が全体の50%で,次いで,中国機が49%を占めています。  その中国は,軍事増強,近代化を背景に,東・南シナ海で一方的な海洋進出を図っております。

高知市議会 2015-03-24 平成27年第448回 3月定例会-03月24日−08号

平成27年3月24日   提出者 高知議会議員 下元 博司               下本 文雄               岡田 泰司               江口 善子               細木  良               はた  愛    文民統制を守るよう求める意見書  安倍晋三内閣は,防衛内部部局(内局)の背広組(文官)が自衛隊制服組自衛官)をコントロールする

高知市議会 2015-03-16 平成27年第448回 3月定例会-03月16日−06号

自民公明連立政権は,1954年の防衛庁自衛隊発足当時からの文官統制の仕組み,文官優位の根拠とされてきた,防衛設置法第12条の規定を変え,自衛隊の運用を担当する内局の運用企画局も廃止し統合,幕僚幹部に一元化しようとしています。  文官統制の枠を外し,各幕僚長が直接防衛を補佐することになります。  

いの町議会 2015-03-11 いの町議会 平成27年第1回( 3月)定例会-03月11日−04号

いの町は、防衛の求めに従って、適齢者の情報を一覧にして書面で提供をしているということですけど、いの町も高知市と同様にいの町個人情報保護条例を持っているので、高知市と同じ対応ができると思いますが、今後、閲覧に切りかえることはできないでしょうか。  県内では、34市町村のうち、16自治体が閲覧という方法をとっています。

高知市議会 2013-12-12 平成25年第441回12月定例会-12月12日−03号

国家安全保障会議の検討結果につきましては,NSC設置法で外務省防衛のこの両省,また警察庁などの省庁情報提供が義務づけられておりますが,外交治安に関する重要な検討結果が,特定秘密とされることで国民に明示されないことや,例えば憲法改正をすることなく,解釈変更によって集団的自衛権を行使することなどはあってはならないと考えております。  

土佐市議会 2013-12-10 平成25年  第4回定例会(12月)-12月10日−03号

一つは、執行部にお聞きしたところによると、土佐市への事前連絡は、防衛が訓練の僅か18日前の10月7日付文書で依頼があり、その後、県からも電話依頼があったようですが、防災訓練だというのに、土佐市との打合せは全くない。多分、米軍と防衛とが一方的に計画を作り、それを訓練予定日の僅か18日前になって土佐市に事実上押し付けてきたというのが、今回の訓練だと思います。   

土佐市議会 2013-06-25 平成25年  第2回定例会(6 月) 付録-市議第2号

                   〃     〃      黒木  茂                    〃     〃      武森 徳嗣  土佐市議会議長 野村 昌枝 様 市議第2号    米軍輸送機オスプレイの配備見直し及び低空飛行訓練の中止を求める意見書(案)  昨年4月、米海軍省と海兵隊は「MV−22航空機の海兵隊普天間飛行場配備及び日本での運用に関する環境報告書」を発表し、防衛

いの町議会 2013-06-19 いの町議会 平成25年第2回( 6月)定例会-06月19日−05号

オスプレイ及び米軍機の低空飛行訓練が、5月以降、激しさを増しておりまして、嶺北4町村を初めとする関係地域住民の生活と安全が脅かされておりまして、5月22日には、県の危機管理部長と本山、土佐、大豊町長が外務省防衛を訪問いたしまして、低空飛行訓練の中止を求めております。また、このときには、本山町の母親らの中止を求める思いを書いた手紙を託してもおります。

  • 1
  • 2