1317件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

いの町議会 2053-06-13 06月13日-05号

治療実績が乏しかったり、近くに実績が豊富な病院があったりして、他の医療機関で代替え可能がと判断した場合は、期限を区切って統合再編に向けた議論を要請するとの報道もありますが、このことが統合再編評価点となれば、仁淀病院は大変不利な状況になるのではないかと心配をするところでございますが、この点について、統合再編の問題についてお聞きをいたしますとともに、仁淀病院の現状もあわせて、ア、イ、ウをお聞きをいたします

いの町議会 2021-09-17 09月17日-05号

これは何が読み取れるかと言いますと、町の要請に応えて受託して、訪問調査はできる自主防災会は、この平成29年度でほとんど実施をしたんではないか。30年度、4組織に終わっているのは、やはりそういう事情がですね、あるんではないかと考えるわけです。 さて、先ほどいの町第2次振興計画実施計画第5号について、執行部から説明を受けました。

四万十市議会 2021-09-10 09月10日-03号

次の項目の地域住民との合意形成についてですが、議員全員に配られた四万十市三里地区における大規模太陽光発電施設設置計画事業について書かれていますが、地域住民合意形成事業者の役割として協力要請するとあるが、これを読むと地域住民合意形成は必要なく、合意がなくても許可を出していく、そういうふうに書かれておりますが、それについて間違いないでしょうか。 ○議長宮崎努) 渡邊環境生活課長

四万十市議会 2021-06-17 06月17日-02号

、どういった対策がとれるのかというようなことも検討をしていただいている段階でありますが、ちなみにミストシャワーも中村西中学校設置を屋外でしておりますので、それらも清涼感といいますか、一定の体温上昇の抑制に繋がるものと思いますので、午前中の上岡真一議員にお答えしましたように、配当予算整備しておりますので、そういった中で必要に応じた設備というのも校長会等を通じて整備に向けて取り組んでいただくように要請

いの町議会 2020-12-11 12月11日-03号

後に、被害が想定よりも大きく上回ったこともあり、電気事業連合会は、関西電力など加盟各社から東日本大震災以降では最大限となる応援要請7,127人、電源車174台を千葉県などの被災地に派遣したと17日に発表しました。東京電力は、24日午後7時半に千葉県内停電戸数がゼロになったとホームページ上にて発表しましたが、後に山間部などの190戸で停電が継続しているとして訂正しました。

土佐市議会 2020-12-10 12月10日-03号

また、住民の皆さんから知事に対して計画反対要請書が提出されたことを受け、4月18日に知事要望書提出するとともに5月15日には県林業振興環境部長にお会いし、事業者に対し地域の懸念を払拭する対策を取り、地域住民の理解を得た上で事業を進めることを徹底するよう求めており、このことは事業者を呼び、直接要請もいたしております。 

四万十市議会 2020-12-09 12月09日-02号

ただ議員ご指摘のとおり、生徒の待合場所ですとか、それから自転車の保管場所確保は必要ですので、これにつきましては、近隣の学校あるいは集会所といった公共施設のほかに、今後保護者地域のご協力も必要になってくるんですけども、こども110番の家ですとか、それから企業個人宅要請を行ったりしながら、既存施設を活用するということについて合意をいただいたところでございます。

土佐市議会 2020-12-03 12月03日-01号

当初の予定では、県を通じて10月初旬に厚生労働省から正式な再検証要請があり、11月下旬から12月上旬開催の地域医療構想調整会議仁淀川ブロック検証した結果を議論することになっておりました。しかしながら、現在のところ正式な再検証要請がないことから、医療機能・ベッド数等について検証できない状況であります。 

いの町議会 2020-12-02 12月02日-01号

また、従前より議会運営委員会委員長からの協力要請として、動議意見書などの議員発議に係る提出については議会閉会日の前日までの提出をお願いしていたところですが、今回申し合わせが行われ、今定例会より動議意見書などの議員発議については議会閉会日前々日の正午12時までに議会事務局提出してくださいますよう、委員長からの協力要請として皆様にお願いすることになりました。 

四万十市議会 2020-09-20 09月20日-06号

また、市長にも、疑問な点を曖昧にせず、四万十川を、四万十市を子や孫の時代まで守り継ぐという決意で対応していただくように要請して、私の討論を終わります。 ○議長宮崎努) 次に、趣旨採択賛成議員。 小出徳彦議員。 ◆17番(小出徳彦) 今回の要望書につきまして、趣旨採択賛成の立場から討論させていただきたいと思います。 今回、私も多くの皆様から大変たくさんのご意見をいただきました。

いの町議会 2020-09-13 09月13日-04号

めた懲戒権の行使が利用されているとして、懲戒権を含む親権全般に関する問題点を見渡し、子への体罰、虐待を許さない法整備について議論していくとしており、厚労省は問題の兆候を把握し、虐待の予防につなげるため、乳幼児健診等の機会を捉え、妊産婦や出産直後の母親が抱える悩みや課題などを早期に発見するよう求めており、孤立しているリスクが高いと見られる健診の未受診者に対して受診勧奨する手法を事前に定めておくことを要請

いの町議会 2020-09-11 09月11日-03号

加えて、林業技術の習得につきましては、これもですね、小規模林業を実践する方からの要請に応じまして、林業実践アドバイザーというものを派遣する事業あと担い手の方への山林確保、施業地の確保支援、そういったこともですね、林地の集約化による支援事業実施しております。まずはこれらの事業を活用していただく、そしていただけるように今後とも町としても働きかけを行っていくことが必要と考えております。 

四万十市議会 2020-09-11 09月11日-04号

規模災害が来て全市的な災害になれば、フル動員というような形でこれを運転してやらなければいけないと思いますが、そういったときに重機がない、機器がないということになれば大変ですので、そういったところへの要請、要望、それから提携やられておると思いますが、そういったときのための提携というものを結んでいかれておるんではないかと思います。