13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高知市議会 2015-10-02 平成27年10月 2日 議会運営委員会-10月02日−01号

ただし,議案の分割付託につきましては,「1議案を2以上の委員会に付託すべきものではない」「予算は不可分であって,委員会としての最終的審査は一つの委員会において行うべく,2以上の委員会で分割審査すべきものではない」という行政実例が国から示されておりますので,この予算,決算の審査方法についても,今回の協議の中で少し時間をかけて御論議をお願いしたいと考えております。  

高知市議会 2009-06-26 平成21年第415回 6月定例会-06月26日−06号

◎財務部長(上田隆司君) 本市では,一般会計と特別会計間での現金の資金融通は差し支えないという行政実例に基づきまして,企業会計であります水道事業会計を除きまして,全会計での現金不足が生じたときに,一時借入金が発生する仕組みになっておりまして,そのため繰り上げ充用という法的に認められた年度間の処理にあっても,翌年度の歳入を会計処理上,前年度の赤字に充てただけでございますので,赤字決算には違いがないわけでございます

いの町議会 2009-03-18 いの町議会 平成21年第1回( 3月)定例会-03月18日−05号

地方自治法203条報酬及び費用の弁償、その行政実例としまして、昭和26年4月地自公発118号で、議員の報酬、費用弁償の支給起算日は、当選の効力を発生する日であるというふうにあります。  そして、私は現業の国家公務員でありましたけれども、期末手当は6月1日、12月1日基準日に在職者が原則でありました。現在もそのとおりであります。  

高知市議会 2006-09-20 平成18年第398回 9月定例会-09月20日−04号

本市の一時借入金と,夕張市のいわゆるジャンプ方式との違いについての御質問ですが,本市では,一般会計と特別会計の間で現金の資金融通は差し支えないとの行政実例に基づきまして,水道事業会計を除く現金に収支不足が発生した場合には一時借入金が生じる運用を行っておりまして,会計ごとに見ますと,年度当初には赤字会計への繰上充用や職員給の支出などにより歳出に対し歳入が不足する状態が生じますが,全体では固定資産税収入

いの町議会 2006-09-14 いの町議会 平成18年第3回( 9月)定例会-09月14日−02号

それで通常の行政実例なんかを見てみますと、原則的には同時に行われるものというふうなことで行っております。したがって、(案)が正解でございますので、申しわけありませんが、ということでよろしくお願いします。 ○議長(土居豊榮君) 最後に、田岡吾北総合支所次長。 ◎吾北総合支所次長(田岡徹君) たびたび恐れ入ります。  

いの町議会 2004-03-12 伊野町議会 平成16年第1回( 3月)定例会-03月12日−02号

池沢議員から総務省に確認してみいやといったご指示もいただきまして、再度高知県の市町村合併支援室の方にも照会しましたところ、行政実例も教えていただきまして、結論としては26号の平仮名のいの町、これを例えば3首長が協議して修正案を出すといったケースが出た場合でも、これは関係市町村から県への申請が異なる、つまりそのあとの平仮名が異なりますので、配置分合に係る県の判断ができないことになるため、不適切と言えます

いの町議会 2000-12-20 伊野町議会 平成12年第4回(12月)定例会-12月20日−03号

しかし、もともと法というものはそういったすべてのいろいろな、今山岡議員さん言ったのは行政実例、当然ありますね。しかし行政実例もこういう場合には失職しますよと、抵触しますよという、これは行政実例に出てます。それがなければこれは当然抵触してないわけですから、抵触すれば当然本人も考えるでしょうし、人間性から考えてください。それは本人が考えることなんです。

高知市議会 2000-03-10 平成12年第352回 3月定例会-03月10日−02号

〔総務部長高橋正道君登壇〕 ◎総務部長(高橋正道君) 議会事務局職員の併任の問題でございますが,行政実例によりますと,議会事務局職員と執行機関の補助職員との併任,また執行機関相互間の補助職員の併任についても認められるものというふうに解されております。  以上でございます。 ○副議長(近藤正成君) 長尾都市建設部長。   

高知市議会 1999-12-15 平成11年第351回12月定例会-12月15日−03号

一方,保育料については,地方自治法では,「行政事務の処理に関しては,法令に特別の定めがあるものを除くほか,条例でこれを定めなければならない」とされておりますが,行政実例でも,保育料は児童福祉法に直接根拠を持つ負担金であり,市町村長限りでこれを徴収し得るものと解されております。  

高知市議会 1998-12-18 平成10年第344回12月定例会-12月18日−06号

行政実例(昭和28年1月21日 自行行発16)では,「附属機関の構成員に議会を加えることは違法ではないが適当ではない」との見解も示されており,我々は,議会改革の重要なシステムとして,機関対立型の民主的な地方制度の基本的理念を確認し,議会の審議権と市政執行権の分野並びに使命を明確にするとともに,お互いにその立場を守り尊重することを目的とし,原則として法令に定めるものを除き,今期議員任期の満了をもって,

土佐市議会 1998-03-23 平成10年  第1回定例会(3 月)-03月23日−04号

◎総務部長(黒岩聰一君) 秘密ということの内容につきまして、地方公務員法、あるいは地方税法での秘密という部分につきましては、大変古い行政実例でございますが、秘密とは一般的に了知されていない事実であって、それを一般に了知せしめることが一定の利益の侵害になると客観的に考えるものということになっておりまして、職員につきましては、特に職務上知り得た秘密、それが職務執行上の知り得た秘密を、まあ、言うわけでございますので

土佐市議会 1997-09-22 平成 9年  第3回定例会(9 月)-09月22日−02号

服務規程の改正に伴い、進行管理等のために、事務処理簿を設けることも管理運営事項であるとされている(行政実例昭和44年3月12日)」  また、「管理運営事項が勤務条件と密接に関連する場合に、交渉の対象となるかどうかが問題である。例えば、給与の改善は予算の編成と関連することが多く、職員に対する転任の命令が職員住宅の支給と関係する場合がある。

  • 1