21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

いの町議会 2020-09-11 09月11日-04号

町内中追地区成山地区あるいは吾北地域の十田集落といった山間部での事故や災害時での緊急対策施設として、ヘリポートが必要ではないかと思われる地域、あるいは住民からの要望のあっている地域があるのではと考えますが、現況の中で町としてこのような山間部でのヘリポート基地必要性や、今後に向けた現在設置されてないところへの計画については、どのように考えられているのか、お伺いいたします。 

いの町議会 2019-06-12 06月12日-04号

現在、対応可能な住宅施設数は、お試し滞在施設として土佐和紙工芸村敷地内に1棟、成山地区に1棟の計2棟で、昨年6月より県外からの移住希望者対象に貸し出しをしております。また、現在十分に活用されているかとのご質問がございましたが、利用実績としましては、土佐和紙工芸村内の高野邸延べ10組、28名、69泊。成山の七色の里で1組、2名、2泊となっております。6月からの実績でございます。

いの町議会 2015-09-18 09月18日-05号

平成25年度には上東地区平成26年度には小野成山地区で実施しております。今年度、越裏門地区勉強会を取り組んでおります。鳥獣被害を個々の問題として対応するだけでなく、地域の問題と捉え、対策を検討するきっかけとして今後も鳥獣専門員等と協議の上、取り組む地区を検討し、県に要望してまいりたいと考えております。 以上です。 ○議長井上敏雄君) 山崎総務課長。      

いの町議会 2010-03-15 03月15日-03号

また、成山地区におきましても、ヘアピンカーブ解消待避所設置、視距改良工事等を行ってきたところでございまして、現在は成山地区生活道にも利用されているところでございます。横藪線へのヘアピンカーブ解消にも取り組んでいるところでございます。今後とも財政の厳しい中ではございますが、できるだけ要望に沿えるよう検討してまいりたいと考えております。

いの町議会 2009-06-17 06月17日-05号

その中で、小野成山地区これは毎日3往復設定料金が300円ないし500円で利用できる。毛田ですけれども、これは週1回3往復、300円と伺いました。小野成山毛田ですけれども、これを一貫道路としてお考えいただけないか、毛田の場合です。これをお考えいただけないかと、このことを提案いたしまして私の15番、質問を終わらせていただきます。 ○議長土居豊榮君) 山崎企画課長。      

いの町議会 2005-12-21 12月21日-05号

この説明を受け、町内の4地区より事業採択要望が上がってきておりますが、この4地区の中で、横薮地区中追地区は、対象面積や米の生産調整達成率等によりまして対象外となり、補助対象要件に合った池ノ内地区小野成山地区集落締結を行い、事業を実施してきました。また、本年度より新たな制度のもと、引き続き協定を締結し、事業を実施しております。 

いの町議会 2003-03-17 03月17日-03号

今年、小野行きのバス小型車両で新しく買い替えるということで、成山、北成山地区バスの延伸ができないものかというのをすごく考えました。 そしてまた、今1日3便、朝と昼と夕方運行しておると思うんですけれども、できたら10時と3時の時間に週に1度だけでも、場所はもう申しませんけれども、伊野町内谷間がいろいろございます、週に1度ずつでも運行できないかな、そのような思いでございます。 

いの町議会 2002-09-25 09月25日-03号

一例を申し上げますと、工芸村、柳瀬地区では農産物やアユのつくだ煮等地場産品加工、販売を行っていますし、また成山地区では土佐農業改良普及センター等関係機関と連携のもと地元主体で七色の里加工グループを立ち上げ、自然豊かな七色の里で年に1度地域方々の呼びかけにより、町内外の多くの方々が参加できます交流会も開催しておるところでございます。 

いの町議会 2001-12-19 12月19日-05号

また、山間地域高齢化過疎化に伴う路線変更は、毛田成山地区等の道路状況運行時間等の課題がございまして、すぐには難しい状況でございますが、引き続き検討をしてまいりたいと思っております。 以上です。 ○議長西川かず子君) ほけん福祉課長。      〔ほけん福祉課長 吉良正道君登壇〕 ◎ほけん福祉課長吉良正道君) 19番、池沢議員にお答えいたします。 

いの町議会 2000-10-04 10月04日-03号

次に、各担当課の今後の工事発注状況ということでございますが、当然振興計画に基づいた実施計画の中で行っていきますが、産経課といたしまして今後の予定でございますが、国費補助起債分の中の主なもんでございますが、棚田地域緊急保全対策事業、これは成山地区の農道でございますが、12年度にこれから発注が予定されております。

  • 1
  • 2