運営者 Bitlet 姉妹サービス
382件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-26 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月26日−06号 よって,政府においては,地方公共団体等とこれまで以上に連携を深めながら,国民の命を守るインフラである水道の戦略的な基盤強化に取り組むため,下記の事項に取り組むことを強く求める。          記 1.老朽化対策や耐震化対策を初め,国民の命を守るインフラ設備である水道施設の更新,維持,管理に全力を挙げるとともに,その国庫補助所要額の確保を行うこと。 もっと読む
2018-09-13 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月13日−05号 まず,財務部長にお伺いをいたしたいですが,高知市公共施設マネジメント基本計画では,管理の最適化として,施設の点検を行い,緊急性の高い修繕から優先的に実施するとされていることから,大阪北部地震によるブロック塀の倒壊を教訓とするのであれば,ブロック塀対策とあわせて,本市における公共施設,またインフラも含めて,市民の皆様に直接被害をもたらす可能性のある箇所は早期に調査をし,優先順位をつけて予算配分していく もっと読む
2018-09-12 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月12日−04号 家屋や道路,インフラ等に甚大な被害が発生し,高知県内でも2名の方が亡くなり,また各地に大きな被害の爪跡を残しております。  このたびの災害でお亡くなりになられました皆様方の御冥福を祈りますとともに,被災された皆様方の復旧,また一日も早く通常の生活に戻られますことを祈念いたします。   もっと読む
2018-09-12 四万十市議会 平成30年 9月定例会-09月12日−04号 やはり、きょうびこの今の時期におきましては、我々のインフラをつかさどっております電気というものの需要のためには、やはり津賀ダムというのも必要かなと思っておりますが、ただ渡川水系の中の支流ではございますが、ダムの影響というのは少しあるのではないかなという観点から、今回質問させていただいた訳でございます。   もっと読む
2018-09-11 土佐市議会 平成30年  第3回定例会(9 月)-09月11日−03号 だから、行政が整備として、インフラの整備ですか、してですよ、そういう、その避難困難者のためにいるんですよと、いうて私、いるんですよ。   昨日ね、事務局へ電話がかかってきましたと。僕の6月議会の質問を読んで、今更22カ所できちゅうのにやね、そんなこと言うたちいくかやと。費用の無駄遣いやと、ね。財源がないのに、そんなことするもんじゃないと、言うことがふるうちゅうろうね。 もっと読む
2018-09-11 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月11日−03号 さらに,高度経済成長期に整備したインフラや公共施設は更新時期を迎えていますが,人口減少下において何を残し,何を生かすのか,公共施設マネジメントの取り組みは始まっていますが,施設だけでなく,サービスの供給体制を将来の人口構成に合わせてどうすれば最適化できるのか,今後の地域社会に対応する新たな行政のあり方を構築する必要があります。   もっと読む
2018-09-10 土佐市議会 平成30年  第3回定例会(9 月)-09月10日−02号 また、インフラにつきましても、電気につきましては、地震直後から市内全域停電、水道についても、市内広範囲での断水を受けて最大9カ所において臨時給水所を開設し対応を行ったとのことであります。 もっと読む
2018-09-05 高知市議会 平成30年第465回 9月定例会-09月05日−01号 また,(仮称)中央消防署については,平成31年10月1日の開署に向け,実施設計を完了させ,上下水道管等のインフラ設備の移設工事を行った後,30年1月に本体建設工事に着手しました。  次に,自立の環では,広域行政の推進や住民による自治の環境づくり等を推進しました。   もっと読む
2018-06-27 高知市議会 平成30年第464回 6月定例会-06月27日−07号 県都である高知市は,県域の全人口の4割を超える人口を有し,市民の暮らしの向上や県全体の発展に重要な役割を担っており,今後も都市機能を発揮していくためには,都市インフラとしての下水道が必要不可欠である。   もっと読む
2018-06-22 高知市議会 平成30年第464回 6月定例会-06月22日−06号 本当にこの秦地域というのは,人口増,施設増にインフラが追いついていないというのは誰もが実感をしているところであります。  先日県の方と意見交換をする場合,これは高知市におけるまちづくりというのがキーワードになると,そういった御指摘もいただきました。   もっと読む
2018-06-20 四万十市議会 平成30年 6月定例会-06月20日−04号 一方、こうした社会保障と併せまして住民が安全・安心に生活できる環境を整えるためには、1つには地域間格差をなくすための交通網、また河川整備など社会のインフラ整備、そうしたインフラ整備と併せ賑わいのあるまちづくりや、また産業振興という雇用の創出といった取り組みも住民福祉の向上に大きく寄与するものと考えております。 もっと読む
2018-06-20 高知市議会 平成30年第464回 6月定例会-06月20日−04号 火を使う,水を使う出店者のためのインフラ整備は高知市が整えるべきと思います。  こうした対策を講じれば,日曜市の活性化に寄与することができると考えますが,商工観光部長の御見解を重ねてお聞きいたします。 ○議長(高木妙君) 松村商工観光部長。 もっと読む
2018-06-19 高知市議会 平成30年第464回 6月定例会-06月19日−03号 ただ全国的に,ただいま御要望がありましたように,生活関連道路を含めまして,社会施設としてのインフラ資産については老朽化が進んできておりますので,全国市長会を通じて,有利な財源措置のある道路の財源というものを強く国に働きかけていきたいと考えております。   もっと読む
2018-06-19 四万十市議会 平成30年 6月定例会-06月19日−03号 私も大好きな知事でございますので、思っておりますが、1点知事でも自分自身が反省することは、道路のインフラができなかったと。特にうちに、私はショックでしたが、439号と441号、もう一本の3桁国道が自分の思うようにできざったと。もう一つ知事は言わなかったが、赤鉄橋もできざったと言いたいと思いますね。   もっと読む
2018-05-21 高知市議会 平成30年 5月21日 行財政改革・新庁舎整備調査特別委員会-05月21日−01号 そういう意味では,下水道事業などを含めたインフラ分野も透明化して見直す対象にしているのか。 ○山根堂宏委員長   はた委員,インフラ整備については再配置計画の中に含まないということで進めてきましたので,それについては各インフラの所管部局に,今後のアセットマネジメントをどう進めていくか聞いていただいたらいいと思います。 もっと読む
2018-03-20 土佐市議会 平成30年  第1回定例会(3 月)-03月20日−04号 というのは、これから40年、50年かけて公共施設、あるいはインフラ関係で建て替え、あるいは長寿命化等が必要な部分があります。で、その中で昨年、公共施設等総合管理計画を立てました。その計画期間は30年間です。で、その中で一番重要になってくるのは、公共施設等総合管理計画が30年スパンである。そして、それのあとは10年ごとに実施計画がある。 もっと読む
2018-03-20 四万十市議会 平成30年 3月定例会-03月20日−05号 委員から、携帯電話基地局の整備について質疑があり、執行部からは、「今回、衛星電波によるものを計画しており、携帯電話の不感地域の解消を図り、生活インフラの平準化を目指していくものである。」とのことでありました。審査の結果、適当と認め、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、総務課長から弔電について報告を受けました。 もっと読む
2018-03-19 高知市議会 平成30年 3月19日 総務常任委員会-03月19日−01号 有形固定資産のうち,事業用資産については左上の枠囲みで説明文を載せておりますけど,道路や河川などのインフラ資産を除く全ての資産で,学校や市営住宅などがございます。 もっと読む
2018-03-16 高知市議会 平成30年 3月16日 総務常任委員会-03月16日−01号 避難者情報伝達・収集システム整備に500万円を計上しておりまして,長期浸水区域で孤立した避難者の迅速な救助・救出を図るため,どの施設にどのぐらいの避難者がいるかという情報について,電話やインターネット,既存のインフラが使用できない最悪の状況でも情報を伝達,収集できるスマートフォンを活用したシステム,スマホdeリレーという形でやっておるところですが,それを構築するものでございます。 もっと読む
2018-03-15 いの町議会 いの町議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月15日−04号 しかし東日本大震災で、浦和地区だったと思いますけれども大きな液状化に見舞われ、インフラや家屋が傾き、生活が困難になるなど大きな被害を受けています。ですけれども、昭和56年以降の新興住宅地は倒壊の被害は免れています。これらから専門家は、昭和56年以前の建築物も耐震補強していれば倒壊を防げるため、人命を失うことは少ないのではないかと言っております。 もっと読む