高知市議会 > 1982-07-10 >
07月10日-07号

ツイート シェア
  1. 高知市議会 1982-07-10
    07月10日-07号


    取得元: 高知市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-04-06
    平成 7年第320回 6月定例会 第320回高知市議会定例会会議録第7号━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  議事日程 第7号 平成7年7月10日(月曜日)午後1時開議第1 市第63号 平成7年度高知市一般会計補正予算 市第64号 平成7年度高知市下水道事業特別会計補正予算 市第65号 高知市名誉市民条例制定議案 市第66号 高知市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部を改正する条例議案 市第67号 高知市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例議案 市第68号 高知市消防団員公務災害補償条例の一部を改正する条例議案 市第69号 高知市営住宅条例の一部を改正する条例議案 市第70号 高知市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例議案 市第71号 高知市農業共済条例の一部を改正する条例議案 市第72号 高知商業高等学校の学校医,学校歯科医及び学校薬剤師公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例議案 市第73号 平成7年度高知市老人医療事業特別会計補正予算についての市長専決処分の承認議案 市第74号 高知市税条例の一部を改正する条例についての市長専決処分の承認議案 市第75号 高知市国民健康保険条例の一部を改正する条例についての市長専決処分の承認議案 市第76号 高知県広域食肉センター事務組合規約の一部変更に関する議案 市第77号 不動産取得議案 市第78号 市道高知街1号線交通安全施設整備工事請負契約締結議案 市第79号 初月都市下水路1号幹線管渠築造工事(その3)請負契約締結議案 市第80号 瀬戸2号汚水幹線管渠築造工事(その4)請負契約締結議案 市第81号 五台山幹線管渠築造工事請負契約締結議案 市第82号 海老ノ丸1号雨水幹線管渠築造工事(その2)請負契約締結議案 市第83号 薊野ポンプ場1号ポンプ設備工事請負契約締結議案 市第84号 平成7年度高知市一般会計補正予算第2 市第85号 固定資産評価審査委員会委員の選任議案 市第86号 人権擁護委員推薦についての諮問議案第3 市議第9号 高知新港対策特別委員会設置に関する決議案 市議第10号 交通都市再開発特別委員会設置に関する決議案 市議第11号 高齢者対策特別委員会設置に関する決議案 市議第12号 市民病院対策特別委員会設置に関する決議案 市議第13号 国民体育大会対策特別委員会設置に関する決議案第4 市議第14号 宗教法人「オウム真理教」の解散を求める意見書議案 市議第15号 定住外国人の地方参政権を付与する特別立法の制定に関する意見書議案 市議第16号 国際司法裁判所において「核兵器使用並びに核兵器の威嚇は,国際法に違反する」趣旨の勧告的意見が出されることに賛同及び協力することを求める意見書議案 市議第17号 ボランティア活動の振興に関する意見書議案 市議第18号 「義務教育国庫負担制度」の堅持を求める意見書議案 市議第19号 教育予算の増額に関する意見書議案 市議第20号 新産業育成制度の充実・強化に関する意見書議案 市議第21号 産業等の空洞化対策の確立に関する意見書議案 市議第22号 戦後50年・被爆50周年,不戦の誓いと核兵器廃絶を求める意見書議案第5 請願第2号外1件  ─────────────────  本日の会議に付した事件発言取り消しの件日程第1 市第63号議案から市第84号議案まで日程第2 市第85号議案,市第86号議案日程第3 市議第9号議案から市議第13号議案まで日程第4 市議第14号議案から市議第22号議案まで日程第5 請願第2号外1件請願の閉会中審査の件常任委員会及び議会運営委員会の閉会中事務調査の件  ─────────────────  出席議員1番 吉良 富彦君  2番 江口 善子君3番 近藤  強君  4番 楠本 正躬君5番 米田  稔君  6番 坂上 京子君7番 小原 敏一君  8番 藤沢 朋洋君9番 安岡  保君  10番 高岡 康男君11番 植田 省三君  12番 門脇 福義君13番 浜辺 影一君  14番 中山 博司君15番 今西  清君  16番 宮島 和夫君17番 九鬼 祥輔君  18番 横川 寛水君19番 橋詰 武勇君  20番 島崎 利幸君21番 高橋  徹君  22番 水口 晴雄君23番 西村 和也君  24番 岡崎洋一郎君25番 吉田 哲男君  26番 尾崎 武志君27番 田中  健君  28番 津村 一年君29番 福島  明君  30番 宮寺 敬一君31番 岡崎  実君  32番 近藤 正成君33番 岡部 忠孝君  34番 小崎千鶴子君35番 浜川総一郎君  36番 堀川 重明君37番 岡村 康良君  38番 久保 昭一君39番 杉村 善夫君  40番 中沢はま子君  ─────────────────  説明のため出席した者      市長      松尾 徹人君      助役      南  哲夫君      収入役     田所 睦三君      企画部長    川村 行宏君      総務部長    高野 拓男君      市民環境部長  西村 彰夫君      健康福祉部長  植田 和子君      経済部長    森田 昌雄君      都市整備部長  戸田  猛君      建設部長    紀伊 靖男君      下水道部長   田村 侃志君      教育委員長   中澤 秀夫君      教育長     西内 義斉君      水道事業管理者 山本 高信君      消防長     深田 武俊君      監査委員    山本 敦郎君      財政課長    長崎 豊彦君  ─────────────────  事務局職員出席者      事務局長    氷見 道明君      庶務課長    岡村 邦男君      議事調査課長  川井  保君      庶務課長補佐  上居  護君      議事調査課長補佐澤村 政明君      秘書係長    井上 美智君      議事係長    関  文雄君      調査係長    山下 一巳君      調査主査    澤田 尚人君      書記      宮村 裕子君      書記      久保 隆哉君  ~~~~~~~~~~~~~~~~~  午後3時36分開議 ○議長(浜辺影一君) これより本日の会議を開きます。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(浜辺影一君) この際諸般の報告をいたさせます。 ◎事務局長(氷見道明君) 御報告いたします。 市長から議案の提出がありました。 市第85号議案,市第86号議案でありますが,内容につきましては,印刷してお手元に配付してありますので,朗読を省略させていただきます。 議員から議案の提出がありました。 市議第9号議案から市議第22号議案まででありますが,内容につきましては,印刷してお手元に配付してありますので,朗読を省略させていただきます。 以上でございます。  ─────────────────               7重財第17号             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様          高知市長 松尾 徹人     追加議案の提出について 下記の議案を市議会に追加提出します。         記市第85号 固定資産評価審査委員会委員の選任議案市第86号 人権擁護委員推薦についての諮問議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 中山 博司               浜川総一郎               米田  稔               小原 敏一               島崎 利幸               尾崎 武志               福島  明               小崎千鶴子     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第9号 高知新港対策特別委員会設置に関する決議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 中山 博司               浜川総一郎               米田  稔               小原 敏一               島崎 利幸               尾崎 武志               福島  明               小崎千鶴子     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第10号 交通都市再開発特別委員会設置に関する決議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 中山 博司               浜川総一郎               米田  稔               小原 敏一               島崎 利幸               尾崎 武志               福島  明               小崎千鶴子     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第11号 高齢者対策特別委員会設置に関する決議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 中山 博司               浜川総一郎               米田  稔               小原 敏一               島崎 利幸               尾崎 武志               福島  明               小崎千鶴子     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第12号 市民病院対策特別委員会設置に関する決議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 中山 博司               浜川総一郎               米田  稔               小原 敏一               島崎 利幸               尾崎 武志               福島  明               小崎千鶴子     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第13号 国民体育大会対策特別委員会設置に関する決議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 浜川総一郎               安岡  保               楠本 正躬               九鬼 祥輔               横川 寛水               高橋  徹               岡崎洋一郎               尾崎 武志               岡崎  実               岡村 康良     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第14号 宗教法人「オウム真理教」の解散を求める意見書議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 浜川総一郎               安岡  保               楠本 正躬               九鬼 祥輔               横川 寛水               高橋  徹               岡崎洋一郎               尾崎 武志               岡崎  実               岡村 康良     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第15号 定住外国人の地方参政権を付与する特別立法の制定に関する意見書議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 浜川総一郎               安岡  保               楠本 正躬               九鬼 祥輔               横川 寛水               高橋  徹               岡崎洋一郎               尾崎 武志               岡崎  実               岡村 康良     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第16号 国際司法裁判所において「核兵器使用並びに核兵器の威嚇は,国際法に違反する」趣旨の勧告的意見が出されることに賛同及び協力することを求める意見書議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 高岡 康男               藤沢 朋洋               江口 善子               米田  稔               中山 博司               西村 和也               岡部 忠孝               杉村 善夫               中沢はま子     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第17号 ボランティア活動の振興に関する意見書議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 小崎千鶴子               福島  明               吉良 富彦               小原 敏一               宮島 和夫               橋詰 武勇               島崎 利幸               水口 晴雄               吉田 哲男               津村 一年     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第18号 「義務教育国庫負担制度」の堅持を求める意見書議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 小崎千鶴子               福島  明               吉良 富彦               小原 敏一               宮島 和夫               橋詰 武勇               島崎 利幸               水口 晴雄               吉田 哲男               津村 一年     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第19号 教育予算の増額に関する意見書議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 吉田 哲男               橋詰 武勇               小原 敏一               島崎 利幸               水口 晴雄               福島  明               津村 一年               小崎千鶴子     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第20号 新産業育成制度の充実・強化に関する意見書議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 吉田 哲男               橋詰 武勇               小原 敏一               島崎 利幸               水口 晴雄               福島  明               津村 一年               小崎千鶴子     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第21号 産業等の空洞化対策の確立に関する意見書議案  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様   提出者 高知市議会議員 安岡  保               楠本 正躬               横川 寛水               門脇 福義               藤沢 朋洋               近藤  強               九鬼 祥輔               吉良 富彦               宮島 和夫               坂上 京子               米田  稔     議案の提出について 下記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。         記市議第22号 戦後50年・被爆50周年,不戦の誓いと核兵器廃絶を求める意見書議案  ~~~~~~~~~~~~~~~~~ △発言取り消しの件 ○議長(浜辺影一君) この際お諮りいたします。 小原敏一議員から7月5日の本会議における発言について,会議規則第65条の規定により,「━━━━━━━」,「━━━━━━━━━━」の部分を取り消したい旨の申し出がありました。 この取り消し申し出を許可することに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(浜辺影一君) 御異議なしと認めます。よって,小原敏一議員からの発言の取り消し申し出を許可することに決しました。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第1 市第63号議案から市第84号議案まで ○議長(浜辺影一君) 日程第1,市第63号議案から市第84号議案までを一括議題といたします。 建設常任委員長の報告を求めます。久保昭一議員。  ─────────────────             平成7年7月6日高知市議会議長 浜辺 影一様         建設委員長 久保 昭一       審査報告書 本委員会に付託の事件は,審査の結果下記のとおり決定したから,会議規則第103条の規定により報告します。         記市第63号 平成7年度高知市一般会計補正予算中当委員会付託分    原案可決市第64号 平成7年度高知市下水道事業特別会計補正予算       原案可決市第69号 高知市営住宅条例の一部を改正する条例議案        原案可決市第78号 市道高知街1号線交通安全施設整備工事請負契約締結議案  原案可決市第79号 初月都市下水路1号幹線管渠築造工事(その3)請負契約締結議案                                 原案可決市第80号 瀬戸2号汚水幹線管渠築造工事(その4)請負契約締結議案 原案可決市第81号 五台山幹線管渠築造工事請負契約締結議案         原案可決市第82号 海老ノ丸1号雨水幹線管渠築造工事(その2)請負契約締結議案                                 原案可決市第83号 薊野ポンプ場1号ポンプ設備工事請負契約締結議案     原案可決市第84号 平成7年度高知市一般会計補正予算中当委員会付託分    原案可決  ─────────────────  〔建設委員長久保昭一君登壇〕 ◎建設委員長(久保昭一君) 建設常任委員会の報告を申し上げます。 第320回定例会において,当委員会に付託されました議案は,予算議案3件,予算外議案7件であります。 この議案の審査に当たりましては,執行部より詳細に説明を求め,慎重に審査いたしました結果,全員の賛成を得て,いずれの議案も原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。 以下,審査の過程で出されました主な意見,要望について申し上げます。 まず最初に,市道高知街1号線交通安全施設整備工事について申し上げます。 これは,中心市街地における駐輪対策の一環として,帯屋町公園地下駐輪場に引き続き追手前公園の地下に駐輪場を建設するものであります。 この駐輪場への出入りにつきましては,通常の階段以外に自転車用のベルトコンベアーを設置し,高齢者の方でも利用できるように配慮されておりますが,利用者の立場から考えますと,駐輪場は地下よりも地上に建設する方が,より便利ではないかと思われます。 今後につきましては,駐輪場は商業活動や,ビル建設などの上でもますます必要となりますので,地元の方々にも用地の提供等,御協力をいただき,利用しやすさを念頭に置いた平面的,もしくは半地下式の駐輪場を建設していくよう努力されたいとの要望がありました。 次に,若草町西公営住宅建替事業について申し上げます。 この事業は,平成3年の公営住宅再生マスタープランにより北竹島町に引き続き建てかえを計画されているものであります。 このたび,市と地元住民との間で確認書が取り交わされ,この事業については一応了解を得た形となっておりますが,この付近には今後も順次公営住宅建てかえの計画があるとのことであります。住民に対する計画の発表につきましては,その都度個々の住宅計画について行うのではなく,市長が言われる市民主導のまちづくりを目指していくためにも,全体的な計画を早い時期に明らかにし,話し合いを進めていく姿勢が必要であるとの意見が出されました。 また,若草町西公営住宅に新たに設置される合併処理浄化槽につきましては,従来の2次処理にとどまらず,PRを兼ねて3次処理のできるものにしていただきたいとの要望がありました。 続いて,緑化重点地区整備事業について申し上げます。 この事業は,中心市街地の12公園について,平成7年度から3カ年計画で緑化を中心に順次整備を行っていくものであります。 公園の整備につきましては,ワークショップ方式を導入して進めていくとのことでありますが,個別に予算化をしてから後,期限を定めてワークショップを行うのではなく,先ほど触れました公営住宅の建てかえ同様,まず全体的な計画について十分時間をかけてワークショップを行い,市民主導型による計画を作成した上で,その予算化に努められたいとの意見が出されました。 次に,下水道工事に関連して申し上げます。 下水道工事の入札につきましては,技術的なレベルの問題があり,大半は県外大手の業者しか参加できていないのが現状であります。 一般競争入札の効果を高め,さらに地場産業の活性化を図っていくためにも,地元業者が技術を身につけていくよう行政が指導をし,地元業者独自で入札に参加できるように取り組んでいただきたいとの要望がありました。 最後に,議案外ではありますが,大谷公園町の高層マンション建設に対する市の調停に関して申し上げます。 地元住民と建設業者双方へのあっせん及び調停につきましては,2月16日と3月17日の建設委員会において報告を受け,去る5月2日付で地元住民と建設業者との間で調停が調ったものの,最終的な工事協定書を交わすまでには至らず,いまだに工事が着工されていないところであります。 現在行われております交渉につきましては,補償金の問題もあり,市が直接話し合いに入れないこともありますが,市が介入したら介入したなりの責任を持って早期決着に向け努力されたいとの意見が出されました。 また,建設業者も市民であり権利を有しているので,法的な面で問題がない場合は双方の権利を阻害することのないよう,慎重に対応されたいとの意見も出されました。 以上で建設常任委員会の報告を終わります。 ○議長(浜辺影一君) 厚生常任委員長の報告を求めます。高岡康男議員。  ─────────────────             平成7年7月6日高知市議会議長 浜辺 影一様         厚生委員長 高岡 康男       審査報告書 本委員会に付託の事件は,審査の結果下記のとおり決定したから,会議規則第103条の規定により報告します。         記市第70号 高知市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例議案    原案可決市第73号 平成7年度高知市老人医療事業特別会計補正予算についての市長専決処分の承認議案                                 承  認市第75号 高知市国民健康保険条例の一部を改正する条例についての市長専決処分の承認議案                                 承  認  ─────────────────  〔厚生委員長高岡康男君登壇〕 ◎厚生委員長(高岡康男君) 厚生常任委員会の報告を申し上げます。 第320回定例会におきまして,当委員会に付託されました議案は,予算外議案3件であります。 これらの議案の審査に当たりましては,執行部より説明を求め,慎重に審査いたしました結果,いずれの議案も全員の賛成を得て原案のとおり,可決または承認すべきものと決した次第であります。 以上で厚生常任委員会の報告を終わります。 ○議長(浜辺影一君) 経済文教常任委員長の報告を求めます。小崎千鶴子議員。  ─────────────────             平成7年7月6日高知市議会議長 浜辺 影一様       経済文教委員長 小崎千鶴子       審査報告書 本委員会に付託の事件は,審査の結果下記のとおり決定したから,会議規則第103条の規定により報告します。         記市第71号 高知市農業共済条例の一部を改正する条例議案       原案可決市第72号 高知商業高等学校の学校医,学校歯科医及び学校薬剤師公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例議案                                 原案可決市第76号 高知県広域食肉センター事務組合規約の一部変更に関する議案                                 原案可決市第77号 不動産取得議案                     原案可決  ─────────────────  〔経済文教委員長小崎千鶴子君登壇〕 ◎経済文教委員長(小崎千鶴子君) 経済文教常任委員会の報告を申し上げます。 第320回定例会におきまして,当委員会に付託されました議案は,予算外議案4件であります。 これら議案の審査に当たりましては,執行部より詳細に説明を求め,慎重に審査いたしました結果,全員の賛成を得て,いずれの議案も原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。 以下,審査の過程で出されました主な意見,要望について申し上げます。 予算外議案のうち,市報第23号損害賠償の額の決定についての市長専決処分の報告に関連して申し上げます。 今回の報告は,本市職員の運転する普通自動車が起こした人身事故について,損害賠償の額を決定するものであります。 あらゆる事故の可能性を十分予測しながら運転に努めることが,運転者の義務であり,二度と事故が起こらないよう,今後,再発防止を全職員に徹底するよう取り組まれたいとの意見がありました。 以上で経済文教常任委員会の報告を終わります。 ○議長(浜辺影一君) 総務常任委員長の報告を求めます。浜川総一郎議員。  ─────────────────             平成7年7月6日高知市議会議長 浜辺 影一様         総務委員長 浜川総一郎       審査報告書 本委員会に付託の事件は,審査の結果下記のとおり決定したから,会議規則第103条の規定により報告します。         記市第63号 平成7年度高知市一般会計補正予算中当委員会付託分    原案可決市第65号 高知市名誉市民条例制定議案               原案可決市第66号 高知市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部を改正する条例議案                                 原案可決市第67号 高知市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例議案                                 原案可決市第68号 高知市消防団員公務災害補償条例の一部を改正する条例議案                                 原案可決市第74号 高知市税条例の一部を改正する条例についての市長専決処分の承認議案                                 承  認市第84号 平成7年度高知市一般会計補正予算中当委員会付託分    原案可決  ─────────────────  〔総務委員長浜川総一郎君登壇〕 ◎総務委員長(浜川総一郎君) 総務常任委員会の報告を申し上げます。 第320回定例会におきまして,当委員会に付託されました議案は予算議案2件,予算外議案5件であります。 これらの議案の審査に当たりましては,執行部より詳細に説明を求め,慎重に審査いたしました結果,いずれの議案も全員の賛成を得て原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。 以下,審査の過程で出されました主な意見,要望について申し上げます。 まず,高知中央広域市町村圏事務組合に創設されるふるさと市町村圏基金に対し,高知市からも負担割合に応じて出資がなされるわけでありますが,同事務組合は地方自治法で規定される特別地方公共団体であり,そこでの事業や運営については,事務組合の議会で決められることになっております。このことについて,本市としての立場を明確にするためにも,また,ソフト及びハード面の施策について意見の反映や,本市行政及び本市が関与している既存の一部事務組合等との整合性を持たすためにも,そこで行われようとする事業やその運営について,議会や当委員会への報告を密に行われたいとの要請がありました。 また,起債の件ですが,償還中の起債の中で,現在借り入れをする金利の2倍を超す高金利のものが見受けられます。起債につきましては,それを借り受ける際,繰り上げ償還や借りかえができるという条件をつけております。制度的にさまざまな制約があることは承知しておりますものの,昨今の金利状況は,特別の事情の変化と言えると思われますので,余りに高金利になっているものについては,その金利負担も考え,繰り上げ償還や借りかえ等について努力するよう強く要望する意見が出されました。 次に,消防賞じゅつ金の改正の件ですが,その中の障害者賞じゅつ金について,消防職員または団員が災害出動の際,被害を受け,残った障害の度合いで,その等級が決定されることは理解できますが,同じ程度の障害でも功労の程度によって支給額に違いが出てくることになっております。このことは,消防職員等の補償問題であり,功労の程度について,規則を整備し,審査会の委員に有識者を入れるなど,消防局として公正な運営を図るよう要請がありました。 また,消防団については,団員の高齢化や充足率の低下が見受けられます。このような状況を認識して消防団については,魅力ある運営を図るよう要請いたします。 このほか消防局の問題については,常備消防職員のための食料備蓄について,やはり災害時のことを想定し,局独自で備蓄するよう意見が出されました。 以上で総務常任委員会の報告を終わります。 ○議長(浜辺影一君) これよりただいまの委員長報告に対する質疑に入るのでありますが,ただいまのところ通告はありません。質疑はありませんか。──質疑なしと認めます。 これより採決いたします。 まず,市第63号議案から市第72号議案まで,市第76号議案から市第84号議案までの19件を一括して採決いたします。 以上19議案に対する委員長の報告は可決であります。 19議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔全員起立〕 ○議長(浜辺影一君) 起立全員であります。よって,市第63号議案から市第72号議案まで,市第76号議案から市第84号議案までの19件は,原案のとおり可決されました。次に,市第73号議案から市第75号議案までの3件を一括して採決いたします。 以上3議案に対する委員長の報告は承認であります。 3議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔全員起立〕 ○議長(浜辺影一君) 起立全員であります。よって,市第73号議案から市第75号議案までの3件は,原案のとおり承認することに決しました。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第2 市第85号議案,市第86号議案
    ○議長(浜辺影一君) 日程第2,市第85号議案,市第86号議案を一括議題といたします。  〔別冊議案参照〕 ○議長(浜辺影一君) 提案理由の説明を求めます。松尾市長。  〔市長松尾徹人君登壇〕 ◎市長(松尾徹人君) 連日の御審議ありがとうございます。 ただいま追加提出をいたしました人事議案2件につきまして御説明申し上げます。 まず,市第85号固定資産評価審査委員会委員の選任議案につきましては,平成7年7月10日任期満了となられます岡本修さんを再任することについて御同意を求めるものでございます。 岡本修さんは,就任以来,税務行政の適正な運営に御活躍をいただいており,本市の固定資産評価審査委員会委員として適任であると確信するところであります。 次に,市第86号人権擁護委員推薦についての諮問議案は,平成7年9月14日任期満了となられます濱田彰彦さんの後任といたしまして,秋田慎男さんを推薦すること,また同日をもって任期満了となられます荒川精一さん,中田貴久子さん,浜口榮子さん,早川幸子さんを再推薦することについてお諮りするものであります。 推薦をお諮りしております秋田慎男さんは,お手元に配付いたしております経歴のとおり,豊富な御経験,すぐれた人格と卓越した識見をお持ちの方であり,また再推薦をお諮りいたしております荒川精一さん,中田貴久子さん,浜口榮子さん,早川幸子さんにつきましては,就任以来,そのすぐれた人格と卓越した識見をもとに御活躍をいただいており,人権擁護委員として適任であると確信するところであります。 なお,今回任期満了となられます濱田彰彦さんは,昭和57年12月に就任されて以来,人権擁護のため御尽力をいただきました。その御苦労に対しまして心から感謝申し上げますとともに,今後とも人権擁護のため御協力くださいますようお願い申し上げます。 以上,追加提出いたしました議案につきまして御説明申し上げましたが,よろしく御審議の上,御同意をいただきますようお願い申し上げます。 ○議長(浜辺影一君) これより質疑に入るのでありますが,ただいまのところ通告はありません。質疑はありませんか。──質疑なしと認めます。 お諮りいたします。ただいま議題となっております市第85号議案,市第86号議案については,会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(浜辺影一君) 御異議なしと認めます。よって,市第85号議案,市第86号議案については委員会の付託を省略することに決しました。 これより採決いたします。 まず,市第85号固定資産評価審査委員会委員の選任議案を採決いたします。 固定資産評価審査委員会委員に岡本修氏を選任するについて同意を求める件は,これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔全員起立〕 ○議長(浜辺影一君) 起立全員であります。よって,固定資産評価審査委員会委員に岡本修氏を選任するについて同意を求める件は,これに同意することに決しました。 次に,市第86号人権擁護委員推薦についての諮問議案を採決いたします。 人権擁護委員に秋田慎男氏,荒川精一氏,中田貴久子氏,浜口榮子氏,早川幸子氏を推薦することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔全員起立〕 ○議長(浜辺影一君) 起立全員であります。よって,人権擁護委員に秋田慎男氏,荒川精一氏,中田貴久子氏,浜口榮子氏,早川幸子氏を推薦することに異議なき旨答申することに決しました。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第3 市議第9号議案から市議第13号議案まで ○議長(浜辺影一君) 日程第3,市議第9号議案から市議第13号議案までを一括議題といたします。  ─────────────────市議第9号   高知新港対策特別委員会設置に関する決議案  高知市議会は,次のとおり決議する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 中山 博司               浜川総一郎               米田  稔               小原 敏一               島崎 利幸               尾崎 武志               福島  明               小崎千鶴子   高知新港対策特別委員会設置に関する決議  高知市議会に次の特別委員会を置く。1.名   称 高知新港対策特別委員会2.委員の定数 8名3.付議事件  高知新港並びに関連する港湾関係の調査に関する件4.本委員会は,議会の閉会中も調査を行うことができるものとし,議会が本件の調査終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。  ─────────────────市議第10号   交通・都市再開発特別委員会設置に関する決議案  高知市議会は,次のとおり決議する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 中山 博司               浜川総一郎               米田  稔               小原 敏一               島崎 利幸               尾崎 武志               福島  明               小崎千鶴子   交通・都市再開発特別委員会設置に関する決議 高知市議会に次の特別委員会を置く。1.名   称 交通・都市再開発特別委員会2.委員の定数 8名3.付議事件  1.公共交通に関する件2.中心市街地再開発に関する件4.本委員会は,議会の閉会中も調査を行うことができるものとし,議会が本件の調査終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。  ─────────────────市議第11号   高齢者対策特別委員会設置に関する決議案  高知市議会は,次のとおり決議する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 中山 博司               浜川総一郎               米田  稔               小原 敏一               島崎 利幸               尾崎 武志               福島  明               小崎千鶴子   高齢者対策特別委員会設置に関する決議 高知市議会に次の特別委員会を置く。1.名   称 高齢者対策特別委員会2.委員の定数 8名3.付議事件  高齢者対策に関する件4.本委員会は,議会の閉会中も調査を行うことができるものとし,議会が本件の調査終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。  ─────────────────市議第12号   市民病院対策特別委員会設置に関する決議案  高知市議会は,次のとおり決議する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 中山 博司               浜川総一郎               米田  稔               小原 敏一               島崎 利幸               尾崎 武志               福島  明               小崎千鶴子   市民病院対策特別委員会設置に関する決議 高知市議会に次の特別委員会を置く。1.名   称 市民病院対策特別委員会2.委員の定数 8名3.付議事件  市民病院の運営に関する件4.本委員会は,議会の閉会中も調査を行うことができるものとし,議会が本件の調査終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。  ─────────────────市議第13号   国民体育大会対策特別委員会設置に関する決議案  高知市議会は,次のとおり決議する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 中山 博司               浜川総一郎               米田  稔               小原 敏一               島崎 利幸               尾崎 武志               福島  明               小崎千鶴子   国民体育大会対策特別委員会設置に関する決議 高知市議会に次の特別委員会を置く。1.名   称 国民体育大会対策特別委員会2.委員の定数 8名3.付議事件  第57回国民体育大会に関する件4.本委員会は,議会の閉会中も調査を行うことができるものとし,議会が本件の調査終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。  ───────────────── ○議長(浜辺影一君) お諮りいたします。ただいま議題となっております市議第9号議案から市議第13号議案までについては,会議規則第37条第2項の規定により提出者の説明を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(浜辺影一君) 御異議なしと認めます。よって,市議第9号議案から市議第13号議案までについては,提出者の説明を省略することに決しました。 これより質疑に入るのでありますが,ただいまのところ通告はありません。質疑はありませんか。──質疑なしと認めます。 お諮りいたします。ただいま議題となっております市議第9号議案から市議第13号議案までについては,会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(浜辺影一君) 御異議なしと認めます。よって,市議第9号議案から市議第13号議案までについては,委員会の付託を省略することに決しました。 これより市議第9号議案から市議第13号議案までの5件を一括して採決いたします。 以上5議案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔全員起立〕 ○議長(浜辺影一君) 起立全員であります。よって,市議第9号議案から市議第13号議案までの5件は,原案のとおり可決されました。 お諮りいたします。ただいま設置されました高知新港対策特別委員会委員に  安岡  保議員  門脇 福義議員  宮島 和夫議員  吉田 哲男議員  田中  健議員  宮寺 敬一議員  近藤 正成議員  堀川 重明議員交通・都市再開発特別委員会委員に  吉良 富彦議員  近藤  強議員  藤沢 朋洋議員  高岡 康男議員  水口 晴雄議員  岡部 忠孝議員  浜川総一郎議員  岡村 康良議員高齢者対策特別委員会委員に  江口 善子議員  植田 省三議員  浜辺 影一議員  中山 博司議員  今西  清議員  高橋  徹議員  小崎千鶴子議員  中沢はま子議員市民病院対策特別委員会委員に  楠本 正躬議員  米田  稔議員  九鬼 祥輔議員  横川 寛水議員  西村 和也議員  福島  明議員  岡崎  実議員  久保 昭一議員国民体育大会対策特別委員会委員に  坂上 京子議員  小原 敏一議員  橋詰 武勇議員  島崎 利幸議員  岡崎洋一郎議員  尾崎 武志議員  津村 一年議員  杉村 善夫議員をそれぞれ指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(浜辺影一君) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしましたとおりそれぞれ特別委員に選任することに決しました。 この際,議長において委員会条例第9条第1項の規定により,委員長互選のための特別委員会を招集いたしますから,各委員会は直ちに会議室において委員会を開き,正副委員長を互選の上,御報告願います。 この際暫時休憩いたします。  午後4時2分休憩  ~~~~~~~~~~~~~~~~~  午後4時13分再開 ○議長(浜辺影一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 各特別委員会の正副委員長が決定いたしましたので,報告いたします。高知新港対策特別委員会委員長             門脇 福義議員同      副委員長  吉田 哲男議員交通・都市再開発特別委員会委員長             浜川総一郎議員同      副委員長  藤沢 朋洋議員高齢者対策特別委員会委員長             植田 省三議員同      副委員長  今西  清議員市民病院対策特別委員会委員長             岡崎  実議員同      副委員長  福島  明議員国民体育大会対策特別委員会委員長             杉村 善夫議員同      副委員長  坂上 京子議員 以上のとおりであります。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第4 市議第14号議案から市議第22号議案まで ○議長(浜辺影一君) 日程第4,市議第14号議案から市議第22号議案までを一括議題といたします。  ─────────────────市議第14号   宗教法人「オウム真理教」の解散を求める意見書議案  高知市議会は,宗教法人「オウム真理教」の解散を求める意見書を次のとおり提出する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 浜川総一郎               安岡  保               楠本 正躬               九鬼 祥輔               横川 寛水               高橋  徹               岡崎洋一郎               尾崎 武志               岡崎  実               岡村 康良   宗教法人「オウム真理教」の解散を求める意見書 オウム真理教については,死者12人,負傷者5,500人の未曾有の被害を出した東京地下鉄サリン事件,また松本サリン事件,坂本弁護士一家の拉致事件など,宗教法人の性格を逸脱した組織ぐるみの犯罪が明らかになっております。 日常的なリンチ殺人や毒ガス,自動小銃等の製造など,その反社会的な行為は,市民が平穏かつ安全な生活を営む権利を著しく脅かすものであり,人道的に許すことのできない行為であります。 オウム真理教のこうした反社会的な行為に対し断固抗議するとともに,宗教法人オウム真理教の早期解散を強く要望する。 以上,地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。  平成7年7月10日      高知市議会議長 浜辺 影一内閣総理大臣 村山 富市様法務大臣   前田 勲男様文部大臣   与謝野 馨様自治大臣   野中 広務様東京都知事  青島 幸男様  ─────────────────市議第15号   定住外国人の地方参政権を付与する特別立法の制定に関する意見書議案  高知市議会は,定住外国人の地方参政権を付与する特別立法の制定に関する意見書を次のとおり提出する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 浜川総一郎               安岡  保               楠本 正躬               九鬼 祥輔               横川 寛水               高橋  徹               岡崎洋一郎               尾崎 武志               岡崎  実               岡村 康良   定住外国人の地方参政権を付与する特別立法の制定に関する意見書 近年,産業,経済,金融,情報及び人材など,あらゆる面での国際社会の交流とボーダーレス化が一層進む中で,我が国における定住外国人と言われる外国人登録数も約133万人に達している。 定住外国人の中には,日本で生まれ育った者も少なくなく,日本国民と等しく納税等の法的義務を長い間果たしてきた。のみならず,住民や企業人として地域社会に対する貢献や責務も果たしてきたところである。 地方自治は,こうした方々を含めて住民の総意を公正に反映して運営されるべきものであり,その意味で合法的定住外国人に対し,地方参政権を認めることは民主主義の確立の上からも望ましいことである。 本年2月28日,最高裁は定住外国人の地方参政権を求める訴訟に関して『憲法は,国内永住者など自治体と密接な関係を持つ外国人に,法律で選挙権を与えることを禁じているとは言えない』との,これまでの判断から一歩踏み込んだ判決を下した。この判決は,定住外国人に対し,自治体ベルでの参政権に道を開いたものとして注目され,国の政策判断と決断が求められることとなったのである。 納税義務のある者は,国籍を問わず,社会サービスの受益者にとどまるものではなく,社会サービスのあり方の決定に参画する権利を有するものと考えるべきであり,政府におかれては,こうした考え方に立って,定住外国人の地方参政権を付与する特別立法を早期に制定すべきである。 以上,地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。  平成7年7月10日      高知市議会議長 浜辺 影一内閣総理大臣 村山 富市様法務大臣   前田 勲男様自治大臣   野中 広務様  ─────────────────市議第16号   国際司法裁判所において「核兵器の使用並びに核兵器の威嚇は,国際法に違反する」趣旨の勧告的意見が出されることに賛同及び協力することを求める意見書議案  高知市議会は,国際司法裁判所において「核兵器の使用並びに核兵器の威嚇は,国際法に違反する」趣旨の勧告的意見が出されることに賛同及び協力することを求める意見書を次のとおり提出する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 浜川総一郎               安岡  保               楠本 正躬               九鬼 祥輔               横川 寛水               高橋  徹               岡崎洋一郎               尾崎 武志               岡崎  実               岡村 康良   国際司法裁判所において「核兵器の使用並びに核兵器の威嚇は,国際法に違反する」趣旨の勧告的意見が出されることに賛同及び協力することを求める意見書 本年は広島・長崎への原爆投下から50年を迎える。 我々は,被爆国民として,原爆被爆者を先頭に核兵器を一日も早くこの地球からなくしてほしいと願ってきた。 しかし,核兵器の削減は実現の方向にあるが,「核抑止」を理由に核兵器は一層精密度を増して開発されている。 広島・長崎の被爆者は被爆後50年もの間,原爆放射線の後遺症の不安におびえ,また現実に後遺症に苦しんでいる。 核兵器の使用は,明らかに国際法に違反する行為である。しかし,実定国際法で禁止されていないとの理由から,いまだに禁止されていない。 こうした中で,1993年5月の世界保健機構の総会は,国際司法裁判所に対して「核兵器の使用の違法性」について勧告的意見を求める決議を行った。また1994年の国連総会でも,同じく国際司法裁判所に対して「核兵器による威嚇及び使用の違法性」について勧告的意見を求める決議を採択した。この決議を受けて国際司法裁判所は,現在加盟各国からの意見陳述書を受け付けている。 終戦50年という節目の年に,人類の生存と地球環境を守る意味からも,核兵器の使用並びに核兵器による威嚇を禁止し核兵器の廃絶を実現するために,以下の事項を政府に要望する。(1) 「核兵器の使用並びに核兵器の威嚇は,国際法に違反している」ことを明確に表明すること。(2) 国際司法裁判所の審理に当たり,広島・長崎の被爆者を呼び,被爆の実相を証言できるよう努力すること。(3) 一日も早く核兵器の完全廃絶を実現するために努力すること。 以上,地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。  平成7年7月10日      高知市議会議長 浜辺 影一内閣総理大臣 村山 富市様  ─────────────────市議第17号   ボランティア活動の振興に関する意見書議案  高知市議会は,ボランティア活動の振興に関する意見書を次のとおり提出する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 高岡 康男               藤沢 朋洋               江口 善子               米田  稔               中山 博司               西村 和也               岡部 忠孝               杉村 善夫               中沢はま子   ボランティア活動の振興に関する意見書 阪神大震災を契機として民間ボランティアが大きな脚光を浴びている。今回の阪神大震災において,何らかのボランティア活動に参加した者は相当数に上り,これまでボランティア後進国と言われてきた我が国のボランティア活動の大きな潜在能力を示すものとしてまことに評価すべきである。 また国民や民間団体による自発的意思と無償行為を基本としたボランティア活動は今後,我が国社会において必要不可欠となる国民・住民間の連帯と自立の意識を一層,高めるとともに,政府や地方公共団体の公的機能の不足や不備を補うものとしても一層,重要となる。 しかしながら,我が国においてはこうしたボランティア活動を支える社会的条件が欧米に比べ余りにも不備であり,こうしたせっかくの盛り上がりも一過性のものとなってしまうおそれがある。 よって政府におかれては,我が国におけるボランティア活動振興のために,以下の対策を早期に講ずるよう強く要望する。         記1.ボランティア活動の諸条件を整備するための『ボランティア基本法』並びに『ボランティア休暇法』を制定すること。2.学校教育におけるボランティア教育の拡大を図ること。3.ボランティア団体に対する税の減免措置を講ずること。4.ボランティア団体の活動や訓練・研修等に対して助成するための『ボランティア基金』を設置すること。5.ボランティア活動事故補償制度の整備・拡充を図ること。 以上,地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。  平成7年7月10日      高知市議会議長 浜辺 影一内閣総理大臣 村山 富市様法務大臣   前田 勲男様文部大臣   与謝野 馨様労働大臣   浜本 万三様自治大臣   野中 広務様  ─────────────────市議第18号   「義務教育国庫負担制度」の堅持を求める意見書議案  高知市議会は,「義務教育国庫負担制度」の堅持を求める意見書を次のとおり提出する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 小崎千鶴子               福島  明               吉良 富彦               小原 敏一               宮島 和夫               橋詰 武勇               島崎 利幸               水口 晴雄               吉田 哲男               津村 一年   「義務教育国庫負担制度」の堅持を求める意見書 「義務教育国庫負担制度」については,1985年度予算において同制度の対象から旅費・教材費が除外されて以来,1989年度までの5年間に恩給費の除外,地方交付金不交付団体への退職手当補助率の大幅削減,共済費追加費用の負担率引き下げ等が行われました。 さらに,来年度予算編成において公立小中学校事務職員,学校栄養職員の給与費に対する国庫負担の適用除外も検討されることが懸念されます。 このような義務教育国庫負担の減額は,地方自治体に過重な財政負担を強いることになり,地方自治法に基づく主体的な行政の確保が困難になります。 義務教育費に対する国庫負担制度は,地方自治体の財政力の差による県費負担職員の給与格差を防ぎ,義務教育の機会均等とその水準の維持向上を図るために設けられたものであり,今日の情勢ではその保障も困難になります。 学校教育は,すべての教職員の協力共同のもとに行われてこそ,教育効果が最大限に発揮され,子供たち一人一人の教育を受ける権利を保障し得るものです。 よって,「基幹職員」としての学校事務職員と学校栄養職員の国庫負担を廃止せず,1985年度より除外されている旅費等の復活と「義務教育国庫負担制度」の現行水準を維持するとともに同制度を堅持されるよう強く要望します。 以上,地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。  平成7年7月10日      高知市議会議長 浜辺 影一内閣総理大臣 村山 富市様大蔵大臣   武村 正義様文部大臣   与謝野 馨様厚生大臣   井出 正一様自治大臣   野中 広務様  ─────────────────市議第19号   教育予算の増額に関する意見書議案  高知市議会は,教育予算の増額に関する意見書を次のとおり提出する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 小崎千鶴子               福島  明               吉良 富彦               小原 敏一               宮島 和夫               橋詰 武勇               島崎 利幸               水口 晴雄               吉田 哲男               津村 一年   教育予算の増額に関する意見書 教育は,未来の日本社会を担う子供たちを教え育てるという重要な国民的事業である。また,現在の日本の教育は「いじめ」「不登校」「非行」「高校中途退学」「学力不振」などのさまざまな課題を持っており,幅広い教育の改革が求められている。そのためには,教育予算を大幅に増額することが不可欠である。 さらに,保護者が負担する教育費は年々大きくなっており,家計を圧迫している深刻な現実からしても,子供たちにひとしく教育を受けさせるために,教育の分野において,公的支出の増額が強く求められている。 しかし,教育予算には他省庁の予算と同じようにシーリングがかけられている。そのため,人件費が大部分を占めている教育予算の伸び率が抑えられている。特に,学校の校舎や体育館などを建設する文教施設設備費は,この10年間で半減している。このように現状の教育予算は,豊かで行き届いた教育を子供たちに十分保障するための必要な額が確保されていない。 よって,政府に対して,教育予算をシーリングの対象外とし,教育予算を増額することを強く要望する。 以上,地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。  平成7年7月10日      高知市議会議長 浜辺 影一内閣総理大臣 村山 富市様大蔵大臣   武村 正義様文部大臣   与謝野 馨様厚生大臣   井出 正一様自治大臣   野中 広務様  ─────────────────市議第20号   新産業育成制度の充実・強化に関する意見書議案  高知市議会は,新産業育成制度の充実・強化に関する意見書を次のとおり提出する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 吉田 哲男               橋詰 武勇               小原 敏一               島崎 利幸               水口 晴雄               福島  明               津村 一年               小崎千鶴子   新産業育成制度の充実・強化に関する意見書 バブル経済の崩壊後の我が国の経済は,設備投資の低迷や不良債権問題あるいは雇用不安等の構造的問題を抱えたまま引き続き低迷状態にある。 また,地域経済においても,製造業倒産や海外移転あるいは雇用調整等の諸問題に直面し,一向に明るい展望を見出せないでいる。加えて,本年初頭の阪神大震災の発生や最近の急速な円高は,我が国経済全体に深刻な影響を与えつつある。 地域経済においては,近年,地域産業の倒産の増大や円高を起因とした企業の海外移転が著しく,いわゆる地域空洞化をもたらしつつある。国民金融公庫総合研究所の新規開業白書によると,1986年~1991年までの民間事業所の平均開業率(年率換算)は4%であり,廃業率の3.8%と同水準に下落し,青森,東京,石川,京都,岡山,高知,長崎など20都府県では,開業率が廃業率を下回っている。こうした新規産業の低迷は,我が国の望ましい産業構造の転換をおくらせ,産業空洞化を一層加速するおそれがある。 我が国経済が,円高や途上国等,海外の追い上げ等に強靱に適応していくためには,産業の高度化を促し,より付加価値の高い産業や独創的な新産業やニュービジネス等が起業しやすい環境を整備することが重要である。 そのため政府においては,各種経済規制の徹底緩和を行うとともに,ベンチャー企業ベンチャーキャピタル及び研究開発企業等の育成に必要な税財政上の措置の強化,それらの資金調達を容易にする新市場の整備・創設,並びに地方公共団体が行う新産業育成への支援を図っていくことを強く要望するものである。 以上,地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。  平成7年7月10日      高知市議会議長 浜辺 影一内閣総理大臣 村山 富市様大蔵大臣   武村 正義様通商産業大臣 橋本龍太郎自治大臣   野中 広務様  ─────────────────市議第21号   産業等の空洞化対策の確立に関する意見書議案  高知市議会は,産業等の空洞化対策の確立に関する意見書を次のとおり提出する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 吉田 哲男               橋詰 武勇               小原 敏一               島崎 利幸               水口 晴雄               福島  明               津村 一年               小崎千鶴子   産業等の空洞化対策の確立に関する意見書 昨年からの円高傾向は,本年に入ってもとまらず,一時70円台を記録するなど,急激な円高に歯どめがかからない状態が続いている。 日本経済が,長い平成不況から脱出できずに呻吟している最中のこのような円高は,我が国の輸出企業に決定的な打撃を与えるのみならず,日本経済全体にも深刻な影響を与えずにはおかない。政府は,断固たる円高防止の決意を示し,協調介入を初めとして,あらゆる対策を講じ,これ以上の円高を防ぐ責任がある。 かかる急激な円高の中で最も憂慮すべきことは,我が国の企業の海外移転を余儀なくせしめ,いわゆる産業の空洞化を一層拡大させることである。円高要因を米国等の外部にのみに求めず,円高を誘発する我が国の内需拡大の不徹底や経済政策の転換のおくれ,あるいは産業の高度化政策の不備などを反省し,円高に強い産業構造と経済体質への転換を急ぐとともに,これ以上の産業や金融等の空洞化が拡大しないよう万全の対策を講ずるべきである。 よって,政府におかれては,産業や金融等の空洞化を防止するために,以下の対策を緊急に講ずるよう強く要望するものである。         記1.内外価格差の是正,輸入の拡大及びビジネスチャンスの拡大を推進するため抜本的な規制の緩和を行うこと。2.我が国の産業・金融空洞化の緊急実態調査を実施すること。3.政府は,地方公共団体と協力し,円高等により経営危機や海外転出を予定している企業に対する産業高度化補助や低利融資等の産業・金融空洞化防止緊急対策を実施すること。 以上,地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。  平成7年7月10日      高知市議会議長 浜辺 影一内閣総理大臣 村山 富市様大蔵大臣   武村 正義様通商産業大臣 橋本龍太郎運輸大臣   亀井 静香様自治大臣   野中 広務様  ─────────────────市議第22号   戦後50年・被爆50周年,不戦の誓いと核兵器廃絶を求める意見書議案  高知市議会は,戦後50年・被爆50周年,不戦の誓いと核兵器廃絶を求める意見書を次のとおり提出する。   平成7年7月10日   提出者 高知市議会議員 安岡  保               楠本 正躬               横川 寛水               門脇 福義               藤沢 朋洋               近藤  強               九鬼 祥輔               吉良 富彦               宮島 和夫               坂上 京子               米田  稔   戦後50年・被爆50周年,不戦の誓いと核兵器廃絶を求める意見書 私たちは戦後50年・被爆50周年に当たり世界のすべての戦争及び原子爆弾による犠牲者に対し,追悼の誠を捧げる。 また,わが国が過去に行った植民地支配や侵略戦争により,他国,特に近隣アジアの諸国民に与えた許しがたい痛苦を深く反省し,謝罪を表明する。 同時に誤った国策による多くの国民の犠牲を深く反省し,過去の「戦争」や「原爆投下」について,歴史の教訓を謙虚に学び,平和な国際社会を築かなければならない。 私たちは,日本国憲法の掲げる恒久平和の理念のもと,世界の国々,すべての人々と手を携えて,人類共生の未来を切り開くため,ここに不戦を誓うとともに,戦後補償措置を講じ,核兵器の完全廃絶の実現への決意を表明し,50年を期してさらなる平和政策を推進するよう強く求める。 以上,地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。  平成7年7月10日      高知市議会議長 浜辺 影一内閣総理大臣 村山 富市様  ───────────────── ○議長(浜辺影一君) お諮りいたします。ただいま議題となっております市議第14号議案から市議第22号議案までについては,会議規則第37条第2項の規定により提出者の説明を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(浜辺影一君) 御異議なしと認めます。よって,市議第14号議案から市議第22号議案までについては,提出者の説明を省略することに決しました。 これより質疑に入るのでありますが,ただいまのところ通告はありません。質疑はありませんか。──質疑なしと認めます。 お諮りいたします。ただいま議題となっております市議第14号議案から市議第22号議案までについては,会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(浜辺影一君) 御異議なしと認めます。よって,市議第14号議案から市議第22号議案までについては,委員会の付託を省略することに決しました。 これより採決いたします。 まず,市議第14号議案から市議第19号議案までの6件を一括して採決いたします。 以上6議案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔全員起立〕 ○議長(浜辺影一君) 起立全員であります。よって,市議第14号議案から市議第19号議案までの6件は,原案のとおり可決されました。 次に,市議第20号新産業育成制度の充実・強化に関する意見書議案を採決いたします。 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○議長(浜辺影一君) 起立多数であります。よって,市議第20号議案は原案のとおり可決されました。 次に,市議第21号産業等の空洞化対策の確立に関する意見書議案を採決いたします。 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○議長(浜辺影一君) 起立多数であります。よって,市議第21号議案は原案のとおり可決されました。 次に,市議第22号戦後50年,被爆50周年,不戦の誓いと核兵器廃絶を求める意見書議案を採決いたします。 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○議長(浜辺影一君) 起立多数であります。よって,市議第22号議案は原案のとおり可決されました。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第5 請願第2号外1件 ○議長(浜辺影一君) 日程第5,請願第2号外1件を一括議題といたします。  〔審査報告書は344ページに掲載〕 ○議長(浜辺影一君) これより請願第2号外1件を一括して採決いたします。 請願第2号外1件に対する委員長の報告は採択であります。 請願第2号外1件は,委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。  〔全員起立〕 ○議長(浜辺影一君) 起立全員であります。よって,請願第2号外1件は採択することに決しました。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~ △請願の閉会中審査の件 ○議長(浜辺影一君) 各常任委員長から目下委員会において審査中の請願につき,会議規則第104条の規定により,お手元に配付いたしました申出書のとおり,閉会中の継続審査の申し出があります。  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様         建設委員長 久保 昭一     閉会中継続審査申出書 本委員会は,審査中の事件について下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから,会議規則第104条の規定により申し出ます。         記1 事件 請願第4号2 理由 審査になお日時を要するため  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様         厚生委員長 高岡 康男     閉会中継続審査申出書 本委員会は,審査中の事件について下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから,会議規則第104条の規定により申し出ます。         記1 事件 請願第3号2 理由 審査になお日時を要するため  ───────────────── ○議長(浜辺影一君) お諮りいたします。委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(浜辺影一君) 御異議なしと認めます。よって,委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに決しました。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~ △常任委員会,議会運営委員会の閉会中事務調査の件 ○議長(浜辺影一君) 各常任委員長及び議会運営委員長から会議規則第104条の規定により,お手元に配付いたしました申出書のとおり,各事件について閉会中の継続調査の申し出があります。  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様         総務委員長 浜川総一郎     閉会中継続調査申出書 本委員会は,下記により閉会中もなお継続調査を要するものと決定したから,会議規則第104条の規定により申し出ます。         記1 事件 (1) 行財政運営の管理,改善と対策について     (2) 市政の総合企画,調整について     (3) 市税,出納,財政の運営,管理について     (4) 財産及び契約事務の管理,運営について     (5) 組織並びに事務管理について     (6) 情報公開について     (7) 消防及び災害対策について     (8) 選挙事務について     (9) 国際交流並びに平和思想の普及,啓発について       なお,必要がある場合は委員を市内外に派遣して調査するものとする。2 理由 議案審査の参考とするため  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様         建設委員長 久保 昭一     閉会中継続調査申出書 本委員会は,下記により閉会中もなお継続調査を要するものと決定したから,会議規則第104条の規定により申し出ます。         記1 事件 (1) 都市計画及び都市再開発事業の推進について     (2) 土地区画整理事業の推進について     (3) 都市基盤の整備促進について     (4) 水道事業及び簡易水道事業の運営について     (5) 交通対策について     (6) 交通安全施設及び指導について     (7) 市営住宅の建設,管理について     (8) 建築,土地保全並びに開発の指導について     (9) 緑化の推進及び公園の整備について     (10)下水道施設,土木施設の整備及び維持管理について     (11)高知新港の建設について     (12)同和地区の環境整備について       なお,必要がある場合は委員を市内外に派遣して調査するものとする。2 理由 議案審査の参考とするため  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様         厚生委員長 高岡 康男     閉会中継続調査申出書 本委員会は,下記により閉会中もなお継続調査を要するものと決定したから,会議規則第104条の規定により申し出ます。         記1 事件 (1) 清掃事業の運営,管理について     (2) コミュニティ活動並びに消費者保護行政について     (3) 女性行政について     (4) 戸籍及び住民基本台帳について     (5) 公害対策並びに自然保護について     (6) 失業対策事業について     (7) 同和対策並びに人権啓発について     (8) 保健衛生の推進について     (9) 国民健康保険国民年金について     (10)社会福祉の推進について     (11)市民病院の運営,管理について       なお,必要がある場合は委員を市内外に派遣して調査するものとする。2 理由 議案審査の参考とするため  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様       経済文教委員長 小崎千鶴子     閉会中継続調査申出書 本委員会は,下記により閉会中もなお継続調査を要するものと決定したから,会議規則第104条の規定により申し出ます。         記1 事件 (1) 商工業の振興対策について     (2) 勤労者福祉及び雇用対策について     (3) 観光の振興並びに観光資源の整備,開発について     (4) 農林漁業の生産基盤及び振興対策について     (5) 収益事業の運営,管理について     (6) 教育,文化の振興並びに青少年の健全育成について     (7) 中央卸売市場の管理運営及び整備拡充について       なお,必要がある場合は委員を市内外に派遣して調査するものとする。2 理由 議案審査の参考とするため  ─────────────────             平成7年7月10日高知市議会議長 浜辺 影一様       議会運営委員長 中山 博司     閉会中継続調査申出書 本委員会は,下記により閉会中もなお継続調査を要するものと決定したから,会議規則第104条の規定により申し出ます。         記1 事件 (1) 議会の運営に関する事項     (2) 議会の会議規則委員会に関する条例等に関する事項     (3) 議長の諮問に関する事項       なお,必要がある場合は委員を市内外に派遣して調査するものとする。2 理由 議会運営を効率的かつ円滑に行うため  ───────────────── ○議長(浜辺影一君) お諮りいたします。委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(浜辺影一君) 御異議なしと認めます。よって,委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査に付することに決しました。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(浜辺影一君) 以上で今期定例会の会議に付議された事件はすべて議了いたしました。 松尾市長。  〔市長松尾徹人君登壇〕 ◎市長(松尾徹人君) 閉会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。 議員の皆様方には,議会開会日以来,連日御熱心な御審議を賜り,提出いたしました全議案につきまして,原案どおり御決定をいただきまことにありがとうございました。 今議会は,統一地方選挙後,初の定例議会でございましたが,ベテラン議員の皆様はもとより,新しい議員の皆様方には,新鮮かつさわやかに,また大変真剣に御討議をいただきましたことにつきまして,心から感謝を申し上げます。 御審議の過程におきまして承りました貴重な御意見,御提言等の趣旨を踏まえ,第3次実施計画や既存の行政計画の着実な執行による元気都市の実現を目指しまして,職員とともに積極的に取り組んでまいりますので,議員の皆様方のこの上ともの御指導,御協力をいただきますようにお願い申し上げます。 さて,7月6日には参議院議員選挙の公示がなされ,23日の投票日を目指し現在選挙戦の真っただ中でございます。すべての市民の方々が大切な一票を通じまして,政治に積極的に参画されますことを期待をいたしております。 最後になりましたが,これから暑い季節に向かいますので,皆様方におかれましては,御健康に十分留意されまして,市政発展のためにますます御活躍をされますよう心からお祈り申し上げまして,ごあいさつといたします。どうもありがとうございました。 ○議長(浜辺影一君) これにて第320回高知市議会定例会を閉会いたします。  午後4時22分閉会...