2061件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

相模原市議会 2021-03-23 03月23日-09号

令和5年度までを計画期間とする相模原ICT総合戦略の中で、本市ITインフラ整備や、県が主体となり県下自治体が共同運営する神奈川情報セキュリティクラウドの再構築などを着実に進めてまいります。一方、市民サービス向上業務効率化に貢献できる取組につきましては、スピード感を持って推進してまいりたいと考えております。

相模原市議会 2021-03-19 03月19日-07号

コロナ禍社会在り方が変化する中、庁内のICT化だけでなく、DX活用し、様々な技術やノウハウを保有する市内外企業人材と連携し、地域課題に取り組む必要があります。行政が持つビッグデータを官民で活用し、観光、農林業まちづくり防災など、課題ごと市内外企業人材と連携し、取り組むべきと考えます。見解を伺います。 次は、民間と連携したSDGsの推進です。

湯河原町議会 2021-03-15 令和3年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2021年03月15日

構築し、感染拡大防止のための体制づくりに努め、「四季彩と暮らしが調和した安全・安心のまちづくり」の施策では、防災危機管理として、災害時の拠点となる防災コミュニティセンター防災倉庫備蓄品整備を行うだけでなく、各避難所においての配備も怠らず、また、感染症防止対策にかかる品目についても整備を図り、「生涯を通じて学び豊かな心を育むまちづくり」の施策では、いままでも先進的に取り組んできた、小中学校におけるICT

中井町議会 2021-03-10 2021年03月10日 令和3年第1回定例会(第4日) 本文

今回のドローン導入は、町のICT化を進める意味で非常によい事業だと思っております。  また、有害鳥獣駆除に大きな力を発揮すると期待しております。せっかく買ったドローンですから有効に効率よく運用してもらいたいと思っております。  一方、ドローン有害鳥獣対策だけではなく、防災耐震調査土地利用なども有効と言われております。

中井町議会 2021-03-08 2021年03月08日 令和3年第1回定例会(第3日) 本文

これをちょっと見ましたところ、やはりコロナ禍において、企業においてもその業種地域によってまちまちだということで、今年度予算で大きく伸びたところなんですけれども、実は町内に情報通信系事業所がございまして、そういったところがコロナ禍におけるテレワークとかICTの関係で消費といいますか、大分売上げが多くなったということの中で、コロナ禍において、全ての事業所が落ちるわけではなくて、そういった業種は上がっているということで

川崎市議会 2021-03-02 令和 3年 第1回定例会-03月02日-03号

次に、オンライン指導等についての御質問でございますが、初めに、学校運用支援についてでございますが、ICT関連業者への委託により、各学校を定期的に訪問し、授業で使用する資料教材等デジタル化校内研修等支援ICT機器の技術的なサポート等を行うGIGAスクールサポーターを配置する予定でございます。そのほか、導入業者による訪問研修コールセンターの設置による初期対応等実施してまいります。

相模原市議会 2021-02-25 02月25日-03号

職員定数につきましては、簡素で効率的な行政運営を基本とし、本改革プランに基づく事業の廃止、凍結、見直しやICT導入等による業務効率化、多様な雇用形態活用などにより、さらなる適正化を図ってまいりたいと考えております。また、人件費の抑制につきましては、これらの取組内容収支均衡達成状況を踏まえ、検討する必要があると考えております。 次に、本改革プランの策定時期についてでございます。

相模原市議会 2021-02-24 02月24日-02号

本市におきましては、相模原ICT総合戦略に基づき、住民サービス向上に寄与する電子申請利用促進やRPAの導入による業務効率化など、行政デジタル化に取り組んでいるところでございます。令和3年度からは、この取組をさらに加速するために、市長公室DX推進課を設置し、デジタル技術やデータ等活用した様々な施策を全庁的かつ戦略的に推進してまいりたいと考えております。

川崎市議会 2021-02-15 令和 3年 第1回定例会-02月15日-01号

高齢者外出支援乗車事業につきましては、高齢者のさらなる社会参加促進と持続可能な制度構築に向けて、高齢者特別乗車証明書等ICT化に取り組んでまいります。また、要介護度等の改善、維持の成果を上げた介護サービス事業所報奨金等のインセンティブを付与するかわさき健幸福寿プロジェクトを引き続き推進し、安心して介護サービスを利用できる仕組みづくりを進めてまいります。  

川崎市議会 2021-02-12 令和 3年  2月文教委員会−02月12日-01号

◎田中 教育政策室長 当初の文部科学省の方針といたしましては、新学習指導要領実現のためにというところで、ICT活用した教育と少人数学級の2本柱で進めていきたいという意向を伺っておりまして、それは小学校に限ったことではなく中学校もと伺っておりましたが、財務省との折衝の中で、小学校を先にということで実現したと捉えております。

川崎市議会 2021-02-10 令和 3年  2月総務委員会-02月10日-01号

直副委員長山崎直史、橋本 勝、上原正裕沼沢和明、      平山浩二雨笠裕治飯塚正良押本吉司宗田裕之後藤真左美小堀祥子委員 欠席委員:なし 出席説明員:(総務企画局大澤総務企画局長阿部総務部長、        後藤公共施設総合調整室担当課長阿部庶務課長新井庁舎管理課長、        相原コンプライアンス推進室担当課長、竹山本庁舎等整備推進室担当課長、        荒木ICT

川崎市議会 2021-02-10 令和 3年  2月文教委員会-02月10日-01号

次に、第5章、「新しい参加の場」の基本的な枠組みでございますが、1、具体的な取組方向性として、①若い世代や新しい人材の確保、ポストコロナ時代を見据えた取組の工夫でございますが、新しい生活様式を踏まえた参加の場の整備や、オンラインでの実施など積極的なICT活用等開催手段や時期を工夫して取り組んでまいります。

川崎市議会 2021-02-04 令和 3年  2月まちづくり委員会-02月04日-01号

ただ、なかなかパソコンにもICTにも慣れていない方々がたくさんいらっしゃいます。デジタルディバイドの対策はもう必須で、そこに対しては、例えばここをクリックするんですよとか、ここにカードをかざしてくださいとか、そういうICTサポーター、コンシェルジュみたいな方を置いて、それで老若男女誰でもそこに行けば全ての手続ができる。こういった高機能化した手続在り方もあるんじゃないかと。

川崎市議会 2021-01-28 令和 3年  1月文教委員会-01月28日-01号

ウ、ICT活用した新たな手法による事業取組推進といたしましては、情報化の進展や新型コロナウイルス感染症等による新しい生活様式などの社会状況の変化に対応していくため、ICT活用した動画配信、対話型のオンラインによる学級講座等実施や、デジタル化した教材資料などの配信による提供を進めてまいります。  20ページを御覧ください。

川崎市議会 2021-01-28 令和 3年  1月総務委員会-01月28日-01号

1、従来の事業サービスの継続、2、同一建物内に設置されていることのメリットを生かした事業サービス推進、3、幅広い利用者層に対応した事業サービス推進、4、ICT活用した事業サービス推進、5、地域課題解決につながる事業サービス充実、6、効率的・効果的な事業サービス提供手法の検討に向けて、取組を進めてまいります。