1311件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

横須賀市議会 2021-06-18 06月18日-03号

主な質疑を申し上げますと、議案第70号青少年家条例中改正については、田浦青少年自然の家廃止後の土地管理、同施設廃止後に備品を有効に活用する必要性、同施設廃止後に管理者が常駐しないことによる火災等への対応市内キャンプ場がほとんどない中でFM戦略プランに示されている重複するキャンプ機能の集約・統合の考え方、同施設社会教育施設に該当するかについてであります。 

座間市議会 2021-06-08 令和 3年第2回定例会(第4日 6月 8日)

また、様々な媒体での情報公開をするために、記者会見を主催する記者クラブに掛け合い、ローカル新聞タウンニュース県央地域コミュニティラジオ局であるFMカオンケーブルテレビ局のJ:COM等にも会見への参加の許可を与え質問機会を設けられております。  このように、情報公開の仕方に工夫を重ねる中で、少し残念に感じていることがあります。それがユーチューブでの情報発信内容についてです。

横須賀市議会 2021-06-03 06月03日-02号

施設長寿命化、ダウンサイジング、市立学校統廃合FM戦略プランとの関連性も加味して、御所見をお願いいたします。 3点目は、浦郷弾薬庫安全性です。 3月定例議会代表質問でも米軍桟橋整備について質疑をしましたが、私は先日、海上から日米弾薬庫を視察する機会があり、バージとクレーンの連動による弾薬の搬出入作業を直接見ました。

横須賀市議会 2021-06-02 06月02日-01号

FM戦略プランと銘打った計画を策定はしましたが、具体的な統廃合コスト削減がどれだけできたでしょうか。経済部産業交流プラザやヴェルクよこすかの空いた床をフリースペースに転換して付加価値を上げたような取組も、ほかにはほとんど見られませんでした。FM戦略プラン進捗について、具体的な施設群における進展があれば、御紹介いただきながら、市長自己評価をお聞かせください。 

綾瀬市議会 2021-03-16 03月16日-03号

市長室長遠藤日出夫君) ラジオ有用性につきましては、特にFMラジオ災害電波障害に強い傾向があるとされるため、その情報伝達能力には以前から注目が集まっているところでございます。また、防災用ラジオの中には、電源が供給されない場合を想定し、乾電池式手回し充電式ソーラー充電式などがございます。このほかライトつきの仕様もあるなど各メーカーが工夫を凝らしているようでございます。

横須賀市議会 2021-02-26 02月26日-04号

今後、FM戦略プランに基づく公共施設統廃合が予定されているところでありますが、廃止される施設については、スポーツによるまちづくりの視点から、公民連携による効率的な施設マネジメントに取り組みながら、健康遊具やボルダリングなどの新しいスポーツも取り込んだ地域スポーツにおける場所づくりとなるスポーツ拠点施設への転用も視野に活用してはいかがかと考えますが、市長の御所見をお聞かせ下さい。 

相模原市議会 2021-02-25 02月25日-03号

平岩氏の経歴につきましては、裏面の議案第42号関係資料の略歴により御承知いただきたいと存じますが、昭和56年3月に桜美林短期大学を卒業され、民間会社に勤務された後、平成8年からは、コミュニティFM局であるエフエムさがみの企画、運営に携わられ、現在は同社の代表取締役社長のほか、公益財団法人相模原市民文化財団理事等として御活躍されております。

横須賀市議会 2021-02-15 02月15日-01号

横須賀では、市議会からの提言も踏まえ、令和元年度にFM戦略プランを策定し、以来1年半内部調整に取り組んでまいりました。公共施設の再編は、ファシリティマネジメントの観点からすると、将来的に予測されている更新費用を軽減する有効な手段の一つですが、地域皆さんにとっては、直接的に受ける施設サービスの在り方が大きく変わる可能性があります。 

小田原市議会 2020-12-15 12月15日-06号

開催に向けて、専門的な知見を有する市民ホール担当課長や、市民ホール事業のコーディネーターであるFM小田原株式会社鈴木社長を中心に交渉を行ってまいりました。開催日決定に当たりましては、先方の希望を踏まえ、市民会館予約状況を確認し、交渉の結果、10月29日に開催することになったものでございます。 次に、公演期間の間隔についての質問がございました。

座間市議会 2020-12-07 令和 2年第4回定例会(第4日12月 7日)

主な内容は、座間市の防災事業に係る施策や進捗状況の報告のほか、海老名FMカオン、東京ガス、座間社会福祉協議会等防災への取組情報共有を図るとともに、参加団体間の意見交換を行ったものでございます。今後も、災害時の協力体制確保及び関係構築に努めてまいります。 ○議長(吉田義人君)  ――子ども未来部長。              

三浦市議会 2020-12-07 令和 2年第4回定例会(第1号12月 7日)

短い準備期間ではございましたが、事業実施主体でございます観光協会では、来訪者向けグルメチケット販売に際しまして、登録店舗市内販売窓口ポスターのぼり旗掲示をするほか、FMラジオ局におけるコマーシャル、京浜急行電鉄の主要な駅でのポスター掲示、その他、SNSを活用した周知など、可能な限り市外のお客様に向けたPRを実施させていただきました。

愛川町議会 2020-12-03 12月03日-03号

次に、2点目の戸別受信機の補助を拡大する考えでありますけれども、戸別受信機導入に当たりましては、屋内で聴取が可能な情報伝達手段といたしまして、戸別受信機のほかにコミュニティFMや東京テレメッセージの周波数を活用いたしました防災ラジオについて、初期の設備投資運用方法、また放送受信エリアなどについて検討し、戸別受信機導入することといたしたところであります。 

南足柄市議会 2020-12-01 2020年12月1日(火) 令和2年第4回定例会(第2日) 本文

そこで、本市といたしましても独自に検討を重ね、既に御家庭に設置済みでありますデジタル方式対応戸別受信機機能は維持しつつ、そして、より安価なコミュニティFMを活用した防災ラジオ導入を図りたいと考えておりまして、令和4年度からの運用を目指して検討を進めているところでございます。