運営者 Bitlet 姉妹サービス
1248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月17日−05号 今回新設される雨水の径と延長は。また 雨水を新設することで、増額される借地料はとの質疑に対し、市側からは、直径300ミリメートルのを13メートル、直径600ミリメートルのを38.8メートル設置する。借地料は1カ月分の1万3,000円が増額されるとの答弁がありました。  以上の審査経過をもって、本件は可決すべきものと決しました。以上で報告を終わります。 もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 今現在の関係については、市民協働部所の部分については市民協働部長から、教育部所の部分については教育長から答弁します。  以上であります。                 〔市長(内野 優) 降壇〕 ○議長(倉橋正美 議員) 市民協働部所管部分の詳細について市民協働部長。 ◎市民協働部長(深澤宏) 「外国籍住民に対する取り組み」についての詳細でございます。 もっと読む
2018-09-28 座間市議会 平成30年第3回定例会(第6日 9月28日) ひばりが丘地区雨水災害対策事業に関して、ひばりが丘、小松原、相模が丘の一部を含んだひばりが丘排水区において、雨水被害軽減対策として、遊水池や既存排水を利用した整備を3カ年で実施するためのものであり、当該年度は流出水路の整備を実施したとのことです。既に平成30年度に実施する遊水池本体の工事に関する請負契約も済ませ、平成31年度の完成に向けて着実な事業進行がされていることが確認できました。 もっと読む
2018-09-28 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月28日−06号 平成29年度の歳入歳出決算では、老朽化した渠の長寿命化に対策事業及び下水道施設の耐震化事業を行っており、良好な環境の維持継続に向けた取り組みと評価するものであります。これを高く評価いたします。 もっと読む
2018-09-27 海老名市議会 平成30年 9月 経済建設常任委員会−09月27日-01号 まず線引き見直しで調整区域から新たに市街化区域になったところは、市の渠整備が終了し、供用開始になった年に賦課されます。それから渠を整備した当時に道路用地等の公共用地であり、賦課対象外だったところが、払い下げによって個人の土地として利用することになったものについても賦課されます。 もっと読む
2018-09-27 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月27日−07号 しかも、下流部に改修が済んでいない地域があることから、東京都では、河川護岸の改修が完了した地域でも、河床をそのままにして水量の調整をしたり、雨水調整池の整備に取り組んでいると聞いております。境川は神奈川県や東京都の事業ではありますが、豪雨時の氾濫の危険にさらされているのは相模原市民であります。 もっと読む
2018-09-21 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月21日−03号 このうち、右岸側の貯留量約21万立方メートルのA池について、先月の8月21日より暫定供用を開始しております。また、左岸側の貯留量約25万立方メートルのBCD池については、用地買収が完了し、引地川、二級河川蓼川の護岸改修、河道整備とあわせ平成32年度の完成を目指しているというふうに聞いております。   もっと読む
2018-09-10 座間市議会 平成30年第3回定例会(第5日 9月10日) そこで、この撤去された貯留遊水池のかわりになるものとして地下の浸透貯留槽を提案したいと思います。  お手元の資料では8番にありますけれども、地上に貯留槽をつくるとカモが飛来したり、トンボが産卵するなど環境としても望ましいわけですが、それができない場合にこのような地下にプラスチック製の浸透貯留槽を設置して、地上は公園または駐車場とか、そういったものにして利用できるものです。 もっと読む
2018-09-01 二宮町議会 平成30年第3回(9月)定例会(第13日目) 本文 町における雨水排水構造は住宅地等の排水を道路内の排水、もしくは側溝により河川へ放流し、最終的に相模湾へ排水するものとなっています。  具体的には、山西・川匂地区の排水は中村川と梅沢川により海へ、それ以外の地域は支流も含め、すべて葛川により海へ排水されています。この河川の状況ですが、中村川と梅沢川は排水地域の面積に対し、河川改修がされているため、近年、氾濫等をしたことはありません。   もっと読む
2018-08-30 座間市議会 平成30年第3回定例会(第2日 8月30日) ひばりが丘地区雨水災害対策事業についてでありますが、事業内容としてはひばりが丘、小松原、相模が丘の一部を含んだひばりが丘排水区において、雨水被害軽減対策として遊水池や既存配水を利用した整備を実施するとのことでありますが、放流先河川である引地川が暫定断面となっているため公共下水道としての雨水排水の整備ができない状況の中、地形の形状の影響から行政界を中心に道路冠水が発生しており、雨水被害の軽減策として もっと読む
2018-08-29 座間市議会 平成30年第3回定例会(第1日 8月29日) さらに災害時、し尿一時貯留槽設置事業では、避難所で発生するし尿対策として、マンホール型貯留槽を学校の夏休みの間に相模野小学校、相模が丘小学校の2校に設置しました。  最後に、教育費です。学校施設整備事業では、老朽化が進んでいる校舎等の外壁改修工事、屋上防水改修工事、便所改修工事、給水更生工事等を計画的に実施しました。 もっと読む
2018-06-29 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月29日−07号 次に、議案第71号市立弥栄中学校A1棟校舎改造工事に係る工事請負契約についてでありますが、質疑では、グラウンド再整備工事における雨水貯留浸透施設の効果、工事期間中の生徒等への配慮、総合評価方式における評価項目と予定価格の設定に対する考え方や、関連して、校舎の耐震補強工事の進捗状況が尋ねられました。   もっと読む
2018-06-22 大和市議会 平成30年  6月 定例会-06月22日-04号 1、雨水調整池に流入した量を示す水量計がありますが、このデータはどのように活用されるのか。  2、下鶴間1号雨水の出口となる下鶴間排水区での対策についてですが、下鶴間1号雨水、このは3200、3メートル20もあるのですね、この大きさがありますが、流入した雨水は出口を1350ミリ、3メートルの半分以下に絞って下流に流され、下流への負担を軽減しています。 もっと読む
2018-06-20 藤沢市議会 平成30年 6月 定例会−06月20日-05号 長年の懸案であった大雨が降ると浸水してしまう善行駅前の善行石名坂線沿線の地域と白旗川沿線の地域は、雨水貯留の埋設工事の完成によって浸水の不安が解消されることが期待されています。   もっと読む
2018-06-03 平塚市議会 平成30年6月定例会(第3日) 本文 平成29年度末の進捗状況といたしましては、渠整備を実施している岡崎、横内、新町、須賀の4地区で、計画延長の約7割が完成し、須賀地区では全ての整備が完了しております。また、雨水流出抑制対策として、中原、東中原、御殿地区で83カ所の道路上にある既存の集水桝を雨水貯留浸透桝に改良しました。さらに、河川からの逆流防止対策として、中原、豊田打間木地区で5カ所のフラップゲートを設置しております。 もっと読む
2018-03-22 大和市議会 平成30年  3月 定例会-03月22日-05号 このため、下水道事業について、より経営という意識を持っていただくとともに、渠の老朽化、施設などの改築・更新に当たっては、耐用年数などを十分考慮し計画的に進めていただくことを要望いたします。  以上、意見、要望を付しまして平成30年度大和市下水道事業特別会計予算につきまして賛成の討論といたします。 ○議長(木村賢一君) 次に反対討論。――10番、石田 裕議員。                 もっと読む
2018-03-20 藤沢市議会 平成30年 2月 定例会−03月20日-06号 そのことは同時に、小出川や一色川の源流域を開発することにより、雨水を一気に川に流し込むことにもなるわけであります。毎年のように水害が発生している藤沢市として、まちづくりのあり方が問われています。都市型水害も含めて、藤沢市の総合的、抜本的な水害対策の強化を求めるものであります。  第3に、憲法を生かし、市民の福祉、暮らしの施策を充実することについてであります。 もっと読む
2018-03-16 藤沢市議会 平成30年 2月 予算等特別委員会−03月16日-10号 2目東部処理区渠建設費は、給与費のほか、細目01東部処理区渠建設費は、継続事業の山野神雨水貯留築造工事や路施設の下水道ストックマネジメント計画策定委託等に要する経費で、細目02東部処理区渠建設事務費は事務的経費で、細目03東部処理区計画策定業務費は、事業計画策定業務等の委託に要する経費でございます。   もっと読む
2018-03-15 座間市議会 平成30年予算決算常任委員会都市環境分科会( 3月15日) これはプラスチック形状のものを組み合わせていきまして、それを何段にも積み重ねながら、雨水貯留する形状であります。上部は埋め立てて、地下貯留型ということにはなりますが、掘削量も少なくて、コンパクトにできると。そして、工期も短縮できまして、近隣の皆様にも迷惑がかからない、そういったことを考えまして、雨水貯留式の遊水池を予定しております。  以上です。 ○荻原委員長  ほかにありますか。 もっと読む
2018-03-13 藤沢市議会 平成30年 2月 予算等特別委員会-03月13日-07号 そのときの下水道の継ぎ手、そういったものが多く起因しているのではないか、それから、道路の集水ますから接続されている取りつけの破損、こういったものも起因しております。原因となっております。 もっと読む