運営者 Bitlet 姉妹サービス
28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-26 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月26日−06号 しかし、このような公共施設の量的縮小の問題こそ、なれ親しんだ公共施設の老朽化という問題を切り口に、市民ニーズの多様化を踏まえた公共施設のあり方、周辺施設とのかかわり方、管理コスト等の抑制等の問題意識を共有しながら、市民との合意形成に努めていくことが特に必要な場面と考えますが、住民合意のあり方について見解を伺います。  次に、広域交流拠点周辺の道路ネットワークについてです。   もっと読む
2017-12-12 伊勢原市議会 2017.12.12 平成29年12月定例会(第3日) 本文 例えば、農業技術への理解が少ないまま有機農法にこだわり、病害虫などの面で地域に迷惑をかけた、当初の経営計画どおりに生産、販売ができなかったため、資金の返済が滞り、離農せざるを得なくなった、農業をしようと思って技術を身につけても、利用できる農地が条件の悪いところばかりだったなどなど、今後もますます高齢化と担い手不足が見込まれる中、新規就農者に係る期待は大きいと考えます。 もっと読む
2017-09-12 相模原市議会 平成29年  9月 決算特別委員会環境経済分科会-09月12日−01号 それから、食品も含めた廃棄物の発生を抑制しただけでなく、ごみの排出量そのものが減ることによって、最終処分場の延命化にも効果があったと考えている。 ◆小野沢耕一委員 いろいろ効果があったと思うが、生ごみは、自分では、なかなか処理しきれないことがあると思う。生ごみ4Rに取り組む市民団体等の活動に対し支援とあるが、支援内容について伺う。 もっと読む
2017-03-14 藤沢市議会 平成29年 2月 予算等特別委員会-03月14日-07号 ◆山内幹郎 委員 210ページから211ページの事業で担い手育成支援事業ですが、これは建設経済常任委員会で都市農業振興基本計画案が報告されたところですが、都市農地の果たしている役割の重要さからしまして、荒廃化や宅地化を抑制して、農地をできるだけ残すことが計画の基本だと思います。藤沢市の農業で生計が立てにくい状況にある中であります。後継者不足するのは当然のことだというふうに考えております。 もっと読む
2017-03-14 藤沢市議会 平成29年 2月 予算等特別委員会-03月14日-07号 ◆山内幹郎 委員 210ページから211ページの事業で担い手育成支援事業ですが、これは建設経済常任委員会で都市農業振興基本計画案が報告されたところですが、都市農地の果たしている役割の重要さからしまして、荒廃化や宅地化を抑制して、農地をできるだけ残すことが計画の基本だと思います。藤沢市の農業で生計が立てにくい状況にある中であります。後継者不足するのは当然のことだというふうに考えております。 もっと読む
2016-09-12 相模原市議会 平成28年  9月 決算特別委員会環境経済分科会-09月12日−01号 また、一般廃棄物処理施設長寿命化計画は平成26年に策定した計画だが、平成27年に創設された二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金を活用することで、従来の交付率3分の1が2分の1となり、交付金が増額することにより、事業費に占める一般財源及び起債額が減額となる財源計画の見直しを行った。 もっと読む
2015-09-29 伊勢原市議会 2015.09.29 平成27年9月定例会(第5日) 本文 医療や介護といった扶助費も財政上の負担となり、どうやって抑制していくべきか喫緊の課題となっております。市では介護予防の一環として、平成27年から3年間かけて、市民のボランティア活動を支援するポイント制度の導入を検討しているとお聞きしました。  そこで具体的に質問いたしますが、現時点での計画内容や制度の目的をご説明願います。 もっと読む
2015-09-17 海老名市議会 平成27年 9月 第3回定例会−09月17日-03号 また、父母会や個人経営ということで、経営の中では、不安定感は拭えないところがありますので、法人化等への働きかけも必要かなと思っているところでございます」「児童生徒数が抑制された場合に、今度は行きたくても行けないような状況が生まれる可能性もあるかなというのも1つの課題と考えております」「補助額が国の基準でも海老名市は低いのは十分承知しています」「条例が制定したことを契機に、補助額が低いということが現状 もっと読む
2013-10-02 大磯町議会 平成25年 9月定例会(第31日目10月 2日) 平成24年10月に導入された地球温暖化対策のための税である「石油石炭税の特例措置」の税収は、現時点ですべてをCO2排出抑制対策に使用されていますが、これをCO2吸収源対策にも配分をしていただきたい。そのため、税収の一定割合を森林の整備、保全を担う市町村の財源確保として、森林面積に応じて市区町村に譲与する制度の創設を働きかける意見書の採択を求めるというものです。   もっと読む
2013-03-01 藤沢市議会 平成25年 2月 定例会-03月01日-03号 事業所税が創設されました経緯でございますが、昭和46年当時、税制調査会は、長期税制のあり方についての答申の中で、大都市への人口、企業等の集中を抑制するとともに、現にこれらの集中に伴って増加している財政需要に対応する大都市の税源の充実を図るため、事務所、事業所等に対し特別な税負担を求める旨を答申しております。 もっと読む
2008-12-12 寒川町議会 平成20年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2008年12月12日 まず、大きな1点目の環境行政についての(1)のごみ減量削減をさらに進めるための町の政策はでございますが、ごみを減らすには、1番目に購入拒否、リフューズ、2番目に発生抑制、リデュース、3番目に再利用、リユース、4番目に再生利用、リサイクルの、4Rが基本であると考えております。 もっと読む
2008-06-03 平塚市議会 平成20年6月定例会(第3日) 本文 農業の従事者の声をどのように認識しているかとの御質問でございますが、市街化調整区域は市街化の抑制を基調とし、農林漁業との調和を図り、良好な自然環境の保全を図る区域としております。  平成21年を目途とした農業振興地域整備計画の見直しに伴う地区説明会において、農業の従事者の方から47件の農振農用地からの除外要望がございました。   もっと読む
2008-03-24 秦野市議会 平成20年第1回定例会(第7号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2008-03-24 過去の予算とその執行状況を検証し、20年度を含む今後3年間の財源見通しを勘案して、今後の財形運営に支障が生じないように、20年度は歳出を抑制した予算編成が行われていると評価いたしております。  そして、戸籍総合システムの電算化作業の導入により、市役所の窓口での戸籍謄本の発行時間の短縮や秦野駅や渋沢駅、公民館の連絡所でも発行ができるようになり、市民の皆様にとって大変利便性が高まります。 もっと読む
2006-03-07 中井町議会 2006年03月07日 平成18年第1回定例会(第1日) 本文 一方、県では、施策実現と行財政改革に同時進行で取り組む予算と位置づけ、施策・事業を例年以上に徹底した見直しを行い、人件費においても可能な限り抑制に努め、9年ぶりに収支の均衡が図られております。 もっと読む
2005-06-10 厚木市議会 2005.06.10 平成17年6月定例会(第3日) 本文 結局、その後、雨が降って事なきを得たんですけれども、なかなか実入りが少ないと言われる農業の方々の中で、こうしたことに対して行政がスムーズに対応できなければ離農していってしまうのではないかという心配もあります。時間がありませんので、要望という形でお願いいたします。では、何かございましたら一言お願いします。 もっと読む
2004-09-03 平塚市議会 平成16年9月定例会(第3日) 本文 地表面の温度変化を緩和し、照り返しの防止や表面温度の上昇を抑制します。土のグラウンドに比べて、夏場では10度近くも違ってきます。これはヒートアイランドの緩和につながるのではないでしょうか。炭酸ガスの吸収と酸素の放出で、周辺大気の浄化につながります。騒音の緩和にもなります。  このような教育・健康面、環境面のほかにも、地域コミュニティの活性化にもつながる効果が見られます。 もっと読む
2004-03-04 藤沢市議会 平成16年 2月 民生常任委員会-03月04日-01号 本人負担が増となることによって受診抑制が生ずるものと見込んでいたのですが、結果におきまして受診抑制はなかったものと思われます。 もっと読む
2003-12-17 伊勢原市議会 2003.12.17 平成15年12月定例会(第5日) 本文 すなわち、行政組織や行財政運営のスリム化を図りつつ、政策の優先順位を明らかにし、歳出抑制しながら、透明性や公平性が確保された質の高いサービスを供給することを、自治体には要請されていると言えましょう。  このような中、当市においても市民参加による伊勢原市行財政運営改善推進委員会が発足し、12月2日には当面の行財政運営の改善についての提言がなされました。 もっと読む
2002-03-07 藤沢市議会 平成14年 2月 定例会-03月07日-03号 結果的に、ほかの産業に就業し、離農ということになります。本市の状況も、農業後継者の不足や農地の荒廃化はふえ続けています。このようなことを考えてみると、藤沢市の農業は、市街化区域の中で生産をすることが一つの形ではないかと考えます。都市農業において、耕作意欲のある市街化区域内の農家は、生産緑地の指定を受けることができるからであります。   もっと読む
2001-09-06 茅ヶ崎市議会 平成13年 9月 第3回 定例会−09月06日-03号 基本といたしましては、環境に配慮した資源循環型社会、排出抑制及び減量化資源化等適正処理、2市1町の公平性を基本とした各システムづくり等を掲げております。現在、2市1町のごみ処理の課題、収集及び資源物の処理システム等につきまして調査研究をいたしております。 もっと読む
  • 1
  • 2