運営者 Bitlet 姉妹サービス
12137件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月20日-07号 また、平成29年度から取り組みが始まった避難行動要支援者制度のさらなる推進を図る上では、地域の皆さんが一堂に会し、顔の見える関係づくりの場となることも、防災訓練の大きなメリットであると考えています。市としての地域の防災訓練の今後の方向性について見解を伺います。   もっと読む
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月19日-06号 急速な少子高齢化で、税収の減少、労働可能人口の減少による看護、介護の人材不足、社会保障関係経費の増大による医療費の抑制など、市立病院の置かれている状況は非常に厳しいものとなっております。同時に、高齢化による地域医療、在宅医療の充実など2025年問題を考えると、市立病院の役割は重要なものともなっております。 もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 日本は世界が経験したことがない、人口減少期に突入していることは皆さんも御承知のとおりと思います。大都市一極集中による基礎自治体の人口減少は、神奈川県も例外ではなく、川崎、横浜への人口集中、県西部や三浦市などの事例を見れば明らかであります。 もっと読む
2018-12-18 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2018-12-18 まず、「人口減少・少子高齢化など、社会情勢の変化に対応した持続可能なまちづくりを進めるためには、多種多様な人材等が地域活動に参画する市民協働が重要になると考えるが、今回の組織再編に当たり、考慮した部分はどのようか。」 もっと読む
2018-12-17 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月17日-04号 そういう中で、経過観察という中で、13日、ハヤシ関係者、事実確認のためということで確認を行っているところでございます。 もっと読む
2018-12-17 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月17日−05号 また、福祉全般にわたり活用しているが、今後、関係各課と協議しながら基金を有効に活用できる事業の創設を検討していきたいとの答弁がありました。また、助産施設等措置事業費は、平成28年度、29年度の決算と比較すると、30年度の予算が少ないように思えるが、その理由は。 もっと読む
2018-12-14 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月14日-03号 今後予想される人口減少社会の到来、少子高齢化の進行の中にあっても、子供から高齢者までさまざまな立場の方をしっかりと社会で支えることができる仕組みのもと、持続的に発展することができるまちの実現に向けて、各分野におけるさまざまな施策を進めてまいりたいと考えております。これらの取り組みを進めていくには、当然のことながら、行政の力だけをもってできるものではございません。 もっと読む
2018-12-14 清川村議会 平成30年12月定例会(第2号12月14日) 本改正は、既存の村営住宅のうち、一般住宅、借り上げ型住宅及び空き家活用型住宅について、同居の親族がいない場合でも、複数の個人やグループで入居することができるよう、入居者の資格要件を拡大し、共同利用による村営住宅の有効活用と人口増及び定住促進を図るため、所要の改正を行うものでございます。   もっと読む
2018-12-13 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月13日−04号 しかし、少子高齢、人口減少、働き手不足は今後ますます深刻となり、健康寿命の延伸や医療費抑制等の課題対策は待ったなしの状況であります。  本市においてもここ数年、土・日の検診や、女性の5がん検診、胃がんリスク検診等を、そして昨年からは胃の内視鏡検診や個別通知受診券で大きく受診率が向上されましたことは、大いに評価をされることと思います。 もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 2番目の「住みよいまちづくり条例施行前後の開発申請状況」についてでございますけれども、全国的な人口減少の中、市内では活発に開発事業が行われており、本市の人口は増加傾向にあります。よって、こういった条例制定とともに申請が多くなっております。そういった関係の中では、まちづくり指導課を創設し、条例の適正な運用に努めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 さらに、高齢者のみの世帯や単身世帯の増加による地域のきずなの希薄化により、社会的な孤立や制度のはざまにある方を支援するため、市や関係団体のみならず、地域福祉に係る関係者や地域住民もそれぞれの立場で主体的に参加していただき、連携して地域課題の解決に向け、取り組んでいく必要があります。   もっと読む
2018-12-12 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月12日−03号 国立社会保障・人口問題研究所が作成しております日本の地域別将来推計人口(平成30年推計)によりますと、2015年には全体の10.3%だった本市の75歳以上の後期高齢者の割合が、2025年には17.4%、2045年には18.4%にも及ぶとの推計がされております。 もっと読む
2018-12-11 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月11日−02号 ◎市長室長(内藤勝則君) 御提案をいただいております見守りサービスは、少子高齢化や人口減少社会の中において、高齢者の安全安心に寄与する有効なサービスであると考えております。 もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 この残業の事由の中で、校務関係、行事関係、諸会議、そして成績関係や学級関係にも多くの事務的な業務というのが含まれているものと考えられます。例えば書類のコピーや報告書などの書類の作成など、多岐にわたるものと考えられます。この業務を教員にかわって別の人が行うということは、教員の負担軽減に大きな効果が出ると考えられます。   もっと読む
2018-12-11 平塚市議会 平成30年 議会運営委員会 本文 2018-12-11 議会報の関係では、今、鈴木副委員長さんが触れられましたので、私のほうは割愛をさせていただきます。  いずれにしましても、両市、大変な時期にお伺いさせていただいて、それぞれ議会局、大変御苦労をされていると、議員さんも一生懸命頑張っていらっしゃるということを現地視察の中で学ばせていただくことかできました。ありがとうございました。  以上です。  これで議会運営委員会行政視察の報告を終わります。   もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 人口が増加している本市において、既存住民への定住施策は重要と考えております。そういった意味では、今回1000万円の補正予算で商工会議所において募集をかけました。そういった面では好評であります。件数もオーバーしているという報告を受けております。 もっと読む
2018-12-10 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10 本市の水道事業については、人口減少が進んでおり、水道の使用水量も減少しております。水道管の耐震化のおくれや老朽化した水道施設の更新が問題となっているため、現在、水道施設整備計画を立てて進めていることは、私も十分承知をしております。 もっと読む
2018-12-10 座間市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月10日) 河合氏によると、問題は、同時に少子化も深刻化していることで、社会の年齢構成のバランスを欠いたことによるひずみを指摘しており、人口減少が引き起こす日本の将来が大きくさま変わりする状況を指摘していました。  例えば家族の形態については、人口は減少しているのに世帯はふえていきます。これまで夫婦と子供が2人という形が標準世帯だったのですが、ひとり暮らし世帯がふえています。 もっと読む
2018-12-07 座間市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 7日) それからまた、「米軍と国との関係ですので、交付金の対象となるかは南関東防衛局に確認してまいりたいと思います」と答弁をされております。 もっと読む
2018-12-07 海老名市議会 平成30年12月 経済建設常任委員会-12月07日-01号 それが2022年問題等ございますので、生産緑地が減少するといった場合と、現在人口減少が進んでおりますので、ある程度開発等、住宅開発の需要が鎮静化するということも考えております。そういった場合、300平方メートルとする小規模な農地ということで、下限の面積を設定することで、ある一定の農地の保全、市街化の中での緑地、オープンスペースという効果が出てくると考えてございます。 もっと読む