運営者 Bitlet 姉妹サービス
8548件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月20日-07号 避難所運営マニュアルの整備、移動式ホース格納箱、市役所新庁舎、防災備蓄体制、各種訓練の実施など、その内容には先進的と言えるものもありますが、地域での実際的な要支援避難訓練、安否確認訓練など、まだまだこれからという面もあります。9月から12月にかけて市内各地区で防災訓練が実施されました。訓練は、各地区での災害の可能性に応じた内容で実施されているものもあり、非常に有意義なものであると感じています。 もっと読む
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月19日-06号 今後におきましても、さまざまな施策や事業を展開していく際には、その担い手となる民間団体、民間事業を初めとする多様な主体が市民サービスの受益である市民の皆様の立場に立ち、良質なサービスを提供していけるよう体制の整備に努めてまいります。  続いて、民間事業の活用について質問いただきました。 もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 利活用計画は神奈川県の事業とはいえ、広域避難場所の利用は茅ヶ崎市民であり、神奈川県民です。住民にとっては、命と暮らしの安全が担保されるのか、重大な問題です。広域避難場所確保のために市としての対応と考えを伺います。  2、安心して居住できる市営住宅の増設を。 もっと読む
2018-12-14 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月14日-03号 議案第86号と議案第87号は、障害児通所施設とふれあい活動ホームの指定管理業務にかかわる議案です。利用料金を指定管理の収入とするための改正です。利用料金制導入後は、指定管理に委託料を払わず、原則利用料金収入による施設の管理運営を図っていただくことになります。しかし、現状、この2施設とも利用の利用料金だけでは運営することは不可能です。 もっと読む
2018-12-13 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月13日−04号 また、避難所の質の向上では、災害が発生したときの生活の場となる避難所に必要な物資や設備をしっかりと整備し、被災となった方々が少しでも早く復旧・復興に向けて踏み出せる環境の整備を行わなければなりません。   もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 議員御質問のとおり、これまでの福祉支援体制は、高齢、障がいなどの対象ごとに定められた国の支援制度に基づき、基本的に相談窓口やサービスを分けて対応してまいりました。 もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 具体的には、火災の鎮圧や予防、警戒業務、救助に関する業務、地震、風水害への対応、武力攻撃事態等における住民の避難誘導や保護、地域住民に対する指導や協力、支援業務、さらに地域の実情に応じ必要とされた業務などを担っていただいております。  以上でございます。 ○議長(倉橋正美 議員) 市川敏彦議員。 ◆(市川敏彦 議員) 消防団の業務範囲については昔と違い多岐にわたっております。 もっと読む
2018-12-07 座間市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 7日) そのような中、本市では、各課が連携して多様化する市民の課題解決を図るため、行政改革推進委員会に包括的支援体制構築専門部会を設置し検討するとともに、高齢、障がい、子供、生活困窮の各担当課においても、地域の関係団体等との連携強化を図っています。 もっと読む
2018-12-07 海老名市議会 平成30年12月 経済建設常任委員会-12月07日-01号 生産緑地地区ですけれども、市街化区域内における都市農地としての緑地効果や災害時の避難場所等としての役割など、近年の社会状況等の変化において都市に「あるべきもの」として、多様な機能を有するものとなっております。しかしながら、2022年以降の生産緑地地区の大量の買い取り申し出、営農の高齢化など、都市農地の維持、保全が危惧されているところであります。 もっと読む
2018-12-06 座間市議会 平成30年第4回定例会(第2日12月 6日) 避難所開設運営委員会も立ち上がっています。また、避難行動要支援の名簿の受領も行われています。しかし、入谷小学校や座間小学校、西中学校エリアの地域では、避難所開設運営委員会が立ち上がっておらず、避難行動要支援の名簿の受領も行われていません。自主防災の活動が余り行われていない状況があります。   もっと読む
2018-12-06 海老名市議会 平成30年12月 文教社会常任委員会-12月06日-01号 今、民間に委託している中で、例えば、地震対策等ですが、全国的には、文化会館の大ホールを使って講演会と避難訓練を同時にやっているようなところもあります。ですので、この図書館に関しましても、危機管理体制を強化していただきたいことと、あとは、きょう、もう時間が余りないので、今の時点のことはまた今度詳しく聞かせていただきます。 もっと読む
2018-12-05 海老名市議会 平成30年12月 総務常任委員会−12月05日-01号 ◎市民税課長 まず、1つ目の控除対象配偶を同一生計配偶に改めるというものですが、これは平成31年度から影響が出ます。内容としましては、納税の収入によりまして、これまで受けれた配偶控除が受けられなくなるというものです。 もっと読む
2018-12-05 中井町議会 2018年12月05日 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 現在、神奈川県が実施している「土砂災害特別警戒区域」の指定に関連した基礎調査は、「土砂災害防止法」に基づき、土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域について、危険の周知・警戒避難態勢の整備・住宅等の新規立地の抑制・既存住宅の移転促進等、災害防止の中でもソフト対策を推進しようとするものであります。   もっと読む
2018-12-04 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 教育経済常任委員会-12月04日-01号 万が一この設備が機能しないとなると、災害時に避難誘導等に支障を来し、人命等への影響を及ぼす可能性があるので、今回、緊急修繕を行う。 ◆水本定弘 委員 この時期に緊急修繕を行う理由はほかに何かあるのか。 もっと読む
2018-12-04 秦野市議会 平成30年総務常任委員会 本文 開催日: 2018-12-04 2点目が、高校生に対し、防災知識や避難所開設時の協力事項などの勉強会や実践的な避難訓練などの定期的な講習会を実施してほしい、の2点であります。  この陳情に関しまして、本年8月に開催された秦野高校生議会2018において、高校生災害ボランティア団体の設立について提言をいただきました。 もっと読む
2018-12-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会12月会議(第4日) 本文 町といたしましては、自治会、自主防災組織、地域の皆様や、各ご家庭でタイムラインという考え方を取り入れていただき、個人、各家庭、地域に対応した、それぞれのマイ・タイムラインの作成を進め、命を守る上で安全で、かつ速やかな防災、または避難行動につながるものと期待をしているところでございます。 ◯議長【太田真奈美君】  黒沢議員。 もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第5日目) 本文 加えたい機能では、災害時の避難スペース・備蓄倉庫、これが45%となっております。いずれも災害に対する意識がとても高いんだなというふうに思います。   もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第4日目) 本文 このような対応で救われている保護がいることは間違いありませんが、その慎重さが、ある保護からすれば情報提供の物足りなさとなり、ある保護からすればもっと積極的に話をしたいのにというもどかしさになっております。保護の考え方は多種多様なので大変難しいことではありますが、情報提供をしてほしいと積極的に思っている保護に対しては、きちんと情報を渡さなければなりません。 もっと読む
2018-12-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会12月会議(第3日) 本文 だから茅ヶ崎市が寒川の相模川河川敷の運動公園を地震災害時避難場所に指定したいと言ってきたのです。しかし、大地震の後に津波が来るのですから、ここに避難してきた人は、相模川をさかのぼった津波に襲われることになるはずです。大丈夫なのでしょうか。  大正12年9月の関東大震災のとき、寒川町の山の手に茅ヶ崎市民が大勢避難してきて、町の人がそれを支援したという記録があります。 もっと読む
2018-11-30 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第2号・議案審議) 本文 開催日: 2018-11-30 ◯阿蘇佳一議長【16頁】 次に、日程第8 「議案第73号・秦野市水道事業水道技術管理及び布設工事監督に関する条例の一部を改正することについて」を議題といたします。   もっと読む