運営者 Bitlet 姉妹サービス
95件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-26 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月26日−06号 家賃滞納や入居者の死亡後の遺品整理など、オーナー側の不安解消に努め、相談や情報提供、セーフティネット住宅の確保などが進められるよう、本市でも居住支援協議会を早期に設立すべきと考えます。前向きに検討中と承知していますが、整理すべき課題とスケジュールを伺います。また、居住支援協議会は、自立相談支援事業を行う生活困窮者自立支援制度の受託機関と連携を図ることでスムーズな支援につながると考えます。 もっと読む
2018-09-07 座間市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月 7日) 亡くなった後、遺品などはどうすればよいのかなど、人生の終えんに向けての事前の準備は元気なときにこそできるものです。  一方、ひとり暮らしの方や身寄りがない方、身内と疎遠になっている方、ましてや経済的にゆとりのない高齢者の中には、自身の葬儀や亡くなった後の後始末に対する不安を持っている方もおられます。   もっと読む
2018-06-21 藤沢市議会 平成30年 6月 定例会−06月21日-06号 100円家事代行というのをやっていらっしゃって、会話で世の中を豊かにするということをモットーに、電球交換5分で100円、瓶のふたあけ100円、助かるサービスというのは5分で300円、大型家具の移動とか、あと、社会課題の解決として、片づけられないお部屋の手伝い、遺品の整理ですとか、ごみでいっぱいのお部屋を整理するなどをされています。 もっと読む
2018-03-23 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-03月23日−07号 また、ごみ収集業務経費に関連して、遺品整理の際に生じる廃棄物の取り扱いに対する市の見解が問われました。  塵芥処理施設建設費の北清掃工場設備等改良事業に関して、具体的な事業内容が、北清掃工場基幹的設備等改良事業継続費に関して、工事期間中における市民への影響が尋ねられました。   もっと読む
2018-03-06 相模原市議会 平成30年  3月 環境経済委員会-03月06日−01号 残念ながら、市内の市営住宅を初めとして、民間住宅、アパート等でも孤独死、孤立死が実際にあって、なおかつ、非常に残念なことに数日後に発見されるような状況も年々ふえているのが実態だが、その際の特殊清掃や遺品整理等の処理の考え方について伺えればと思う。 もっと読む
2017-09-25 小田原市議会 平成29年  9月 定例会-09月25日−07号 長年連れ添っても病院で面会を拒絶されたり、遺品や遺骨を受け取れないといったこともあるようです。  21日付の毎日新聞では、性的マイノリティーの方への家探しの支援が特集されておりました。 もっと読む
2017-02-23 小田原市議会 平成29年  2月 厚生文教常任委員会-02月23日−01号 それから、尊徳記念館ですけれども、今説明を伺ったので大体わかったのですけれども、ここには二宮尊徳にまつわる遺品とか資料等が展示されているわけで、その辺については全然いじらない、そのままにして、グラフィックパネルとか解説パネル等の更新というようなことになるのかどうか。   もっと読む
2017-02-23 小田原市議会 平成29年  2月 厚生文教常任委員会-02月23日−01号 それから、尊徳記念館ですけれども、今説明を伺ったので大体わかったのですけれども、ここには二宮尊徳にまつわる遺品とか資料等が展示されているわけで、その辺については全然いじらない、そのままにして、グラフィックパネルとか解説パネル等の更新というようなことになるのかどうか。   もっと読む
2016-03-15 藤沢市議会 平成28年 2月 予算等特別委員会−03月15日-03号 ◎橋 平和国際課課長補佐 戦争の惨禍を学べる施設や場所は国内各地にございますけれども、今、委員からお話のあった、例えば知覧特攻平和会館というものは、全国から召集された隊員たちが爆弾を装着した戦闘機で敵の艦船に体当たりをした陸軍特別攻撃隊員の遺品や、関係資料が展示されております。 もっと読む
2016-03-15 藤沢市議会 平成28年 2月 予算等特別委員会−03月15日-03号 ◎橋 平和国際課課長補佐 戦争の惨禍を学べる施設や場所は国内各地にございますけれども、今、委員からお話のあった、例えば知覧特攻平和会館というものは、全国から召集された隊員たちが爆弾を装着した戦闘機で敵の艦船に体当たりをした陸軍特別攻撃隊員の遺品や、関係資料が展示されております。 もっと読む
2016-03-03 鎌倉市議会 平成28年度一般会計予算等審査特別委員会−03月03日-02号 それから、文学館の関係なんですが、資料をいただいておりまして、これは里見とん先生の御遺品を生誕地であります薩摩川内市にお貸ししているんですけれども、これはずっと預けっぱなしで、棚卸しというんですか、チェックもずっとしてこなかったんですけれども、そういうことがわかって以来、毎年契約を結んでいただいておりまして、これは一旦お貸ししたものを、全部1回戻していただいているんですか。 もっと読む
2016-03-03 鎌倉市議会 平成28年度一般会計予算等審査特別委員会−03月03日-02号 それから、文学館の関係なんですが、資料をいただいておりまして、これは里見とん先生の御遺品を生誕地であります薩摩川内市にお貸ししているんですけれども、これはずっと預けっぱなしで、棚卸しというんですか、チェックもずっとしてこなかったんですけれども、そういうことがわかって以来、毎年契約を結んでいただいておりまして、これは一旦お貸ししたものを、全部1回戻していただいているんですか。 もっと読む
2015-12-10 横浜市議会 平成27年 市民・文化観光・消防委員会 指定候補者の選定に当たりましては、表の下に記載してございますように、著作権承継者である遺族との関係が非常に重要であり、これまでの信頼関係を維持しつつ施設運営を行っていく必要があること、大佛次郎の遺品の大部分は公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が寄贈を受け、開館以来37年間にわたり資料の調査・研究などを行っており、極めて高度な専門性を承継していく必要があることなどの理由から、提案者として公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 もっと読む
2015-09-18 藤沢市議会 平成27年 9月 定例会−09月18日-06号 今後、超高齢社会の社会的な課題として浮かび上がっております遺品整理ごみ、ごみ屋敷、空き家の問題や、さらに、先ほどもお答えいたしました使用済み紙おむつや在宅医療廃棄物について、新たな施策の構築に向けた取り組みを進めてまいりたいと考えております。 ○議長(佐藤春雄 議員) 神村健太郎議員。 ◆31番(神村健太郎 議員) ありがとうございます。   もっと読む
2015-09-11 相模原市議会 平成27年  9月 決算特別委員会文教分科会-09月11日−01号 3つ目は、尾崎咢堂記念館活性化事業ということで、相模原市が輩出した政治家、尾崎咢堂の写真や遺品などの資料を展示しているが、尾崎行雄を全国に発信する会とともに、マップを作成したり、展示の模様がえを行った。 ◆鈴木晃地委員 この補助金を受けて、今後の事業のあり方についてはどのようになっているのか。 ◎佐藤博物館長 協働事業は原則的に3年という決まりがある。 もっと読む
2015-09-07 厚木市議会 2015.09.07 平成27年第6回会議(第2日) 本文 厚木市でも節目の年ということで、ピースメッセージ展示会、広報あつぎ特集の平和へのメッセージパネル展、郷土資料館での戦争遺品展示などがあり、例年の戦没者追悼式も行われました。  戦没者追悼式の式辞で、市長は次のように述べました。 もっと読む
2015-03-19 藤沢市議会 平成27年 2月 定例会−03月19日-06号 昨秋に亡くなりました母の遺品を整理していましたら、母が詠んだ俳句がありました。そこにはこのように詠まれておりました。  「市井いま 絆確かに 土用の芽」。   もっと読む
2015-02-19 鎌倉市議会 平成27年度一般会計予算等審査特別委員会−02月19日-01号 鎌倉市観光基本計画推進管理委員会委員名簿(過去5年分)、(5)鎌倉市社会福祉協議会(平成26・27年開催)の理事会議事録、(6)鎌倉市社会福祉協議会(平成26・27年開催)の評議員会議事録、(7)鎌倉市社会福祉協議会労組が社会福祉協議会に要求した資料(書面等)、(8)たんぽぽ保育園に対する市の支出明細の資料(平成26年度分)、(9)職員研修制度ガイドブック(「ホップ・ステップかまくら」)、(10)川喜多映画記念館での展示可能な遺品もっと読む
2015-02-19 鎌倉市議会 平成27年度一般会計予算等審査特別委員会−02月19日-01号 鎌倉市観光基本計画推進管理委員会委員名簿(過去5年分)、(5)鎌倉市社会福祉協議会(平成26・27年開催)の理事会議事録、(6)鎌倉市社会福祉協議会(平成26・27年開催)の評議員会議事録、(7)鎌倉市社会福祉協議会労組が社会福祉協議会に要求した資料(書面等)、(8)たんぽぽ保育園に対する市の支出明細の資料(平成26年度分)、(9)職員研修制度ガイドブック(「ホップ・ステップかまくら」)、(10)川喜多映画記念館での展示可能な遺品もっと読む
2014-12-24 鎌倉市議会 平成26年12月定例会−12月24日-09号 しかし、その記念館に展示する御夫妻の遺品は何一つ御寄附をいただいておらず、全ての備品リストすらない中で、プロポーザル方式で他の団体が応募することは大変難しく、見方によれば、市が建物を建てて、年間約3,500万円を支払い、川喜多財団が運営するという構図は、川喜多財団のために市がお金を出しているとの解釈が成り立つものであります。  公金を使う以上、「李下に冠を正さず」であります。 もっと読む