78件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-09-11 令和 1年 第4回定例会-09月11日-03号

本議案は、遺品整理や引っ越し等に伴い一時的に多量に排出される家庭系廃棄物、いわゆる一時多量ごみへの対応に伴う条例改正となっています。高齢化社会の進展により、一時多量ごみへの対応が重要となってくる中での取り組みではありますが、同時に市民の不利益につながるような仕組みとならないよう議論を重ねていく必要があります。

川崎市議会 2019-06-20 令和 1年 第3回定例会−06月20日-03号

高齢者遺品整理についてです。ひとり暮らし高齢者が亡くなった際の遺品整理は社会問題となっています。市営住宅では入居者の死後、遺品が放置されたままの住戸が20戸もあり、そのうち2戸については10年以上が経過している実態があります。市営住宅の募集方法など改善を進めている中、看過しがたい状況です。見解と対応を伺います。  

鎌倉市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会−06月06日-02号

事業の概要でございますが、本人の終活課題である看護ケアや延命治療意思葬儀、納骨、遺品整理等の死後事務等について整理をした後、本人と葬祭事業者が生前に委託契約締結するものでございます。その後、市は登録カードを作成し、本人、市、葬祭事業者、それぞれがそのカードを保管し、必要になったときに速やかに対応できるようにするものでございます。

川崎市議会 2019-03-11 平成31年  3月環境委員会-03月11日-01号

◎大澤 環境局長 本市では、遺品整理や引っ越し等に伴い臨時かつ多量に発生する家庭系ごみ、いわゆる一時多量ごみにつきまして、超高齢社会への対応など社会状況の変化も踏まえまして対応策の検討を進めてきたところでございます。  このたび、一時多量ごみへの新たな対応について(案)を取りまとめましたので、広く市民、事業者の皆様の御意見を募集することといたしました。  

川崎市議会 2018-12-19 平成30年 第4回定例会-12月19日-09号

◆57番(大島明) こうしたアパートやマンションで孤独死を迎え、引き取り手のないような場合の遺品はどのように処分するのか伺います。また、今後、高齢者人口の増加とともに、ひとり暮らしの高齢者数も増加傾向にある中で、身寄りのない孤独死だけではなく、遺品の処分については需要の高まりとともに、さまざまなケースも考えられますので、行政としても対策を考えていくべきと思いますが、環境局長に伺います。

相模原市議会 2018-09-26 平成30年  9月定例会議-09月26日−06号

家賃滞納や入居者の死亡後の遺品整理など、オーナー側の不安解消に努め、相談や情報提供、セーフティネット住宅の確保などが進められるよう、本市でも居住支援協議会を早期に設立すべきと考えます。前向きに検討中と承知していますが、整理すべき課題とスケジュールを伺います。また、居住支援協議会は、自立相談支援事業を行う生活困窮者自立支援制度の受託機関と連携を図ることでスムーズな支援につながると考えます。

川崎市議会 2018-09-12 平成30年 第3回定例会-09月12日-03号

次に、廃棄物収集に係る許可についての御質問でございますが、近年、高齢単身者世帯が増加傾向にあるなど社会状況の変化から、市民ニーズがますます多様化していくことが考えられ、遺品整理や引っ越し等で一時的に大量に発生するごみにつきまして、新たな対応方策を講じていくことが必要と考えております。

座間市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第4日 9月 7日)

亡くなった後、遺品などはどうすればよいのかなど、人生の終えんに向けての事前の準備は元気なときにこそできるものです。  一方、ひとり暮らしの方や身寄りがない方、身内と疎遠になっている方、ましてや経済的にゆとりのない高齢者の中には、自身の葬儀や亡くなった後の後始末に対する不安を持っている方もおられます。  

鎌倉市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会−09月06日-02号

文学館は、先ほど歴史のすみ分けについての確認をしましたけれども、それは、文学館についてはそこで分けているものじゃなくて、鎌倉ゆかりの文学作家や作品に着目して、文庫ですとか遺品等を収蔵するという施設であります。この文学館には一体どのようなものがどのくらいあるんでしょうか。また、データベース化というのは進んでいるのでしょうか。お伺いをいたします。

藤沢市議会 2018-06-21 平成30年 6月 定例会−06月21日-06号

100円家事代行というのをやっていらっしゃって、会話で世の中を豊かにするということをモットーに、電球交換5分で100円、瓶のふたあけ100円、助かるサービスというのは5分で300円、大型家具の移動とか、あと、社会課題の解決として、片づけられないお部屋の手伝い、遺品の整理ですとか、ごみでいっぱいのお部屋を整理するなどをされています。

相模原市議会 2018-03-23 平成30年  3月定例会議-03月23日−07号

また、ごみ収集業務経費に関連して、遺品整理の際に生じる廃棄物の取り扱いに対する市の見解が問われました。  塵芥処理施設建設費の北清掃工場設備等改良事業に関して、具体的な事業内容が、北清掃工場基幹的設備等改良事業継続費に関して、工事期間中における市民への影響が尋ねられました。