運営者 Bitlet 姉妹サービス
15361件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 座間市議会 平成30年第4回定例会(第5日12月21日) 本陳情は、座間市都市計画道路広野大塚線の一刻も早い整備を求めるものであります。都市計画道路広野大塚線とは、海老名市境の大塚本町交差点付近から県道座間大和線、相模が丘小学校付近までの延長4,510メートル、幅員22メートルで都市計画決定されている道路であります。 もっと読む
2018-12-20 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月20日-07号 虐待問題を考えるポイントは、子供虐待のおそれと、深刻な子供の虐待の区別が必要で、両者では対応の仕方が異なるということでした。子供虐待のおそれは、子育てに対する問題について相談したい、助けてほしいと、自己の行為に対して親の側に葛藤があり、この場合は、情報提供や相談窓口など行政の子育て支援策などが有効です。 もっと読む
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月19日-06号 財政の問題は深刻で、抜本的にこの問題は解決できそうにありません。そうすると、いかに経費を節約して人に経費を割けるか、あるいは業務を軽減して限られた人材で業務を効率化するかといった方法しか残されていないことになります。  そこでお伺いいたします。中学校給食についてですが、今まで我が会派は一貫して必要性を強調してきましたが、財政の問題等で前向きの回答はなかなか得られない中で今日まで来ております。 もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 またはもう一つには、体験型でありますとか、滞在型を考えると、市内への誘導路としての鉄砲道の電線地中化等によるメーン道路としての定義づけなど、さまざまな諸問題があるわけで、それを含めた中でさまざまな施策、どう合わせていくかというのは非常に重要な問題になると思いますけれども、その辺についてはいかかが、伺っておきます。   もっと読む
2018-12-18 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2018-12-18 との質疑に対し、「新総合計画を初めとして、新東名高速道路開通に伴う周辺整備など、各部にまたがる事業のうち、本市全体の土地利用的な部分を統括することで、政策部に求められる機能の強化を図るものである。」との答弁がありました。   もっと読む
2018-12-17 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月17日-04号 そして何より一番の問題は、市も問題だとおっしゃっていますが、溺者発生事故報告書に記載のとおり、意識を失う重大な溺水事故であるにもかかわらず、119番通報を行い、救急車を要請すべきという点が満たされていないことや、調査を進めていく中で、プール開放運営体制、安全管理体制にも問題や課題があることが判明しており、特に緊急事態発生時の対応において、マニュアルに基づいた対応がなされていないなど、大きな問題も見受 もっと読む
2018-12-17 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月17日−05号 今回の補正予算は、職員の給与費やがん検診事業、助産施設等措置事業費など、対象者がふえたりして支払いがふえる項目などには賛成をいたしますが、問題点なのは、道の駅や(仮称)綾瀬スマートインターチェンジ関連事業費、放課後児童クラブ運営事業費などの問題が含まれています。  道の駅の問題では、事業費全体は明確にならない中で、今回調査等の事業費として約4,400万円という金額が計上されています。 もっと読む
2018-12-14 平塚市議会 平成30年 都市建設常任委員会 本文 2018-12-14 ただ、実際のところ、運用していく中でいろいろまた問題も出てくる可能性もございますので、その辺は実際に運用していく中で少し考えさせていただきたいなというふうに考えております。  あと、次のところの、工期が早まれば、使える状態になれば、それは告知をして使えるようにするのかというところでございます。 もっと読む
2018-12-14 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月14日-03号 次に、道路維持費、側溝浚渫事業費については、約600キロメートルに及ぶ道路敷内の側溝しゅんせつ業務は、日常、市民の要望に応えながら遂行していますが、ふいな台風や大雨は道路冠水などを引き起こし、道路交通や市民生活にも影響を及ぼすことから、今後は事務処理業務に加え、通常のパトロールとあわせ、予防保全にも取り組んでいくことを求めます。   もっと読む
2018-12-14 平塚市議会 平成30年 総務経済常任委員会 本文 2018-12-14 それほど魅力があるのかないのか、どっちに考えられるのかよくわからないけれども、指定管理者の公募となると、その公募には問題が出てくるのではないですか。その辺はどう考えているんですか。 もっと読む
2018-12-13 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月13日−04号 城山中学校の外周道路の整備について地元から要望があります。当該道路は外周道路ということもあり、登下校で生徒が利用しています。学校に通う子供たちは、通学路を利用して登下校をしています。当然ではありますが、その選定には安全な道を選ぶという大前提があります。しかし、距離的な問題などもあり、一部では大通りを横断したり、長い階段を利用したりする場合もございます。 もっと読む
2018-12-13 座間市議会 平成30年予算決算常任委員会都市環境分科会(12月13日) ○沖永委員  これ自身は国の行政事務として適切かどうかという問題でありますので、市で法定受託事務ということで言われれば、やらざるを得ないというようなお話だったかと思うのですけれども、ちょっとどうしても、こういう通知文を見ても法改正されていないのに法に基づいてとかいうところが余りにも事務の執行のあり方が国においておかしいなというのが率直なところでありますけれども。   もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 そうしますと、現状の道路を少し曲げまして、北側に1.数メートルの歩行者的な問題を解決するということで、手だてを今検討するように指示しております。来年度予算等で上がってくると思いますけれども、そのときにまた、皆さん方の意見を聞きながらやっていきたいと思っています。  以上でございます。 ○副議長(志野誠也 議員) 藤澤菊枝議員。 ◆(藤澤菊枝 議員) ありがとうございます。 もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 このような状況に加えて、バイパス開通による交通量の増加、また、県道が渋滞することによる周辺の生活道路の車両の通行などが新たな問題となっております。多くの期待と多額の費用をかけて建設した篠窪バイパスを有効なものとするためにも、県道708号の秦野市区間とその周辺の生活道路の安全対策は不可欠であり、早急な対応が必要と思うが、現状をどのように捉えていますか。 もっと読む
2018-12-12 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月12日−03号 ◎都市部長(金子廣志君) 過去に調査いたしました21件の危険ブロック塀の内訳でございますが、まず通学路は3件、緊急輸送道路の通学路が11件、緊急輸送道路では7件となっておりますが、ことしの11月末時点におきましては、通学路の改修が2件、緊急輸送道路の通学路の改修が2件、緊急輸送道路の改修が1件の計5件が改修済みとなっております。 もっと読む
2018-12-11 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月11日−02号 また、災害後の幹線道路の点検や河川などの点検も含め事前に協議しておけば、市からの依頼を受けて動くのではなく、業者のほうから情報が入ってくる体制のほうがよりスムーズに情報をつかむことができると思います。また、道路については、道路の管理区間を協会が毎年業者に割り振りをし、市へ報告していただく体制を整備し、毎年1回以上の情報伝達訓練を実施することが必要と考えます。   もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 現在、学校の教職員の多忙化が深刻な問題として取り上げられております。教員の長時間勤務の問題は、教員の健康面はもとより、教員が忙し過ぎて生徒たちと向き合う時間がとりにくいなど、教育の質の低下を招いていくことが懸念されております。   もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 4点目「生活道路等の窓口対応」についてです。  地域の方からご要望を一番多くいただくのが生活道路に関することです。道路補修については、要望すると、早い対応をしてくださり、現場の職員の皆さんには感謝するところではありますが、市民の皆さんにはその仕事ぶりはなかなか伝わっていないのも現実です。 もっと読む
2018-12-10 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10 例として、神奈川考古学財団が実施する新東名高速道路建設に伴う発掘調査において、数々の新発見など、大きな成果が上がっております。 もっと読む
2018-12-10 座間市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月10日) ただ、確かにしなければいけない、例えば今のある待機児童の問題であるとか、保育士の不足している問題であるとか、保育士の処遇の問題であるとかというところ、そこら辺もすごくやっていかなければいけないところなのですけれども、生活に困っている、保育が必要としている保護者にとっては、この無償化というのは本当に助かることだと思うわけですよね。  だけど、困ったものですよね。 もっと読む