運営者 Bitlet 姉妹サービス
1863件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 中井町議会 2018年12月07日 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 農林水産業費では、新規就農者確保支援補助金について、実績に応じた更正を行うとともに、台風24号により広域農道沿線において、倒木被害や施設被害が生じたことから、委託料、工事請負費を増額計上した他、農村環境改善センターのブロワーポンプ故障等に伴う修繕料を増額計上しました。   もっと読む
2018-09-21 秦野市議会 平成30年環境都市常任委員会 本文 開催日: 2018-09-21 ここで「道」としているものは、幅員が4メートル以上ございましても、農道や林道などで、道路法に基づかないものを言っております。そのため建築基準法上の道路にはなりません。これらの道に接している敷地で建物を建てるときには、認定や許可といった手続が必要になってきます。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-19 座間市議会 平成30年予算決算常任委員会都市環境分科会( 9月19日) ○道路課長  例えば市道4号線、いわゆる農道のところで1件か2件のケースは現在私は把握をしています。 ○沖永副委員長  市は道路管理者になるわけですし、その地役権の設定に関して、これは渉外課の担当になるのか道路でやるべきなのかというのはありますけれども、古い話ですよね、恐らくね、推測するに。 もっと読む
2018-09-13 清川村議会 平成30年 9月定例会(第2号 9月13日) 次に、4目、農地費、01事業、農地一般管理事業は、48ページに続きますが、農道堀田線用地整備にかかる経費のほか、農道の修繕を行いました。  次に、5目、鳥獣・ヤマビル被害対策費は、鳥獣による農作物及び生活被害の軽減を図るため、四つの事業を実施しました。01事業、有害鳥獣等被害対策事業は、イノシシの管理捕獲及びタヌキなど小型動物の捕獲を行いました。   もっと読む
2018-09-10 茅ヶ崎市議会 平成30年 9月 決算特別委員会−09月10日-01号 174ページから177ページの目5農地費は、農業基盤整備や農道・用排水路維持管理などに要する経費など8049万7014円を支出した。  176ページ、177ページの項2水産業費目1水産業振興費は、職員給与費のほか、水産業の振興に要する経費2335万6695円を支出した。   もっと読む
2018-09-05 清川村議会 平成30年 9月定例会(第1号 9月 5日) 御所垣戸につきましては用地買収は既に終わっておりますけども、平成29年度につきましては、こちらの事業地に接道する農道、こちらが境界関係に関する整備を進めておりました。   もっと読む
2018-09-04 中井町議会 2018年09月04日 平成30年第3回定例会(第1日) 本文 また、県道から広域農道までの住宅の通る町道、椿河原1号線ですか、その間に関しては、事業者間で取り決めがなされておりまして、制限速度20キロという形で企業努力の中で対応はしているところでございます。町としても、その町道区間の住宅を通る部分の速度規制については、改めて組合また事業者に指導してまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。以上です。 もっと読む
2018-09-04 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第1号・開会・提案説明) 本文 開催日: 2018-09-04 農道改良事業では、県の補助金を活用し、戸川、堀西及び上大槻地区の農道を整備し、うち堀西地区については、事業が完了しました。  森林づくり事業では、里地・里山の保全再生への取り組みとして、30のボランティア団体と連携し、里山約43ヘクタール、里地約5ヘクタールを整備しました。 もっと読む
2018-09-03 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月03日−01号 農作物の生産性向上と農作業の安全を確保するため、農道整備と老朽化した井戸ポンプの改修を、実施主体の神奈川県と協力いたしまして、平成36年度完成に向け取り組んでございます。平成29年度は道路測量及び井戸ポンプの改修の詳細設計が完了いたしました。今後も神奈川県と連携協力いたしまして、早期完成を目指してまいります。  次に、20ページをごらんください。商業、観光の振興でございます。 もっと読む
2018-08-29 座間市議会 平成30年第3回定例会(第1日 8月29日) 農業経営者の生産基盤強化のため、県の施策の一つである農とみどりの整備事業を取り入れ、四ツ谷地区及び新田地区の農道整備を実施しました。  次に、商工費です。市内商業の活性化を図るため、商店街が実施するイベント事業への補助や商店会で維持・管理する街路灯の電気料に対する補助、また市商店会連合会が開設するホームページや活性化対策事業などへの運営費補助などを行いました。 もっと読む
2018-06-19 秦野市議会 平成30年第2回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-06-19 議員の御指摘のとおり、混雑が予想される場合は職員を配置するなどをいたしまして、園内への車両の誘導はもとより、県道、また、農道への駐車の禁止、また、公園利用以外の目的で駐車場を利用される方につきましては、混雑の時点には巡回指導により対応してまいりたいと考えてございます。  次に、駐車場の有料化でございます。 もっと読む
2018-06-12 海老名市議会 平成30年 6月 第2回定例会−06月12日-02号 では、これは、道路の基準というものはどのようになっているのかをお尋ねしたほうがよいと思うのですが、道路の中身も、基幹的な要素の道路と、生活道路とか、農道とか、緑道であるとか、幾つかのパターンに分けられるのではないかと思うのですが、海老名市は緑道を除いて全て番号で順次とっているというようなことなので、そこら辺の内容はそれでよろしいのかどうか、お尋ねいたします。 もっと読む
2018-06-05 中井町議会 2018年06月05日 平成30年第2回定例会(第1日) 本文 また、広域農道のトンネルの定期点検に係る業務委託、昨年度から実施しております大久保地区の町道石原線道路改良工事、平成28年度から「人にやさしいまちづくり事業」の一環として継続実施しております、宮原地区の老朽化した側溝蓋の補修工事について入札手続きを進めております。   もっと読む
2018-03-23 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-03月23日−07号 農地費の農道等維持補修費に関して、昨年10月の台風の影響で、相模川流域の一部の用水路から取水できなくなったことに対する対応状況が、農道等整備事業に関して、金原地区農業関連基礎調査業務委託における取り組み状況が尋ねられました。   もっと読む
2018-03-22 秦野市議会 平成30年第1回定例会(第6号・一般質問) 本文 開催日: 2018-03-22 今、できた堆肥を搬入するとか、あるいは、耕すための大型機械を入れるということで、農地に接続する農道が非常に大事になってきております。この写真は、今年度完成した堀西地区の農道ですけれども、非常に立派にできております。しかし、これから枝となって、左に入ったり、右に入ったりする、この農道に面していない畑がたくさんあるわけでございます。こういった畑をどうするかという問題がございます。   もっと読む
2018-03-14 中井町議会 2018年03月14日 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 それと半分形等の農道等についても、買収地については境界ぐいを入れて、公共施設との境目というものははっきりさせてございます。   もっと読む
2018-03-13 藤沢市議会 平成30年 2月 予算等特別委員会-03月13日-07号 説明欄に移りまして、細目01市単独補助事業費のうち、説明02農業用水路等改修事業費は水田等への安定した用水を確保するため老朽化の著しい取水堰等の補修及び用水路等の改修に対する助成に要する経費、細目02農業基盤整備事業費は農道や老朽化の著しい用水路の改修整備工事及び西俣野排水機場の整備改修に要する経費でございます。   もっと読む
2018-03-12 座間市議会 平成30年予算決算常任委員会都市環境分科会( 3月12日) ○沖永副委員長  農業生産基盤整備事業費の農とみどりの整備工事について伺いたいと思うのですが、僕の記憶する限りでは、毎年この農とみどりの整備事業といいますか、県の交付金を活用して農道を整備するという事業が、2カ年であったり、これがずっといろんなところで継続をしてきていると思うのですけれども、これというのは、毎年1カ所みたいな制限が、県からの交付に当たっては、あらかじめ座間市の枠みたいなのが決められているのですか もっと読む
2018-03-08 秦野市議会 平成30年予算決算常任委員会環境都市分科会 本文 開催日: 2018-03-08 農とみどりの整備事業では、幅員が狭い農道の拡幅改良を中心に、県の補助金を活用して実施するとともに、安定的な水利確保や揚排水機能の維持と事故防止を図るため、水路補修工事などの基盤整備を引き続き実施してまいります。  続きまして、土木費について、説明いたします。予算書は140ページとなります。 もっと読む
2018-03-07 中井町議会 2018年03月07日 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 例えば広域農道におきまして一部通過をしなければいけないということの中では、極力、その路線を通過する区間を短くしてほしいということの中では、業におきましては県道等を通過し雑色から進入してほしいとか、そういったものも含めまして全体の指導をしてきたというところでございます。 戸村裕司  隣市がこれを認可したわけです。 もっと読む