運営者 Bitlet 姉妹サービス
1225件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月12日-06号 細目03都市農業推進関係費のうち、説明01地産地消推進事業費は藤沢産農産物のPR及び地産地消の推進に関するイベントの情報発信等に要する経費、説明02環境保全型農業推進事業費は、環境への負荷を極力抑えた環境保全型農業の取り組みに対する資材の導入支援等に要する経費、説明03水田保全事業費は、水田の持つ生物多様性の確保や治水等の多様な機能の保全、拡大を図るため、減農薬等、環境に配慮した水田耕作の奨励に要する もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 私とすれば、被害があった時期に、例えばミカンが食べられてしまった時期に、それまでにかかった農薬とか肥料、あるいは摘果するとか、いろいろな草刈りとか管理がありますけれども、それらの人件費、そういうのも入っているのかどうなのか、その辺も少しお聞きいたしたいと思います。 もっと読む
2018-12-10 鎌倉市議会 平成30年12月定例会-12月10日-04号 では、三つ目になりますけど、生態毒性のある農薬についてです。農薬が私たちの体に健康被害をもたらし、さまざまな精神疾患やがんなどの病気と関連があるとの研究報告が調査結果であり、使用する際には注意が必要です。統計によれば、日本は世界でも上位を争う農薬の使用国です。国内の上位に北海道が含まれ、小学生のぜんそく児も全国一多いそうです。 もっと読む
2018-10-05 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号 河川整備事業等について、等々力緑地の民間活力導入について、市内業者への優先発注の取り組み状況について、迷惑道路構造物の撤去及び市有財産の活用について、公園緑地施設整備事業について、中原街道拡幅工事の蟻山坂工区について、歩道整備及び舗装における歩行者の安全確保策について、街路樹の保全及び樹木の診断について、早野聖地公園整備事業における車椅子利用者等の移動への配慮について、川崎国際生田緑地ゴルフ場における農薬散布 もっと読む
2018-10-03 藤沢市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-10月03日-05号 細目03都市農業推進関係費は、地産地消の推進に要した経費、化学農薬及び化学肥料の使用を低減する環境保全型農業の推進に要した経費及び水田の保全に要した経費でございます。  3目農業振興費の執行率は53.7%でございます。翌年度繰越額につきましては、産地パワーアップ事業にかかわる経費の事故繰越でございます。不用額の主なものは、遊休農地解消対策事業費の執行残でございます。   もっと読む
2018-09-28 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-28 そのほかにも、農薬や開発で、生息環境の悪化などにより、さまざまな要素による、生物が絶滅の危機にさらされている状況ですが、その生物種を国では絶滅危惧種としてレッドリスト化しております。環境省のレッドリスト2018の公表では67種についてランクの見直しがあり、昨年に比べて絶滅危惧種が41、追加されたと。今、合計3,675種となったそうです。 もっと読む
2018-09-27 海老名市議会 平成30年 9月 経済建設常任委員会−09月27日-01号 最後は、ご存じのように有機農法で、農薬を減らすために天敵の昆虫を導入したり、あとは、化学肥料を減らすために有機資材を使ったり、最後に、先ほど言ったように、農業機械の中でも、先進的な技術で、例えばブロードキャスターのように、これは農薬とか肥料の散布機なのですが、トラクターの後ろにつけて、効率よく、省力化を図りながら散布するような、こういったものを、いわゆる先進的な技術というふうに、うちとしては捉えさせていただいております もっと読む
2018-09-27 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(まちづくり分科会 第2日)-09月27日-09号 まず、川崎国際生田緑地ゴルフ場で、2017年度に使用された農薬について主なものを伺います。散布の情報の公表についても伺います。 もっと読む
2018-09-26 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-26 調整区域と比較した場合、農地の連檐性が低く、農業機械等の効果的な活用ができないことなどが考えられますが、実際、営農を行う上でも、農地が居住区域と近接しているため、農薬やほこり、臭気などに起因する問題が発生しやすいといった課題を抱えております。   もっと読む
2018-09-20 海老名市議会 平成30年 9月 第3回定例会−09月20日-04号 近年、ドローンについては、農薬散布や自動測量、インフラの点検といった分野はもちろんのこと、消防分野においてもさまざまな可能性を秘めた機器であると認識しております。消防分野において、災害が発生した場合、早期の情報収集が消防の活動を大きく左右するため、ドローンは情報収集機能の一翼を担う重要な機器であると感じております。  そこで、現在の全国消防機関におけるドローンの導入状況について伺います。   もっと読む
2018-09-20 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(総務分科会 第1日)-09月20日-02号 農薬散布による近隣対策として、防薬ネットを希望する農業者全てに利用してもらうよう支援すべきではないでしょうか、伺います。さらに、農業経営支援・研究事業などを活用し、農薬などの散布については、内容などを梨園の近隣住民に発信し、梨畑の周辺の皆さんに周知できないのか伺います。以上です。 もっと読む
2018-09-14 秦野市議会 平成30年予算決算常任委員会環境都市分科会 本文 開催日: 2018-09-14 現物審査は、糖度、形状などが基準値以上であるか、書類審査につきましては、農薬及び肥料が適切に使用されているか、生産工程は適切に管理されているかなどを要件としているため、申請者には高い生産技術と安全性の意識が求められています。  現在、優良農産物として認証を得ている品目につきましては、梨、ブルーベリー、ブルーベリージャム、ブドウ、花の5品目であります。   もっと読む
2018-09-12 川崎市議会 平成30年 第3回定例会-09月12日-03号 次に、本市都市農業に対する効果についてでございますが、同センターの研究成果が市内で活用された実績といたしましては、多摩川梨の生産者が、スピードスプレーヤーと呼ばれる農薬の飛散と騒音を大幅に低減した農薬散布の機械を活用されている事例などがございます。都市部での営農は近隣住民への配慮も必要でございますので、このような環境に優しい農業機械の研究開発は都市農業の振興にも寄与するものと考えております。 もっと読む
2018-09-10 中井町議会 2018年09月10日 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 その井戸が全く農薬で使われない状況になっています。だけど、車、洗車したりに使っている人もいるようですけれども、防災のために考えたら、ある程度、井戸があるのであれば、チェックして、災害時に使用可能ということの表示なり何なりしなきゃいけないと思うんですね。ですから、その辺はどうでしょう、やっていただけますか、これは。 環境上下水道課長  お答えいたします。 もっと読む
2018-09-06 鎌倉市議会 平成30年 9月定例会−09月06日-02号 ◎奈須菊夫 市民生活部長  「鎌倉やさい」は、新鮮、安全・安心な野菜づくりのため、減農薬、減化学肥料や生産履歴の記帳、管理などを行い、鎌倉ブランド会議農産物部会が定めます一定の要件に同意した鎌倉ブランド登録農家が生産しているものでございます。 もっと読む
2018-06-27 大和市議会 平成30年  6月 定例会−06月27日-05号 そこには、農産物や関税やセーフガード、残留農薬基準、食品添加物規制、自動車の安全基準、薬価制度など、国民の命と暮らしにかかわる項目が並んでいます。政府はこれら米国の要求がFFRの協議対象となるのかとの質問に、対象にしないとは合意していないと答えています。これは一方的にアメリカに譲歩を迫られることになり、TPP11の承認はその出発点になると強く懸念します。TPP11を承認すべきではありません。   もっと読む
2018-06-18 綾瀬市議会 平成30年6月定例会-06月18日−03号 放射性物質と、もう1つ気にされるのが農薬の有無だと思います。そこで、農薬の使用について質問しますが、最近よくテレビやさまざまなメディアで、オーガニックというような言葉を目にすることがございます。 もっと読む
2018-06-06 清川村議会 平成30年 6月定例会(第1号 6月 6日) 次に、要旨2点目の野菜や加工品等の質の向上と安定した納入につきましては、お客様に安全な商品を安定的に供給するため、出荷者協議会規約において、農産物では農薬の使用履歴等を記載する農産物栽培履歴表や出荷予定表の提出を生産者にお願いをしております。  加工品につきましては、原材料や内容量、賞味期限、保存方法などの表示を義務づけており、質の向上に努めておるところでございます。   もっと読む
2018-06-04 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月04日-01号 子ども・若者応援基金積立金は、大きな額の寄附金がございましたことから予算を増額するもの、2項2目保育事業費の民間保育所施設振興費は、保育士の業務負担軽減を図るため、国の平成29年度第2次補正予算を活用し、認可保育所等が登園管理などのICT化を進めるために必要なシステムの導入費用に対し補助を行うもの、5款健康福祉費は303万円の増で、これは、9項2目健康安全研究所費の調査研究事業費で、食品に残留する農薬もっと読む
2018-05-30 川崎市議会 平成30年  5月健康福祉委員会−05月30日-01号 内容でございますが、食品に残留する農薬等の成分物質に関する試験法の開発・検証業務を国から受託し、実施するものでございます。  続きまして、黄色い表紙の平成30年第2回川崎市議会定例会報告第2号〜報告第10号の1ページをお開き願います。 もっと読む