1409件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅ヶ崎市議会 2019-09-30 令和 元年 9月 総務常任委員会-09月30日-01号

この方は首や腰の痛み訴え治療をしている。治療期間が6月21日から8月29日まで70日間で、途中で本人の希望治療を中止している。治療を中止した場合、保険会社の規定により治療期間に7日を足すということで、総治療日数が77日、日額4200円を掛けた金額が慰謝料となっている。 ◆岸正明 委員 追突した職員は何でもなかったのか。 ◎青少年課長 職員はその際、体の状態を確認したが、異常はなかった。

茅ヶ崎市議会 2019-09-25 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月25日-02号

衛生費、保健衛生総務費、病院事業会計負担金6億1128万7000円については、市立病院経営の立て直しへの6億円は、財政の厳しい中、大変な痛みを伴った負担金の投入となります。それだけに立て直しのロードマップの4年間は待ったなしで経営改革が行われなければ、市民からの信頼もまた回復できないと考えます。

茅ヶ崎市議会 2019-09-13 令和 元年 9月 総務常任委員会-09月13日-01号

財政の厳しい中で、かなり痛みを伴って6億円を負担し、待ったなしで病院経営を建て直ししていかないといけない状態は、行政にとってもとても大変なことである。私は、議会も同時に相当に腹をくくって、この6億円に対して責任をとっていく必要があると思う。そうでないと、市民に説明がつかないと思うので、各委員がどう考えているかを聞きたい。 ◆柾木太郎 委員 先ほど質問の中で言ったとおりである。

茅ヶ崎市議会 2019-07-19 令和 元年 7月 全員協議会-07月19日-01号

◎内藤 副院長 いろいろな改革を進めるときに何がしかの痛みを伴うことは当然あることで、痛みの大きさはいろいろあると思うが、病院の話は存続にかかわるものなので、それなりの意識を持ってもらわなければいけないとの思いはある。一方で、人材の流出という別の面における病院存続にかかわることも同時に避けなければならず、そこのところはうまくバランスをとる必要があると思っている。

川崎市議会 2019-07-03 令和 1年 第3回定例会−07月03日-08号

病名もわからないまま、痛みも引かず、精神障害2級の診断が下され、痛みどめの薬の処方をされていました。原因不明とはいえ、日に日に歩行困難となり、つえや車椅子が必需品となってしまいました。先日のNHKの番組でも取り上げられておりましたが、悪化して寝たきり生活を余儀なくされている様子が報道されておりました。患者数は全国で30万人とも言われております。

秦野市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2019-06-21

新たに市民に負担を求めるのか、それとも、既に行っているサービス、事業を取りやめるのか、どちらにしても、市民痛みを感じていただくことになります。そして、それこそが政治家のする仕事だと私は常々考えています。  しかし、今回の定例会で、再三私は、この69億円、エレベーターを入れて75億円程度のお金はどこから持ってくるのかということを聞きましたが、答弁はありませんでした。

海老名市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 議会改革特別委員会−06月21日-01号

そういった中で、人口減に向かっていく今のタイミングというのは、非常に大切なときでありまして、これから、今までよく言われる右肩上がりの時代から、全てのものをできなくなっていく、つまり、痛みを伴いながら、じゃ、どこに重点を置いていくのかということをしっかりと議論していかないといけない時代に既に入ってきているのだというふうに思うのです。

大磯町議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第 9日目 6月 5日)

時には、町民の皆さんに判断をいただき、それが痛みを伴うこともお願いをするかもしれませんが、誰もが平等に、かつまた安全・安心に暮らしていける町の実現に向け、行財政運営を進めていかねばなりません。  口ではこのように申し上げますが、これをどのようなまちづくりに向けて、今年度の予算は過去最大の予算規模となったか、お話をせねばなりません。  財源確保のため、例年よりも多くの町債を予算に計上しております。

藤沢市議会 2019-03-20 平成31年 2月 定例会−03月20日-06号

そのためには他の支出の削減を含め、既得権益層の痛みを伴う政策として実施しなければ、真に未来を見据えた持続可能な政策とは言えないと思います。言いかえれば、住民負担もなく、行政サービスだけでは拡充される、そんな都合のよい話はどこにもなく、あるとしたら必ずどこかに隠された問題があり、やがてその問題が将来に新たな問題を生み出すのではないでしょうか。  

秦野市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2019-03-18

新聞でいろいろ読んで、秦野市はどうかなということで、今回のこういった質問をさせていただいているのですが、一般的に口腔崩壊の原因、これは子供たちが歯医者に行くのは痛みが伴うという思い込みが強かったり、歯医者に行きたがらないということも多いのですけれども、保護者は、仕事のために子供を歯医者に連れていく時間がとれないとか、乳歯は生えかわるから、治療の必要がないなどという考えもあるのかなと、忙しさや口腔ケア

海老名市議会 2019-03-08 平成31年 3月 経済建設常任委員会-03月08日-01号

消費税が上がるということで、経済の活性化のため、それから、そういった痛みが伴わないようにといいますか、大事な施策だと思いますので、しっかりと準備をしてやっていただきたいと思います。 ◆鶴指眞澄 委員 1点目、予算書14、15ページのプレミアム付商品券発行事業費についてでございます。

秦野市議会 2019-03-07 平成31年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2019-03-07

あとは足腰が痛いという方の43%の方が、痛みがなくなったとか、少し改善したという声も聞こえております。  あとは、体が軽くなったとか、体がやわらかくなったとか、そういった声も聞こえております。  あと体操の後に、サロンを行ったり、交流が広がっている地域もございます。将来的には、身近な地域で見守りや支え合いの活動ができるようになっていくのではないかということで、期待しているところでございます。  

真鶴町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日 3月 7日)

現在の装置は、老朽化しタイマー機能が故障してしまっておりまして、痛みの緩和等で多くの方が利用しているものでございますので、更新によりこういったことを解消していきたいというものでございます。  それから、電子内視鏡装置を購入いたします。現在の電子内視鏡装置の耐用年数が過ぎまして、スコープの不具合等も報告されているところでございます。こういったことから、この機器の更新をいたすものでございます。  

大和市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会−03月06日-02号

感染すると38度以上の高熱やせき、のどの痛み、倦怠感や関節の痛みなどの全身症状に襲われます。普通の風邪と同様にのどの痛み、鼻汁、せきといった症状も見られます。子供では急性脳症を、高齢者免疫力が低下している人では肺炎を伴うなど、重症化することがあります。死に至ることもあるということでございます。学校は、子供が毎日通うコミュニティーの場でもあります。

大磯町議会 2018-12-21 平成30年12月定例会(第 4日目12月21日)

時には、町民の皆さんには痛みを伴うこともお願いしなければならないと思っております。  今後も、進めていかなければならない事業は残されており、大きな予算を伴う事業もあります。そのような事業の実施に当たりましても、これまでと同様、しっかりと町の将来を見据えた中で、議会や町民の皆さんにも御理解をいただきながら、進めてまいります。  

藤沢市議会 2018-12-21 平成30年12月 定例会−12月21日-07号

痛みがあれば取ってほしいとの希望で月2回の訪問診療を受けている。家族は独居、妻は10年前に死去。子どもはない。現況、要介護1。だるさはあるが痛みはない。常々妻と一緒に過ごした自宅から離れたくないとおっしゃっている。食欲はないけれども酒は飲めるんだよと自宅でアルコールを摂取。その都度体調を壊すのでデイサービスを利用するようになっていた。  

藤沢市議会 2018-12-20 平成30年12月 定例会−12月20日-06号

また、ランドセルメーカーのセイバンの調査で、ランドセルを背負ったときに痛みを感じるかというアンケートをとり、そこでの回答では31.2%が痛みを感じると、そして、首の周辺に痛みを感じているケースが多かったという結果が出ております。  そこでまずお伺いいたします。重たい荷物を持って毎日通学することでの子どもたちへの体の負担、成長への影響をどのように考えていますでしょうか、お聞かせください。

相模原市議会 2018-12-18 平成30年 12月定例会議-12月18日−05号

また、市の高齢者等実態調査では、要支援の方で外出を控えている理由は、足腰の痛みが最も高く71%、次に多いのはトイレの心配で25.8%と、大きな差がございます。このような理由、背景によりまして、在宅生活を継続していくためには、買い物や移送サービスが必要との回答の割合が高くなったものと考えております。 ○米山定克副議長 久保田議員。 ◆28番(久保田浩孝議員) わかりました。