運営者 Bitlet 姉妹サービス
1714件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 座間市議会 平成30年第4回定例会(第2日12月 6日) かまれた場合は、毒性があるのは雌だけとはなりますが、紅斑、熱感や痛みなどが生じ、通常では数時間から数日で症状は軽減されると聞いております。現段階では、情報提供があった場合は厚木保健福祉事務所をご案内しておりますが、引き続き厚木保健福祉事務所と連携及び情報共有し、不安をあおり過ぎないように、必要時にホームページに掲載するなど対応しております。  以上です。 もっと読む
2018-12-06 秦野市議会 平成30年環境都市常任委員会 本文 開催日: 2018-12-06 95 ◯経営総務課長【15頁】 先ほどの答弁で局内会議等が毎月のように開催された状況でございますが、その際に今回、審査していただいている相手方の通院状況、こういったものは共済会からも連絡がございまして、長引いている状況、これが個人の問題であれば何カ月にもわたって相手方が痛みを伴っていると、そういった生々しい状況といったら言い過ぎかと思うのですけれども、実情 もっと読む
2018-09-28 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月28日−06号 後期高齢者医療制度は、この制度の導入を担当した厚生労働省の課長補佐が医療費が際限なく上がっていく痛みを高齢者に直接感じてもらうと言い放ったように、高齢者に負担増と差別医療を押しつける制度です。この制度の本質を理解した多くの国民の怒りの世論が広がる中、導入時に設けざるを得なかったのが保険料の特例軽減であり、当初最大7割の軽減措置をさらに最大9割まで軽減してまいりました。 もっと読む
2018-09-27 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-27 これは、人口減少なども同様で、増田レポートの発表を機に騒がれ始め、これまでの構造を短期間で変えるということは、かなり痛みを伴うことになってしまうと想像されます。  ごみ減量に対し、泣き言を言っても、ごみは減りません。 もっと読む
2018-09-26 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-26 さっき、教員が言われたかどうかというのは、小さな動きを、実際に、これ、学校いじめ防止基本方針の中で、たまたま大根小学校があったのですが、この中でも「人の心の痛みがわかるやさしさや思いやりのある豊かな心の育成」というようなこと、最近は、そういうことが軽い気持ちでいじるということを、からかうということだと思うのですが、そういうことが周りの人のことも考えずにやられているというようなことはあります。   もっと読む
2018-09-19 秦野市議会 平成30年総務常任委員会 本文 開催日: 2018-09-19 私たちは沖縄に押しつけておいて、痛みを感じない。  今、アメリカでよく銃の規制があります。全米ライフル協会が反対しています。そういう中で銃規制を強く要望するCNNニュースなどを見ていますと、先ほど今、インターネットで見ましたら、70%の、アンケート調査で銃規制をすべきだと、もっと強化すべきだと。一方では、銃規制をすれば銃犯罪がふえるというような考え方があります。 もっと読む
2018-09-13 秦野市議会 平成30年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2018-09-13 だが、協働と痛みの分かち合いの先には、行政への市民の不信感が大きくやわらぎ、市民の幸福が格段に増す未来が待っている。必要なのは、『実行への強い意志』だけである。」。  私、この結びの冒頭に書かれている、「なぜ地方自治体は存在するのか。それは人々が生きるため、暮らすためのニーズを満たし、現在の、そして未来への不安から人びとを解き放すためである。」。 もっと読む
2018-09-07 座間市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月 7日) 手術、抗がん剤、放射線などのがん治療は、傷跡、脱毛、皮膚の変色、爪の変化など、患者の体にさまざまな外見の変化が生じ、覚悟はしていても、身体的な痛み以上に精神的な苦痛を受けます。国立がん研究センターが抗がん剤治療の患者に闘病中の苦痛度トップ20を聞いたところ、女性では頭髪の脱毛が第1位で、その後にまつげや眉毛の脱毛、爪の剥がれなどが続きます。 もっと読む
2018-09-06 座間市議会 平成30年第3回定例会(第3日 9月 6日) それで、本当に救える命を救うために、苦しみ、悲しむ人たちをこれ以上出さないために、少しでも悩んでいる本人の痛みを取り除くということは本当に必要なことだと思います。   もっと読む
2018-09-03 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月03日−01号 また、経年劣化により痛みが激しかった各分団待機室の畳の張りかえを行い、消防団員の方が気持ちよく過ごせる環境整備を図りました。次に、下段の3目消防施設費でございますが、消防活動を効率的に運用するため、消防水利及び消防車両等の維持管理を行うとともに、年々増加している救急事案に対応する資機材の充実を行いました。 もっと読む
2018-06-22 大和市議会 平成30年  6月 定例会-06月22日-04号 自覚症状として、日に日に音量が小さく感じるようになる、音楽を聞いているときと後に耳鳴りがする、耳の痛みや頭痛を感じることがある、何もつけていないのに聴力が落ちている気がする、これは危険な状態と言えます。  主な原因は、1つ、大きな音を聞くことです。聞く音が大きければ大きいほど、耳にダメージが与えられます。100デシベルの音を15分以上聞くと難聴になると言われています。 もっと読む
2018-06-22 藤沢市議会 平成30年 6月 定例会−06月22日-07号 その後について、そのお客さんですけれども、痛みにどうにも耐えられない状態になって、救急で病院に行って治療を受けるような結果になったそうであります。自分もそうですけれども、お医者さんが苦手ですし、面倒くさいし、何かあったら怖いなというふうに思います。どうしても病院というのはハードルが高いというのが、多くの人の本音だというふうに思います。   もっと読む
2018-06-13 海老名市議会 平成30年 6月 第2回定例会−06月13日-03号 ◎市長(内野優) 基本的に、私も政治家ですから、市民に痛みというか、そういったものを求めることは誰もが嫌なのですよ。だって、はっきり申し上げて、評判が悪くなるではないですか。だけど、やらざるを得ないというときはあります。それを言うのですよ。 もっと読む
2018-06-11 座間市議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月11日) 日中、1人になることの有無については、日中1人でいることはほとんどないが66.3%、日中1人が多いが27.5%、また、昨年と比べて外出回数が減っているかについては、余り減っていないと減っていないを合わせた減っていないが82.1%、とても減っていると減っているを合わせた減っているが16.9%とこの中には、足腰の痛みやトイレの心配等で外出を控えているとの回答が多くありました。 もっと読む
2018-06-01 二宮町議会 平成30年第2回(6月)定例会(第6日目) 本文 介護が必要な人の主な原因として、脳卒中、認知症がよく知られていますが、実は、約5人に1人は、関節の痛みや転倒による骨折など、運動機能障がいが原因になることはあまり知られていません。最近の研究で、骨や関節などの多く、運動機能障がいが高齢者に多く、1人で2つ以上あることも少なくないことがわかってきています。 もっと読む
2018-04-18 小田原市議会 平成30年  4月 総務常任委員会-04月18日−01号 その時の答弁が、確かできる限り市民にあるいは関係団体等に影響を及ぼさない範囲内で行政改革を進めていくのだという答弁がありましたし、さらには市民にもある程度の痛みを伴っていただくというような答弁もございました。そこでお伺いいたしますけれども、今回、なるたけ市民あるいは関係団体等に影響を及ぼさないのかどうか。逆にですね、市民に痛みを伴うというようなことは具体的にはどういうことなのか。 もっと読む
2018-03-16 茅ヶ崎市議会 平成30年 3月 総務常任委員会-03月16日-01号 今後の対応としては、市民には理解や負担を、職員には、国に準じるとはいえ地域手当の引き下げなど痛みを伴う改革にも取り組まざるを得ない状況にある。現在の厳しい状況を乗り越えるためには、まず行政運営のトップ、経営層がその姿勢、課題、決意を示さなければならない。今回の提案は、そうした責任や思いがあらわされたものと考えている。今回の特別職の給与減額は、こうした考え方で、このタイミングで提案した。 もっと読む
2018-03-15 藤沢市議会 平成30年 2月 予算等特別委員会-03月15日-09号 この点はどうしても黙って見過ごすわけにはいかないわけですが、この点、市としてこのままほうっておくのか、それとも創意工夫等を行うのか、最終的には将来的にこの必要性から、受益者ではない多くの市民に理解と痛みをも求めていくのか、この辺、今後の取り組みについてのお考えをお聞かせ願います。 もっと読む
2018-03-12 海老名市議会 平成30年 3月 第1回定例会−03月12日-04号 僕の経験だと、うちの母親はもう他界して、いないのですが、子どものころ、かなり体が弱くて、病院に通ったりしていたのですが、お医者様も原因がわからなくて、痛みがとれなかったりしていたのです。 もっと読む
2018-03-06 相模原市議会 平成30年  3月 総務委員会-03月06日−01号 本当に必要があれば別だが、それを言うことで、子供の心にどういう痛みや摩擦を起こしてしまうのかなど、いろいろなことを考えると、Jアラートの訓練がある、サイレンが鳴るということに対して、とても嫌な思いをしたと聞いた。必要なことはいいと思うが、必要以上のことはする必要はないということだけは改めて言っておきたい。 もっと読む