運営者 Bitlet 姉妹サービス
593件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 平塚市議会 平成30年 環境厚生常任委員会 本文 2018-12-17 事業者ごとでは、昭和電工株式会社に約1813トン排出し、ここで水素ガスや一酸化炭素ガスがつくられ、その後、次の事業者により、アンモニアを原料とする医薬品や二酸化炭素を原料とするドライアイス等に使われております。もう1つの事業者である新日鐵住金株式会社には、約1020トン排出し、ここで化学原料として再生され、その後は鉄鉱石の還元剤やボイラーや発電用の燃料等に使われております。   もっと読む
2018-09-27 海老名市議会 平成30年 9月 経済建設常任委員会−09月27日-01号 これは意見とさせていただきたいのですが、これは予算委員会でも述べさせていただいた部分ですが、本当に今聞いていると、公用車もすばらしい展開に寄与しているのかなと思いますが、現状、教育委員会のほうにありますので、ぜひ環境課のほうに戻っていただいて、市民の水素社会の実現という形にも寄与できるような展開を考えていただきたいと思いますので、これは意見とさせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-08-23 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-08月23日−01号 地球温暖化対策につきましては、水素エネルギーの普及を促進するため、燃料電池自動車の購入費助成を行ったほか、再生可能エネルギー等の利用促進を図るため、住宅のスマート化や中小規模事業者が行う設備導入の取り組みを支援してまいりました。   もっと読む
2018-06-28 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月28日−06号 3月11日の午後5時48分ごろ、廃棄物処理工場の倉庫内におきまして、コンテナに保管されておりました廃棄物でありますマグネシウムと水が反応いたしまして、水素ガスが発生し、静電気の放電により出火したものでございます。この火災により、倉庫の屋根90平方メートルを焼損したものでございます。   もっと読む
2018-06-13 海老名市議会 平成30年 6月 第2回定例会−06月13日-03号 今お話がありました、カーボン・マネジメント強化事業ということで、国の採択があってからのことだと思いますが、こういうことを推進していただきながら、海老名市には水素ステーションなどもありますので、ぜひ環境保全の意識啓発の取り組みも進めていただければなと思いますので、よろしくお願いします。  そして、SDGsを推進する上で、食品ロス削減への取り組みも重要な役割を果たすのではないかなと思っております。 もっと読む
2018-06-08 海老名市議会 平成30年 6月 経済建設常任委員会-06月08日-01号 腐食するおそれが大きい箇所とは、通称伏せ越し部と言われておりますが、河川等の下を横断する管渠とその上下流部のことであり、硫化水素が発生しやすく、コンクリートの劣化から表面が剥離し、鉄筋の腐食が進行しやすい場所となっております。   もっと読む
2018-06-08 大和市議会 平成30年  6月 総務常任委員会−06月08日-01号 硫化水素の発生や練炭自殺等の際、主に救助隊によってガスを検知した。 ◆(鳥渕委員) 今回購入する機器の大きさ、使用する人の体制に従来との違いはないか。 ◎  警防課長 従来の機材は検知管を使用するポンプタイプと検知紙タイプのものである。今回購入する機材は、それぞれおよそ長さ25.6センチ、幅14.6センチ、厚み6.1センチ、重さ1.9キログラムと非常にコンパクトなものである。 もっと読む
2018-03-23 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-03月23日−07号 また、住宅用スマートエネルギー設備導入奨励事業に関して、近年の奨励金交付件数の推移が、次世代クリーンエネルギー自動車等購入奨励事業に関して、奨励金の交付実績が、水素供給設備整備事業に関して、市内における供給体制、定置式水素ステーションの設置に対する補助の考え方が、環境等調査測定費に関して、昨年11月に境川で発生した小魚の大量死に関する調査結果や市の課題認識が尋ねられました。   もっと読む
2018-03-16 海老名市議会 平成30年 3月 経済建設常任委員会−03月16日-01号 2点目、今年度は予算がついておりませんが、29年度は環境保全対策事業費について、水素燃料電池車、FCVが予算がついておりませんが、これの詳細をお尋ねいたします。   もっと読む
2018-03-14 海老名市議会 平成30年 3月 総務常任委員会-03月14日-01号 また、自動車リース費用の増額、こちらのリース費用につきましては、平成29年度まで環境みどり課で管理しておりました水素自動車2台を平成30年度から施設管理課に管理がえするため、そのリース費用として増額をしております。そのほかに備品購入費としまして、車両不足を補うため1台増車しまして、また、現在13年以上経過している車両で、維持費用がふえている車両がございます。 もっと読む
2018-03-13 大和市議会 平成30年  3月 定例会−03月13日-02号 例えば産業振興では、商店街の歩行者天国化、地元企業を利用すると、5%分を市が補助する買い物カードですとか、起業するときの初期投資が少なくて済むネットショップの開設の支援ですとか、エネルギー政策では、大和市の最大の資源である人から出る生ごみや排せつ物を活用したバイオガスエネルギーや、そこから得られるリンを光触媒にした水素生成技術、こういったものをいち早く取り入れていこう。 もっと読む
2018-03-06 相模原市議会 平成30年  3月 環境経済委員会-03月06日−01号 環境共生部の主な事業としては、次期環境基本計画等の策定や、定置式水素ステーションの整備への補助など水素社会の実現に向けた取り組みを進めていく。また、相模総合補給廠共同使用区域内のスポーツ・レクリエーションゾーンの造成工事など、整備に向けた取り組みを進めてまいりたいと考えている。   もっと読む
2018-02-28 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-02月28日−02号 水素供給設備整備事業は、事業者が市内に定置式の水素ステーションを設置する際に経費の一部を助成するための制度と承知しておりますが、市では水素ステーションの市内配置について、どのように考えているのか伺うとともに、定置式水素ステーションの期待される効果について伺います。  次に、資源循環型社会の形成に向けた取り組みについて伺います。 もっと読む
2018-02-26 大和市議会 平成30年  2月 環境建設常任委員会−02月26日-01号 ◆(河端委員) 太陽光発電等推進事業について、低炭素型次世代交通のFCVが活用する水素ステーションは、横浜市で10カ所、海老名市でも1カ所整備されている。平成30年度からエネファームの設置補助は予定しているが、水素ステーションの設置に当たり、課題等はあるのか。 ◎  環境総務課長 具体的な検討はしていないので詳細は把握していない。 もっと読む
2018-02-20 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-02月20日−01号 地球温暖化対策につきましては、水素エネルギーの普及を促進するため、引き続き、燃料電池自動車の購入費への助成を行うほか、新たに定置式水素ステーションの整備に対する補助を行ってまいります。また、再生可能エネルギーの利用促進等を図るため、太陽光発電等の導入による住宅のスマート化や、中小規模事業者が行う省エネ設備等の導入の取り組みを支援してまいります。   もっと読む
2018-01-26 茅ヶ崎市議会 平成30年 1月 全員協議会-01月26日-01号 ◆花田慎 議員 資料3-1の維持管理業務業務計画書の25ページに、内容とは余り関係ないが、残留塩素測定は「毎週1回、水道水または専用水道から供給される飲料水の残留塩素のPH値を測定します」と書かれているが、pH値は基本的に水素イオン濃度、酸性、アルカリであり、残留塩素であれば㎎/l、もしくはppmと思われるが、この辺はどうなのか。 ◎スポーツ推進課長 数値の表現方法を再確認する。 もっと読む
2017-12-15 大和市議会 平成29年 12月 定例会-12月15日-03号 今のうちに大阪大学と水素技術の開発で連携をし、大和市から水素技術の実証実験の場の提供などを行うかわりに、いち早く最新の水素技術を大和市で生かし、まちの大きな特色にすることが必要と考えます。  そこで、大和市に伺います。こういった技術革新を受けて水素をエネルギーとして活用する水素社会をどのように考えているのか、また、新たな水素技術を開発した大阪大学と連携を図ってはどうでしょうか。   もっと読む
2017-12-13 横浜市議会 平成29年 政策・総務・財政委員会 例えば1つはエネルギーの部分で、トヨタがカリフォルニアで太陽光由来の水素発電で1000世帯ぐらいやるということやテスラーが蓄電池でオーストラリアで2万世帯分やると報道されています。 もっと読む
2017-11-30 相模原市議会 平成29年 12月定例会議-11月30日−02号 次に、水素社会の推進については、持続可能な社会に向け、利用段階では二酸化炭素を排出しない水素エネルギーの普及は、地球温暖化対策において急務と考えます。こうした中、本市では、平成26年12月に水素エネルギー普及促進ビジョンを策定し、さまざまな取り組みを進めていることは承知しています。現在までの取り組み状況と今後の計画を伺うとともに、水素社会の実現に向けて、燃料電池自動車の普及促進が必要と考えます。 もっと読む
2017-11-27 大和市議会 平成29年 12月 定例会−11月27日-目次 …………………… 123    1.災害時における避難所運営、避難生活施設及び帰宅困難者一時滞在施設につい      て    2.災害発生時の消防活動について    3.こども体験事業について    4.高齢者対策について   石 田   裕(虹 の 会)……………………………………………………………… 133    1.環境とエネルギーについて    (1)ソーラーパネルについて    (2)水素技術 もっと読む