運営者 Bitlet 姉妹サービス
159件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-18 綾瀬市議会 平成30年6月定例会-06月18日−03号 ◎消防長(小菅誠二君) 本市の消防団員の方で殉職された方はおりません。また、神奈川県内の消防団員殉職者を確認いたしましたが、一酸化炭素中毒によりお亡くなりになられた消防団員はおりません。 ○議長(武藤俊宏君) 金江大志議員。 ◆1番(金江大志君) わかりました。承知しました。   もっと読む
2017-12-18 川崎市議会 平成29年 第4回定例会-12月18日-07号 例えば、火災現場では炎や煙の色により燃焼状況、また、危険物などの特殊災害の現場では、ガスボンベの容器の色は水素が赤色、酸素が黒色、アセチレンが褐色など、その品目により色分けされており、現場活動中にガスの種類をそれぞれ瞬時に判断し、その災害現場に応じた活動方針や対応策を決定することが求められ、これらの判断を誤ると隊員の受傷、さらには殉職等の重大な事故につながるおそれもありますことから、消防職員の採用試験時 もっと読む
2017-06-22 大和市議会 平成29年  6月 定例会-06月22日-04号 また、1964年に東京都品川区の倉庫から出火し、12号倉庫に無許可で保管されていたプラスチック硬化剤が爆発、隣接する10号倉庫が崩壊し、外壁の下敷きになった品川区消防署員3名、大井、大森、蒲田、高輪の各消防署員4名、合計19名のポンプ隊員が殉職をしました。道路を挟んだ現場指揮本部も吹き飛び、指揮をとっていた蒲田消防署長のほか、指揮隊など100名以上の消防隊員が重軽傷を負ったと言われています。   もっと読む
2017-03-03 三浦市議会 平成29年総務経済常任委員会( 3月 3日) 一部を改正する条例でございますが、消防組織や消防職員に関する規定を削るものとして、第1条の三浦市職員の給与に関する条例から第6条の三浦市消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例及び第8条の三浦市行政手続条例、第9条の三浦市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例でございます。   もっと読む
2017-03-03 三浦市議会 平成29年総務経済常任委員会( 3月 3日) 一部を改正する条例でございますが、消防組織や消防職員に関する規定を削るものとして、第1条の三浦市職員の給与に関する条例から第6条の三浦市消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例及び第8条の三浦市行政手続条例、第9条の三浦市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例でございます。   もっと読む
2016-03-09 伊勢原市議会 2016.03.09 平成28年総務常任委員会 本文 このほかに、殉職消防団員の遺族に対する遺族補償年金等の支出がございます。  3からの事業概要につきましては、後ほど説明をさせていただきますので、予算額のみご説明を申し上げます。  3、消防団施設整備事業費、前年比1416万8000円増の1466万7000円でございます。 もっと読む
2016-02-26 海老名市議会 平成28年 3月 第1回定例会−02月26日-01号 第6項の海老名市消防賞慰金及び殉職者特別賞慰金条例の一部改正は、本条例を引用していた規定を省令及び政令の引用に改めるものでございます。  以上、大変雑駁な説明でございますが、よろしくご審議いただき、ご決定賜りますようお願い申し上げまして説明とさせていただきます。                 もっと読む
2016-02-15 湯河原町議会 平成28年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2016-02-15 第1条関係で、湯河原町消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金に関する条例の一部改正でございますが、第2条、第3条、第3条の2、こちらは文言の整理でございます。  裏面の3ページをお開きください。  第6条 審査委員会の組織でございますが、現行の総務部長を庶務課長に変更し、副町長、消防長、庶務課長、消防団長及び学識経験者とする改正を行うものでございます。   もっと読む
2016-02-15 湯河原町議会 平成28年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2016-02-15 第1条関係で、湯河原町消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金に関する条例の一部改正でございますが、第2条、第3条、第3条の2、こちらは文言の整理でございます。  裏面の3ページをお開きください。  第6条 審査委員会の組織でございますが、現行の総務部長を庶務課長に変更し、副町長、消防長、庶務課長、消防団長及び学識経験者とする改正を行うものでございます。   もっと読む
2015-12-01 茅ヶ崎市議会 平成27年12月 第4回 定例会-12月01日-02号 平成23年3月11日に発生いたしました東日本大震災では、消防団員が津波に伴う水門の閉鎖や避難誘導に取り組み、多数の殉職者が出てしまった状況においても、多くの消防団員が長期間にわたる広範な活動に対応し、高い評価を得たところであります。 もっと読む
2015-09-20 三浦市議会 平成27年度決算審査特別委員会( 9月20日) 公務中に殉職された方が198名と聞いております。このようなことは実際あってはならないとは思うんですけども、消防団員が公務中に殉職した際には、どのような補償があるのかお聞かせください。 ○笠小正幸消防団グループリーダー  ただいま委員のおっしゃられましたとおり、消防団員の方が公務中に殉職されるというようなことは、決してあってはならないというふうに思っております。 もっと読む
2015-06-23 茅ヶ崎市議会 平成27年 6月 総務常任委員会-06月23日-01号 東日本大震災において多数の消防団員が殉職したことを踏まえ、平成25年12月、消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律が施行された。この法律による重点取り組み事項として、消防団の装備の改善や消防団員の積極的な加入促進を図ること、及び、大学生等が消防団員として円滑に活動できるよう整備することが定められている。このことから、消防団員の任免要件として定めてきた内容の一部を改正するものである。   もっと読む
2015-03-01 寒川町議会 平成27年第1回定例会3月会議(第4日) 本文 一人でも多くの人を逃がさなければ、自分が助けてやらなければ、自分だけ逃げるわけにはいかない、そんな使命感や責任感が強い消防団員が、住民の避難誘導や水門の閉鎖などで253人が殉職し、命懸けの職務であることが全国に知らされました。  原発事故等により、いまでに故郷に戻ることができず、避難生活を余儀なくされている方々も多数おられます。 もっと読む
2015-02-26 海老名市議会 平成27年 3月 第1回定例会−02月26日-01号 第5条は、海老名市消防賞慰金及び殉職者特別賞慰金条例の第6条第2項第3号中「市議会総務常任委員会委員長」を「市職員の人事を主管する部等の長」に改めるものでございます。  附則でございますが、この条例は平成27年4月1日から施行いたしたいものでございます。   もっと読む
2014-09-26 相模原市議会 平成26年  9月定例会議-09月26日−05号 広島市で発生した土砂災害は、消防職員が殉職してしまうという事故を起こしてしまいました。また、相模原市国民保護計画では、ミサイルが飛んでくる中、消火に努めなければならない消防団員の災害補償について伺います。  次に、火災現場における消防団員の装備の充実についてです。首都直下地震など大規模災害に限らず、通常火災現場に出場することの多い消防団員の安全確保は重要です。 もっと読む
2014-06-23 藤沢市議会 平成26年 6月 定例会−06月23日-05号 最後ですけれども、東日本大震災では、消防団員みずからが被災者であるにもかかわらず、救援活動に身を投じ、住民の避難誘導や水門の閉鎖など、198人が殉職し、とうとい命を落としました。その消防団員としての使命感に敬服し、心から冥福を祈るばかりであります。  しかし、人を助けるためには、まず自分の命を第一に守らなければなりません。 もっと読む
2014-06-23 藤沢市議会 平成26年 6月 定例会−06月23日-05号 最後ですけれども、東日本大震災では、消防団員みずからが被災者であるにもかかわらず、救援活動に身を投じ、住民の避難誘導や水門の閉鎖など、198人が殉職し、とうとい命を落としました。その消防団員としての使命感に敬服し、心から冥福を祈るばかりであります。  しかし、人を助けるためには、まず自分の命を第一に守らなければなりません。 もっと読む
2014-06-16 綾瀬市議会 平成26年6月定例会-06月16日−02号 その一方で、活動中で多くの団員が殉職したのも事実であり、命懸けの職務であることが全国的に知られました。しかし、その実態は厳しく、全国的に団員数の減少が顕著になっております。1965年には130万人いた団員は、2012年に約87万人に落ち込んでおり、その背景には、高齢化に加えてサラリーマンが多くなり、緊急時や訓練の際に駆けつけにくい事情も団員減の要因とされております。 もっと読む
2014-03-17 伊勢原市議会 2014.03.17 平成26年3月定例会(第4日) 本文 その一方で、住民の避難誘導や水門の閉鎖などで198人が殉職し、命がけの職務であることが全国的に知られました。しかし、その実態は厳しく、全国的に団員数の減少が顕著になっています。1965年に130万人以上いた団員は、2012年には約87万人に落ち込んでいます。その背景には、高齢化に加えて、サラリーマンが多くなり、緊急時や訓練の際に駆けつけにくい事情も団員減の要因とされています。 もっと読む
2014-03-06 鎌倉市議会 平成26年度一般会計予算等審査特別委員会−03月06日-02号 公務災害ではございませんが、鎌倉市消防賞慰金及び殉職者特別賞慰金条例という条例がございまして、そちらの中で、死亡した場合には2,400万円から3,000万円の間で賞慰金を支給するという規定、あと公務災害見舞金要綱というのが抜けていました。大変申しわけありませんでした。 もっと読む