535件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊勢原市議会 2019-03-03 平成31年3月定例会(第3日) 本文

厚木南インターチェンジから伊勢原ジャンクションの間は、3月17日に開通することがNEXCO中日本より発表されましたが、建設予定の高架下工事が完了していないため、新築工事費を一部概算で算出せざるを得なく、現時点では妥当な金額と考えております。今後も引き続きNEXCO中日本と調整を行うとともに、新築工事着工予定であります9月まで工事費を精査し、費用の低減化に努める所存でございます。  以上です。

川崎市議会 2019-02-08 平成31年  2月まちづくり委員会-02月08日-01号

変更理由でございますが、廃棄物混じり土や軟弱地盤等への追加対策工事について、工事着手後の現場状況から廃棄物混じり土等の数量が減となったため、減額の変更を行うものでございます。  以上で平成31年第1回川崎市議会定例会に提出いたします建設緑政局関係の議案等についての説明を終わらせていただきます。 ◎磯田 緑政部長 緑政部長の磯田でございます。  

川崎市議会 2018-12-17 平成30年 第4回定例会-12月17日-07号

◎教育次長(小椋信也) 中学校給食における農産物の総使用量等についての御質問でございますが、本年1月から12月までの中学校給食で使用している農産物のうち、市内で生産がある、または県内産で使用した21品目につきましては、未請求分を含む概算の数字ではございますが、使用量は約628トン、購入額は約1億6,800万円でございます。

鎌倉市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会−12月11日-05号

これには、今現在、平成29年度の避難誘導標識について、適正かつ効果的な配置を行うべく、このサイン条件とか、設置箇所、構造、それから設置数量概算事業等を検討して、その標識を検討しているということを一ついただきました。  それともう一つは、材木座地区の皆様と鎌倉市との間で、まちづくりの観点を基軸にした津波避難対策も含めた地域の課題を解決することを目指した協議会が行われているということでございました。

鎌倉市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会-12月10日-04号

◎柿崎雅之 防災安全部長  沿岸地域の避難対策といたしましては、鎌倉市津波避難計画に基づきまして、平成29年度に本市の津波避難誘導標識につきまして、適正かつ効果的な配置を行うべく設置箇所、構造、設置数量、サイン条件、概算事業費等を検討したところでございます。これに基づきまして、平成30年度は長谷地区におきまして当該津波避難標識の整備を現在進めているところでございます。

藤沢市議会 2018-12-10 平成30年12月 子ども文教常任委員会-12月10日-01号

しかし、これは市側との調整の中で、やはり一定の定義をしないと、結局は政策の対象、あるいは対象者、数量ということになりまして、事業費といったことに影響してくるわけです。事業の中身もそうです。ですので、これはある程度のこのような定義をせざるを得ないのかなということで、ここに記載させていただいたというふうに私は理解しております。 ◆栗原義夫 委員 提案議員にお聞きします。

鎌倉市議会 2018-12-06 平成30年12月定例会−12月06日-02号

鎌倉の県道の課金するところの交通量の数量を見てみてください。そこから市民を抜いて、あと事業者も抜いて、そういう計算をするんですよね。あとは、その課金によって来なくなる人、今50パーセントって言いましたけど、市民も含めてどうなのって言ったら、はてなですよ。  それで、その後、またさらにびっくりしちゃったんだけど、歳入の使い道について市長言及されているんですね。

二宮町議会 2018-12-01 平成30年第4回(12月)定例会(第1日目) 本文

文部科学省では平成31年度概算要求の中で、その単価の引き上げを要求しているようですので、現在、その動向を注視しているところです。  次に、児童・生徒の学びの保障についてですが、学校教育については、国会で制定された学校教育法の規定を受けて、学校教育法施行規則で定められた学習指導要領により、各学校でカリキュラムを編成しているところです。

川崎市議会 2018-11-21 平成30年 11月まちづくり委員会−11月21日-01号

◆織田勝久 委員 全くの概算値も出ていないんですか。今、それは全く示されていないんですか。 ◎武藤 交通政策室担当課長 概算的な数字も出ていないところでございます。 ◆織田勝久 委員 でも、概算が示されていなくてもエリアがわかっているわけだから、川崎市サイドで、ある程度大ざっぱにわかるわけでしょう。

川崎市議会 2018-11-15 平成30年 11月まちづくり委員会-11月15日-01号

◎木村 みどりの保全整備課長 土地の買い取り価格についての御質問でございますが、詳細な金額につきましては、土地の鑑定評価をしないとわからないことでございますが、参考までに近傍の特別緑地保全地区の取得事例で概算を計算してみましたところ、平均でおおむねこの地域で平米当たり5万4,000円程度の金額がかかってございますので、単純計算で合計いたしますと、およそ28億円以上というような計算になってございます。

藤沢市議会 2018-10-03 平成30年 9月 決算特別委員会-10月03日-05号

湘南野菜生産育成費は、県内生産者全体を対象にしていたものを、市内生産者に限定をしていたということのようでありますけれども、27年度と28年度を比較すると、段ボール以外のその他資材の購入数量はふえております。それにもかかわらず補助率は引き下げました。その理由についてもお聞かせをください。

大磯町議会 2018-09-21 平成30年決算特別委員会( 9月21日)

○環境課長(片倉育洋君)  済みません、数量の答弁漏れがございました。回収量でございますが、平成29年度、259トンでございます。回収量は259トンでございます。よろしくお願いします。 ○決算特別委員会委員長(吉川重雄君)  鈴木委員。 ○決算特別委員会委員(鈴木京子君)  はい、わかりました。  

座間市議会 2018-09-19 平成30年予算決算常任委員会都市環境分科会( 9月19日)

有効水量の中で、有収水量は料金に係ってきますので、この数量は決まってきます。無収水量に関しましては、消防用水量、これは消防の事業で使われている水量、あと、管洗浄用水量、これに関しましては、施設の布設替え工事とかのときに管を洗浄して、結局つなぐときに、そのままでは給水としてできないので、管を洗浄する数量になっています。これに関しましても、管理するような数量になっております。

藤沢市議会 2018-09-12 平成30年 9月 補正予算常任委員会−09月12日-01号

あと来年度の、これは概算要求になりますけれども、厚生労働省で概算要求をしている中には、今回と同じような防災対策の経費ということが見込まれておりまして、まだ予算が決定しているわけではございませんけれども、来年度以降も御案内できる可能性はあるのかなと考えてございますので、そのあたりを見きわめながら判断していきたいなと思っています。 ◆井上裕介 委員 それでは質問させていただきたいと思います。  

海老名市議会 2018-09-12 平成30年 9月 総務常任委員会-09月12日-01号

登録も数量とかがありましたので、平成27年に変更の登録をして、中間貯蔵・環境安全事業株式会社、政府の100パーセント出資の会社に登録をして、そちらのほうで受け入れ体制ができたかどうか。できたという通知が来て、初めて処理ができるものでございます。 ◆市川洋一 委員 どうもありがとうございました。よく理解しました。 ○委員長 ほかに。                 

茅ヶ崎市議会 2018-08-31 平成30年 9月 第3回 定例会-08月31日-01号

御質問にありますように、東京都におきましては、民間事業者と協定を締結し、災害発生時に液体ミルクを調達する体制を整えておりますが、現在では海外からの輸入品に限られていることから、市町村といった小さな単位ではなく、都道府県のような支援が広域的な範囲に及ぶ、また、調達時に一定のまとまった数量が見込まれる際に特に有効であると考えております。

川崎市議会 2018-08-30 平成30年  8月まちづくり委員会-08月30日-01号

その理由といたしましては、京浜急行大師線連続立体交差事業につきましては、1期区間の東門前から川崎大師、鈴木町すりつけの工事着手時期を平成31年度に見直すとともに、概算事業費算出や事業再評価などの取り組みを実施したことから、達成度4の目標を下回ったとしたところですが、その他の配下の事務事業は、おおむね掲げた目標どおりに進捗しており、また、都市計画道路進捗率及び市内幹線道路における混雑時の平均走行速度につきましては

川崎市議会 2018-06-26 平成30年 第2回定例会-06月26日-07号

この点について議会で指摘したところ、市長からは、当該卸売業者は、3年間で取扱数量、取扱品目を段階的に増加させる事業計画としており、この計画に基づき順調に取引を拡大していると認識しております、また、この計画の中では仲卸業者との取引の拡大を図ることとしておりますので、計画の着実な推進に向け、開設者として適切に指導等を行ってまいりたいと考えておりますとの答弁をいただいております。