412件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

清川村議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第2号 6月14日)

今年度の補正の内容は、具体的には今年度につきましては、別所林道入り口付近の景観支障木の伐採を実施する予定でございます。  このような、従来進めておりました森林環境保全税の対象外で人目のつくような整備の行き届いていない森林の整備を進めてまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○議長(岩澤敏雄君) 3番、城所英樹議員

伊勢原市議会 2019-03-12 平成31年産業建設常任委員会 本文 2019-03-12

先ほども述べましたとおり、この事業は野生動物出没の抑制に効果があることから、野生動物が頻繁に出没している大山地区の整備を優先的に行っており、平成31年度においても、大山地区仁ヶ久保林道入り口東側及び龍泉寺西側などの約4.65haの森林整備を行う予定です。  以上です。(「了解です」の声あり) 94: ◯委員【前田秀資議員】  農業委員会についてお伺いいたします。

秦野市議会 2019-03-12 平成31年総務常任委員会 本文 開催日: 2019-03-12

242 ◯農業支援・鳥獣対策担当課長【25頁】 4月から実施隊を結成するということでございますので、今のところ予定しておりませんが、実施隊の活動をしていく上で銃器捕獲の実施に当たり、捕獲場所が林道もない山間部になることも想定されますので、今後、銃器駆除等に従事する実施隊員の声を聞くなど、状況の把握に努めていきたいと考えております。  

伊勢原市議会 2019-03-08 平成31年総務常任委員会 本文 2019-03-08

財政上は一般財源扱いでございますけれども、平成31年度の使途といたしましては、林道林業用作業道の維持管理経費、また、木材の利用促進として、打ち合わせ机、木質パネル、小中学校の机の天板等の費用の活用を想定してございます。  次に、地方消費税交付金増の要因は、平成30年度決算見込みと、国・県からの情報に基づき、増を見込んだものでございます。

海老名市議会 2019-03-06 平成31年 3月 総務常任委員会-03月06日-01号

1点目は、森林整備として、間伐などの森林整備や林道の整備、2点目として、担い手の育成確保といたしまして、森林ボランティア団体育成、3点目に、木材利用の促進といたしまして、公共施設等の木造化や木質化、それから、県産、国産木材物品の調達など、4点目といたしまして、普及啓発といたしまして、植樹イベントの開催ですとか、地域森林ボランティア活動への支援などが使途として考えられるのではないかと考えております。

相模原市議会 2018-12-18 平成30年 12月定例会議-12月18日−05号

その後、道路の土砂等を除去したものの、安全確保ができないため通行どめとしたことから、青根地域住民や隣接の道志村住民等の通勤、通学は県道76号や市道、林道等の藤野地域を迂回することとなり、12月4日に暫定通行として市道橋津原平丸が、一部片側通行でありますが、通行可能になり、災害発生から2カ月間も被害を受けることとなりました。

秦野市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12

3つのタイヤを駆使してあらゆる地形適応するギアでして、表丹沢の林道を上から下まで下ってくるなどが可能であれば、それが非常にいいのかなと思っております。このような形で大人も子供も非常に楽しめるというものです。  このスライドは、皆さんおなじみのパラグライダーですけれども、これは訓練風景で、秦野の菩提の山のところも、こういったところも、借りることになるのですが、あるのですよ。

秦野市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10

このスライドは同じく6月定例会質問させていただきました、丹沢の林道、作業道を利用したマウンテンバイクでございます。このスライドは、トレイルランニングでございまして、まだ秦野市では実施されてはいないのですけれども、この11月に、第62号ということで、秦野市議会調査報として御提供いただい中に、森林スポーツのことについていろいろ内容を提供していただいております。  

相模原市議会 2018-11-19 平成30年 12月定例会議-11月19日−01号

今回の補正予算には、10月1日の台風24号によって被害が発生した道路林道学校スポーツ広場などの施設災害復旧費用が6億1,900万円、国道413号の緊急点検、調査等に要する費用が9,000万円、風疹の抗体検査及び予防接種の対象者を拡充するための費用が900万円計上されています。  

湯河原町議会 2018-10-02 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年10月02日

また、神奈川  県地域防災計画では、集落の孤立を防ぎ、緊急避難路や迂回路としても利用できる広域  農道林道の整備による安全確保に努めることとしていることからも、緊急輸送道路で  ある国道135号のリダンダンシーとしても期待される広域農道小田原湯河原線につい  て一層の整備を推進し、早期完成を図ること。  以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出します。  

南足柄市議会 2018-09-26 2018年9月26日(水) 平成30年決算特別委員会 本文

産業振興課農林振興班は農林業の振興を行っており、ソフト事業が主なものでございますが、林道・作業道等の修繕のハード面や丸太の森、万葉公園の維持管理等を実施しております。  それでは、支出について御説明いたします。  148、149ページをお願いいたします。  5款農林水産業費、1項農業費、2目農業総務費は、支出済額4,921万3,730円で、執行率は99.3%でございます。

伊勢原市議会 2018-09-21 平成30年産業建設常任委員会 本文 2018-09-21

これまでの実績としましては、伊勢原市の森林から安定して木材を搬出するため、林道や作業路等の整備、伊勢原市森林組合に対する間伐材搬出や森林整備に対する補助を行ってまいりました。今後の対応としましては、引き続き森林整備等に対する取り組みを継続するとともに、今後は県産材の活用を図るために、川上である森林組合と川下である工務店や材木店とのつながりが必要であると考えております。

秦野市議会 2018-09-21 平成30年環境都市常任委員会 本文 開催日: 2018-09-21

ここで「道」としているものは、幅員が4メートル以上ございましても、農道林道などで、道路法に基づかないものを言っております。そのため建築基準法上の道路にはなりません。これらの道に接している敷地で建物を建てるときには、認定や許可といった手続が必要になってきます。  以上でございます。

相模原市議会 2018-09-20 平成30年  9月 決算特別委員会-09月20日−01号

林業振興費全般として、林業振興に対する市の取り組みの考えが問われるとともに、林道整備事業に関して、舗装整備による効果、崩落箇所への対応状況が尋ねられた。  商工費では、商工振興費のチャレンジショップ支援事業に関して、女性の起業希望者への支援内容が、トライアル発注認定事業に関して、認定製品の販路拡大に向けた取り組みが尋ねられた。  

伊勢原市議会 2018-09-20 平成30年総務常任委員会 本文 2018-09-20

1つが農道の、のり面崩壊、2つ目が林道の、のり面崩壊、3つ目が農業用取水堰用水路崩壊でございます。こちらの災害復旧の経費として充用いたしました。  以上です。(「了解です」の声あり) 232: ◯委員長【萩原鉄也議員】  ほかに。 233: ◯委員【川添康大議員】  公債費についてお伺いいたします。  

相模原市議会 2018-09-06 平成30年  9月 決算特別委員会環境経済分科会-09月06日−01号

◆古内明委員 続いて、林道整備事業について、平成29年度の決算額は128万円ということで、平成28年度の641万円と比べ約500万円減額になっているが、その理由について伺う。 ◎奈良津久井地域経済課長 当初、2路線の整備を予定していたが、いずれの路線も途中で崩落があり、1路線の整備を中止した。

大井町議会 2018-08-30 平成30年 9月 定例会(第4回)-08月30日−01号

整備に係る運営計画策定など、土木費では町営長井住宅整備事業やU・Iターン、多世帯同居等の新築やリフォームに対する住まい支援事業、道路改良事業など、教育費では小・中学校のパソコン教室端末の更新や名田庄小・中学校の給食を給食センター方式に移行するための備品購入、総合運動公園野球場人工芝張りかえ、福井国体のプレ大会として全日本大学レスリング選手権の開催など、災害復旧費では昨年10月の台風21号で被災した林道