100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊勢原市議会 2018-09-21 平成30年産業建設常任委員会 本文 2018-09-21

20款諸収入は、1614万4000円余りの減で、所管がえによる日本遺産活用促進事業費貸付金元金収入の皆増や、再商品化合理化等拠出金などが増となりましたが、農道集落道整備工事を平成30年度へ繰り越したことによる高橋沢砂防事業受託事業収入の減、太陽光発電施設の設置工事完了に伴いまして、大田地区土地改良区からの事業負担金の皆減などによるものでございます。  続いて、歳出でございます。

大磯町議会 2018-02-15 平成30年 3月定例会(第 1日目 2月15日)

農業振興地域の中には、今、議員御指摘の農地という部分と、そのエリア内には農業集落があったりですとか、そこはもう農地ではございませんので、そういった場所の部分も含まれます。  720ヘクタールのうち、ですから先ほど申しました301ヘクタール、こちらが農用地の面積でございます。  

厚木市議会 2017-12-08 平成29年第5回会議(第4日) 本文 2017-12-08

林業を取り巻く環境は、木材需要の減少や労働者の高齢化などにより森林や里山の手入れが行き届かず、荒廃化が進んでいる状況です。本市では、平成23年3月に、森林の荒廃の防止と森林の有する多面的機能の維持を目的に、森林再生や整備の指針となる元気な森づくり整備計画を策定し、平成28年度に改定を行い、計画期間を平成33年度まで延長いたしました。

秦野市議会 2017-09-26 平成29年第3回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2017-09-26

このような中、上地区に対して既存集落のコミュニティーの維持や存続を考慮し、さと地共生住宅開発許可制度の創設や、いち早く、公共交通対策である「かみちゃん号」の導入などに取り組んでいただき、市長を初め執行部の皆様の御理解に対し、地域を代表する者として、常々感謝を申し上げているところであります。  こうした中、やはり子供は地域の宝だと思っております。

小田原市議会 2017-09-12 平成29年  9月 建設経済常任委員会-09月12日−01号

(款)6 農林水産業費、(項)1 農業費、(目)5 農地費、農業生産基盤整備経費の農道・用排水路維持管理事業でございますが、不足が見込まれます修繕維持関係費を計上したものでございます。  次に、(項)2 林業費、(目)2 林業振興費、里山・森林保全経費の林道整備・管理事業でございますが、不足が見込まれます修繕・維持関係費を計上いたしたものでございます。  

相模原市議会 2017-06-27 平成29年  6月定例会議-06月27日−04号

市内の森林は、安価な外国産木材の流通や国産材に対する需要の低迷などで林業離れが進み、後継者不足にも見舞われ、手入れの行き届かない森林が増大するなど、厳しい状況が続いています。現在、水源の森林づくり事業を活用した市内森林の再生が図られているところですが、依然として厳しい状況です。

伊勢原市議会 2017-03-13 平成29年産業建設常任委員会 本文 2017-03-13

林業費で3点だけお聞きいたします。第2項林業費の141ページの、平成29年度予算の概要の49ページにも示されておりますけれども、第2目林業振興費について、平成29年度予算額4631万9000円の58%、2696万8000円が一般財源とされ、林業費、国県支出金は1899万円とされています。

厚木市議会 2017-03-09 平成29年 環境教育常任委員会 本文 2017-03-09

次に、土地改良事業費の農道整備事業費から、1枚おめくりいただき、38ページ、39ページの県営かんがい排水事業(相模川右岸幹線改修工事)負担金につきましては、対象事業費及び負担金額の確定や国庫補助金の交付決定に伴い減額するものでございます。  次に、林業振興費の枝打促進事業補助金から地域水源林整備事業費につきましては、施業面積が当初見込みより下回ったことに伴い減額するものでございます。  

秦野市議会 2016-09-15 平成28年度予算決算特別委員会環境都市分科会 本文 開催日: 2016-09-15

次に、125ページの(5)都市農業活性化推進事業費でありますが、地域の営農状況に応じた地域ぐるみの農業活性化を推進するため、地区営農推進協議会を開催し、地域や集落が主体となって取り組む農業活性化活動の支援に努めました。  また、地域などの課題解決や地区営農の活性化を図るため、新たな農産物の特産化や、掘り取り観光などの体験型農業への支援を行いました。  

小田原市議会 2016-09-09 平成28年  9月 建設経済常任委員会-09月09日−01号

(款)6 農林水産業費、(項)1 農業費、(目)5 農地費における農道・用排水路維持管理事業でございますが、農道、用排水路等につきまして、不足が見込まれます維持関係費を計上いたしたものでございます。  次に、(項)2 林業費、(目)2 林業振興費における林道整備・管理事業でございますが、不足が見込まれます維持関係費を計上いたしたものでございます。  

大磯町議会 2016-06-17 平成28年 6月定例会(第15日目 6月17日)

町内は都市計画法では4つの住居地域を用いているが、この4つの区分をさらに細分化し、緑陰住宅地、低層住宅地、低中層住宅地、一般住宅地、集落住宅地として、まちづくりの基本計画の中で方針を定めている。  問い、代官山周辺に風致地区をかけてほしいといった声が上がっているが、進捗状況はどのようか。  答え、代官山地区については、地区まちづくり協議会を立ち上げ、風致地区の指定に向け議論が行われている。

厚木市議会 2016-03-08 平成28年 環境教育常任委員会 本文 2016-03-08

次に、土地改良事業費の農道整備事業費から県営かんがい排水事業(相模川右岸幹線改修工事)負担金につきましては、対象事業費負担金額や国庫補助金額の確定に伴い減額するものでございます。  1枚おめくりいただき、48ページ、49ページをお開きください。林業振興費の除間伐促進事業補助金につきましては、施業面積が当初見込みより下回ったことに伴い減額するものでございます。