468件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

海老名市議会 2018-12-06 平成30年12月 文教社会常任委員会-12月06日-01号

1点目が危機管理対策です。今、民間に委託している中で、例えば、地震対策等ですが、全国的には、文化会館の大ホールを使って講演会と避難訓練を同時にやっているようなところもあります。ですので、この図書館に関しましても、危機管理体制を強化していただきたいことと、あとは、きょう、もう時間が余りないので、今の時点のことはまた今度詳しく聞かせていただきます。

川崎市議会 2018-11-01 平成30年 11月まちづくり委員会-11月01日-01号

石川建二 委員 もともと私は、例えばごみの散乱だとか、とりわけ路上生活者の方の再定着に関する対策だとかは、広告収入を充てるというものではなくて、本来行政が抜本的な対策を、特に路上生活の方の対策だとかは、いわゆる警備員を置いて追っ払えばいいということではなくて、抜本対策を講じる中でなくしていくという基本的な考え方がなければならないと思うんですが、今回の広告収入がどのぐらいになるかの試算はまだお聞きしていませんけれども

三浦市議会 2018-06-22 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日)

等改革推進債償還事業                特別会計補正予算(第1号)  日程第 6  議案第41号 財産の無償譲渡について  日程第 7  議案第42号 財産の無償譲渡について  日程第 8  議案第43号 工事請負契約締結について  日程第 9  議員提出議案第1号 三浦市観光振興条例  日程第10  議案第33号 専決処分承認を求めることについて  日程第11  議案第34号 三浦市いじめ問題等対策連絡協議会条例

三浦市議会 2018-06-20 平成30年都市厚生常任委員会( 6月20日)

○八巻貞司学校教育課長  調査委員会の主な役割は重大事案に関する調査になりますが、もう一つの役割として、実効的な対策、対応を研究する。それをフィードバックしてもらうという役割もありますので、状況によっては調査委員会対策案等を対策連絡協議会の中で報告していただき、また、そのメンバーが研修していくということも考えられるかと思います。

大磯町議会 2018-03-19 平成30年 3月定例会(第33日目 3月19日)

基準に従う範囲内で地域の実情に応じた内容とすることが許容されていることから、大磯町では、居宅介護支援事業者の指定の資格について、法人役員等が大磯町暴力団排除条例に抵触しないような形で上回る基準とした。  問い、町内にある居宅介護支援事業者は、人員の基準等、条例に準ずることができる状況であるか。  答え、3月31日までは県条例に従い、基準を満たした形で事業者を設定している。

厚木市議会 2018-03-08 平成30年 市民福祉常任委員会 本文 2018-03-08

次に、第2条につきましては、指定居宅介護支援の事業の申請者の資格を定めており、第1号では、介護保険施行規則第132条の3の2に規定する者を、第2号では、厚木市暴力団排除条例第2条第5号に規定する暴力団経営支配法人等でない者を規定するものでございます。なお、第1号につきましては、法人であることを規定したものでございます。  

三浦市議会 2018-03-08 平成30年都市厚生常任委員会( 3月 8日)

制定の内容でございますが、指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準省令に定める内容を遵守するほか、本市の独自基準としまして、指定居宅介護支援事業者は法人であり、三浦市暴力団排除条例第2条第2号に規定する暴力団または同条第5号に規定する暴力団経営支配法人等であってはならないこと。

相模原市議会 2018-03-07 平成30年  3月 民生委員会-03月07日−01号

◎有本障害政策課長 これまで国の基準省令基本とし、本市としては暴力団排除の規定を盛り込んで条例改正等を行っているところだが、今回、障害者支援施設が障害児の入所施設等の指定を受けて一体的に支援を提供している場合、従業員の数や設備に係る特例を廃止する。国の基準省令においては経過措置を設けているが、本市においては該当施設がないので、今回の条例改正においては経過措置を盛り込んでいない。

伊勢原市議会 2018-03-06 平成30年3月定例会(第6日) 本文

事務執行に当たりましては、全てのリスク排除することは困難と考えておりますが、今回のことに対しまして真摯に向き合い、改善を積み重ねるとともに、市民福祉の向上に一層取り組み、市民の信頼を回復して向上させていく所存でございます。 24: ◯議長【小沼富夫議員】  宮脇俊彦議員。 25: ◯1番【宮脇俊彦議員】  答弁ありがとうございます。

寒川町議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会3月会議(第5日) 本文

審査の中では、町暴力団排除条例との整合についてや、本条例施行規則における電子情報処理組織個人情報保護条例における電磁的記録とはどのように違うのかという質疑がありました。質疑の後の討論はありませんでした。採決の結果、全会一致で可決されました。  以上で、審査報告を終わります。

南足柄市議会 2018-02-16 2018年2月16日(金) 平成30年第1回定例会(第1日) 本文

本市独自の基準の1点目でございますが、サービス事業者の指定に当たり、事業者が暴力団等でない旨の規定を新たに設けることとしております。これは、本市では南足柄市暴力団排除条例を制定し、暴力団排除について規定したものでございます。このことから、指定居宅介護支援事業者の資格の条項に暴力団排除の規定を新たに設けることとしたものでございます。  

大磯町議会 2018-02-15 平成30年 3月定例会(第 1日目 2月15日)

1つ目は、申請者の要件として、利用者に安心してサービスを利用いただけるよう、指定居宅介護支援事業者の指定の資格要件に暴力団排除の規定を追加いたします。  2つ目は、記録の整備として、不適正な介護保険給付費の支給がされた場合でも、さかのぼって返還請求ができるよう、指定居宅介護支援事業者のサービス提供に関する記録の保存期間を国基準の2年間から5年間に延長いたします。  3ページをお開きください。