3920件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅ヶ崎市議会 2019-09-30 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月30日-05号

  杉 本 啓 子  議員       13番  早 川 仁 美  議員     14番  菊 池 雅 介  議員       15番  滝 口 友 美  議員     16番  阿 部 英 光  議員       17番  山 ア 広 子  議員     18番  岩 田 はるみ  議員       19番  小 島 勝 己  議員     20番  水 島 誠 司  議員       21番   

座間市議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第6日 9月30日)

初めに、議案第50号、令和元年度座間市一般会計補正予算(第5号)のプレミアム付商品券事業費、これは全額国庫支出金によるものであり、市の財政負担は生じませんが、10月よりの消費税対策としては余りに必要とする側の立場、思いからは遠い施策と言わざるを得ない対応であると考えます。本市では、1冊4,000円つづりで5,000円分の商品券5冊までを郵便局のみで購入可能とのこと。

茅ヶ崎市議会 2019-09-27 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月27日-04号

  杉 本 啓 子  議員       13番  早 川 仁 美  議員     14番  菊 池 雅 介  議員       15番  滝 口 友 美  議員     16番  阿 部 英 光  議員       17番  山 ア 広 子  議員     18番  岩 田 はるみ  議員       19番  小 島 勝 己  議員     20番  水 島 誠 司  議員       21番   

茅ヶ崎市議会 2019-09-26 令和 1年 9月 第3回 定例会-09月26日-03号

続きまして、学習指導要領の実施とアクティブ・ラーニングの推進に関する御質問にお答えいたします。  平成29年3月に告示された学習指導要領では、これまで大切にされてきた子供たちに生きる力を育むという目標を継承しつつ、一方で、社会の変化を見据え、よりよい学校教育を通じて、よりよい社会をつくるという目標を社会共有する社会に開かれた教育課程の編成が求められております。

茅ヶ崎市議会 2019-09-25 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月25日-02号

  杉 本 啓 子  議員       13番  早 川 仁 美  議員     14番  菊 池 雅 介  議員       15番  滝 口 友 美  議員     16番  阿 部 英 光  議員       17番  山 ア 広 子  議員     18番  岩 田 はるみ  議員       19番  小 島 勝 己  議員     20番  水 島 誠 司  議員       21番   

川崎市議会 2019-09-24 令和 1年 決算審査特別委員会(環境分科会 第1日)-09月24日-10号

また、処理費用につきましては、プラスチック製容器包装収集運搬委託料が約4億4,000万円、廃棄物鉄道輸送及び資源物積み替え運搬業務委託料が約2億5,000万円、ミックスペーパー・プラスチック製容器包装資源化処理業務委託料がミックスペーパーの選別作業も含めて約1億4,000万円、リサイクル業者への引き渡しに際し、市町村が負担するプラスチック製容器包装再商品委託料が約635万円となっております。

三浦市議会 2019-09-24 令和元年全員協議会( 9月24日)

                     小 林 直 樹                      神 田 眞 弓                      出 口 眞 琴 〇出席説明員        法制文書課長        鈴 木 基 史        選挙管理委員会事務局長   岡 部 隆 二        主査            山 田 省 吾 〇出席議会事務局職員        事務局長           

座間市議会 2019-09-18 令和元年予算決算常任委員会民生教育分科会( 9月18日)

あるいはざまりんすくすくギフト、紙おむつ等育児用品の支給事業は、育児に必要なさまざまな商品が自宅で選べる楽しさと自宅で受け取れる気軽さから、非常に好評を博している。こうした事業にも取り組まれています。  これらの事業における具体的な評価について伺うとともに、課題など、あったのであれば明らかにしていただきたいと思います。

大和市議会 2019-09-18 令和 元年  9月 定例会−09月18日-03号

平成15年5月に報告された、神奈川県県民部消費生活課の農薬類似成分商品の調査から、スーパーマーケット、ホームセンターなどで、1店舗平均15銘柄の農薬類似成分商品が販売されていたと報告されています。農薬類似成分商品とは、前述した非農耕地用農薬のことです。非農耕地用農薬として売られていたものの80.2%の商品に、農薬取締法で規制のある農薬と同じ成分が使われていたと報告されています。

座間市議会 2019-09-13 令和元年予算決算常任委員会都市環境分科会( 9月13日)

大   木   秀   樹   君    市民協働課長             安   部       到   君    市民協働市民活動係長        大   矢   俊   貴   君    市民協働交通防犯係長        齊   藤       純   君    戸籍住民課長             杉   浦   光   子   君    戸籍住民課窓口係長             

川崎市議会 2019-09-12 令和 1年 第4回定例会-09月12日-04号

プレミアム付商品券についてです。10月に予定されている消費税率の引き上げに伴い、消費に与える影響の緩和や地域経済を下支えすることを目的として発行されるプレミアム付商品券については、本市でも対象者へ申請のお知らせが配付されています。10月1日から商品券の利用が可能となることから、スムーズな審査と引きかえ券の発行が必要です。本市の対象者数と申請状況、審査体制と引きかえ券発送までの日数について伺います。

座間市議会 2019-09-12 令和元年予算決算常任委員会民生教育分科会( 9月12日)

備考欄32、24時間健康電話相談事業費は、契約締結の際、利用者の増加に伴い総額が上がったため、対前年度増でした。また、入札額の減により、予算現額に対し減でした。予防費の備考欄5、健康教育実施事業費は、健康づくり課の国保年金課からの受託事業において専任の専門職雇用したため、対前年度増でした。備考欄8、予防接種事業費は、主に予防接種者数が増加したことに伴う委託料の増により、対前年度増でした。

座間市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第5日 9月10日)

またグローバル化に伴い、海外で売れるサービス商品を提供していくために、多様な価値観や個性に重点を置き始めました。1990年代には、ダイバーシティの需要が進むことにより、企業の発展や経営の成果につながり、企業成長のための経営的なダイバーシティと進化していきました。2000年代には、多くの企業でダイバーシティが浸透しており、個性を生かし、新しい価値をつくり出す段階にまで達しています。

座間市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第4日 9月 9日)

今の学習指導要領目的というのですかね、どんな時代が来ようとも日本子供たちが生き抜いていけるような、そんな力をつけさせたいというのが学習指導要領の目標でもありますので、そういうところはしっかりと意識をしていきたいなと思っています。  それから、子供の参画ということについては、議員がおっしゃるとおりだと思います。

茅ヶ崎市議会 2019-09-06 令和 元年 9月 決算特別委員会−09月06日-01号

保険年金課長 インセンティブの付与という点では、今年度から商品券を配る事業を行う。ほかの市町村が全市的な健康増進を目指しているのとは違い、あくまで国民健康保険の特定健診の受診率を上げる目的で始めている事業である。国が進めている保険者努力支援制度という取り組みの中でも評価されるので、その点については改善している。

茅ヶ崎市議会 2019-09-05 令和 元年 9月 決算特別委員会−09月05日-01号

消防総務課長 平成30年度の活動内容としては、新規ピアサポーター研修4回、採用者研修1回、臨時研修、階層別研修、サポート面談、合わせて26回、167人を対象に実施している。 ◆山田悦子 委員 研修を行った職員の理解もしていると思うが、結果はいかがだったのか。 ◎消防総務課長 先ほどの研修の中でアサーション研修を実施している。

三浦市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第1号 9月 5日)

       下 田   学   病院事務局長       佐 藤 安 志   都市環境部長       中 嶋 謙 一   上下水道部長       石 井 真 澄   コンプライアンス担当部長     坪 井 美 直   水産担当部長       田 中 健 治  ――――――――――――――――――――――――――――――――――― 〇職務のため出席した議会事務局職員   事務局長          

伊勢原市議会 2019-09-05 令和元年9月定例会(第5日) 本文

240年ぶりとなる平成の大改修を終えた日向薬師本堂、大山詣りによる日本遺産の認定、ミシュランガイドでの星獲得、東京オリンピック・パラリンピックに伴い、国家プロジェクトで発信する日本博による、いせはら観光インバウンド推進事業など、行政として推進する事業に合わせ、市内事業者による農産物や6次産業化による商品、推奨土産品、うまいものセレクトなど、観光を旗降りに活性化機運が高まっていると私自身も感じています