運営者 Bitlet 姉妹サービス
5585件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月19日-06号 また、固定観念にとらわれ、これまでの事務事業を現状の延長線上の考えに基づいて継続していけば、これは持続可能市政運営を推進することは困難あるという課題認識のもと、市長より御答弁申し上げました昨年度策定いたしました総合計画第4次実施計画の策定過程におきましては、策定の基本姿勢の一つといたしまして、事業手法や事業にかかわる経費の見直しを掲げ、全ての事業につきまして、その必要性や妥当性を改めて確認するとともに もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 そのよう中で、さきに述べました課題を解決するため、事業実施主体の最適化や総人件費の適正化など、今まで以上に財源の捻出及び経費削減を行うこと、厳しい財政状況の中にあっても本市の持続的発展が可能となるよう努めてまいります。 もっと読む
2018-12-18 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2018-12-18 まず、「人口減少・少子高齢化など、社会情勢の変化に対応した持続可能まちづくりを進めるためには、多種多様人材等が地域活動に参画する市民協働が重要になると考えるが、今回の組織再編に当たり、考慮した部分はどのようか。」 もっと読む
2018-12-17 平塚市議会 平成30年 環境厚生常任委員会 本文 2018-12-17 残念ながら、今回記載されている数字に重大誤りがある可能性がありますので、予算書の34ページをちょっとごらんいただきたいんですが、これは当初予算では132ページにあるキャッシュフロー計算書んですが、今回の補正を反映しまして、医業収入や材料費の支出等は変更されていますが、下から2番目の期首の現金残高がそのまま記載されているんです。   もっと読む
2018-12-14 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月14日-03号 次に、障害児通所施設条例及び障害者ふれあい活動ホーム条例の一部を改正する条例に関しましては、利用料の収納業務を事業団に可能とする条例の改正あります。本来、事業団といえども、収支に関して有効あるのか、自主自立に向けて努力すべき収集内容でしたので、もっと早期に実現し、自覚を促すべきあったものがやっと出てきたという感じございます。 もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 〔永井浩介議員 登壇〕 ◆(永井浩介 議員) 創志会の永井浩介ございます。議長のお許しをいただきましたので、4項目に関しての市政に関する一般質問をさせていただきます。  1点目として「海老名市かがやき持続総合戦略」ございます。   もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 一方で、センター方式は、高い水準の衛生管理やアレルギー対応が可能あり、工夫次第では自校方式と同様に、あるいは引けをとらない、安全・安心でおいしい学校給食の提供が可能あるとされました。   もっと読む
2018-12-11 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月11日−02号 SDGsは、サステーナブル・ディベロップメント・ゴールズ、持続可能開発目標の略で、誰ひとり取り残さない持続可能世界の達成を目指す17項目から成る国際目標です。2015年9月の国連サミットで採択され、翌年2月16日、1月に発効しました気候変動などの地球的課題に対し、先進国と途上国とを問わず各国が国内政策として取り組むよう求めています。17の目標は短く簡潔に表現されています。 もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 4点目としまして、国・教育委員会の支援体制の強化という4つの柱に基づきまして、28項目の改善方針に取り組むこととしたものございます。  なお、推進期間を平成30年度から3年間としまして、短期集中的に取り組むこととしまして、可及的速やかに長時間労働の是正に努め、健全で持続可能教育環境の維持向上につなげていきたいと考えているところございます。   もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 先ほども壇上で言わせていただいたのですが、小児がんについて、これは普通のがんと一緒で、早期発見が非常に大切になりますし、早期発見をすること、そのお子さんの命が長らえる、また正常生活に戻れるという可能性が非常に大きくなるのと思うのです。 もっと読む
2018-12-10 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10 この法改正のメリットは、水道事業体にとっては、民間資金、経営能力・技術能力の活用による効果的・効率的運営などが期待でき、市民負担の軽減や事業の持続可能性が高まります。一方、民間企業にとっては、維持管理や改築更新を一体的に行うことによるスケールメリットや発注・施工時期が平準化、事務手続の簡素化、収益機会の増大などが期待でき、民間のノウハウを生かした運営ができると言われております。 もっと読む
2018-12-10 座間市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月10日) 初めに、SDGs持続可能開発目標の取り組みについて伺ってまいります。  2015年9月、ニューヨークの国連本部で開かれた国連持続可能開発サミットにおいてSDGsが設定されました。これは2030年までに全ての国が達成すべき目標として定められた持続可能開発目標です。 もっと読む
2018-12-07 座間市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 7日) 当システムを公民館、北地区文化センター、東地区文化センター、コミュニティセンター、総合福祉センターなどに導入することは、システム的に可能ございます。ただし、当該システムは県全体での共用、汎用のシステムございまして、各施設の利用申し込みが当該システムで可能かどうかの検証が必要になってきます。 もっと読む
2018-12-07 海老名市議会 平成30年12月 経済建設常任委員会-12月07日-01号 3点目、生産緑地に指定された場合は、農産物の直売所とか、あるいはそれにかかわるレストランを家族で経営するとか、そういった目的使用も可能のですか。 ◎都市計画課長 今回の生産緑地法の改正で、それは可能となってございます。ただ、生産緑地全面を使って、例えばレストランをつくることはできません。そういった建物は、その敷地のうちの10分の2まで。 もっと読む
2018-12-06 秦野市議会 平成30年環境都市常任委員会 本文 開催日: 2018-12-06 3月30日に市へ立入検査が可能との回答がありましたが、元環境産業部長が定年退職され、うやむやにされていましたので、県に問い合わせ、平成28年9月23日に立入検査を実施していただき、同様の不審大量のものを撮影し、遠回しに廃棄物らしいという文章もいただいています。  平成29年4月には、農政部長を含め、県の職員が異動になっています。市の前農産課長は定年退職されて異動になっています。   もっと読む
2018-12-05 秦野市議会 平成30年文教福祉常任委員会 本文 開催日: 2018-12-05 私は永続性、持続可能性、すなわち所得制限をどこまでふやしてかけるかということとイコールと思います。社会福祉審議会の中でも、費用負担を考えると所得制限はしようがないかと意見を述べておられる方もいらっしゃいます。 もっと読む
2018-12-05 中井町議会 2018年12月05日 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 本町の農業を持続、発展、活力あるものにしていくためには、生産された農産物が確実に販売でき、農業所得の向上につなげていくことが町の農業振興を図るうえでも重要ことあると認識しております。   もっと読む
2018-12-05 平塚市議会 平成30年12月定例会(第5日) 本文 昨年5月、社会福祉法が改正され、我が事・丸ごとの地域福祉推進の理念が規定されるとともに、包括的支援体制の整備などが努力義務化され、本市においても、平塚市地域福祉リーディングプラン(素案)、以下プランと言います。が提示されました。持続可能地域共生社会の実現を目指し、以下伺います。   もっと読む
2018-12-05 清川村議会 平成30年12月定例会(第1号12月 5日) ここ、というのは資料ということになりますが、ここでは大きな方向性を示すのみ、さまざま補助金。これも引用です。さまざま補助金等に対応可能となる考え方で作成を行いますというふうに述べられていらっしゃいます。  確かに、思考すべき点、認めなければいけない点、あると思います。補助金がなければ、具体的事業の執行に大きな困難が伴うということはあろうと思います。 もっと読む
2018-12-04 秦野市議会 平成30年総務常任委員会 本文 開催日: 2018-12-04 人口減少・少子高齢化などの社会情勢の変化に対応した持続可能まちづくりに向け、簡素効率的組織・執行体制とするため、現在の体制をゼロベースで見直しすることとし、各部局等の意見、また、議会の皆様方からの意見も踏まえ、より最適組織に再編するものございます。   もっと読む