運営者 Bitlet 姉妹サービス
2524件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 平塚市議会 平成30年 教育民生常任委員会 本文 2018-12-17 それと、2分の1成人というのをやっていると聞いているんですが、この実施状況と内容。  また、学校での働き方改革と道徳教育との関係性をどうお考えでしょうかということで質問を出していますので、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-12-13 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月13日−04号 第4のがん治療法として、がん免疫療法でことしのノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学の本庶佑特別教授は、先週、ノーベル賞受賞で訪れたスウェーデン、ストックホルムのカロリンスカ研究所で記念講演をし、免疫の力を用いるがん治療がさらに広がり、2020年代か30年かわからないが、いつか、がんを制御できるようになるだろうと、近い将来への明るい希望を述べられておりました。 もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 そこで、ことし1年を振り返ってみますと、1月には振り袖の販売レンタル会社が突如店舗を閉鎖したため、その会社の振り袖を着ようとしていた新成人の方が、一生に1度の成人に振り袖姿で出席できないという事件がございました。我がことではありませんが、大変悔しく、悲しい思いがいたしました。また、昨今の地球温暖化の影響か、関東地方の梅雨明けが、気象庁による統計開始以来、最も早い6月に発表されました。 もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 今までの福祉の支援体制は、高齢者、障がい者、子供など、対象ごとに相談窓口やサービスが分かれていたが、最近は、介護と育児の問題を同時に抱える人や、高齢の親と無職の成人の子供が同居する生活困窮世帯など、複合的課題を抱える世代がふえています。また、身体が弱って、日常の家事が難しくなるなど、公的福祉の対象ではないが、生活に困っている人もふえております。 もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 毎年活動成果として、操法大会、出初で訓練の成果を拝見しております。3月の修了に出席すると、1年間のクラブ員の成長を感じております。第1期生の少年消防クラブ修了者の中から本市の女性消防職員も誕生しております。そういった関係の中で、日ごろの活動が評価され、さまざまな表彰を受けております。 もっと読む
2018-09-27 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月27日−07号 また、成人に関しては、精神保健福祉センターに限られていますが、なぜ、当該センターを相談窓口としたのか、理由を伺います。  次に、現実的な問題として、同性カップル等の国民健康保険加入について伺います。同一の家屋等に居住し、実質的に生計を一にしていても、世帯を別々にしている場合には、それぞれの世帯ごとの課税となることから、より多額の税負担となっている場合があります。 もっと読む
2018-09-26 海老名市議会 平成30年 9月 文教社会常任委員会−09月26日-01号 3点目、決算書196ページ、説明資料22ページ、成人運営事業費について伺います。成人は実行委員会によって運営されておりますが、その内容について伺います。  4点目、決算書196ページ、説明資料21ページ、子ども・学校支援事業費、平成27年度から各小学校に学校応援団が設置されました。えびなっ子スクール事業やあそびっ子クラブ事業も委託しております。地域や学校の反応について伺います。   もっと読む
2018-09-25 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月25日−04号 ◎健康こども部長(加藤久忠君) 本市におけます健康寿命の延伸の取り組みといたしましては、あやせ健康・食育プラン21の計画におきまして、栄養・食生活、歯と口腔の健康、運動・身体活動などの6つの分野に重点目標を定め、妊娠期、幼年期、成人期から高年期までの各ライフステージ別に、個人や家族、地域、市のそれぞれの役割を行動目標として設定してございます。 もっと読む
2018-09-21 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月21日−03号 具体的な取り組みといたしましては、成人期では日常生活の中で意識して体を動かすこと、中年期では自分のライフスタイルに合った運動を継続すること、高年期では外出する機会をふやすなどライフステージ別に行動目標を設定し、3033運動をしている人の割合や、井上議員のお話のありましたロコモティブシンドロームを知っている人の割合をふやす取り組みをしております。 もっと読む
2018-09-19 海老名市議会 平成30年 9月 第3回定例会−09月19日-03号 また、虫歯だったり、歯周病だったりの成人歯科検診も受診率に課題があると思っております。ほとんどの方は歯が痛くなったら歯医者に行く傾向にあると思いますけれども、オーラルフレイルのほうは人間ドックの延長という形で考えていただく必要があるのかなと思っております。これに関して、成人歯科検診との兼ね合いというのも、歯科医師会の方々と調整をしながら進めていただきたいと思っております。 もっと読む
2018-09-13 清川村議会 平成30年 9月定例会(第2号 9月13日) 02の清川村成人では、新成人の代表たちによる実行委員会形式により行い、当初の企画立案から参画していただき、新成人にとって思い出に残る、清川らしい成人が実施できました。  次に、04の男女共同参画推進事業では、男女共同参画社会の実現に向けた取り組みの一環として、煤ヶ谷婦人会の協力を得まして主体となり、「きよかわ学級」を開催いたしました。事業内容につきましては、記載のとおりでございます。   もっと読む
2018-09-12 座間市議会 平成30年予算決算常任委員会民生教育分科会( 9月12日) ○守谷副委員長  次、備考欄4の予防費の中の4の成人歯科健診事業費383万5,638円について伺いたいのですが、まず、予算の段階で280万円余だったので、それよりも上がっているのですけれども、その辺の対応はどういうふうにされたのか伺いたいと思います。 もっと読む
2018-09-07 座間市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月 7日) さらには、第三者記入の問診票では、記入者の主観が入り、グレーゾーンのお子さんの発見が見落とされていると考えます。  大阪府のモデル事業の行政側の結果では、子供の社会性発達の状態を多角的に確認し、より理解を深めるための共通の物差しとして活用が考えられるとされています。また、実施前には保護者の検査に対する抵抗感などを懸念していたそうですが、実際には大半の保護者が気軽に受検したとの報告がありました。 もっと読む
2018-09-06 海老名市議会 平成30年 9月 第3回定例会−09月06日-02号 成人期の障がい者への新たな取り組みとしては、市北部地域の障がい福祉の拠点、障がい者支援センターあきばの整備、市庁舎内の障がい相談窓口K.T.Sの設置が挙げられます。   もっと読む
2018-09-04 茅ヶ崎市議会 平成30年 9月 第3回 定例会−09月04日-03号 また、歩車分離信号機を設置した交差点では、自転車の違法走行に限らず、斜め横断者の光景をよく目にします。 もっと読む
2018-09-04 中井町議会 2018年09月04日 平成30年第3回定例会(第1日) 本文 既に商工会さんは移動のピザ窯をたしかお持ちであろうと思います。そういったものでもっともっと検証した中で、ピザ窯等の設置とかというものも考えていくことは可能かもしれませんけれども、いきなり中央公園にピザ窯というのは少し乱暴ではなかったのかなと。あそこに、中央公園に設置するというものを、どなたの意見を聞いて、どのような会議で話し合って、それでどなたが決められたのか、お聞きしたいと思います。 もっと読む
2018-09-03 茅ヶ崎市議会 平成30年 9月 第3回 定例会−09月03日-02号 茅ヶ崎公園では、先月11日には第10回山本昌広杯少年野球大会記念大会の開会が行われ、服部市長を初め多くの御来賓が出席されました。お忙しい中、御苦労さまでございました。10回目の節目にふさわしく、市民栄誉賞受賞者である元中日ドラゴンズの山本昌広さん御本人に御来場いただきました。 もっと読む
2018-09-01 二宮町議会 平成30年第3回(9月)定例会(第13日目) 本文 102 ◯教育総務課長【小笠原純二君】 国では、全国の学校、普通教室における環境整備のステップというイメージを示しておりますので、まずは大型提示装置、授業展開に応じて必要なときに1人1台使用できる可動のPC、無線LANという、いわゆるステージ3について、教育のICT化に向けた環境整備5カ年計画期間中に達成することを目標に計画を策定していきたいというふうに もっと読む
2018-09-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会9月会議(第1日) 本文 4目青少年育成費につきましては、平成31年寒川町成人について、町民センターホールの天井改修工事が施工中であることから、シンコースポーツ寒川アリーナで実施するための会場設営等の委託料を追加するものでございます。  18ページ、19ページをお開きください。 もっと読む
2018-08-29 座間市議会 平成30年第3回定例会(第1日 8月29日) 当日は、イ・イ・男フォトコン2018 IN ZAMA受賞者の表彰やノンフィクションライターの北村年子さんを講師に迎え、「もっと自分を好きになるために〜女性も男性もかがやく社会〜」をテーマに、講演会を行いました。182名の参加者があり、ざまりんの登場で会場も大いに盛り上がり、大変好評でした。  次に、協働推進事業についてです。 もっと読む