2092件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-10-07 令和 1年 10月まちづくり委員会-10月07日-01号

続いて、②提案のコンセプトにつきましては、「次世代公共文化の創造 ~Neo Public Culture~」、「非日常を日常に」をキーワードとして、さまざまな価値の提供を目指すこととされており、そのコンセプトの実現に向けたポイントといたしましては、民間ノウハウの最大限の活用、財政負担軽減のための施設規模及び内容の見直し、適切な官民の役割分担を図るものとされております。  

川崎市議会 2019-10-04 令和 1年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)-10月04日-12号

また、SDGsの理念や趣旨について社会全体に広げ、多様な主体との連携の推進につながる取り組みを行うことが重要であるため、内閣府が持続可能な経済社会づくりの推進を図るために設置した地方創生SDGs官民連携プラットフォームへの参加や、市政だより特集記事と連動したゴールアイコンの掲載、市主催イベントの広報チラシ等を活用した発信など、さまざまな機会を通じて情報発信、普及啓発を行ってまいりました。

川崎市議会 2019-09-24 令和 1年 決算審査特別委員会(環境分科会 第1日)-09月24日-10号

また、本市は多くの市内転入者がおりますことから、区役所等と連携して分別ルールの周知に向けた取り組みや、不動産事業者と連携した取り組みを行うなど、分別ルールの周知徹底に取り組んでおります。以上でございます。 ◆大西いづみ 委員 いろいろと普及啓発に取り組んでいても、なかなか市民情報が届いていないことが分別率にあらわれています。

大和市議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会-09月19日-04号

みんちゅうは、平成29年度から本市と民間事業者が連携して実施している官民連携駐輪場提供サービスであり、現在、大和駅周辺で11カ所、73台分、中央林間駅周辺では8カ所、57台分、合計130台分の駐輪場が登録されております。サービス開始から約1年半が経過し、利用率は徐々に向上しており、市民の皆様に認知されてきているものと考えております。

川崎市議会 2019-09-13 令和 1年 決算審査特別委員会(全体会 第1日)−09月13日-01号

10、臨海部活性化の推進及び11、国際戦略拠点整備の推進では、企業、学識者、行政地域代表等で組織する川崎臨海部活性化推進協議会を開催し、産学公民が連携した取り組みを推進したほか、キングスカイフロントにおいて、国家戦略特区及び国際戦略総合特区の制度等を活用し、拠点形成を進めました。  

川崎市議会 2019-09-12 令和 1年 第4回定例会-09月12日-04号

これは税理士等を活用し、健全な納税意識のより一層の向上に向け、今後とも官民協力して租税教育のさらなる充実を目指すことを目的としています。租税教育について、さきに国が作成した主権教育のための高等学校の副教材では、冒頭の第1章、有権者になるということにおいて、税の配分を取り上げて政治の動きを理解することと世の中に責任を負うことを理解させることが狙いなどと記述されています。

南足柄市議会 2019-09-11 2019年9月11日(水) 令和元年第3回定例会(第4日) 本文

今後も、協定締結先との平時の連携を密にすることが極めて重要であります。そうした連携を密にすることによって、災害時における必要な食数が確保できるように努めてまいる考えであります。  次に、環境と自然に配慮した魅力あるまちについての道路網の整備と公共交通の確保についてで、まず市道の老朽化対策の今後の取組についての御質問ですが、市道として管理している道路の総延長は約160キロメートルであります。

南足柄市議会 2019-09-10 2019年9月10日(火) 令和元年第3回定例会(第3日) 本文

2011年の東日本大震災以降、自然エネルギーの活用に官民挙げて取組が盛んになっております。原発に頼らないエネルギー施策として、また、二酸化炭素の排出を抑制するエネルギー施策として、再生可能なエネルギーの利用促進は誰もが取り組むべき課題となっているのではないでしょうか。しかし、本市ではそのような施策に積極的に取り組んでいるように思えません。  

湯河原町議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年09月10日

このほか宿泊に関連し、町と経済団体が共同で作成いたしました、湯河原温泉公式観光ホームページにおきまして、宿泊者向けのスポーツ合宿について特集記事として掲載しており、各施設指定管理者とも協力して、官民連携により、誘客活動の一助となるよう努めてまいります。  以上でございます。

座間市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第5日 9月10日)

また、行政は、市民に対する防火意識の高揚に努め、市民みずから火災予防を実践するよう、広報活動はもちろん、防災知識の普及啓発に努め、官民一体となった火災予防思想の普及が出火させないまちづくりへつながるものであり、これから火災の多いシーズンに入りますので、より一層の取り組みをお願いするものであります。  

茅ヶ崎市議会 2019-09-05 令和 元年 9月 決算特別委員会−09月05日-01号

事業の概要が「地域の骨格となる官民境界等を明確化し、一筆地調査より先行して行う調査」とのことだが、昨年も実施して約1178万円決済している。昨年も東海岸南地区、緑が浜地区、今年度は東海岸、汐見台とのことである。私の理解不足であるが、官民境界線を明確化するという事業内容をもう少し詳しく教えてほしい。 ◎建設総務課長 市で持っている道路や水路と民民の敷地との境界を立ち会って確認する事業である。

南足柄市議会 2019-08-16 2019年8月16日(金) 令和元年総務福祉常任委員会 本文

防犯交通安全対策の充実については、地域の人々の連携による防犯活動や交通安全活動で安心した暮らしを目指すものでございますが、高齢者の運転による子供が巻き込まれる事故も多発しております。ここでは特に、子供犯罪交通事故消費者被害に巻き込まれないための防犯活動、交通安全対策の充実に向けた取組の推進を基本施策としております。  続いて、5ページをお願いいたします。