運営者 Bitlet 姉妹サービス
2589件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 具体的には、例えば楽団が練習した後、平日夜間の利用ができれば市民利用がふえて、そして収益の増につながるのではないかという声も上がっているわけなんですけれども、そういったところの取り組みはどのようになっているでしょうか。 ◎佐保田 市民文化振興室担当課長 まさに、フランチャイズのオーケストラのリハーサル後の夜間利用につきましても可能とするよう、そういった提案がなされております。 もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 今年度より新しく小学校中学年に外国語活動が先行実施されております。かねてより求めていた週1回ALTと授業を行うことについては、外国語活動が小学校3年生・4年生に拡大したために困難になることを数年前から指摘し、サポート人材の導入を求め、今年度は英語強化教員の配置も行われております。まず、今年度導入された英語強化教員の現場における効果について伺います。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 ◎綿貫康治 まちづくり局長 鹿島田駅周辺のタクシー乗り場についての御質問でございますが、初めに、鹿島田駅周辺のタクシー乗り場設置の必要性につきましては、タクシー協会に確認したところ、昼間や夜間などの時間帯による需要が均一でないことから、駅前に新たなタクシー乗降場をつくる必要まではないと伺っており、本市といたしましても、現在、設置の計画はございません。 もっと読む
2018-12-13 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月13日−04号 また、時間がない、休日・夜間に受診できないからとあり、また、そのほかとしては、検診のネット予約を希望する声、また電話予約はハードルが高い等、電話をかける習慣のない年代の声もあります。ちなみに成田市では現在、ネット予約を実施しているそうであります。このように千葉県成田市ではネットでさまざまなアンケート調査が、がん検診以外でも実施をされておりますが、本市においても実施可能かどうか、お伺いいたします。 もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 新東名高速道路が通過するあたりに霧が滞留する現象は、逆転層と言われるもので、主に秋から冬の夕方、夜間、早朝に地表近くで起こります。上空の暖かい空気がふたの役割をすることで、地表付近の冷えた空気が滞留し、霧や大気汚染物質が拡散されにくく、大気汚染物質の濃度が高くなる要因の一つと言われています。 もっと読む
2018-12-12 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月12日−03号 ◎教育部長(市来吉博君) 中学2年生から進路に関する保護者説明会を実施しております。 もっと読む
2018-12-11 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月11日−02号 ◎教育部長(市来吉博君) 外務省所管の日本ユニセフ協会から、この12月初旬ごろ、全国の各中学校の中学3年生を対象として、「私たちがつくる持続可能な世界」という社会科の副教材が送付されました。具体的な活用につきましては、各校へ配布されたばかりですので、今後、生徒の実態に応じまして、社会科など教科の学習の中で副教材として活用されると考えております。 ○議長(武藤俊宏君) 井上賢二議員。 もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 在宅医療の推進に当たって、在宅を担う「かかりつけ医」に当たる仕組みとして地域密着型の薬局をつくり、休日や夜間でも対応できる薬剤師を持ち、患者を訪問して服薬指導をしてくれるのが「かかりつけ薬局」なのだそうです。   もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 そこで、よりラグビーを身近に感じるように、市内の子どもたちに、または市内中学ラグビ一部等、そのような機会づくりを提供してみてはどうか思いますが、市の見解を伺います。  3点目として、各学校における顧問先生の選考についてでございます。中学校の部活動においては、顧問先生の存在により、その部活の活動内容や存続が大きく左右されます。 もっと読む
2018-12-06 座間市議会 平成30年第4回定例会(第2日12月 6日) また、今回の入学準備金は、これまで小学校4万600円、中学校4万7,400円だったものを、2018年10月の生活保護基準改定により新小学1年生には5万480円、新中学1年生には6万3,600円に引き上げるとのことであります。  綾瀬市では、制服などの購入費を入学準備費と呼んで、小学校6年生が対象で中学校入学前支給となっています。 もっと読む
2018-12-06 海老名市議会 平成30年12月 文教社会常任委員会-12月06日-01号 また、私もさまざまな時間帯に図書館に足を運んでいますけれども、ごらんになっていただくとわかりますが、夜間も本当に多くの方に図書館をご利用いただいているという現状がございます。そういった実情も十分踏まえた上で、仮に時間を削っていくということであれば、市民のご理解をいただいた上でやる必要があるだろうとは認識してございます。 ◆志野誠也 委員 わかりました。 もっと読む
2018-12-05 秦野市議会 平成30年文教福祉常任委員会 本文 開催日: 2018-12-05 先ほど県内の状況が拡充の方向になっているということなのですが、市だけで中学3年生までやってないところは何市ですか。 もっと読む
2018-12-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会12月会議(第3日) 本文 我が町の消防団員と消防職員は、町民の皆様が安心して新しい年を迎えることができるように、団員の方々が各自の仕事を終わらせ、歳末特別警戒として夜間巡視のパトロール、火の用心を行い、年間を通して防災、減災に各町内に密着した地道な活動を行っています。本当に頭が下がる思いです。  我が国の消防の歴史を見ますと、平安時代からと記録されておりますが、組織的に活動を行ったのは江戸時代からです。 もっと読む
2018-11-30 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第2号・議案審議) 本文 開催日: 2018-11-30 したがいまして、新たな契約となりました5月14日以降は、季節区分、平日・休日区分、また、昼間・夜間区分の使用電力量のデータがありませんので、事業者にも相談をしたところでございますけれども、正確な算定をすることは難しいということでございます。   もっと読む
2018-09-28 茅ヶ崎市議会 平成30年 9月 第3回 定例会−09月28日-05号 文部科学省より、平成29年3月31日付で援助を必要とする時期に速やかな支給が行えるよう前倒し支給の通知がされ、本市では、ことしは新中学1年生となる児童の前倒し支給が行われ、今回は来年新小学1年生となる児童の前倒し支給が行われるもので大変評価できます。就学援助については支援を必要としている世帯が申請しやすく、わかりやすく周知されていくことを要望し、議案第64号に賛成します。   もっと読む
2018-09-28 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月28日−08号 小児医療費助成については、ことし10月から対象が中学卒業までへと拡大され、子育て世代の願いが実現します。一方で、中学1年生から3年生については、一部負担金が導入されるほか、引き続き、所得制限が要件となっています。決算審査の中で、年1億6,000万円で所得制限を廃止でき、新たに8,800人の子供が制度の対象になることが明らかになりました。子供への投資は未来への投資です。 もっと読む
2018-09-27 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月27日−07号 先日、中学1年生を中心とした子供のグループから、市長、教育長宛てに要望書が提出されましたが、子供たちの思いをどのように受けとめているか、お伺いします。 ○沼倉孝太議長 生涯学習部長。 もっと読む
2018-09-27 横浜市議会 平成30年 政策・総務・財政委員会 ◆渡邊委員 所管局が違うというところもあるかもしれませんが、矢向中学でもさまざまな今までの経過の中で体育館が増築になったり、またプレハブでずっと授業をしていて、それが10年を超えてしまって、ここで増築ということで、また増築するに当たっても、その前に武道館をそこで改修していた。さまざまな事業が一括で考えられない状況の中で、最終的には校庭が狭くなってしまうという結果が出てしまう。 もっと読む
2018-09-26 海老名市議会 平成30年 9月 文教社会常任委員会−09月26日-01号 ◎教育総務課長 1点目、教室等一般開放事業費では、体育館19校、夜間照明施設のあるグラウンド6校、特別教室等7校において一般開放事業を行っております。平成29年度の実績では、体育館では延べ5413団体、夜間照明グラウンドでは561団体、特別教室では延べ237団体の利用がございました。 もっと読む
2018-09-20 海老名市議会 平成30年 9月 第3回定例会−09月20日-04号 調査結果では、認知症の対応や日中、夜間の排せつ、入浴などに関して不安を感じる介護者が多いことが判明したとされています。従来もそれぞれの介護サービスを実施していたことだと思いますけれども、なぜこのような結果が出たのか、また、今後どのようにして介護者の不安感を是正していかれるのかについてお尋ねします。 ○議長(倉橋正美 議員) 萩原保健福祉部次長。 もっと読む