運営者 Bitlet 姉妹サービス
6566件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 座間市議会 平成30年第4回定例会(第5日12月21日) 交通運賃割引制度の適用を求める意見                 書の提出について 日程第39 議員提出議案第30号 公立小・中学校屋内運動場におけるエアコン整備促進                 に関する意見書の提出について 日程第40 議員提出議案第31号 幼児教育・保育の無償化が国費負担で実施されるよう                 求める意見書の提出について 日程第41 議員提出議案第32号 外国 もっと読む
2018-12-17 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月17日-04号 圏央道、さがみ縦貫道路の開通や、横浜湘南道路の整備による交通インフラの充実や東京オリンピック・パラリンピックの開催などを契機に、訪日外国旅行者など国内外から多くの旅行者が本市を訪れる可能性を秘めております。ホテルなど宿泊施設が少ない本市におきまして、外国旅行者に限らず、本市を訪れる観光客がまちなかでゆっくりとした茅ヶ崎ならではの時間を過ごしていただくには大変重要であると考えております。 もっと読む
2018-12-14 平塚市議会 平成30年 都市建設常任委員会 本文 2018-12-14 11 【臼井委員】今までは、根性を鍛えるみたいに、暑い中耐えろ、寒い中耐えろというふうな形だったんですが、諸外国全部見ますと、たまたまこれは柔道の話だけになりますけれども、きちんと冷暖房がついている。東海大学の武道場なんかも全部冷暖房がついていますので、今回こうしてやっていただけることは非常にありがたいなというふうに思います。 もっと読む
2018-12-14 平塚市議会 平成30年 総務経済常任委員会 本文 2018-12-14 15 【市民情報・相談課担当長】特定個人情報保護評価書のほうでは、修正をかけております。 もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 あとは、来年から13外国英語講師の派遣になるので、幅を広げて、放課後、ALTの方々に英語のまなびっ子もやってもらおうかなと。   もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 今までの福祉の支援体制は、高齢者、障がい者、子供など、対象ごとに相談窓口やサービスが分かれていたが、最近は、介護と育児の問題を同時に抱えるや、高齢の親と無職の成人の子供が同居する生活困窮世帯など、複合的課題を抱える世代がふえています。また、身体が弱って、日常の家事が難しくなるなど、公的福祉の対象ではないが、生活に困っているもふえております。 もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 今回、この妊婦加算についてお尋ねしたきっかけは、妊婦を取り巻く環境について、1の方からの相談を受け、うかがい知ったものであります。妊婦は、この時期、仕事も休まなければなりません。 もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 でも、そこには、担任の先生が補えないようなネーティブな発音は、外国英語講師が一緒に入ってやりますよ。だから、先生に英語の授業をするのに英語で話せとは言っていないです。日本語で英語の授業をしていいから、ただ、外国英語講師に発音は頼めばいいではないですか。そのようにして考えているのです。だから、教職員が本当に大変な思いをして仕事をしているのは私も十分に。 もっと読む
2018-12-10 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10 2、外国籍児童・生徒への支援について。  (1)小・中学校での対応について。平成29年末の日本国内の在留外国人数は、256万1,848で、前年末に比べ17万9,026、7.5%増加となり、過去最高ということが法務省入国管理局の調査でわかりました。  このグラフは、法務省入国管理局の調査によるもので、在留外国の国別としまして、上位5カ国をあらわしたものです。 もっと読む
2018-12-10 座間市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月10日) これは外国の方だけではなくて、開催時期はその圏央道から見て、それから年々、座間のひまわりまつり有名になっていますから、そうなると外国の方も多いだろうと予測した場合、やはりそのような外国の方に対しての、いわゆるおもてなしができるのではないですけれども、そういった看板の準備だとか、案内役として国際交流協会さんですとか国際親善大使の皆さんなんかで、何か協力をして案内役を買ってもらうとかということを、その当年 もっと読む
2018-12-07 座間市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 7日) また、体が弱って掃除や料理が難しくなるなど、公的福祉の対象ではないが生活に困っているもふえております。以前なら近くに住むに助けてもらうこともできましたが、誰にも相談できないまま地域から孤立して問題を深刻化させるケースも少なくありません。一方、公的な福祉は、サービスを充実させるにも限界があります。 もっと読む
2018-12-07 中井町議会 2018年12月07日 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 「任命権者が、公務の運営に支障がなく、かつ、当該職員の公務に関する能力の向上に資すると認めるとき」は、大学等課程の履修、国際貢献活動のための休業を承認するということなんですが、特に、この大学等の課程について、下の第4条を見ると、ほぼ、国の中の大学、大学校、あとは外国の大学を想定していると思うんですが、公務に関する能力の向上に資すると認めるときというふうな部分の判断の基準なんですが、公務に関してですと もっと読む
2018-12-05 中井町議会 2018年12月05日 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 平成27年3月卒業生につきましては、87の卒業生に対しまして、85が高等学校、専門学校1で、98%以上が…大分高い率で進学しております。平成28年につきましては、89の卒業生に対しまして、高校87、高専1、専門学校1ということで、全て100%のお子さんが上の学校に進学されているということになります。 もっと読む
2018-12-05 平塚市議会 平成30年12月定例会(第5日) 本文 第5は、外国籍の平塚市民についてです。平成24年に入管難民法が改正され、3カ月を超える中長期在留資格保持者は住民基本台帳に入れることになっています。本市では、平成25年4月1日時点で4084でしたが、30年4月1日時点では4767で、5年間で683ふえています。  第6は、職員数の推移です。 もっと読む
2018-12-03 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 環境厚生常任委員会-12月03日-01号 ◆山﨑広子 委員 今、地域包括ケアシステムの形づくりをしていて、それぞれの包括も支えると支えられるのバランスの問題であったり、サービスの切れ目の課題であったり、いろいろな状況の課題が見えてきた。相談支援包括化推進員を入れたとしても、本市の課題を解決することが重要だと思うが、そのための仕組みづくりはどのように考えているのか。 もっと読む
2018-12-03 平塚市議会 平成30年12月定例会(第3日) 本文 の上に立ち、を束ね、を動かす立場にあるものは、常に他のよりも一歩先んじて危機を感じ取り、迅速な対応を用意していかなければならない。そのような機能を負っているたちが保身に汲々としていれば、組織全体がより深刻な危機に直面してしまうことになる。 もっと読む
2018-12-03 中井町議会 2018年12月03日 平成30年第4回定例会(第1日) 本文 峯尾 進  53%のが、某新聞に出ていましたね、この前。意識調査ですから、まだまだキャッシュレス化というのは、先ほど私が冒頭申し上げたように、少し先の話なのかなと思いますよ。思うけれども、やはり準備だけはしっかりしていただきたいというようなことを要望も含めて言っているわけですね。  最後に2問、在住外国の収納についてと、あとインバウンド施策についてお聞きしたいと思います。 もっと読む
2018-12-02 平塚市議会 平成30年12月定例会(第2日) 本文 エ、来年秋に予定されている幼児教育無償化や育休延長のための入園申し込み等々、窓口へはさまざまな御相談があると思います。これまで以上に窓口の相談対応がふえると思いますが、寄り添う相談体制のために専門のスタッフの増加をと考えますが、見解を伺います。  (3)女性の健康支援について。  昨年、国は第3期がん対策推進基本計画に初めてAYA世代のがん対策を明記しました。 もっと読む
2018-12-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会12月会議(第4日) 本文 これらの取り組みにあわせ、メンタルヘルス、不調を未然に防止するため、労働者が常時50異常の事業所についてはストレスチェックの実施が義務化されておりますし、厚生労働省により労働者に対する相談窓口である労働条件相談ほっとラインも充実され、相談を受け付ける体制も整えておりますので、現在のところ望まれる体制はある程度整備をされているというふうに考えております。 もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第9日目) 本文 出席者は委員全員、議長、健康福祉部長、子育て・健康課長、育成相談班長、高齢介護課長、介護保険班長、及び傍聴議員でした。  提出者から説明ののち、直ちに質疑に入りました。概要は次のとおりです。  委員「外国人材の活用についてどのような立場か。どのような点をクリアすれば、受け入れを広げることができるか。」陳情者「今回の外国人材活用の法案については、曖昧な点が多く、反対をしている。 もっと読む