運営者 Bitlet 姉妹サービス
25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2012-02-15 鎌倉市議会 平成24年 2月定例会−02月15日-01号 しかしまた行革の問題が争点になってきて、それどころではない、それで高い給与だ、そういう議論もある、しかし私はこの橋下徹・堺屋太一「体制維新─大阪都」、あるいは最近出てくる「国の統治機構変える」橋下市長の中を見て、はっとしたことが一つある。これは必ず来る、これは明治維新の士農工商で侍がいなくなる、武士がいなくなる、そこで役人が、どういうことかというと、身分ではない、職業である、だから首も降格もある。 もっと読む
2012-02-15 鎌倉市議会 平成24年 2月定例会−02月15日-01号 しかしまた行革の問題が争点になってきて、それどころではない、それで高い給与だ、そういう議論もある、しかし私はこの橋下徹・堺屋太一「体制維新─大阪都」、あるいは最近出てくる「国の統治機構変える」橋下市長の中を見て、はっとしたことが一つある。これは必ず来る、これは明治維新の士農工商で侍がいなくなる、武士がいなくなる、そこで役人が、どういうことかというと、身分ではない、職業である、だから首も降格もある。 もっと読む
2009-12-15 小田原市議会 平成21年 12月 定例会-12月15日−07号 6として、団塊世代、いわゆる1947年から1949年生まれの人たちのことをいうと、名づけ親である堺屋太一さんは著書で述べておられます。そこでは、昭和22年から昭和24年までの3年間に生まれた人々は、平成16年現在で679万人、前3年の世代に比べて32%、後3年の世代に比べて13%も多いと指摘しています。 もっと読む
2009-12-15 小田原市議会 平成21年 12月 定例会-12月15日−07号 6として、団塊世代、いわゆる1947年から1949年生まれの人たちのことをいうと、名づけ親である堺屋太一さんは著書で述べておられます。そこでは、昭和22年から昭和24年までの3年間に生まれた人々は、平成16年現在で679万人、前3年の世代に比べて32%、後3年の世代に比べて13%も多いと指摘しています。 もっと読む
2009-12-08 横浜市議会 平成21年 経済観光・港湾委員会 運営主体ですが、上海万博日本産業館出展合同会社、代表は堺屋太一氏でございます。この館のテーマは、ベターライフフロムジャパン、日本が創るより良いくらし、それから建築デザインコンセプトは、きれイ、かわいイ、きもちいイとなっております。これは、日本の産業の高い技術力と美意識、日本の製品やサービスの高級感、地域の生活風景の美しさを表現するというコンセプトを表現しているものでございます。  もっと読む
2007-12-14 寒川町議会 平成19年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2007年12月14日 ちなみに、その名称は、作家の堺屋太一が1976年に発表した小説『団塊の世代』で鉱物学で一塊の単位でとられる鉱物を指すノジュールの訳語を世代をあらわす言葉として用いたことにより登場した言葉であります。   もっと読む
2006-09-11 座間市議会 平成18年第3回定例会(第3日 9月11日) 「団塊の世代」とは、堺屋太一氏が命名した言葉で、第二次大戦後数年間のベビーブームに生まれた世代のことで、具体的には1947年から1951年ごろに生まれた世代を指しており、その中でも1947年生まれが一番多く、2007年はこの1947年生まれに代表される団塊の世代が定年を迎える年であります。 もっと読む
2006-06-13 秦野市議会 平成18年第2回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2006-06-13 団塊の世代のことをだれが決めたのかなとちょっと調べてみましたらば、団塊の世代は作家の堺屋太一さんが1976年に発行された『団塊の世代』という本によって呼ばれたそうでございます。団塊の世代は、その膨大な人口が他の世代の人から見て目立つために、幼いころから知らず知らずに競争を繰り広げてきたというふうにも書いてあります。そして、いよいよ定年を迎える年になってまいりました。 もっと読む
2005-12-15 伊勢原市議会 2005.12.15 平成17年12月定例会(第4日) 本文 今言いましたように、改革ということは再三出ているんですが、ちょっと引用させていただきますけれども、私が本当に若いころから大好きな作家で、堺屋太一さんという方がいらっしゃるんですけれども、改革について、次のように述べていらっしゃいます。「真の改革案は、いつの場合でも多数の支持は得られない。改革を志す人々の間でも、いよいよ具体的な改革案ができると、生ぬるいという者も、行き過ぎという者もあらわれる。 もっと読む
2005-12-09 座間市議会 平成17年第4回定例会(第4日12月 9日) 団塊の世代とは堺屋太一氏が命名した言葉で、第二次大戦後、数年間のベビーブームに生まれた世代のことで、具体的には1947年から1949年ごろに生まれ世代の人たちを申し上げます。 もっと読む
2003-09-19 綾瀬市議会 平成15年9月定例会-09月19日−04号 作家で、元経済企画庁長官の堺屋太一氏は、ある書の中で、人生の最終章が暗い影に包まれているような社会はとても健全ではないとし、近代社会の価値観を転換させ、老いを積極的に評価する社会を形成しなければならないと提言しております。高齢化社会とは、いわば高齢者が主役の時代と言えるのではないでしょうか。 もっと読む
2003-09-05 厚木市議会 2003.09.05 平成15年9月定例会(第2日) 本文 これはかつて経済企画庁長官をなさった堺屋太一さんの言葉であります。私も堺屋さんのこの言葉に同感でありまして、役所を変え、そして厚木市を変えていくという重大な責務が議員に課せられているのだというふうに考えております。それらを含めまして、今回4つの質問をさせていただきます。   もっと読む
2001-12-13 大和市議会 平成13年 12月 定例会-12月13日-03号 団塊の世代の名づけ親はご承知のように作家の堺屋太一氏であり、戦後のベビーブーム世代を同名の近未来小説でこのように名づけられたわけでございます。   もっと読む
2001-03-05 秦野市議会 平成13年第1回定例会(第2号・代表質問) 本文 開催日: 2001-03-05 昨日朝9時からのNHKの日曜討論を見ていましたら、前経済企画庁長官堺屋太一さんが景気の見通しについて、昨年4月に第1回の底打ちがあり、回復はしたが現在は第2回の底打ちに入っている。長期間の景気低迷とは考えられないが、場合によっては質の異なったものである、とすると長期化する可能性もあると、現在の経済情勢を説明されていた。   もっと読む
2000-09-19 綾瀬市議会 平成12年9月定例会-09月19日−03号 まず、公園ですけれども、高齢者向けの公園にリフォームをしたらという点では、先日NHKのテレビで経済企画庁、堺屋太一経済企画庁長官も、経済新生への戦略ということで次のようなことをおっしゃっておりました。街区公園とあります。昔児童公園と言いました。昔は15歳未満の子どもが4人に対して、65歳以上の高齢者は1人でした。だから、子どもの公園を全国に5万カ所つくった。 もっと読む
2000-09-11 湯河原町議会 平成12年第5回定例会(第1号) 本文 開催日:2000-09-11 で、私の認識ではですね、いま国の堺屋太一経済企画庁長官が、日本の経済がだいたい底を打っただろうというようなことを申されてますが、私ども湯河原に住んでる地方の議員から見れば、とんでもない話で、まだあと一、二年はそういう経済状態にはならないんじゃないかという考えを持ってます。   もっと読む
2000-09-11 湯河原町議会 平成12年第5回定例会(第1号) 本文 開催日:2000-09-11 で、私の認識ではですね、いま国の堺屋太一経済企画庁長官が、日本の経済がだいたい底を打っただろうというようなことを申されてますが、私ども湯河原に住んでる地方の議員から見れば、とんでもない話で、まだあと一、二年はそういう経済状態にはならないんじゃないかという考えを持ってます。   もっと読む
1999-09-03 海老名市議会 平成11年 9月 第3回定例会−09月03日-02号 昨年夏に行われました参議院選挙での自民党の大敗、そして橋本総理の退陣、そして小渕内閣のスタート、地元の甘利明労働大臣の誕生、民間人の堺屋太一氏の経済企画庁長官への就任。事件では、和歌山の毒物カレー事件、当市でも下水道工事の指名競争入札をめぐる事件などなどいろいろありました。このような流れのさなかで執行された本決算について、5点の質問をいたします。簡単にご質問をいたします。   もっと読む
1999-03-03 藤沢市議会 平成11年 2月 定例会-03月03日-03号 堺屋太一経済企画庁長官は、今回の政府の政策が確実に実行されれば、年度末には0.5%の成長率を達成することができると言っています。しかしながら、世界銀行は2月2日に来年度の世界の経済成長率は、日本経済の一層の低迷や欧米株式の急落を想定するとゼロになる可能性を示唆しています。また、アメリカのシンクタンクDRIは、日本の経済成長を11年度もマイナス2.3%と予想をしています。 もっと読む
1999-03-03 藤沢市議会 平成11年 2月 定例会-03月03日-03号 堺屋太一経済企画庁長官は、今回の政府の政策が確実に実行されれば、年度末には0.5%の成長率を達成することができると言っています。しかしながら、世界銀行は2月2日に来年度の世界の経済成長率は、日本経済の一層の低迷や欧米株式の急落を想定するとゼロになる可能性を示唆しています。また、アメリカのシンクタンクDRIは、日本の経済成長を11年度もマイナス2.3%と予想をしています。 もっと読む
  • 1
  • 2