運営者 Bitlet 姉妹サービス
17218件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 座間市議会 平成30年第4回定例会(第5日12月21日) 私はこうした栗原東部地域の土地利用方針については、都市計画道路部分を除いて大いに賛同し、評価をするものでありますが、都市計画上、農振農用地としての保全を定めたとしても、どのようにしてこの地域の都市農業を守り、振興をさせていくのかという農業政策がなければ、優良な農地として保全をしていくことはできません。   もっと読む
2018-12-20 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月20日-07号 茅ヶ崎市においては、工業系用途地域内においても工業以外の土地の利用が進んでいる実態から考えて、やはりこれからのあり方は、茅ヶ崎市も全国各地でも取り組まれているスタートアップ支援に、より積極的に取り組んでいくべきだと思います。先日、不動産大手が、各種大手企業がベンチャー・スタートアップ企業に向けて、みずからの抱える課題解決や収益アップを求めて取り組みを提案するというイベントが開催されました。 もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 市長自身がディベロッパーとなったと仮定し、茅ヶ崎市の土地を販売するとしたら、どんなまちなら住んでいただけるかと考えるとすれば、おのずと必要な施策が見えるのではないかといった観点での質問であります。  次に、子育て支援についてであります。  中学校給食についてでありますが、前任者もその必要性については真剣に考えておられたと私は記憶しております。 もっと読む
2018-12-18 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2018-12-18 との質疑に対し、「新総合計画を初めとして、新東名高速道路開通に伴う周辺整備など、各部にまたがる事業のうち、本市全体の土地利用的な部分を統括することで、政策部に求められる機能の強化を図るものである。」との答弁がありました。   もっと読む
2018-12-17 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月17日−05号 また、道の駅の総事業費は落合・吉岡土地区画整理の用地価格などを用いて算出できないかとの質疑に対し、市側からは、土地の価格は不動産鑑定で決定するため、落合・吉岡土地区画整理で用いる価格では算出できないとの答弁がありました。  以上の審査経過をもって、本件は可決すべきものと決しました。   もっと読む
2018-12-14 清川村議会 平成30年12月定例会(第2号12月14日) 5項、統計調査費、1目、統計調査事務費は、住宅土地統計調査の調査区数の増加により、調査員報酬に不足が生じたことによる補正です。  3款、民生費、1項、社会福祉費、1目、社会福祉総務費の27万円の増額は、社会福祉総務事務費における人事院勧告に伴う人件費の補正です。  2目、国民年金事務費の3万3,000円の増額は、国民年金事務費における人事院勧告に伴う人件費の補正です。   もっと読む
2018-12-13 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月13日−04号 具体的には、自動車運転者への注意を促すために、各小学校からおおむね500メートル以内の通学路の路肩へグリーン塗装や交差点マークの設置、交差点のカラー着色、速度抑制のためのドット線やスピード落とせなどの路面標示を行うとともに、道路線形がわかりにくい曲線区間の危険箇所へのガードレール設置や、傷んだ歩道の舗装補修、道路にはみ出ている樹木については土地所有者へ連絡するなど、児童・生徒が安全に安心して通学でできるよう もっと読む
2018-12-13 座間市議会 平成30年都市環境常任委員会(12月13日) その上で、この陳情の中では、事業可能な区間の先行事業化と、並びに沿道のまちづくり計画の立案を含めてということが陳情されているのですけれども、どういうふうに我々が受けとめたらいいのかということなのですけれども、一方で、栗原東部地域に関していえば、栗原東部の土地利用方針に基づいて、都市マスタープランの追加というか変更という形で、この地域の土地利用のあり方に関してがつい最近定められたと思うのですけれども、 もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 これも海老名が活性化してきて、土地の評価額も上がっているということで、いい意味でもありますけれども、そういったところも障壁になっているのかなと思います。これに関しては来年度もしっかり取り組んでいただきたいですし、例えば出生率に関しては、若い世代の転入なども要因になっていくのかなと思っております。 もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 都市計画道路の高さに対し、隣接する土地の高低差がつくことや、水路(加茂川)の整備位置により、入り口等が制限されるなど、個々の地権者の望まれる土地利用が図れないことから、地元の皆様の合意形成まで至らなかった経過があります。現在のところ、事業が進んでいない状況となっております。   もっと読む
2018-12-12 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月12日−03号 ただし、農用地ではないことはもとより、市街化調整区域におけます1ヘクタール以上の土地の価格の掲出の変更がある場合は神奈川県の土地利用調整条例の手続が必要となりまして、農地転用などの開発諸法令の事前協議が整わなければ審査結果通知書が交付されずに立地が不可能といったものになります。 ○議長(武藤俊宏君) 金江大志議員。 もっと読む
2018-12-11 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月11日−02号 基地の施設につきましては、国からは移駐後の厚木基地の運用として、基地内の格納庫や住宅等について、古くなった施設は今後耐用年数や安全上の理由により取り壊され得るが、土地は運用上、人道支援のため維持されるとの説明がされております。これまで、市では市議会とともに住宅密集地にある基地は整理縮小、返還を基本とし、現在までのところ一部返還の要望をしてまいりました。 もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 私なりに、この制度の住宅が増加しにくい要因を分析してみますと、上地区は市街地より地価が安いことから、土地建物を求めやすくなるメリットがあるかと思いますが、全国的に地価が下落し、上地区においては土地の高低差もあり、擁壁をつくったり、そして上下水道の整備に費用がかかったりすると、市街地と価格差がなくなってきてしまう課題がある一方で、上地区の恵まれた環境を求め、移住を希望される方も数多く耳にしております。 もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 地域的な土地の確保でありますとか、そういった意味でも、今後も人口密集地については人口が増加している可能性がございます。  そしてもう1つは、幼児教育の無償化というのが控えております。この辺は消費税の増税と申しますか、これのいかんによっても変わってくるのだと思いますけれども、幼児教育の無償化というのは、流れ的には変わっていかないのだろう。 もっと読む
2018-12-10 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10 先ほど申し上げましたように、平成26年に秦野SA(仮称)スマートICを活かした周辺土地利用構想が策定されまして、この構想の中で示された3つのゾーンがありますけれども、この3つのゾーンの中のふれあい交流ゾーンについて、現在の土地利用構想はどのような方向、方針になっているのか。 もっと読む
2018-12-10 座間市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月10日) さらには、無電柱化をすることで、その土地の資産価値も向上するとも言われております。  一方、無電柱化には多くの課題もあります。例えば、コストが高い、事業者との調整やトランス、地上機器の設置等の調整についての困難さなどがあります。 もっと読む
2018-12-07 座間市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 7日) 地役権というのは、設定行為で定めた目的に従い他人の土地を自己の土地の便益に供する権利であり、民法に規定されております。そこで、本件地役権の設定内容について、契約の時期、相手方、存続期間、設定価格、つまり金銭を伴った契約なのかどうか、この点について明らかにしていただきたいと思います。  次に、在日米陸軍の部隊再編と本市の対応についてお聞きをします。 もっと読む
2018-12-07 海老名市議会 平成30年12月 経済建設常任委員会-12月07日-01号 まず1点目は、都市計画法の認可等が行われている道路・公園等の区域、農地転用の届け出及び買い取り申し出後に行為の制限が解除されている土地(再び農地等として利用され、将来的にも営農の継続が確認できる場合は除く)としております。最後ですけれども、公道から容易に入ることができないものとなっております。これが指定基準の今回見直しをする概要となってございます。   もっと読む
2018-12-07 中井町議会 2018年12月07日 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 また、総務経済常任委員長から、「公民連携について」、「インター周辺の土地利用について」の2件を引き続き調査・研究を要するとの理由により、継続審査の申し出がありました。  よって、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。            (「異議なし」の声多数)  異議なしと認め、それぞれ閉会中の継続審査とすることに決定しました。   もっと読む
2018-12-06 座間市議会 平成30年第4回定例会(第2日12月 6日) 核家族化が進み、なれ親しんだ土地から離れたところで子育てをするアウェイ育児と言うのですが、がふえています。アウェイ育児が子育てを難しくしています。 もっと読む