運営者 Bitlet 姉妹サービス
23268件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 平塚市議会 平成30年 議会運営委員会 本文 2018-12-21 倫理上の問題ということを取り上げます。それは、前回の選挙、3年9カ月前の選挙の提出会派の議員の問題を取り上げておきますので、御承知をよろしくお願いいたします。そこまで言えば、大体のニュアンスはわかると思います。  以上です。 もっと読む
2018-12-21 座間市議会 平成30年第4回定例会(第5日12月21日) この条例改正には、四つの問題点があると考えます。一つ目は、本条例改正案では、個人市民税の控除対象配偶者を同一生計配偶者に改め、配偶者控除の見直しに関する個人住民税について、配偶者の合計所得金額の上限を引き上げるとしています。 もっと読む
2018-12-20 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月20日-07号 虐待問題を考えるポイントは、子供虐待のおそれと、深刻な子供の虐待の区別が必要で、両者では対応の仕方が異なるということでした。子供虐待のおそれは、子育てに対する問題について相談したい、助けてほしいと、自己の行為に対して親の側に葛藤があり、この場合は、情報提供や相談窓口など行政の子育て支援策などが有効です。 もっと読む
2018-12-19 座間市議会 平成30年議会運営委員会(12月19日) 一連番号7、障がい者雇用数の水増し問題の原因究明と法定雇用率の達成を求める意見書の提出について、提出者、守谷委員、賛成者、佐藤委員、沖永委員、加藤陽子議員です。  それから、一連番号8、精神障がい者の交通運賃割引制度の適用を求める意見書の提出について、提出者、守谷委員、賛成者、佐藤委員、沖永委員、安海議員、加藤陽子議員です。   もっと読む
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月19日-06号 次に、市立病院の問題に移ります。急速な少子高齢化で、税収の減少、労働可能人口の減少による看護、介護の人材不足、社会保障関係経費の増大による医療費の抑制など、市立病院の置かれている状況は非常に厳しいものとなっております。同時に、高齢化による地域医療、在宅医療の充実など2025年問題を考えると、市立病院の役割は重要なものともなっております。 もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 またはもう一つには、体験型でありますとか、滞在型を考えると、市内への誘導路としての鉄砲道の電線地中化等によるメーン道路としての定義づけなど、さまざまな諸問題があるわけで、それを含めた中でさまざまな施策、どう合わせていくかというのは非常に重要な問題になると思いますけれども、その辺についてはいかかが、伺っておきます。   もっと読む
2018-12-18 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2018-12-18 委員会としては、「横田ラプコンを撤廃することは、日米地位協定に基づく安全保障上の問題に大きな影響を及ぼすため、現実的ではないが、羽田空港の国際線発着枠の拡大については、日米間で交渉が続けられている。また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に伴うインバウンドに与える影響も懸念されるため、趣旨採択すべきである。」 もっと読む
2018-12-17 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月17日-04号 決して広くない小学校のプールにおいて、監視員が当該児童の様子に気づくまで相当の時間を要していることも問題でありますし、最初に気づいた監視員がすぐに適切な措置を行っていないことも問題であります。茅ヶ崎市立小学校プール開放事業業務委託仕様書にもあるとおり、監視員の資格として、普通救命講習を受講、修了していることとあります。 もっと読む
2018-12-17 平塚市議会 平成30年 環境厚生常任委員会 本文 2018-12-17 県全体がそういう問題に取り組む考えがあるということもわかった次第であります。  そういった点を含めると、この辺で進めていかなければならない項目になってくるんではないかというんですが、特に今数字の中で、29年度は分娩の数が1730人ですか。そのうち実際ABRとOAEという、初期の検査だと思いますけれども、65%に当たる方が受けられている。 もっと読む
2018-12-17 平塚市議会 平成30年 教育民生常任委員会 本文 2018-12-17 点数的に低くなっているという部分があるということですが、これは具体的な防火設備等の問題にもかかわってくるところだと思っております。本来ですと、スプリンクラーですとか放水銃の設置等も考えていくべきことなんですが、なかなかこれが難しいことがあるということもあります。 もっと読む
2018-12-17 座間市議会 平成30年基地政策特別委員会(12月17日) ○松橋委員  防衛施設や基地の関係などですけれども、いろいろやっぱり情報が欲しいので、まず最初は、半月に、半年でもいいので、近況で起きている出来事なんかをいろいろ聴取しながら、その問題点なんかを政策に生かしていくために視察なんかを盛り込んだほうがいいかなという感じです。  まずは、基地とか防衛施設で起きているようなことをやっぱり小まめに情報を収集するということが必要ではないかなと思います。   もっと読む
2018-12-17 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月17日−05号 今回の補正予算は、職員の給与費やがん検診事業、助産施設等措置事業費など、対象者がふえたりして支払いがふえる項目などには賛成をいたしますが、問題点なのは、道の駅や(仮称)綾瀬スマートインターチェンジ関連事業費、放課後児童クラブ運営事業費などの問題が含まれています。  道の駅の問題では、事業費全体は明確にならない中で、今回調査等の事業費として約4,400万円という金額が計上されています。 もっと読む
2018-12-14 平塚市議会 平成30年 都市建設常任委員会 本文 2018-12-14 ただ、実際のところ、運用していく中でいろいろまた問題も出てくる可能性もございますので、その辺は実際に運用していく中で少し考えさせていただきたいなというふうに考えております。  あと、次のところの、工期が早まれば、使える状態になれば、それは告知をして使えるようにするのかというところでございます。 もっと読む
2018-12-14 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会-12月14日-04号 公立図書館の指定管理者による運営は、利潤追求という点、安定的な運営という点があるほか、これまでにもさまざまな課題、問題もあった。こういった点に関して市としてもさまざまな取り組みをしているが、根源的な問題を抱えていると認識しているので反対するといった意見がありました。   もっと読む
2018-12-14 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月14日-03号 意識不明になったときにプールの水が肺にまで到達していれば重篤な肺炎を起こす事態も考えられたにもかかわらず、事故直後に救急車を呼ばなかった危機管理体制には問題があります。  今回、この事故の情報は共有されず、この事業者がわずかな点数差で指定管理者として選定されました。事業者選定の評価配点を見ると、最も重視すべき危機管理業務の配点が、他の物販事業などの配点と同じ配点であることは問題です。 もっと読む
2018-12-14 平塚市議会 平成30年 総務経済常任委員会 本文 2018-12-14 それほど魅力があるのかないのか、どっちに考えられるのかよくわからないけれども、指定管理者の公募となると、その公募には問題が出てくるのではないですか。その辺はどう考えているんですか。 もっと読む
2018-12-14 清川村議会 平成30年12月定例会(第2号12月14日) そうすると、家賃の問題もいろいろ。規定は、もととれない人もいるわけで。その辺はどうなのか、もう少し詳しく説明しないといけない。よろしくお願いします。 ○議長(川瀬正行君) 髙足まちづくり課長。 ○まちづくり課長(髙足光明君) 年齢関係ございませんので、老人とも二人以上であれば入れるということになります。所得については、二人の共同の所得で、今までと同じですね。 もっと読む
2018-12-13 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 全員協議会-12月13日-01号 歯磨きだけで健全にはならないので、内容はわかるが、8番だけ特化して出すことは問題があるのではないか。その辺はどうか。 ◆山田悦子 議員 所管に関しては委員の中で十分検討した。口腔の健康だけでは所管は環境厚生常任委員会であるが、学校の習慣についての提言であるため、教育経済として載せた。◆柾木太郎 議員 それはわかるが、口腔外科だけを出している。 もっと読む
2018-12-13 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月13日−04号 このような老朽化した公共施設の更新問題に対する対応として、市では平成27年度に公共施設マネジメント基本方針を策定され、今後、基本方針の実現に向けた適正配置アクションプランを制定し、老朽化した施設の再配置、再整備について位置づけを行うと伺っております。   もっと読む
2018-12-13 座間市議会 平成30年予算決算常任委員会都市環境分科会(12月13日) ○沖永委員  これ自身は国の行政事務として適切かどうかという問題でありますので、市で法定受託事務ということで言われれば、やらざるを得ないというようなお話だったかと思うのですけれども、ちょっとどうしても、こういう通知文を見ても法改正されていないのに法に基づいてとかいうところが余りにも事務の執行のあり方が国においておかしいなというのが率直なところでありますけれども。   もっと読む