414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-02-06 平成31年  2月文教委員会-02月06日-01号

提案要旨でございますが、宮前区野川地区におきまして住居表示を実施するため、地方自治法に基づき、町区域の設定及び変更を行うものでございます。  それでは、提案の内容につきまして、文教委員会資料に基づき御説明申し上げますので、お手元のタブレット端末1(2)、(3)、議案第26、27号というPDFファイルをお開きください。2ページをごらん願います。  

伊勢原市議会 2018-09-20 平成30年総務常任委員会 本文 2018-09-20

次に、区画整理の関係の税収への影響ということですが、区画整理としましては、(仮称)伊勢原北インター周辺地区につきましては、現段階では見込むことが困難なため、東部第二と成瀬第二の事業地区について推計いたしますと、東部第二地区は平成32年度に使用収益の開始が予定されており、平成33年度は不均一課税が適用されるなど、年度間の影響額のばらつきがありますが、成瀬第二地区と合わせますと、平成30年度から34年度

川崎市議会 2018-08-29 平成30年  8月文教委員会-08月29日-01号

下から4段目の23款3項2目市民文化費貸付金収入でございますが、収入済額は1万2,500円で、これは同和世帯更生資金貸付金の償還金でございます。予算現額と比較いたしますと、2,500円の増となっております。  次に、52ページをお開きください。

川崎市議会 2018-06-26 平成30年 第2回定例会-06月26日-07号

本市ではバリアフリー法に基づき、主要駅を中心とした8地区を基本構想策定地区、基本構想を策定していない地区11地区を推進構想対象地区として、高齢者、障害者等の移動を支援するバリアフリー化を推進しています。最初に、横断歩道箇所の歩道との段差ゼロ化についてです。

秦野市議会 2018-03-22 平成30年第1回定例会(第6号・一般質問) 本文 開催日: 2018-03-22

昭和58年の東海大学に始まり、昨年は静岡県小山町、モンベル、あいおいニッセイ同和損保、それらの中でも小田急電鉄との協定締結は、沿線自治体に先駆けて川崎市に次いで2市目の締結ということで注目を集めました。まずは、その概要からお伺いをいたしたいと思います。  二次質問は自席で行います。              

海老名市議会 2018-03-15 平成30年 3月 文教社会常任委員会-03月15日-01号

学校に十分状況を確認しておりますので、県央地区での移動については安全上問題はないと考えております。来年度も引き続き路線バスで行う予定でおります。また、県央地区以外の場所については、大型観光バスで対応しているところでございます。 ◆佐々木弘 委員 では、順次再質疑していきたいと思います。  1点目の、スクールライフサポート事業ですが、こちらは保護者からも喜びや評価の声をいろいろと聞いております。

藤沢市議会 2018-03-06 平成30年 2月 予算等特別委員会-03月06日-02号

アンケート結果の一例を申し上げますと、アンケートを地区内39自治会ごとに集計しまして、移動に不便を感じていると回答した世帯が回答者の40%以上の自治会が5地区、30%以上が5地区、20%以上は9地区となっておりまして、その多くの自治会が綾瀬市や大和市と接している長後地区の北部地域であることが判明したところでございます。

秦野市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第4号・議案審議) 本文 開催日: 2018-03-05

「秦野駅北口地区公共床取得費では、本市が取得を予定しているポレスター秦野駅前の公共床について、接続するペデストリアンデッキ延伸工事との調整に時間を要したことにより、年度内の完成が見込めないこと」とあります。どのような調整にどのくらいの時間を要したのか、完成日程はいつになるのか、お伺いします。  

川崎市議会 2018-02-08 平成30年  2月文教委員会-02月08日-01号

提案要旨でございますが、高津区及び宮前区野川地区におきまして、住居表示を実施するため、地方自治法に基づき、町区域の設定を行うものでございます。  それでは、提案の内容につきまして、お手元に配付してございます文教委員会資料②に基づき御説明申し上げますので、資料の1ページをお開き願います。こちらは野川地区の住居表示に関する検討経過でございます。

横須賀市議会 2017-09-27 平成29年 定例議会( 9月)-09月27日−04号

同和問題もあり、さまざまな問題があるのだけれども、人権について新しい概念が生まれたときに、遡及もせずに、ここに入っているではないかと行政側は決めつける。おかしいのです。  新しい事実が出てきたときに、それは持ち上げて社会を改革していかなければいけない。これは当たり前の話です。この立場になって、この体質に対して私は非常に憤慨しています。  

秦野市議会 2017-09-21 平成29年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2017-09-21

62 ◯生涯学習文化振興課長【 7頁】 指定寄附を受けた民間企業というお話ですが、これはあいおいニッセイ同和損害保険会社のほうから、地方創生に向けて、地方公共団体と連携して取り組むために、新たに地方創生チャレンジファンドというものを創設されたということで、いろいろ照会があった中で、本市からも要望しまして、ことし8月に浮世絵の常設展示への広報宣伝、具体的には

大和市議会 2017-09-04 平成29年  9月 文教市民経済常任委員会−09月04日-01号

【図書・学び交流課長】 同和、性同一障害、若年性認知症等をテーマとしたDVD「光射す空へ」を購入し、シリウスで上映会を開催している。それと同時に、人権団体の研修会や同和研修会、県主催の研修会等も含め、職員を派遣している。 ◆(佐藤〔大〕委員) 購入したDVDは市民への貸し出し等は行っているのか。

綾瀬市議会 2017-03-02 市民福祉常任委員会(平成29年)-03月02日−01号

次に、3として、148ページなんですけど、人権啓発のところで、同和対策がかなりまたふえていると。同和対策、本来は同和地域の対策をどんどんふやせばふやすほど、昔みたいに糾弾なんかが起きちゃうという状況があるので、やっぱり一般事業として切りかえることが必要なんですけど、このあたりどういうふうなお金の使い方なのか。

大和市議会 2017-02-28 平成29年  2月 文教市民経済常任委員会−02月28日-01号

◎  産業活性課長 湘北地区の自治体が補助金を出し合っている。 ◆(中村委員) 多くの方に資格を取る機会を与えてほしいが、建設のいろいろな技術を教える学校はこれだけではない。この学校に毎年公金を支出しているのがよくわからない。一般的な話なのか。 ◎  産業活性課長 大工の技術を身につけることに取り組んでいる訓練校である。

鎌倉市議会 2017-02-24 平成29年 2月24日総務常任委員会−02月24日-01号

つまりこれはまさに、えせ同和問題というのがあります。つまり同和が怖い。同和を刺激するな。同和は放置しておけ。そう配慮して、配慮した結果、何もできなくなり、相手の権利ばかりを擁護して、結果として自分たちががんじがらめになってくる典型なんです。本来、当然ながら同和差別なんてあるべきじゃない。決して許されないものだけれども、それに甘んじて要は調子に乗ってくる連中がいたのも、過去の闘争でもありましたよね。

小田原市議会 2017-02-22 平成29年  2月 総務常任委員会-02月22日−01号

この生活改善事業資金貸付金繰上償還は、同和対策事業の一環として、県と市の協調のもと、昭和53年度から平成13年度まで実施してきた生活改善事業貸付金に係る県への償還金でございます。このたび借受人1人から住宅新築資金の一括償還がありましたことに伴いまして、事業実施に係る県からの借入金につきまして繰上償還を行うため、追加計上いたしたものです。  

川崎市議会 2017-02-08 平成29年  2月文教委員会-02月08日-01号

こちらは馬絹地区の住居表示に関する検討経過でございまして、平成26年1月に関係町内会と住居表示検討委員会設立準備会を行った後に、同年4月から開催しました住居表示検討委員会において新しい町区域や町名について御検討いただき、平成28年10月17日に町区域の設定を馬絹1丁目から3丁目として、馬絹地区1期の住居表示を実施したところでございます。  

横浜市議会 2016-12-12 平成28年 市民・文化観光・消防委員会

市第91号議案 地区センターの指定管理者の指定   市第92号議案 公会堂の指定管理者の指定 ○藤崎委員長 当局の説明を求めます。 ◎西山市民局長 市第91号議案地区センターの指定管理者の指定、及び市第92号議案公会堂の指定管理者の指定について、いずれも市民利用施設の指定管理に関する内容のため、一括して説明いたします。 

伊勢原市議会 2016-11-09 平成28年教育福祉常任委員会 本文 2016-11-09

また、本市では雇用機会の拡大のために、東部第二土地区画整理地区については、進出企業による事業所建設や創業開始に向け、土地区画整理事業や地区外関連事業の円滑な推進を図っているところでございます。  以上でございます。 194: ◯委員【田中志摩子議員】  理解いたしました。