運営者 Bitlet 姉妹サービス
203件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月17日-07号 次に、小中学校にエアコンが設置されまして、暑さや寒さに関しては快適な環境が整いましたが、閉め切った室内ではさまざまな香りがまじり合い、香害を含む化学物質による害により、一部の子どもにとっては快適な環境となっていません。教室環境について伺います。 ○議長(松原成文) 教育次長。 もっと読む
2018-12-10 鎌倉市議会 平成30年12月定例会-12月10日-04号 今回は、子供たちの健康を守る化学物質対策、そして受動喫煙防止策について伺っていきます。  神奈川ネットは以前から、化学物質過敏について問題視してきました。化学物質過敏とは、合成化学物質を大量に体内に取り込んだり、微量でも繰り返し取り込むことで発症し、その後、ごく微量の化学物質に反応するようになってしまいます。その症状は多岐にわたり、他人や家族にもなかなか理解してもらえません。 もっと読む
2018-06-25 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月25日-06号 最後に、化学物質過敏の児童生徒の対応について質問をいたします。微量の化学物質にさらされると、頭痛、思考力の低下、吐き気、目のかすみ、息苦しさなどの症状が出る化学物質過敏が急増しているとのマスコミ報道が近年ふえております。 もっと読む
2018-06-04 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月04日-目次 -82〕     川崎市シティプロモーション戦略プラン第2次推進実施計画について〔総務     企画局長-56〕     新庁舎建設を見据えた情報システムの最適化について〔総務企画局長-57、     健康福祉局長-65〕     財政運営の基本的な考え方について〔市長-53〕     インターネットを利用した市税のクレジットカード納付について〔財政局長     -58〕     ギャンブル等依存対策 もっと読む
2018-03-05 川崎市議会 平成30年 予算審査特別委員会-03月05日-01号 また、市立学校における室内化学物質対策マニュアルを各学校に配付し、教職員等に室内空気環境の異常の有無や児童生徒の健康状態の把握に努めることなど、周知を図っているところでございます。以上でございます。 ◆春孝明 委員 また、シックハウス症候群とよく似た病気として、ごく微量の化学物質に反応する化学物質過敏があります。 もっと読む
2017-12-13 伊勢原市議会 2017.12.13 平成29年12月定例会(第4日) 本文 各健診受診率を比較すると、まず特定健康診査が36%、一般健康診査が40%、がん検診が全体で14%、歯周疾患検診が6%、そして高額医療費の原因になる疾患が1位腎不全、2位糖尿病、3位統合失調と続いています。しかも、腎不全で透析を受けている患者の半分が実は糖尿病性腎によるものだと報告されているんですね。東京都にある自治体、糖尿病の1人当たり医療費が他に比べて高く、糖尿病の腎透析に至る割合も高い。 もっと読む
2017-09-19 大和市議会 平成29年  9月 定例会-09月19日-02号 2000年と2012年の調査結果を比較すると、化学物質過敏と診断を受けた患者は、2000年0.81%、2012年1.02%、症状はあるが、診断は受けていない潜在的患者は、2000年0.74%、2012年4.4%、何項目かのみ症状がある化学物質過敏の可能性が高い人は2.1%から7.7%にふえています。 もっと読む
2017-08-30 大和市議会 平成29年  9月 定例会−08月30日-目次 …………………………………… 33   大 波 修 二(虹 の 会)………………………………………………………………… 33    1.図書館運営の指定管理者制度について    2.基地について    3.小中学校生のいじめについて   山 崎 佐由紀(神奈川ネットワーク運動)………………………………………………… 40    1.内山地区の市街化区域編入地区計画と都市計画道路について    2.化学物質過敏 もっと読む
2017-06-23 伊勢原市議会 2017.06.23 平成29年6月定例会(第4日) 本文 そして、殺虫剤や殺鼠剤の無料配布を終了している自治体では、それ以外の理由として、化学物質過敏の方への配慮、それから環境への配慮といったことも指摘する見解もありますけれども、そのことについてお考えをお聞かせください。 ◯議長【小沼富夫議員】  経済環境部長。 もっと読む
2017-06-21 大和市議会 平成29年  6月 定例会−06月21日-03号 プラスチックは、熱や圧力を加えることによって成形加工ができる高分子物質の総称で、今や私たちの生活には欠かすことのできない素材です。原料は原油など有限の資源で、日本では原油はそのほとんどが海外から輸入しています。使い終わったプラスチックを資源として再活用することは大きな命題となっています。   もっと読む
2017-02-16 鎌倉市議会 平成29年 2月定例会−02月16日-04号 子ども・子育て支援について最後の質問は、子供のための化学物質ガイドラインの制定についてです。  これまでも言い続けていることですが、繰り返し申し上げます。食品添加物やシャンプー、消臭剤、芳香剤、たばこ、化粧品、プラスチック、合成繊維、医薬品、農薬、染料等、豊かで便利な私たちの生活は化学物質を原材料にしたたくさんの製品に囲まれています。 もっと読む
2016-09-26 厚木市議会 2016.09.26 平成28年 市民福祉常任委員会 本文 特に高齢化に伴う認知の方への対応で必要になってきますけれども、そういうところに対する制度の周知はどういう時点で行っているのでしょうか。 ◯障がい福祉課長  こちらにつきましては、ケアホームからグループホームへの一元化ということで、国からも政策的にグループホームに移管していくような流れがございます。 もっと読む
2016-09-13 海老名市議会 平成28年 9月 経済建設常任委員会-09月13日-01号 ◎西田ひろみ 紹介議員 今電磁波で健康被害を感じている方たちは電磁波過敏と一応言われております。その方たちはおおむね化学物質過敏の方でありますね。 もっと読む
2016-09-09 鎌倉市議会 平成28年 9月定例会−09月09日-03号 ◆14番(三宅真里議員) 神奈川ネットとしては以前から化学物質について気をつけてくださいとお願いをしてまいりました。ワックスについても環境にも体にもいいものということで、それは受けとめていただいていると思っています。  特に新しい学校のことが気になるんです。 もっと読む
2016-06-20 大和市議会 平成28年  6月 定例会−06月20日-02号 続きまして大項目2、化学物質等による健康被害防止の呼びかけについて質問をいたします。  化学物質過敏は、家庭用品や化粧品などに含まれるさまざまな種類の微量な化学物質に敏感に反応し、頭痛や目まい、せきなどの健康被害症状が起きる疾患のことです。 もっと読む
2016-06-20 大和市議会 平成28年  6月 定例会−06月20日-02号 続きまして大項目2、化学物質等による健康被害防止の呼びかけについて質問をいたします。  化学物質過敏は、家庭用品や化粧品などに含まれるさまざまな種類の微量な化学物質に敏感に反応し、頭痛や目まい、せきなどの健康被害症状が起きる疾患のことです。 もっと読む
2015-12-14 大和市議会 平成27年 12月 定例会−12月14日-03号 ふだんの生活で余り意識しませんが、砂糖は純度100%の化学物質です。そもそも自然界には存在しないものなのです。上白糖やグラニュー糖、三温糖といった化学的に精製された三糖類、二糖類の純粋な糖類を指します。特徴として酸性食品に分類され、強い依存性があります。体内に入ると、即座にブドウ糖になり、血液に流れ、血糖値を急激に上げる特徴があります。 もっと読む
2015-12-14 大和市議会 平成27年 12月 定例会−12月14日-03号 ふだんの生活で余り意識しませんが、砂糖は純度100%の化学物質です。そもそも自然界には存在しないものなのです。上白糖やグラニュー糖、三温糖といった化学的に精製された三糖類、二糖類の純粋な糖類を指します。特徴として酸性食品に分類され、強い依存性があります。体内に入ると、即座にブドウ糖になり、血液に流れ、血糖値を急激に上げる特徴があります。 もっと読む
2015-12-14 伊勢原市議会 2015.12.14 平成27年12月定例会(第4日) 本文 一層高める余地とは何かと申しますと、地形や地質に合わせたきめ細かな体制づくり、そして、障害を抱える人、ねたきりや認知の高齢者の方などをきめ細かく援護する体制づくりになります。まず、地形や地質についてですが、伊勢原市域の地形については、大山を中心とした山地部、山地部から東南に広がる丘陵部、それに続く大地部、さらに田園地帯が広がる低地部に区分されています。 もっと読む
2015-12-10 綾瀬市議会 平成27年12月定例会-12月10日−02号 私たちは、生活の中で多くの化学物質と接する機会がふえました。 もっと読む