1355件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

座間市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第3日 6月10日)

既に皆さんご承知のことと思いますが、今定例会に議案として提案をされております座間市市民交流プラザの指定管理者の指定に関する議案審議のために、私は指定管理者選定委員会の議事録を請求したところ、事業者の回答部分は全て黒塗りで出されてきました。これは先日の総括質疑でもお見せしましたけれども、こういうような状態ですね。

南足柄市議会 2019-03-13 2019年3月13日(水) 平成31年予算特別委員会 本文

118:上下水道課担当課長兼経営総務班長 上下水道課担当課長兼経営総務班長 手数料については、算出根拠のほうをこちらのほうで算出いたしまして、実態と見合った金額のほうはこちらのほうで把握しておりますが、御存じかと思いますが、今年度水道の改正がございまして、こちらのほうで指定工事店の更新制度というのが新たに加えられることになりました。

中井町議会 2019-03-05 2019年03月05日 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

歳出につきましては、平成32年度からの地方公営企業適用に向けた移行業務委託料を、本年度も引き続き計上しております。また、管路の計画的な維持管理を行うため、管路調査業務委託料を計上いたしました。  歳入につきましては、下水道使用料において大口事業者の安定的な操業が続いておりますが、節水等の企業努力の傾向も見られることから、前年度と同額程度の使用収入を見込んでおります。  

茅ヶ崎市議会 2019-02-28 平成31年 3月 第1回 定例会−02月28日-02号

防犯灯維持管理に係る協定書に関して負担金の扱い等の協議内容が明らかにできなかった点は、行政がやるべきことをしなかった、つまり管理責任を問われるものだと考えます。  また、平成18年4月から平成28年4月までの10年間に市民安全部長及び安全対策課長にそれぞれ5名がつかれています。

川崎市議会 2019-02-26 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号

文教委員個別に説明するとのことですが、今後保育需要が拡大し、本事案のようなケースが発生することが想定されることからも、不適切な保育と認定された初めてのケースである本事案については、文教委員会にて中間・経過報告を行い、この間の当局の対応を含め公文に残すべきであるというのが我が会派の認識です。当局はどのような判断のもと、文教委員会での年度内の報告を見送ることになったのか、明確にお答えください。  

大磯町議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第13日目 2月26日)

初めに、地方公共団体における公金の取り扱いは会計管理者が行うこととされていますが、公金取り扱いの効率的な運営と安全を図る上から、現金の取り扱いに最も熟達している銀行などの金融機関に、公金の収納や支払い事務を取り扱わせることができます。  指定金融機関につきましては、地方自治に定めがあり、同施行令に規定されておりまして、指定金融機関市町村議会議決を経て指定されるものであります。

茅ヶ崎市議会 2019-02-25 平成31年 3月 第1回 定例会-02月25日-01号

総務費につきましては、財政管理費といたしまして、ふるさと基金へ寄附金及び同基金の運用益を積み立てるため積立金を、財産管理費といたしまして、公共施設等再編整備基金へ前年度繰越金、寄附金及び同基金運用益を積み立てるため積立金を、文化行政費といたしまして、文化振興基金へ寄附金、同基金運用益及びメモリアルグッズ売り払い金を、また、姉妹都市交流基金へ寄附金及び同基金運用益を積み立てるためそれぞれ積立金を、賦課徴収費

鎌倉市議会 2019-02-13 平成31年 2月定例会−02月13日-01号

一つ目は、公文作成規程の見直しについてということで伺ってまいります。  この公文作成規程について取り上げるのは今回で2回目になります。前回は2016年12月議会で取り上げさせていただきました。具体的には鎌倉市の公文の年表記について伺ったところです。公文作成規程では、日付の表示が鎌倉市では元号で書くように示されています。現在もそうです。

川崎市議会 2019-01-24 平成31年  1月健康福祉委員会-01月24日-01号

でも、県が公に公文として出す以上は、解釈が複数に分かれるような文書であってはならない。また、将来期待を持つような内容であること自体がおかしいんですよ。明確なきちっとした説明を再度求めておくべきだと思うのですが、どうですか。 ◎川島 保健医療政策室担当課長 今、医務監が申し上げたとおり、国との協議の対象になることは事実でございます。

川崎市議会 2018-12-18 平成30年 第4回定例会-12月18日-08号

まず、等々力緑地のマーケットサウンディング実施についてですが、本市では、都市公園の一部改正の趣旨を踏まえ、等々力緑地において陸上競技場のサイド・バックスタンド整備やPark-PFI――公募設置管理制度等の活用、公園施設の一体的、横断的な維持管理及び利活用を対象として、緑地のさらなる魅力向上に向けた検討を行っており、そのため、現在、市民の利便性やサービスの質の向上、経費縮減の視点を含めて民間事業者

湯河原町議会 2018-12-18 平成30年広域行政特別委員会 本文 開催日:2018年12月18日

ほど前になりますか、ちょうどいまごろ、熱海市とのきょうの案件にもあります、また、報告内容にもあります、し尿の関係につきましては、どのような方向になるのかというように、まだ全く状況が掴めないような状況でしたが、その後、当委員会の委員初め、また、専門部会の方々の積極的な議会ベル、また、行政も入ってでありますけども、熱海市とのいろいろな時間の積み重ねで、のちほど報告があろうと思いますけれども、お互いの公文

相模原市議会 2018-12-18 平成30年 12月定例会議-12月18日−05号

次に、教員管理職の再任用のあり方について質問いたします。教員を目指す優秀な人材の確保のためには、魅力ある学校づくりを行う優秀な管理職による学校経営も欠かせないというように思います。教育委員会として、管理職の登用から新規教員の採用に至るまで、採用管理を行っていくことに当たり、再任用管理職の登用について、どのような基準を設け、優秀な人材を選んでいるのか見解を伺い、1問目とさせていただきます。